2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★★減反廃止の方向は?★★

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/16 22:21:59
米の強制的な減反政策も30年を経て、あと数年で廃止される模様である。
全国の水稲農家の諸君!!

 さー 語りあかそうじゃ ありませんか?!

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/16 22:24:14
売れない地域の米は必要なくなるかも!?
と言うことがマンガ雑誌で書いてありましたが、どーなんでしょうか?

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/16 23:11:54
資本主義の導入。

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/17 22:38:27
無知としか言いようがないな。

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/17 22:53:57
別に減反無視しても罰則もないし作れば

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/18 08:10:50
国の政策に逆らうんですか、非国民になりますよ。

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/18 09:23:56
無知としか言いようがないな。

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/18 22:29:01
また闇屋の時代がきそうだな

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/19 01:15:06
今までは国が米を買ってくれていた、しかし減反が廃止されれば国は農家に対して、勝手に自分で売ってくれ?
と言うことになるのかな?

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/19 01:27:22
もう既に国が全量買い上げていないわけだが。

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/19 13:05:53
勝手に売ってますが・・・・

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/21 10:00:20
既に小売主体です。

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/21 12:09:16
減反廃止というより農業廃止の方向性ではないかFTAにしろ補助金にしろ。

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/21 12:15:42
反農虫は

脳内妄想と現実が区別つかなくなってきたなぁ。



15 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/21 12:24:46
農業廃止ですか、そうですか。
そこまでやらないと反農の人達は、わからないのかな。

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/21 12:25:25
農厨と反農厨の諍いはどこか別の板でやれ!
迷惑じゃ!

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/21 12:28:25
農厨じゃありません、百姓です。

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/21 20:54:24
だれか、食糧を買い占めてくれないかな。

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/21 20:56:21
1000円くらいならいいですよ。

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/22 00:22:06
米を世界水準に合わせるのなら、

  物価も世界水準に合わせるべき!

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/22 00:41:30
農機具代が高すぎる為、日本の農家は機械貧乏。

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/22 01:39:16
>20
米価=物価か?
>21
農機具代が高いなんて文句言うなら百姓やめれば。

君たちのような人がいるから、反農厨にバカにされるんだよ。

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/22 01:48:58
>>22
事実の指摘っしょ>機械が高い

補助金で安くなってる国もあるのにな・・・

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/22 08:35:53
また補助金か
弱小農家は辞めてくれ

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/22 12:07:25
>24
禿同

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/22 19:38:02
補助金無しで百姓できないなら廃業すればいい。


27 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/22 23:03:34
そーだよ

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/22 23:32:46
無知おじさんが百姓に叩かれてるよwww

がんがって日本農業に有害な無知おじさんを排除してくだいね。期待してるぜ、百姓!



反農厨の好感度がUPした! 

29 :四代目医者:04/10/23 02:18:35
良い流れだねぇ。

減反廃止→米の価格下落→弱小農家はやってられない→土地を放出→それを大規模農家が買いあさる
→大規模効率化


30 :四代目百姓:04/10/23 03:11:21
減反廃止→米の価格下落→弱小農家はやってられない→土地を放出→それを大規模農家が買いあさる
→大規模効率化 →企業体の収益性向上→消費者利益の向上は特段無し

良い流れだねぇ。(爆笑



31 :四代目百姓:04/10/23 03:16:29
減反廃止→米の価格下落→弱小農家はやってられない→土地を放出→それを大規模農家が買いあさる
→大規模効率化 →更に加工等高付加価値で原材料利用価値の大幅な改善→消費者負担増えるも商品性向上により
販売量増加→企業体の更なる収益性向上

更に良い流れだねぇ。(爆笑

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/23 09:01:00
禿しく納得

農業もリストラをしてください

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/23 09:15:00
「消費者負担増えるも商品性向上により 販売量増加」ってところに疑問は残るが
まぁ〜納得・・

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/23 10:36:27
大規模化に単純な幻想を抱いている時点で既に時代遅れなわけだが。

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/23 11:26:02
もの知らねーのに書き込みすんなよ

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/23 11:45:14
>35

また投下しだした
糞して寝てしまえ

37 :四代目医者:04/10/23 14:19:49
>>30-31
四代目小作人さん、脳内乙。

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/23 14:26:04
四代目百姓って・・・。
小作人か?w

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/23 14:34:28
四代目百姓=地縛小作人=公民館長

かわいそう

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/23 14:37:24
四代目百姓は無知おじさんかその系列を組むバカだろ。

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/23 14:42:04
ただのアホか煽り厨じゃないのか?

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/23 14:46:57
無知おじさんは小作人だと思うよ。
前に問いただしたことがあったが、否定しなかったし。

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/23 15:48:28
日本国民って、圧倒的に小作人の家系なんですけどね。

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/23 20:31:03
小作人を改めずにぶつぶつ文句や他人を恨みながら生きているのが
それらでしょう

あえて言いませんが

協調性や合理性を全体に考えれば今みたいにおかしくならずに済んだのだが・・・・

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/23 21:40:55
>協調性や合理性
反農厨にもっとも足らないものと思われ。

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/23 21:51:29
小作人には協調性も思いやりもありません

47 :四代目百姓:04/10/24 02:08:34
貧乏人の僻みスレか(藁 
添加物まみれの激安輸入食材でも食ってれや。(爆笑

48 :四代目百姓:04/10/24 02:13:22
>>39-40 意味不明、引きこもり用語使うな。(藁



49 :四代目百姓:04/10/24 02:26:49
>>33 合理化は収益性向上が主であってその結果齎される商品性向上は
消費者利益だ。それには当然価格向上が折込済みだ。
品質が向上し客は良くなった分納得して高価格を払う。
極めて理にかなった関係性だ。
良いものを生産し販売力を強化すれば高付加価値商材も今まで以上に量が
捌けるようになる。
今まで何もしてこなかった業界だから多少の努力ですぐに実現できる罠。
別に疑問を挟む余地も無かろう。

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/24 03:46:21
>>49
えーと、基本的なこともわかってないようだけど。
食べ物ってのは一定以上は必要ないの。
基本的に単価が安いし品質も工業製品ほどに差が無いし(腹にはいれば同じ)、
不足じゃなけりゃ過剰になるだけ。
お医者さんの胃腸は普通の人の限界以上のキャパシティーがあるの?

日本の農産物は世界一高品質ですがなにか?

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/24 09:12:30
四代目百姓はただの煽り厨だろ
無視しろ板が腐る!

52 :四代目医者:04/10/24 15:19:54
>お医者さんの胃腸は普通の人の限界以上のキャパシティーがあるの?
こらこら。彼は四代目「百姓」でしょ。俺とは別人だよ。

53 :四代目百姓:04/10/24 20:49:27
>>50 えーっとき本的なこともわかっていないようだけど、
誰が全体を語れと言った(w
うちは農地集めて高収益体質に作り変えて儲かる。
おまいらはドックフードでも食ってろや。と
それ以上の事は興味が無い(w

>日本の農産物は世界一高品質ですがなにか?

何処が?(w 全体見渡せば殆ど低品質だろうに
何処に目つけてんのさ(w

>>51 医者と反農厨を潰しに参りました。



54 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/24 20:53:53
四代目百姓はいいこといってるような気がするなー。まともだよ。

医者の方はタダのウジ虫のようだが。


55 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/24 21:04:32
と、無知おじさんが申しております

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/24 21:35:50
ここで小作人という言葉使ってる人達って、なんとなくわかるよ。
家系がね、奉公人とか士農工商以外の人達なんだろうな、過去を隠してさ。

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/24 21:40:01
>>56
同類だから臭いでわかるんですか?

58 :”管理”人:04/10/24 21:49:08
>>56
それは明らかに差別発言になります。
人権上放置できませんので警告します。
以後、同様な書き込みがあった場合は削除し
当人からのアクセスを一定期間禁止します。

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/24 21:51:45
>>56
農村社会は未だに差別社会でしたか。
農民っていうのは、どこまでクズなんだろう。

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/24 22:26:31
無知としか言いようがないな。

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/24 22:28:51
もしもし?ベキだよ

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/25 00:04:49
>>53
それ見事なまでに反農厨思考なんだけど(w

63 :四代目百姓:04/10/25 00:22:46
>>62 努力無き所に発展は無し。当たり前だろうが(w
その努力が消費者の支出軽減に必ずしも繋がらないとは
前にも書いたな。ついでに貴様ら気にする自給率を担保する
ような無駄な事もやらない。
徹底して収益の追求のみを行う事になるがそれが反農厨思想か?(爆


64 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/25 00:37:52
>>53
日本の農産物が低品質って・・・
輸入品が高品質だとでも?
市場でどれだけ選別しまくってるか知らないの?

反農厨叩きはともかく、あまりアツくなりなさんなw

65 :四代目百姓:04/10/25 00:38:00
まぁ無意味に部外者の分際で自分の財布の中ばかりを気にして
農業リストラすれば末端購買価格が下がって善しとかぬかす
馬鹿どもは豆腐の角に頭ぶつけて氏ね。と思うがそいつらの
主張と一部重なるところはあるな。
皆さんのご要望どおり収益向上のためなら何でもやりますよ。
徹底してね。おまいら覚悟はいいか?(藁



66 :四代目百姓:04/10/25 00:45:51
>>64 市場で選別するったって畑の土作りまで選別出来るかい?
   生産者の意向によって同じ作物でも公差が激しく出るだろうに。
   輸入品は最低で国産はそれなりなだけで全体が高品質とは
   とてもでないけど言えないね。
   

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/25 00:52:46
減反が廃止されればどーなるの?

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/25 00:53:12
米価暴落

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/25 01:01:33
>>66
やっぱり勘違いしてるよ・・・
日本では昔から品質=見た目。
安全性だの味だの生産方法だのを選択基準にする消費者はごく少数。
もっとも、見た目重視だからこそ流通コストが高いんだけどね。

あ、自分で経営を見直すってのは別に依存ないよ。頑張りな。

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/25 01:02:47
>>68
その後に供給不安

71 :四代目百姓:04/10/25 03:22:58
>>69 昔はそうだった。
  そんなのを今もこれからも高品質と言っているようじゃ先無い訳よ。
  ちったー状況分析してみな。  

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/25 20:35:16
四代目百姓て、まんま反農厨思考やん。
とてもいいことだよw


73 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/25 22:38:14
もっと荒れろもっと荒れろ

74 :四代目百姓:04/10/25 22:41:18
読解力ゼロのアフォはけーん

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/25 22:43:34
あほ

76 :四代目百姓:04/10/25 22:45:33
>>73 
>>75
 
すんげー退屈(w 

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/25 22:49:08
今度は仲間割れですか。

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/25 22:51:32
金玉かいかい

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/25 22:52:47
はっきりいって四代目百姓は反農厨じゃないような気がするが。

むしろかなり農業思いのヤツだと思うね。

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/25 22:53:08
反農厨を叩いているつもりが
実は自分も反農厨思考だったと
指摘され動揺する四代目百姓ワロタ




81 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/25 22:53:50
>>79
無知としか言いようがないな。

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/25 22:57:29
>>80
そっちがふつうの感覚。農中が特殊。

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/25 23:05:39
>>79-80
つまり、反農厨の思考はやっぱり正しかったと・・・。

84 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/25 23:09:28
農業者数が減ったら自然と減反になる。

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/26 00:02:31
>>83
それは斜め上思考w
どこの業界でも業務拡大やら新規参入時の思考パターンはこんな感じだ罠>四代目

反農厨の思考は農業叩きで自分の優越感を現したいのがメインだけど、
その元ネタは新聞とかで聞きかじった「規模拡大」「効率化」あたり。
コレ事態は別に普通の考え方だけど、半可通程度で思いつくあたりは既に実効済みなんだよね。
どっちも農水省が何十年も旗を振っててもなかなか定着していないのは
日本じゃ儲からないことが多いからだし、欧米では弊害・限界も出てるぐらい。

まあ、四代目のところの作目・経営では、改善余地があるんじゃ?

86 :四代目百姓:04/10/26 00:24:17
>>80 とりあえず思いつきで「指摘され動揺」とか書いておけば
さげすむことが出来るぐらいの浅知恵は見ていて痛いんだけど(爆笑

87 :四代目百姓:04/10/26 00:31:25
>>85 ありきたり通り一遍の情報を元に判断下すと人並み以上の事は
出来ない罠。そんな事にも気がつかずつまんね指摘ばっかやってる
反農って・・・(w

改善余地はどの業態にも必ずあるよな。
見直すポイントなんかあり過ぎて迷うのが当たり前。
だからトライ&エラー繰り返す訳で。


88 :四代目百姓:04/10/26 02:05:14
sage

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/26 08:41:27
無知としか言いようがないな。

90 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/26 22:48:05
やはり四代目百姓は農民の目から見ても
無知としか言いようがないのですか。

91 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/26 23:05:17
それは斜め上思考w


92 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/26 23:36:44
国が減反廃止したその後はどーなるのよ?

93 :四代目百姓 :04/10/26 23:59:22
>>90 無知としか言いようがないな。 (プッ

94 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/27 00:35:29
人のことどーのこーのと言うこと事体が低脳だよwwwwww

95 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/27 00:54:47
>>94はクリトリス

96 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/27 01:02:19
手が震えてwいぱーい押してしまったか?(ぷっ



97 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/27 18:57:37
減反が廃止されれば、必要以上のいや 売れない産地の米は作るなと言われますがなにか

98 :四代目百姓 :04/10/27 23:31:52
ばかばかしくてやってらんね

99 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/27 23:37:16
四代目百姓は、ハンをぱくるところなど
頭は悪そうだが、人はいいんじゃないか。
暴走族のケツにくっついて粋がってるみたいな。

100 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/27 23:39:12
消費以上の米作っても余るから違う作物作れといいたいわけでしょ?

101 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/28 09:01:31
>>99 とりあえずそのくらい書いておけば罵倒できると思っている
そのオツムの程度の低さが見ていて痛い(藁
暴走族のケツにくっつくの例えが育ってきた環境を表現しちゃってて
更に痛いんだけどさ。(爆

無理すんなって〜
お前程度が頑張っても全然面白くないからさ。(藁

102 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/28 10:50:42
無知としか言いようがないな

103 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/28 23:11:32
>>101
痛すぎる...

104 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/28 23:28:49
百姓→軽トラで暴走 
激しくウケルー!

105 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/29 08:41:23
>>101
香ばしい
もっとやれもっとやれ!
百姓祭り!

106 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/29 09:12:32
【復活】農業保護 6 :04/10/29 08:46:12

百姓のカッコよさをアピールする方法 :04/10/29 08:44:07

堀江氏【農民】差別:04/10/29 08:42:58

★★減反廃止の方向は?★★ :04/10/29 08:41:23

お百姓さんが一番えらいよ。:04/10/29 08:40:02

超高級野菜を語ろう :04/10/29 08:25:15

煽りとしては普通w

107 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/29 09:17:33
反農厨、農厨、膿厨、煽り厨
憎しみ合え!呪い合え!いがみ合え
これが本来の農業の姿だ!

108 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/29 09:32:17

超高級野菜を語ろう :04/10/29 09:19:06:04/10/29 09:20:44

お百姓さんが一番えらいよ。:04/10/29 09:18:44

【復活】農業保護 6 :04/10/29 09:15:34:04/10/29 09:18:12

★★減反廃止の方向は?★★ 04/10/29 09:17:33

堀江氏【農民】差別:04/10/29 09:16:54

百姓のカッコよさをアピールする方法:04/10/29 09:16:07

ここも同じ。

109 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/29 11:22:21
無知としか言いようがないな

110 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/29 15:58:21
反農厨、農厨、膿厨、煽り厨
憎しみ合え!呪い合え!いがみ合え
これが本来の農業の姿だ!

111 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/29 20:13:06
だから減反が廃止になったらって話しだろ?

112 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/02 19:50:55
減反が廃止され、数年後には売れない産地の米は作ることが出来なくなる














と思う

113 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/02 23:23:25
実はもう面積割り当てじゃないのだが。

114 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/03 12:36:28
減反が廃止されても作付面積はあまり変わらないと思う、一度稲作を止めた土地でまた始めるには苦労が必要だし
減反にあわせた作付面積の能力しかないと思われます。農家も今以上に作付面積を増やそうとは思わないはず。

115 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/03 23:08:31
俺も114さんに同意見だ

しかし、農協の指導はどーなるのかな???



116 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/04 00:25:27
一部銘柄産地でのみ作付増・・・かな。
生産の見込みが今よりもつきにくくなるので、価格は乱高下しやすくなる・・・か?

117 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/08 09:15:33
倒状防止剤生産禁止し雑米作るな種供給するな
味ヨシ価値上昇 百姓まるだしバカもよ−く考えろ−−−−
真剣に議論しろ うわべの話するな実行することがあたりまえ 愚だまくな
見ててあきれる
みんな農業やめろ優秀な人材で次世代に希望を
近日死んでしまうと思えるほど仕事しろ 必ず名案、moneyにも恵まれる
ついでに女房は、顔でなくまわりに気配り財産目当てでナク孫に野さしく
厳しい 爺さん孫にもてもて あ 仕事しなくては時間がない


118 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/08 20:05:53
>>117
もちつけ。

119 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/08 22:46:07
>>117
よくわかんね

120 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/10 08:57:58
減反? 残念ながらお互い淘汰される身になるかもね〜〜〜〜〜
出生数激減しかたない
来年あたりから人口減るらしい
皆さんもあまりお米食べないですよね


121 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/10 22:53:49
田んぼって国から買わされた物です。みなさん勘違いのないように・・・

122 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/10 22:54:41
正確に言えば、国から買わされたようなものかな????

123 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/10 23:03:54
農地解放で田んぼを手放しました。
国から買わされたと思ってるなら、返してください。

124 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/11 00:38:46
農家の所有している農地はタダで貰ったものではない。以上

125 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/11 08:27:56
百姓まんせ!

126 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/01 02:28:02
米余ってるなら輸出すりゃいいじゃん

127 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/01 12:26:27
農業保護している国ばかりで輸出できません。

128 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/10 19:17:51
【山梨】「自分で作った米はまずい」農家がスーパーでコシヒカリ万引き

 コシヒカリ農家がスーパーでコシヒカリを万引きしたとして、
甲府区検は9日、山梨県南アルプス市加賀美、農業依田辰秋容疑者(63)を
窃盗罪で起訴した。依田容疑者は「自分で作った米はまずい」などと供述しているという。

 起訴状などによると、依田容疑者は1月31日夕、自宅近くのスーパーで新潟県の
魚沼産コシヒカリ2袋(計10キロ、約7000円)を手提げバッグに入れて盗んだとされる。

 依田容疑者は自前の田畑や精米所を持ち、コシヒカリを生産、販売していた。
動機について「自分の作った米はまずい。たまには県外産のうまい米を
食べてみたかった」と話しているという。

 捜査幹部は「自分でうまい米を作ればいいのに」と話していた。
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1107956067/

129 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/20 05:08:39
ゴルフ場と放棄水田を上手く使うと二酸化炭素が減るらしいよ。
http://had0.big.ous.ac.jp/~hada/thema/q_and_a/co2&climax/co2&climax.htm
を参照。要するに米を食うと食った人間の呼気として二酸化炭素が出るが、
そのまま米として寝かせとけば、光合成で減った二酸化炭素分お得だねと。

130 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/20 15:31:48
マジレスですが
ヨーロッパにしろ アメリカにしろ 農産物を自由に輸入出来る(日本から輸出)国はありません
先進国と言われてる国で農産物を一般商取引と同じように扱っているのは世界広しと言えど日本だけです
農産物も農地も世界中の国が自国の防衛の最大問題として取り組んでいます
食糧自給率を上げるためモシクは維持するためイギリス フランスは軍事予算以上に農業に予算を使っているのです
余るから農地を転用する 肉ばかりか飼料までも輸入する
挙げ句に国内産は外国産より高い
こをな先のミトウシのない農業政策で日本の独立は大丈夫なんでしょうか
あの中国ですら食糧の輸入国になってきたんですよ
真剣に自給率を上げるための政策をしないと 日本人は飢餓に苦しむ時がきます
牛も豚も国内産であっても餌さはアメリカやオーストラリアの小麦トウモロコシが90%以上ですよ
つまり日本の食糧自給率の現実はほんの数%しかないんです
仮に中国の小麦の輸入量が後30%増えたら日本の年間消費量を遥かに超えるんです
アメリカの輸出量の実に80%を中国が1国で消費する トンでもない時代が直ぐ2 3年後には来るんです
農地を維持し自給率を上げる
これしか方法は無いと思います
全人類60億の内中国インドだけで20億に迫る勢いです
食糧問題だけみると日本は世界でも最後進国なんです
いくら金を積んでも手に入らない時代は直ぐそこにきてます

131 :田吾作:05/02/22 16:35:54
↑ 全く同感です。
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/agri/988500139/437
にも書き込んだが其れを誘導した産業界や消費者も何れはそのしっぺ返しに合う
と思う。

安全安心な農産物は高価に成り入手し難くなるかもしれない。
そうなれば生産コストとのバランスが取れて生き残れる農家も増えるかも知れない。
その時に自分が生き残っていられるかは解らない。

自分の予測より皆さん頑張って居たので規模拡大のテンポが遅れてしまい
自分では後10年かもう少し位しか出来なそうである<後数年で還暦です(!_!)。



132 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/25 02:14:45
減反廃止しても作付けは増えないと思います。
減反面積にあわせた能力しかないでしょ。
現状維持が精一杯だと思いますよ、日本の農業。

133 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/01 11:08:54
だから呪い合っている
子孫繁栄だとおめこの推奨をしている
しかし誰も残ってくれない
これが農業の姿

134 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/22(金) 23:27:46
改めて、稲作保護になる。
もう近い将来の環境保護策。
だから「1反〜3反のみの保護」で、「家庭用」を保護。


135 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/22(金) 23:46:53
>つまり日本の食糧自給率の現実はほんの数%しかないんです

またこんなウソをついて自給率を上げろかヤレヤレ

136 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/23(土) 02:01:37
>>135
んじゃ低い方がいいっていう具体的な説明は?

今度は逃げるなよw

137 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/23(土) 21:59:41
氏ね反農厨

138 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/25(月) 22:57:49
くたばれ 反農厨

139 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/27(水) 11:31:55
糞農民 糞反農厨 糞公務員

140 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/30(土) 02:09:47
農水省は環境省に吸収ですか? そうですか。


141 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/05(木) 03:18:59
脳酔省なんか気にしてもな・・・・
ところで、日本の農業を救ってくれるのは共和党ですか?自由党ですか?

142 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/05(木) 03:28:06
>>141
はい。
日本の農業を救うのは農家です。
以外の誰でもございません。
以上。

143 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/05(木) 10:37:01
憎しみ合い呪い合い恨み合って農業は今まで来た
だからこれからもそうやって行く



144 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/28(土) 21:52:24
よく鏡を見て自分の顔を見てごらん
ほら 汚いでしょ
これが農民の顔なんだよ

みんなに嫌われているのはそのいやらしく
汚い顔だよ

目はスケベったらしく鼻は上を向いていて鼻毛が出てる
そりのこしの髭があって口はかさかさで臭い

金の欲しか見えないし人間としての魅力もないよ
性欲だけしかないから禿げあがっているんだね

農業って大変だろうけどその性格じゃ後継者も育たないよ
じゃがんばってね


145 :名無し:2005/07/10(日) 12:16:43
農協潰し、真剣に考えたほうがいいのに・・・。

サラリーマンの税金泥棒=農協

146 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/10(日) 13:27:41
>1
方向もなにも…減反は廃止する、補助金も全部廃止。
特に兼業農家に補助金は一切不要。
よって、全国にきら星のごとくある食糧事務所も関連施設も人員も
全部不要。一秒で解決するとっても簡単な話。


147 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/10(日) 13:45:28
>>146
兼業農家への補助金なんて無いんだけど。
食糧事務所ももう無いしw

148 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/10(日) 14:56:28
うちの近所の食糧事務所はまだ人いるけど…建物もご健在だし…


149 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/10(日) 16:18:29
>>148
よく見れ。
名称変更してる罠w

この板には何気に過去からの書き込みが多かったりするw

150 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/12(火) 16:37:16
名前替えて煙に巻いただけか…

151 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/12(火) 17:16:39
早く減反政策終わりにすれば良いのになぁ〜
補助金も全部廃止!米価下落になっても稲作農家は自立していくしか無い。
減反政策だけにとどまらず国が甘い汁を吸わせている限り、農家は自立できな
いんじゃないの・・・。


152 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/12(火) 17:38:09
減反政策てまだあったっけ?もう終わったんじゃなかったっけ?
塚補助金無くなって困るのは土建屋と政治家なんだけどさ
またそこらへんから説明しないといけない訳?


153 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/12(火) 18:25:33
農家など相手にしないで下さい
ほっといて下さい

全て輸入品を食べて下さい
私は自分で作った物を食べます


154 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/12(火) 18:37:03
>>152
大方、テレビの胡散臭い自然番組とか職業紹介番組みたいなのを見て、
その気になってるドリーマーだろ。

155 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/12(火) 19:00:51
新規の反農厨がきてるみたいだね。

>>154
ドリーマーに失礼だ罠。
彼らは無知な農業叩きはしないんだから。
環境エゴイストになれば別だけど。

156 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/12(火) 19:10:03
>>151
稲作で甘い汁?

ほとんどが赤字(大規模ほど深刻)なのにどこにあるの?

157 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/12(火) 22:37:21
>152
食管法も減反も補助金も食糧事務所も全部残ってるよ。バッチリね。
食管法は新食料法とかに名前だけ替えて煙に巻いて…
モンシロチョウの観察をするのに役に立つから米を作らずにそのまま
放置してなきゃいけないって、学者たちが言ってるんだってさ。
ああ、暢気な国。



158 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/12(火) 23:01:39
>>157
農政事務所
食糧法
生産割当て

正式名称はもちろん内容も全然把握してないだろ。
反農厨なんて所詮この程度。

159 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/13(水) 06:39:09
6 :反農厨防除テンプレ :2005/06/28(火) 23:34:48
○日本稲作の現状
340 :295 :04/03/15 21:34
>その程度のことで専業が潰れていくのか。
潰れる稲作農家は結構多い。
20〜10年前くらいに制度融資を利用して大規模化を進めた連中は
お役所が作らせた経営計画に使っている米価が今よりもかなり高いから、米価の更なる下落はかなり響く。
そもそも専業は稲作からの収入しかないのだから一番影響を受けやすい。

>では国内競争力がないのか。
小規模兼業農家の出す縁故米に比べれば価格競争でまず勝てない。
米価低迷の一因でもあるけどな。>縁故米の普及

>不作豊作にかかわらずに売れる商品を作らなければいかん
無理です。穀物は値段が2分の1になったら消費が2倍になるというものではありません。
消費量はかなり固定されていますから、需要供給曲線の傾きはかなり偏ります。
良いものを作れば売れると単純に考えるのは浅はか以外の何物でもないですね。
考え方としては1960年代の考え方でしょう。

160 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/13(水) 06:40:43
>担い手農家(4ha以上)」「法人化を前提とした集落営農組織等(20ha以上)」には
>減反することに補助金の類が出る
正確には減反については補助金ではなく補償金ですね。これは既になくなっています。
また付随する転作奨励金にしても、コメを作ることに最適化した農地に他の作物を植えても儲かりませんから、
これも補助金というよりは補償金に近い色合いのものです。
あと、局所的には奨励金を貰って転作をするより、稲作を続けた方が圧倒的に儲かりますよ。
10年以上前にもっと手厚い減反補償金や転作奨励金があった時代に闇米を作る農家が多かったのは、
その方がもっと儲かるからです。

>大規模化によるコストダウンができていないということか。
これも違いますね。農業センサスを見れば一目瞭然ですが、大規模化によって生産コストは激減していますよ。
問題なのは、投入資産と省コストを圧倒的に上回る米価の下落があったためです。
簡単に言えば、過剰な設備投資による収益性の悪化です。
問題なのは行政が率先してこの愚行を推奨したことでしょうか。

161 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/13(水) 06:41:17
10 :反農厨防除テンプレ :2005/06/28(火) 23:36:23
341 :295 :04/03/15 21:50
あと、一応指摘しておきますが、
ほぼ100%の小規模稲作(兼業)は生産コスト自体は既に大きく採算を割れこんでいます。
おそらく労賃が出るかどうかも怪しいところもかなりありますね。

それでも農業を続けるのは漠然とした(但し農家にとっては切実な)危機感があるからです。
戦後の食糧難の時代を知る人間は飯米の生産に拘りますし、
農作業自体が「趣味」となってしまっている部分もありますから、採算性という観点が殆どありません。

実際に彼らが受け取る補助金等の類はほぼ皆無なので、農業保護と言われるような制度をなくすと、
彼らはより一層危機感を感じてしまって、採算を度外視して更に飯米生産に固執するようになるでしょうね。

現実にはこうした存在が農「村」の支え手となり、農地の担い手としても無視できないのですが、
農水省を始めとして前川レポート以降はこうした社会的には完全に低コスト
となっている兼業農家を悪者扱いにするのは見ていて愚かですね。
兼業農家の存在こそが、現在のコメの価格破壊の功労者の1人であり、担い手のない地域でも農業が
それなりに維持できている原因の一つなんですが。。。

162 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/13(水) 06:41:47
7 :反農厨防除テンプレ :2005/06/28(火) 23:35:14
○農業自由化について
198 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/01/06 01:17
「無秩序な自由化」は競争力を失わせるだけだよ。アメリカが既に90年代に失敗している。
自由化と維持を両立しようとすれば、今のアメリカのように、半永久的かつ膨大な所得補償が必要になる。

あと、関税自由化はマクロ経済的にはメリットよりデメリットの方が大きい。ユニクロの例が
一番判りやすいかな。局所的には儲かるところがあっても、国家全体としてみたら確実にマイナス。

マクロ的に消費者に有利にするのは農業関連予算を縮小することだね。特に農業土木関連。
予算効率が非常に悪い。自由化と政治主導による大規模化を主張するのは一番愚かな主張だと思うよ。
10数年前に馬鹿達が主張したことだけどね。
功績もあった「前川レポート」だけど、農業に関しては完全に大失敗だったよ。
ウルグアイラウンド開始以降の農業政策の迷走及び時間と予算の浪費を更に繰り返すのは
アフォでしかないと思われ。

163 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/13(水) 06:42:17
11 :反農厨防除テンプレ :2005/06/28(火) 23:36:46
731 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 投稿日: 04/11/07 23:34:02
>>729
エンゲル係数を見る限りは日本はEUと大差ないという指摘が
>>722の主要な部分だと思うが? 実際に殆どの品目で既に自由化
しており、自給率が4割を切っている日本で農産物の市場価格が
高いのは流通や小売のコスト(高賃金)が主原因だよ。

因みにアメリカ並みの非常に手厚い所得保障を実施すれば日本でも
コメはもっと安くなるよ。
732 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 投稿日: 04/11/07 23:43:21
参考までに国民1人あたりのコメの年間消費量は約60kg程度。
1家4人として、10kg3,500円のコメを買ったとして年間84,000円
例え半額になったとしてもエンゲル係数で1%も変わるかどうか。

実際には、小売業や流通業に儲けが無くなってしまうから半額まで
値下がりはしないけどな。>コメの市場価格

164 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/13(水) 08:18:47
つまらんなぁ

相変わらず

165 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/13(水) 08:34:39
減反廃止!!!!!!
現在の米政策改革でも国は、米の流れ(流通米)を知りたがっているようだけど、
そんなの無理!無理!
縁故米の他にだってたくさん流通しているよ。『米政策改革』とか掲げてあるけど
全然“改革”にはなっていません!早く廃止したほうが良いと思われ・・・。

166 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/13(水) 11:16:22
↑同意。

でも国が思い切って廃止できるか疑問です?

167 :農家:2005/07/13(水) 12:43:23
してみろよ
一揆するからなwww

168 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/13(水) 14:14:36
減反廃止は一気にやれ

169 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/13(水) 20:49:03
>>164
反農厨には進歩も学習も無いからね。
>>165-166
メリットだけしか見ていない時点で。。。

170 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/13(水) 21:44:54
デメリットはない。

171 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/13(水) 22:00:19
>>170
>>162

172 :名無し:2005/07/13(水) 22:56:17
安心してください。 
農家も後継ぎ居ませんから、後十数年で中途半端な農家は消えます。

173 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/13(水) 23:06:01
専業稲作農家が一番不安定な経営状態なのだが。

174 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/13(水) 23:35:12
減反廃止されても作付け面積を増やす予定ありません。

175 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/13(水) 23:44:20
結局、公務員の兼業農家がダブルインカムで勝ちってわけか。

176 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/13(水) 23:51:12
>>154 以前からALL計画外流通米だから減反等知ったこっちゃ無い農家ですが何か?
>>167 2008年で減反は無くなるそうな。

177 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/14(木) 02:31:03
おっ、必死で勉強してきたようですよ・・・プッ。


178 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/14(木) 07:18:12
プッ


179 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/14(木) 18:51:08
減反廃止でで田んぼ売買もやりやすくなります。
田んぼが足りず困っていました。
農水省様ありがとうございます。

180 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/14(木) 21:44:04
平成の大合併で土地改良事務所も合併、競売物件一気に出ますね。
資金が続く限り買いますよ。

181 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/14(木) 21:47:19
>>175
一昨日おいで。

182 :名無し:2005/07/14(木) 22:40:29
一昔前、減反保証金3000億円程の税金を使ってたはずだけど、
昨年は、どのくらいの税金を使ったのだ?


183 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/15(金) 00:24:54
>>182
減ってるのは確実

184 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/15(金) 01:13:16
>>177こちらに悪影響が無い事には一切興味が無い訳だが(w




185 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/15(金) 01:23:39
なんか必死ですな・・・。

186 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/15(金) 01:42:29
反農煽りが混じっている気もするが。

187 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/15(金) 14:56:44
>>176
2008年まで待ってらんねぇ〜

188 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/19(火) 16:27:45
今年は豊作の感じ減反などせずにお米作って下さい
国産米は外米に押されぬように適性な価格まで下げて
油断禁物外米に気を付けてね
目標1200万トン
下げて輸出にも力を入れて下さいませ



189 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/19(火) 16:57:30
>国産米は外米に押されぬように適性な価格まで下げて
だから、既に補償金(反農厨が言う補助)が付いても赤字が出るくらい、
不自然な価格まで下がってるんだっつーの!
適正適正言うなら、まず東北とかのブランド米と人身売買を潰す運動をやれ。

190 :名無しさん@お腹いっぱい:2005/07/19(火) 21:25:46
減反をやめることが、究極の生産調整です。 価格下落に耐えられる産地のみが生き残ります。

191 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/19(火) 21:32:12
>190
西日本では稲作ができなくなるね。

192 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/19(火) 23:04:19
外国人に農業をやらせろ
これでok牧場

193 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/20(水) 07:35:00
食味で単価を決め雑米排除+減農薬に
イモチ.クロカメ農薬使用禁止し肥料減らせ

これで減反0に 野党のように反対するな


194 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/20(水) 09:05:50
日ごろから思っていたんだが。
食味なんてあいまいなものに単価きめさせるの?
たとえば、
A氏は炭酸飲料が好き、でも、ビールが嫌い。
B氏はビールがすき、でも、炭酸飲料は嫌い。
C氏は両方とも嫌い。
D氏は両方とも好き。
つまり、A氏、B氏、C氏、D氏の味覚には差があるわけだ。
ましてや、炊き方でひとつで変わってくる米事態あいまいだと思うぞ。

195 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/20(水) 11:26:45
>>193
今だに、農家を保護する為に減反やってると思い込んでる痛い人ハッケソ

196 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/20(水) 14:53:30
どこでもゆうせいぞくみたいなやつがいるもんだじばく


197 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/20(水) 22:15:45
>>190,191
にきたい


198 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/21(木) 12:33:36
>>194
食味数値はで絶対ではないかも知れませんが、農家が玄米を出荷する時点では
最も米の品質(食味)を正しく評価できる数値なのは間違いありません。
私たち稲作農家は1ポイントでも食味値が良くなるように日々努力しています。
ケットで65以下の地域は稲作やめるべきですね。

199 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/21(木) 12:59:56
>>194
見たか貴方の人間性を
まずい米作りをしている典型的な人の話



200 :名無しさん@お腹いっぱい:2005/07/21(木) 15:46:13
700万ともいわれる団塊の世代の食欲が支えてきた稲作も
人口の逆ピラミッド現象によってよもや淘汰の危機。
さぁどうする?基本的に減反政策は正しいと思う。
まぁ稲作農家は国際価格まで下げて頂いて輸出でもするんだな。
これから稲作農家が喰える経営面積は30ha.でしょ。がんばるんだな。
身体壊さんようにね。

201 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/22(金) 09:28:23
日経新聞22日
コシヒカリ1俵10000円夢でも無いらしい
そこで政府、農協は、米、麦1俵10000円で買い取り
米の生産面積減らせ麦作後水稲作付け禁止
水田の畦回りバックホ-で深めに掘り排水
米の生産に関係する一切の援助ギロチンのごとく切れ




202 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/22(金) 12:23:06
産地ブランドじゃなければな

203 :194:2005/07/22(金) 22:27:50
>>198
>最も米の品質(食味)を正しく評価できる数値なのは間違いありません。
ここは違うと思う。正しくは、「米を味覚にかかわると思われる代表的な成分の量を数値にしただけです。そして、その量の多少で食味の数値が決まります。」になるよ。
では、その数値の基準はなに?
数値が高いお米は同じお釜のご飯をやわらかいご飯がすきな人と、硬いご飯が好きな人が一緒に食べても、両方の好みに合うご飯になるお米なの?
ピラフにしてもおいしいの?おちゃずけでも変わらぬうまさなの?タイ料理に使ったら?
甘酒にしたときは?パエリヤは大丈夫?数値が高すぎると寿司はネタのうまさ殺さない?
料理によっても適材適所あるんじゃないの?
と思った。

>>199
人によって味覚はいろいろだろって話なのに。
米を生のまま食べるやついるのか?
米をご飯にするときに味は変わる可能性があるって知らんわけでもあるまい。

数値が高いからってうまいとは限らない。


204 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/22(金) 23:13:43
食味数値が高い米は美味しいです。

205 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/22(金) 23:14:42
>>203
マズイ米の産地の人ですか

206 :名無しさん@お腹いっぱい:2005/07/22(金) 23:15:39
>>203
中華のチャーハンにはインディカ米最高なんですが。


207 :194:2005/07/22(金) 23:43:12
>204
食味数値が高い米は美味しいです。生米はうまいかもしれんが、ご飯にするとまずいかもな〜

>205
私はマズイ米の産地の人なのか?気にしたことない。

>206
中華のチャーハンにはインディカ米の食味値っていくつなんだ?



208 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/23(土) 00:32:39
玄米の時点での米の評価を決める手段として食味数値が一番適していると思います。
農家はチャーハン用の米やピラフ用の米を意識して稲作していませんので。
精米をどのような料理に使用するかはそれぞれの判断です。
炊飯器で炊き上げるのが一般的だと思います、そうすると食味数値が高い米ほど
美味しく炊き上がりますね。

209 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/23(土) 00:39:29
ケットで70以上であれば一応合格、65未満であれば即刻稲作を止めるべきだと思います

210 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/23(土) 00:42:12
>>207
そのへんでやめときなよ
かっこわるいよ

211 :194:2005/07/23(土) 01:37:10
>>208
玄米で食味計測定だったんだしらんかった。
玄米食べる人はいいかもしれんが、精米したら、削るんだから味変わるんじゃないの????
しかも、それぞれの判断でって言われても、食味値が高いなら、うまいって言ったじゃん。
判断つかんから、食味値って数字があるんでしょ。
炊飯器で炊き上げるっていたって、炊くまでの過程で水につけとく時間、水の分量や研ぎ方でその数値は変化するんじゃない?
食べる人の健康状態は関係ないのか?

それに、食味値の機械のメーカー、仕様によって、値が違うってどっかのHPに書いてあったけど・・・
規格が統一できてないのに本当に信用していいのか?

ちみの考えだと魚沼産コシヒカリは、食味値が高すぎて機械壊れるほどなんでしょうね。

信用に足りえる食味数値なんかで、稲作を止めるなんておかしいでしょ。
もっと、違うものでやめろというなら納得できるんじゃない。

212 :194:2005/07/23(土) 02:13:42
>>210
忠告THX!
ちょっと、かっこ悪いね。脱字がありすぎて。

それに、食味値が高いからうまいというのではダメでは?
その考え方では、生産者・販売者志向だろ。
もう一歩踏み込んだところで考えれればよかったのに。

スレ違いなんで、もうやめるね。


213 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/23(土) 07:33:41
魚沼のコシヒカリのケットでの食味値は82〜86です、食味計で十分値の出る範囲です。
機械は壊れませんよ。
当然ですがメーーカーにより値は異なりますのでどこの食味計かをはっきりせねばならないのは
当たり前のことで、その辺を理解したうえでの議論でしかるべきです(農林板ですから)

>それに、食味値が高いからうまいというのではダメでは?
理由は

美味しい米(食味値が高い)を消費者に食べてもらう為に食味数値を
高くする努力をしている農家はいけないのですか。

214 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/23(土) 07:36:14
たぶん194は米について何も知らないのに知ってるつもりになってるだけだな。
相手にしないことだ、逃亡したからもう来ないかな?

215 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/23(土) 22:15:08
>>213
一番わかりやすいのは食味値計の規格が統一されていないから。
このことで、食味値が高けりゃうまいの概念が根本的に崩れている事がわかりませんか?

>>214
知りませんよ。頭が悪いので簡単に米についてわかるよう話してください。
あなたは頭がよさそうなので、私に教える事など簡単でしょうW

逃げたといわれるのは癪なので出てきただけです。
そんなに、お話になりたければスレ作って、誘導してください。
よろしこ。


216 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/23(土) 23:04:28
>>215
自分で勉強してください

217 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/24(日) 07:32:49
>>216
相手にしちゃ駄目だよ、215はかまって君だから

218 :215:2005/07/24(日) 14:08:55
>>216
あれから、食味計について勉強させていただきました。
勉強すればするほど、当てにならないということを痛感させていただきました。

>>217
都合が悪くなると、そのようにお逃げになるのがよろしいかと思います。
私に対しての批評および、食味値至上主義なるものにはご返答させていただきます。

219 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/24(日) 21:17:49
>>218
勉強が足りない

220 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/25(月) 05:08:12
お米って刈り取る時まで水があるとみずみずしい
おいしいお米ができませんか
コンバイン作業、困難でしょうが


221 :名無し:2005/07/25(月) 22:55:48
初心に帰ってみました。

日本中の稲作農家の皆様、米作りから一旦、撤廃してください。
数年後、中国・インドから注文が来ますから、その時は頑張ってください。
                      
                            以上

222 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/25(月) 23:11:26
と馬鹿がなんか申しております。

223 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/25(月) 23:33:35
刈り取りするまで水田に水があると稲が根腐れしてしまい倒伏します、倒伏してしまった
稲から収穫する米は品質が低いものになります。
美味しい米は収穫できません。

224 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/26(火) 08:31:30
220です

みずみずしいお米どうしたらできるのかな−


225 :481:2005/07/26(火) 10:19:24
我が国の休耕田活用、農業振興、林業活性化に関する
新たな方向性を示した以下の論説について、問題点がないか
農林業関係者の方々のご意見を広く伺いたく・・・・
どうか宜しくお願いします。

〜21世紀型農林本主義の薦め〜

【目的】

我が国の全電力エネルギーを

@バイオマス燃料電池発電  (80%程度)
A水力発電          (10%程度)
B太陽光発電・風力発電  (10%程度)

の3つを中心とした自然エネルギーのみで100%賄い、
現在の原発由来の高レベル放射性廃棄物問題と火力発電由来のCO2問題の双方を
抜本解決すると同時に、原油・ウラン・石炭輸入量を大幅に減らし、その結果浮いた
原料調達経費分をバイオマス採集のための100万人以上の新規雇用
(エネルギー目的の農林業)に結びつけ、最終的にはグローバルな社会安定化に
つなげるための戦略案を具体開示する事。


226 :481:2005/07/26(火) 10:20:51
【エネルギーの総量規制というコンセプトと京都議定書】

資源エネルギー庁のHPによると、2000年度の発電電力量は9396億kWh。
可能ならば国家はエネルギーの総量規制を行うのが望ましい。これはバブル崩壊時の
不動産投資総量規制に準じたものであり、一つ間違えれば景気失墜になりかねないが
限られたエネルギーの範囲で経済効率を上げる技術システム及び社会システムを
構築するには、エネルギーの総量規制は一考に値する。

なお、国家全体のエネルギー総量は国家全体のCO2排出量と強く相関するので
事実上、京都議定書CO2排出量規制が国家のエネルギー総量規制となって機能している
という捉え方もできるが、これに法的拘束性を持たせれば、国家システムは
抜本的に変化していく事が期待できる。 


227 :481:2005/07/26(火) 10:21:24
我が国の全消費電力9396億kWh(資源エネルギー庁HPより)のうち
自然エネルギー分(主に水力)は10.2%で残りの原子力発電(34.3%)
火力発電(55.5%)の部分の発電量は 9396億kWh×89.8%=8438億kWh。
http://www.enecho.meti.go.jp/faq/electric/q01.htm

環境法を新たに設定して、今後は一戸建ての新規購入者に対し全て
太陽光発電若しくは風力発電を義務付けた場合
(減価償却15年、250万円程度、国家融資)、
2600万戸 × 4819kWh=1252億 kWh (全電力の約13%)
は中長期的には自給可能となる(すなわち数十年以内に全て建て変わる)。
http://www.eccj.or.jp/scnet/energy/energy_02/
http://www.sharp.co.jp/sunvista/about/index.html
http://ameblo.jp/dream-up-japan/entry-10000781768.html


228 :481:2005/07/26(火) 10:22:24
残りは8438億kWh−1252億kWh=7186億kWh。
NEDOが開示した実質的な高温ガス化ガス利用MCFC*の発電効率(2kWh/kg)
で賄う場合(実際はMCFCより効率が高いSOFC*が主と推測されるが)に、
必要なバイオマス量は 7186億kWh÷2000kWh/トン=3.6億トン。
http://www.expo2005.or.jp/jp/pdf/N2.2.46_02.pdf
http://www.jema-net.or.jp/Japanese/denki/2004/de-0403/p09-12.pdf

*MCFC(溶融炭酸塩型燃料電池)、SOFC(固体酸化物型燃料電池)
いずれも稲藁・木屑等の農林業系廃棄物の不完全燃焼ガス(水素ガス、COガス)
から高効率で発電可能。作動温度が高いので水蒸気発電を同時に行う事も出来る。


229 :481:2005/07/26(火) 10:23:30
多年生草の外来生物ネピアグラスを用いれば沖縄県で
377トン/ha(窒素肥料区@沖縄)  乾物57トン(水分85%)
の収量が得られている。日射量が少なく光合成能力にやや劣る本土に
品種改良した上で類縁種を導入した場合は、収量がその約半分として
乾物30トン/ha。
http://yamaguchi.lin.go.jp/souti/kennkyuBN/nepia.pdf

一方、国内の休耕田・遊休地が400万haなので
400万ha × 30トン = 1.2億トン(乾物)は確保可能。

更にプラスチックを含む可燃性廃棄物2.1億トン(うち乾物1億トン)を
本目的に投入すれば、計2.2億トン(乾物)となり、残りは1.4億トン。



230 :481:2005/07/26(火) 10:24:21
この1.4億トンの調達を持続的な林業(森林)活用に頼る。

大雑把に見た場合、全森林面積2500万haのうち実際に
伐採利用可能なのは約40%を占める人工林のうちの
3分の2程度(すなわち27%程度)と、 残り60%を占める天然林のうちの
更に半分程度(すなわち30%程度) の里山(薪炭林)部分の
合計57%程度であり、後は険しくて入れないか生物多様性保全等の
森林多機能のための面積と(大まかにですが)考えられる。最近は少々
険しくとも機械化が相応に進んでいる。

従って、相応の税金が必要で生態系破壊にもつながる森林整地を
仮にしなくとも、日本全森林純生産量、年間2.5億トン(乾物)のうち
毎年、持続的に利用可能なバイオマス量は約1.4億トン(乾物)となる。
また林業として成立するためには1トン当たり2万円の相場を考えれば
何とか成立する。



231 :481:2005/07/26(火) 10:25:02
そうすれば電力エネルギー部分は100%自給可能となる。
これに必要なバイオマス採集費は農業部門1トン1万円(富士通総研)、
http://www.fri.fujitsu.com/open_knlg/review/rev072/review08.html
林業部門1トン2万円として1.2兆円+2.8兆円=4兆円。
年収300万円として農業部門40万人。林業部門93万人。
計130万人程度もの雇用は確保可能。それに対し、この分の
従来のエネルギー調達費(原油、石炭、天然ガス、ウラン)は3.4兆円。
従って内需拡大効果とこの2年の原油価格急騰を考えればほぼ帳尻は合う。

以上の結果から言えるのは、現在の技術段階では、
日本全体の電力エネルギーは100%自給可能であり、高レベル放射性
廃棄物問題、CO2問題等は抜本解決できるが、日本全体のエネルギーの6割
を占める他エネルギー(輸送等)の確保は国内では無理。

この部分は東南アジアとのブロック経済圏を確立して、東南アジア熱帯雨林地域で
更に7億トンのバイオマスを確保する必要がある。其の場合、日本本土での
収量の倍程度になるとしても日本の国土の3割程度に及ぶ1200万haという
広大な農地(ネピアグラス等)が東南アジアに必要で、 現地に230万人クラスの
雇用を生む事になろう。そうすれば国内だけでなくマレーシア・インドネシア等の
東南アジアに対し「富の再分配」を行う事になり、結果として南北問題の解決の一助になる。



232 :481:2005/07/26(火) 10:28:08
国家のエネルギーの6割を占める「電気エネルギー以外の部分のエネルギー」
を賄うために7億トン分のバイオマスを確保するためにインドネシア、マレーシア等
の複数の東南アジア国家群に計230万人クラスの雇用を確保した場合、
日本では1トン1万円計算となるバイオマス採集費(ネピアグラスの栽培・伐採)が、
物価が全く違うので、現地ではその4分の1程度で確保できるものと推定できる。
よって必要経費は1.8兆円。輸送費を入れても多くて3兆円見れば、
持続的な燃料電池用の燃料源が確保できる。これをタンカーで日本に運び、
空になったタンカーの帰りはガス化残渣を運んで現場に戻した上で、
原油を使わない形で行うハーバーボッシュ法で窒素源を補えば
東南アジアの元素循環は持続確保できる。このシステムをODAを通して、
現地の持続的な電力確保や保全生態にも同時に貢献する形で、
戦略的に構築すれば、アジアレベルでよりスムーズに持続型社会に移行できるだろう。
(そもそも今のままでは東南アジアの森林の荒廃が著しい)

以上の様式でバイオマスを国内外で確保した場合、バイオマス採集の必要経費は
国内で4兆円、東南アジアで3兆円。計7兆円。それに対し現在の
エネルギー輸入総額(石油、石炭、天然ガス、ウラン等)は8.5兆円。
(SOFCの耐久性・設備費が一定水準ならば)国家として1.5兆円の黒字となる。
またこの黒字分は今後の原油急騰で更に拡大していくだろう。(なお、ここで注意を
要するのは、いくら東南アジアでのバイオマス調達費の方が安価でも、
エネルギー自給率の向上のためには、国内の農林業活用を第一優先順位
において考えるべきであるという点である。日本の農業は石油漬けである以上
エネルギー自給率は食料自給率にも直結している。)


233 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/26(火) 10:52:48
北朝鮮を実際に見て、その上であの国を地上の楽園と言い切った
朝日の記者と同レベルの駄文をどう評価しろと。

234 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/26(火) 11:16:20
ソースは、社民党系の団体あたりかな。

235 :481:2005/07/26(火) 11:37:45
本論説「21世紀型農林本主義の薦め」は
我が国の農林業振興を目的の一つとしていますが
純粋に学問的(環境社会学、環境経済学、環境化学等の総合科学)
な投稿であり、あまり政治的な事に関しては、申し訳ありませんが
能力不足でわかりません。また学術的な点しか対応できない事をお許しください。

駄文に関しては申し訳ありません。ただ、内容面での論理の進め方や
技術面(農林業技術)で問題や当方の勘違い(誤認)等があれば、
其の都度、謙虚に改善しますのでお教えいただければ幸甚です。

それでは連続投稿制限後の残り部分の論説を続けさせていただきます。

236 :481:2005/07/26(火) 11:39:23
また現在の天然ガス部門・原子力発電部門等は、ロシアのエネルギー総合会社
のような形で、現在の電力会社 と合併し、今後、分散設置型で大量の人材ニーズが
発生するであろうバイオマスガス化SOFC発電部門に配置転換すれば、
化石燃料関連業界の生き残りも十分に図れるはずである。 後60年の枯渇が
予測されている天然ガスの業界が天然ガス部門だけで独立・乱立しているのは
持続エネルギー系へ移行する上で相互にマイナスになりかねない。メタンハイドレート
の利用も重要ではあるものの過去の光合成資産の一方的採取の点では変わらない。
やはり持続エネルギー系への転換が求められる。

またそもそも今のままの使い方をしていれば、石油は後40年、天然ガスは60年、
ウランは70年で枯渇すると予測されており、
石油やウランは石油やウランでないと使えない用途も多いので
そういった目的のみに用いれば、今後数世紀にわたって末永く使える余地が出てくる
ので、化石燃料利権には必ずしも抵触しない。



237 :481:2005/07/26(火) 11:40:35
カーター政権時のブレインで『水素エコノミー〜エネルギーウェブの時代〜』を3年前に
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4140807849/250-0218073-1398634
出版したジェレミーリフキンは20年前の段階で『エントロピーの法則〜地球の
環境破壊を救う英知〜』を出版し、其の段階で既に、エネルギーと文明が密接に
関係している事と、エネルギー移行期には社会や秩序が異常に混乱する事、更には今後、
化石燃料エコノミー崩壊によるアノミー化が20〜30年以内に一気にくる事を予言している。
今まさにその状況にあるのかもしれない。

リフキンはそのアノミー状況を乗り切るためには
@化石燃料やウランに頼らない持続的エネルギー社会の構築と
A富の再分配システムの構築
の双方がどうしても必要と『エントロピーの法則〜地球の環境破壊を救う英知〜』
の中で繰り返し主張している。

筆者がここで述べたシステムはこの両方を満たすものであり、東南アジアと
新たな共生圏・共栄圏を確保できるならば、このブロック圏内ではエネルギーは
持続的に恒常的に確保できる。またこの方法論では国家のエネルギーの源泉は
現在の光合成(太陽エネルギー)能力にある(参照:化石燃料経済は
1億年程度の太古の光合成エネルギーの一方的消費)ので、地球温暖化は
むしろプラスとなる。むしろ怖いのは(数万年周期で来る)其の後の氷河期である。
その際には今の世界人口を支えるのはとても無理でリフキンに代わる
新たな天才が社会に必要だろう。

238 :481:2005/07/26(火) 11:41:37
エネルギー持続性を国内で確保できるならより素晴らしかったが、
残念ながら今の技術段階では電力エネルギー部分は100%自給可能であっても、
その2倍以上の量となる国家必要エネルギー全体量では、国土が狭い国内のみ
での循環確保は不可能であった。今後、太陽光発電システムが上記施策による
大規模生産メリット等によって大幅にコストダウンするか、若しくはより有効な
風力発電タービンが出来れば別だが。(なおこの2年で5分の1近くに価格が
下がっている太陽光発電の更なる大規模コストダウンが現実化すれば、日照量が
大きい南日本海域でのメガフロート太陽電池が遂に使えるようになるかもしれない。
そうなれば状況は抜本的に改善できるだろう・・・)

しかしながら現時点での技術段階では日本は一国ではどうしても生きていけない。
其の場合、(あくまでも1940年代の危険な全体主義の再来につながらない形で
民主主義と基本的人権そして多様性を相互尊重した上で)マレーシア・インドネシア等
の東南アジアも含めた「新たな大東亜共栄圏」をエネルギー面で確立し、その中で
新たな形態での農林業振興の形でバイオマス採集経費7兆円の分配を通した
「富の再分配」を国内でも国外でも健全に行うシステムを確保する事が、
南北問題も含めた21世紀のグローバルな社会安定化の最終的な方向性
の一つなのかもしれない。

239 :481:2005/07/26(火) 11:42:10
以上、本論説投稿が日本農林業を振興する事に役立つと共に
平和な穏やかな社会につながる事を祈りたい。



240 :481:2005/07/26(火) 11:43:17
補足:【電力エネルギー自給率100%案の要約】

@高温ガス化ガス利用燃料電池発電・・・・・・7186億kWh
・森林バイオマス        1.4億トン (エネルギー林業:ニセアカシア等)
・遊休地(400万ha)栽培  1.2億トン (エネルギー農業:ネピアグラス等)
・可燃性廃棄物        1億トン  (従来の廃棄物行政予算内で収集)
=========================
                  3.6億トン(乾物)
(3.6億トン×2000kWh/トン(NEDO実証データ)=7186億kWh)
A水力発電・地熱発電・・・・・・・958億kWh(2000年度実績)
B家庭用太陽光発電等・・・・・・1252億kWh (法制化し全一戸建てに設置時)

@+A+B=国家の全消費電力9396億kWh(資源エネルギー庁HPより)

*バイオマス採集費は農業部門1トン1万円(富士通総研)、
林業部門1トン2万円として1.2兆円+2.8兆円=4兆円。
年収300万円として国内に農業部門40万人。林業部門93万人の雇用確保。
それに対し、この分の従来のエネルギー調達費(原油、石炭、
天然ガス、ウラン)は3.4兆円。従って国内雇用大幅増大による
内需拡大効果とこの2年の化石燃料価格急騰を考えれば帳尻は合う。


241 :481:2005/07/26(火) 11:49:46

論説は以上で終わりです。長文失礼しました。

本方向性で進めば、日本国土をフルに有効利用する事につながりますので
「減反」は必要なくなります。また農業雇用も林業雇用も飛躍的に増えます。

石油枯渇が後40年と予測され農業が石油漬け状況になっている今こそ、
エネルギー農林業という新しい部門を開拓できれば、農業自体が
食糧と共に国家のもう一つの生命線であるエネルギーまでも生産できるようになり
我が国の農林業が飛躍的に発展できるのではないでしょうか?

農家、林家の間でご議論いただき、問題点等がありましたら
どうかお教えいただけますようお願い申し上げます。

242 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/26(火) 12:01:57
稲作面積を減らすことが減反なんだけどな

243 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/26(火) 12:40:53
1年草ならよかったのに、多年草ではねぇ〜
あと、天災が起こったときの試算が入ってないのもつらいねぇ〜
ネピアグラス1トン当たり1万円ではねぇ〜
400万haの休耕田・遊休地がかたまっていればいいかもしれないけど、実際は、点々バラバラしかもヘンピなところばかりだからねぇ〜


244 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/26(火) 13:43:48
>>242 米以外の作物でも減反という言葉は利用される。

245 :481:2005/07/26(火) 16:09:33
学術議論に応じていただき有難うございます。

>1年草ならよかったのに、多年草ではねぇ〜

ネピアグラスは収穫が7−9月の3ヶ月のみで
後は基本的には、あまり手をかけなくても、栽培可能な点が特徴
で、また多年草なので毎年植え直さないでも良く、
そういった意味では手間が時期的に限定されます。

よって中長期的に活用可能な耕作放棄地、遊休地には
多年草である事が逆にプラスに働き、短期利用の際は
利用終了時に単にトラクターで潰せばよいのではないでしょうか?


246 :481:2005/07/26(火) 16:10:11
また手間をかける時期が7−9月に主に限られていますので、
土地の分布状況がバラバラでも、各地域で国策による
エネルギー農業会社を自治体が作って、それがそのバラバラの
しかも所有者が異なる遊休地を契約書を元に一括栽培管理する
方向性をとるならば稼動するかと考えています。所有者が細かく
異なる以上これは国策で作られた農業法人でないとできず、
別途、環境法の設定も求められるかと思いますが、
それでも上の方向性でいくならば機能し
全国全体で農業部門40万人雇用は可能になってくるかと思います。

7−9月には1月で1m以上も成長する点が特徴で、1トン1万円は
NEDOのFS事業の中での沖縄県の地域シミュレーションでは
採算がとれている数値になっているようです。


247 :481:2005/07/26(火) 16:11:15
>あと、天災が起こったときの試算が入ってない

天災時への対応は、基本的には限定した形での利用の原子力発電量を
その分だけ増加させれば対応できるかと考えています。海洋ウランは
イオン交換樹脂を海水に浸せば数千年以上持つ資源量がある事と
核燃料の軍事転用が可能である事の主に2つから、原子力は
有効な発電手段とされていますが、廃棄物の長い半減期のため、
地中管理地区の地震も想定せねばならない数万年にわたって
厳しい管理責任を負わねばならない高レベル放射性廃棄物
処理問題がある以上、こういった非常用の限定的な範囲内での
利用に留めるのが一つの方向性ではないかと考えていますがいかがでしょうか?

また現在の原発の発電料金は数万年に及ぶRI廃棄物管理料金が
含まれておらず、それを含めれば経済的にも圧倒的に不利になるのでは
と予測していますが、この点詳しい方がおられるならご教授いただければ
幸甚です。


248 :481:2005/07/26(火) 16:12:12
なお林業部門93万人の雇用確保に関しては基本的には
従来からの林業システムで稼動するはずので、より導入しやすいのではないかと
考えていますが、いかがでしょうか。

いずれにせよ、化石エネルギーではなく、主に「持続可能なエネルギー」だけで
国全体が数千年は動くシステムを多くの人たちとの議論によって作り上げておく
事は意味のある事ではないかと考えています。

249 :481:2005/07/26(火) 16:18:20
投稿232でも申し上げましたように、この方向性で進む場合は
エネルギー輸入総額(石油、石炭、天然ガス、ウラン等)の8.5兆円
よりも安価なバイオマス採集費用でエネルギー運営が可能になります。
そして其の差は今後原油価格、天然ガス価格が急騰すればするほど
大きく黒字になります。

投稿232の計算で1.5兆円も出るその黒字部分を使って
石油を使わずにハーバーボッシュ法で工業的窒素固定を行って
製造する窒素肥料料金に回せば、結果として
全て国益に適った形で、安定してエネルギー&食料自給率を高める
事ができるのではないかと考えているのですが、いかがでしょうか?



250 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/26(火) 18:42:51
過去からの書き込みよりはいいけど、
スレ違いは否めないんじゃ?

どっちかっつーと未来技術板向けのような。



251 :481:2005/07/26(火) 19:21:11

>どっちかっつーと未来技術

未来技術ではなく、現在、既に実証プラントで一定の結果が
出ている技術の範囲内での議論に留めています。

この方向性で進めば実際に「減反」はゼロに近くなり
今までの農林業を維持した上で、新たな農林業需要がエネルギー部分で
数兆円クラスで出てくる可能性を考えています。

農林業分野の振興のためにも
農家、林家の方々の議論材料にしていただければ幸甚です。





252 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/26(火) 20:49:39
稲作面積を減らして多年草を栽培することは、減反です。

253 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/26(火) 20:55:12
日本の農業の主要作物が米ですから稲作面積が減少すれば減反になります。

254 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/26(火) 21:19:10
>>249
君がそのように考えるならば自己責任でやればいいだけです。
他人を巻き込まず、まず実践して報告願います。

255 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/26(火) 21:22:45
毎年、植え直ししなくてもいい。この、利点が欠点にもなりえます。
つまり、ネピアグラスを栽培しなくなったとき、つまり違った農作物を作ろうとしたときに、問題が発生するのではないかと考えられます。
。ネピアグラスが簡単に撲滅・撤去・枯渇?できるものならいいのですが?
トラクタで起こした程度でなくなると考えるのは危険ではないでしょうか?

また、>>231の年収300万円の数字が少ないかと思います。

http://blog.nitty-gritty.org/archives/000370.html

どうしてこのような年収の数字が出てきたか、教えていただけないでしょうか?

256 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/26(火) 21:24:03
>>252 「稲作の」を付け加えるのを忘れてる若しくは「転換」だな。
>>253 げん‐たん【減反・減▽段】
[名](スル)作付け面積を減らすこと。「昨年の半分に―する」「―政策」増反。
だから稲作か否かは関係無いんだって。




257 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/26(火) 21:26:09
>>251 食料供給が主として考えねばならないので国内でエネルギー生産に振り分ける
だけの面積は確保できないだろうという予測もあるがその点はどうだろう。

258 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/26(火) 21:35:55
>>251
減反云々っつーよりは耕作利用率だ罠。

バイオマスってのはなんでも高コストなんだよねー。
飼料稲が普及しないのも高コストだからだけど。

259 :258:2005/07/26(火) 21:37:05
×耕作利用率
○耕地利用率


260 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/26(火) 22:04:35
そのとおり耕地利用率です、減反ではありません。

261 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/26(火) 22:07:04
多年草を栽培すると水田回しが困難かと思います。

262 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/26(火) 22:12:44
ネピアグラスを栽培しても基盤整備事業費と水利費は付いてくる、採算あうんですか?

263 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/26(火) 22:35:53
>>229
10a当り約3万円の収入があると書いてある。


264 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/26(火) 22:45:17
>>263
採算割れということですね。

265 :481:2005/07/27(水) 15:12:18

日本農業は石油漬けと評されているように
エネルギーと食糧生産は表裏一体かと考えています。

>ネピアグラスを栽培しても基盤整備事業費と水利費は付いてくる、採算あうんですか?
>採算割れということですね。

投稿232に示したように、このシステムを回せば
国家として1.5兆円の黒字になり、原油価格の上昇と共に
この差は拡大しますので、其の分を窒素肥料費、基盤整備事業費、水利費等
に充当していく方向性が大枠で考えられるのではないかと思います。

今のままでは原油が高くなればなるほど、国家の貿易収支が悪化し、
石油依存度の高い日本農業も不利になっていくので
かなり大枠の議論でも、こういった方向性を考えていくのは意味がある
のではないかと考えます。

266 :481:2005/07/27(水) 15:16:42
>食料供給が主として考えねばならないので国内でエネルギー生産に振り分ける
>だけの面積は確保できないだろうという予測もあるがその点はどうだろう。

エネルギーが確保できないと食糧生産も生産効率が格段に落ちていくのは
各種の農業機械や肥料生産が原油で動いている以上、明らかなので、
両方を同時に考えていく必要があり
食糧がバイオマス等のエネルギーより先、といった考え方に
上の点を加味していければ幸いです。

267 :481:2005/07/27(水) 15:23:53
>ネピアグラスが簡単に撲滅・撤去・枯渇?できるものならいいのですが?
>多年草を栽培すると水田回しが困難かと思います。

現場の貴重な意見、有難うございます。
多年草と同時に同様の収量が得られる一年草を同時に探してみます。
すなわち中長期的に土地活用できる場合と、1年しか活用できない場合とで
作付け植物の種類を変えていく方向性を探ってみます。

水利費等の問い合わせも含め
農業板でないといただけないような
様々な貴重なご意見をいただき大変感謝します。
大変参考になりました。

268 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/27(水) 21:26:11
>投稿232に示したように、このシステムを回せば
国家として1.5兆円の黒字になり、原油価格の上昇と共に
この差は拡大しますので、其の分を窒素肥料費、基盤整備事業費、水利費等
に充当していく方向性が大枠で考えられるのではないかと思います。

反収30,000ではやりたくない。


269 :名無し:2005/07/27(水) 23:05:45
ふぅ・・・

270 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/27(水) 23:45:03
>>224
お米の水分は乾燥調整で決まります。
あなたが、どれほどの水分の状態のお米がほしいのかどうかわかりません。
みずみずしいという水分はどういう状態をいうのか、具体的に水分%を提示されてはいかがでしょう。
ただし、水分が高いと不都合がいろいろと出てきます。

271 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/28(木) 13:17:25
口に入れた時ふわっとした柔らかさ茶碗に盛ったご飯の湯気が香り口に入れた時
さらに香るほのかな甘みと艶おにぎりにした時あまり固くならずふわっとした感じが
残っていることです



272 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/28(木) 14:08:32
ご飯のお話だったら、こちらに行かれるといいかと思います。
http://food6.2ch.net/test/read.cgi/cook/1105653457/

273 :名無しさん@お腹いっぱい:2005/07/28(木) 22:47:33
ニッポンジンの稲作への意識はドダイこのようなものでしょう。だからといって
悔い改めを強いる道理もないわけでありまして、そのような強制をする者はさして
パッショのない連中でしょうねっ。自由にやればいい。何物も束縛はイラン。

274 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/28(木) 23:28:55
H19年から始まる「新たな食料・農業・農村基本計画」で補助金を認定農業者と農業法人に集中する。
そしたら、そこから外れる7割の農家はもう減反しなくなるでしょう。
廃止も同然です。
だから国は「生産調整を農業者団体に移管する」なんて言って投げ出してしましました。

減反廃止→米価下落→耕作放棄→米輸入拡大→一部の高価な国産米だけが生き残り
という事になるんでしょうね。国産牛肉みたいに。

結局、農業政策を決めてる連中は、いつでも国産米でも国産牛肉でも買って食えるから困らないんだよ。
万一、食費が足りなくなったら、「税金を上げて給料上げればいいや」くらいにしか考えてないんじゃない。

「貧乏人は輸入米を食え!」ということだな。

275 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/28(木) 23:30:03
「しましました。」→「しまいました。」の間違いでした。

276 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/28(木) 23:31:35
>>274それが消費者の利益なんだそうです。


277 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/28(木) 23:31:37
>>274
そういうことです

278 :名無しさん@お腹いっぱい:2005/07/28(木) 23:34:17
そういうことっ。おまいのような貧乏人は米英畜生米
で腹満たせってことよ。

279 :名無しさん@お腹いっぱい:2005/07/28(木) 23:36:30
遺伝子組み換えでも平気平気^^

280 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/28(木) 23:37:16
>>278
稲作農家なので自分で収穫した美味しい米を食べます。

281 :名無しさん@お腹いっぱい :2005/07/28(木) 23:40:08
文学連中は文学板へ行けや

282 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/28(木) 23:44:56
277=280です、補足しときますね。
>減反廃止→米価下落→耕作放棄→米輸入拡大→一部の高価な国産米だけが生き残り
という事になるんでしょうね。国産牛肉みたいに。

こうなることを待っていたんです。


283 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/29(金) 00:24:26
>>282
兼業農家も自給農家も大して困らないが、
大規模専業稲作を支えられるだけの補助があるかね?
生産コストの増加に耐えられるだけの補助があればいいけどね。

一番ワリを食うのが輸入嫌いの消費者だよなあ。

284 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/29(金) 00:29:16
>>283
補助金無しが良いと思います。

285 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/29(金) 01:31:17
>>284
専業農家が先に破綻するね。
そうでなきゃ兼業化するか。

286 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/29(金) 07:52:05
兼業専業にかかわらずどのような稲作をしているか、どのような土地(水田)で稲作をしているか
で生き残るか破綻するかに分かれて欲しいものです。
地域ごと稲作止めてもらいたいとこもありますがなかなか強制はできませんからね。
稲作農家も自分の米は美味しいといった誤った認識は無くすべきです。
ケットが絶対とはいいませんが全国的な数値と自分の数値を比べれば理解できるはずなんですけどね。
ケットで70以下ならアウトでしょうね、65以下の稲作農家は即刻廃業してほしいです。

287 :百姓公務員:2005/07/29(金) 11:54:11
>>280
あったりめえだろ
屑庶民に新米は高値でしか売らん
いーっひっひ

288 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/29(金) 13:22:28
>>286
>自分の米は美味しいといった誤った認識は無くすべきです。

おまえもなぁ〜

メーカーの回し者うざい。

289 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/29(金) 20:33:10
>>288
>メーカーの回し者うざい。
褒め言葉とうけとって良いでしょうか。

農協へは1トン(17表)だけ出荷してます、付き合いもありますが食味検査をしてもらえるので助かりますからね。
その検査結果表を営業ツールとして活用させていただいております。
確かにケットで70以下の米が半数以上を占めている日本の稲作の現状ではその農家の
方々に感謝しなければなりませんね。
廃業して欲しいの発言は取り消します、すみませんでした。

290 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/29(金) 20:59:14
>>289
70以上なんて余裕だろW
くだらないこと自慢するな。

291 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/29(金) 21:02:54
>>290
当然70以上は余裕です、80超えてますので。
ただ稲作の現状を記述しただけです、自慢したようには書いてませんけどね。

292 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/29(金) 21:12:16
>>290
70以上が余裕といいますが、稲作農家の半数以上は65以下なんですけどね。
あんた百姓じゃないね。

293 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/29(金) 21:14:18
>>291
80超えも簡単だろW
そんなくだらないこと書き込むなよ。
恥ずかしい。ってゆうか、○○ですか??

294 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/29(金) 21:19:20
>>292
プロなら当然できるでしょW
くだらない。

295 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/29(金) 21:19:47
>>293
馬鹿ですか?

296 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/29(金) 21:21:02
>>294
稲作農家の半数以上はプロではないということですね。

297 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/29(金) 21:24:24
>>293
80超えが簡単なのに65以下が半数以上、おかしいですね。

298 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/29(金) 21:28:55
>>296
>>291はできてるだろ。
プロだからW
自慢げに話すことではない。

そんなことより、兼業農家のような人たちも大切にしろよ。
爺婆大切にしろよって、話。


299 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/29(金) 21:30:29
>>297
専業農家ならできて当然でしょ

300 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/29(金) 21:30:45
>>298
取ってつけたような説明ですね。

301 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/29(金) 21:31:52
>>299
しかし現実には出来ていない

302 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/29(金) 21:33:18
だって、自慢げに話すんだもんW
専業農家にそんな話自慢げにされてもつまらん。

303 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/29(金) 21:36:03
爺婆のために消費者が不味い米食わさ

304 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/29(金) 21:37:02
つまらないならおとなしくしていてください

305 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/29(金) 21:38:46
そのおかげで、その孫や子供たちにお金が回る。
回ったお金は、消費される。
お金が消費されれば、景気がよくなる。ってゆうのが基本じゃないの?


306 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/29(金) 21:40:38
おまえがなぁ〜

307 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/29(金) 21:41:10
一般的には小規模農家の方が品質の高い米を生産しています。
稲作専業農家は収穫量を主眼に置いていますので品質は特別良くありません。

308 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/29(金) 21:44:52
収穫量気にしてる時点でだめやん。
なぜ気にする???おかしいやん。
米が余ってるのに・・・???

309 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/29(金) 21:47:35
>>308
その通りです、日本の稲作はだめなんですよ。

310 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/29(金) 21:51:04
ここでも見て、勉強しなさい。

http://www.agri.pref.hokkaido.jp/kamikawa/SAIBAI/syryou/syokumikadai.htm

311 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/29(金) 21:53:10
>>309
補助金が少ないからねえ。

312 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/29(金) 21:53:27
>>308
仮にコシヒカリの一等米の農協の仮渡金を12,0000とします、品質値(食味値)に関係なく
どんな米でも同じ金額です。55でも80でも同じ金額です。
収穫量を多くすれば食味は低下しますが仮渡金は変わりません。
ですから大規模稲作農家は収穫量を主眼においているんです。

313 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/29(金) 21:54:17
>>311
補助金の問題ではありません。

314 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/29(金) 22:10:35
>>312
ねたみですか?
それとも、あなたの近所の農家がそうなの?

どっちでもいいが、嫌なら出荷しなくてもいいじゃん。
それに、品質値=食味値は違う。




315 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/29(金) 22:15:10
>どっちでもいいが、嫌なら出荷しなくてもいいじゃん。
それに、品質値=食味値は違う。

ですから農協へは出荷せず個人で販売しています高く売れるので儲かります。
品質値=食味ちです、メーカーにより言葉の使い方が違うだけです。
馬鹿らしくて農協へは出荷なんかしてませんよ。



316 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/29(金) 23:08:17
やり取りを見ていると、>>314が素人というのは分かる。


317 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/29(金) 23:15:30
314は典型的な愚農


318 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/29(金) 23:22:20
やり取りを見ていると、>>315も素人だな。

319 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/29(金) 23:22:54
>>317
お前も糞

320 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/29(金) 23:42:11
みんなクソってことかーーーー!!!

321 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/29(金) 23:51:06
>>318
315ですけど専業農家です

322 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/30(土) 07:35:44
何時まで鷺みないなことして儲けられるかな藁

323 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/30(土) 20:55:54
>>322
僻みですかそれとも妬み?

324 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/30(土) 21:17:05
食味値が高けりゃ、品質がいいっていうDQN農家がたむろするスレはここですか?
胴割れ、カメムシ被害、狩り遅れ、しても食味値がよければ品質がいいっていう農家がいるスレはここですか?


325 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/30(土) 21:25:25
ーーーー!!!

326 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/30(土) 22:04:36
>胴割れ、カメムシ被害、狩り遅れ、しても食味値がよければ品質がいいっていう農家がいるスレはここですか?

馬鹿ですか?


327 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/30(土) 22:07:30
>>324
百姓じゃねえな

328 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/30(土) 22:33:44
>>315
色、艶関係ありません。割れてても、斑点があっても、食味値がすべてです。

農協に出せば、3等以下ですから〜

329 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/30(土) 22:46:01
>>324
恥ずかしいよ。

330 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/01(月) 20:58:33
食味値がすべてですね。

331 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/01(月) 21:04:34
>>330
禿同
食味値を否定あるいは認めない人達は自分のところが不味い米の産地であることを
認めたくないんだろうな。

332 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/01(月) 21:29:55
>>331
逃げ出したのかと思っていたのだが、元気のいいことで。

とりあえず、
食味計の規格統一を実現させてからまたきてくださいW
ってことでいいですか?

333 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/01(月) 22:18:24
>>332
すっといましたけど?
規格を統一する必要は見当たらないのですが。
A社ので75とかB社ので80とかプロなら判断できますから。
あなたこそ逃亡したかと思いました、もっと勉強してから来てください。

334 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/01(月) 22:31:35
>>333
素人相手にむきになるなよ、ムチムチのかまって君なんだから放置推奨

335 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/01(月) 22:35:28
そそ、無知は放置。

336 :332:2005/08/01(月) 22:38:22
>>333
プロに売るならいいのですが、売る相手が素人に売るんではねぇ〜。
消費者がみなさん、プロならいいんですがW
そのうち、ジャロかなんかに訴えられないように気をつけてくださいね。

337 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/02(火) 20:51:45
ムチムチ放置

338 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/02(火) 21:42:38
>>320
同意。
このスレ、くそばっかだな。

339 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/02(火) 22:53:18
みなさん、もっとパンを食べましょう

340 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/02(火) 23:11:44
ご飯がすき

341 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/02(火) 23:19:45
米粉ロールケーキ食ってみてーな。

342 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/03(水) 21:04:17
米粉ラーメン美味しいよ

343 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/05(金) 07:46:01
来年も水稲作付け面積増える見通しコシヒカリ1万円割れ期待
我が県は豊作だ


344 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/06(土) 13:49:52
楽して儲けるこれは米しかないなwww

345 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/07(日) 07:00:48
>>344
理由は?

346 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/07(日) 11:43:26
米など税務署も、ほとんど相手にしないよ


347 :名無しさん@お腹いっぱい:2005/08/07(日) 14:48:31
>>346
本当か
標準所得が無くなり、消費税の免税点が下がると、税務署は、サラリーマンの
不公平感をそらすために、農家に対する課税を強化すると思われる。

348 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/07(日) 20:54:02
税務署が相手にしないというより利益が出ないんだが。

349 :名無しさん@お腹いっぱい:2005/08/07(日) 21:02:10
>>348
今後、農水省の政策の対象となるのは、経営の継続性(毎年損失が出るわけ
ではなく、利益が上がる年が半分以上あり、農業外収入を農業に投入する必要
が無いことが最低条件)がある経営体に限られる。


350 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/07(日) 21:04:59
認定農家制度とは、違うの?

351 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/07(日) 21:42:52
>>349
私が書いたことは税務署と稲作農家についてで農水省の政策は全く関係のない話。
農水省の政策の対象が利益のでる農家に移行するのは当然のことだと思います。
しかし稲作を支えているのは小規模兼業農家、下支えをなくした産業は終焉を迎えます。




352 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/07(日) 21:44:54
なんで349のように全く内容や流れが違うレスをするのだろうか。

353 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/07(日) 21:58:06
兼業農家は何の恩恵も受けてないからかまわないけどね。

354 :名無しさん@お腹いっぱい:2005/08/07(日) 22:21:06
>>351
まじめなレスありがとうございます。
しかし、国に政策支援してもらう以上、それに対する応分の見返が
必要と思います。小規模農家の多くは今まで、農業外収入で農機を
購入してきましたが、今、農業外収入にかげりが出、また投資の
費用対効果が分かってきたことから、よほどの趣味的農家以外に
投資までして農業経営継続をする意欲は乏しくなってきたことも
事実です。


355 :名無しさん@お腹いっぱい:2005/08/08(月) 08:28:35
>>352
あなたは減反が生産調整に変更(面積ではなく、生産物の調整に)されることを
認識していますか。今後、米の生産調整は強制ではなく、経営的な判断によりな
されることを知っていますか。 政府は、生産調整を民間(JA)にゆだね、政
策的な役割のみを果たそうとしていることを知っていますか。
あなたの米は市場でどのように評価されているかを知っていますか。
他人に対して批判するよりも、自分の経営をどのようにするかを考える時期に来
ていることを十分にお考えになってください。


356 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/08(月) 09:48:58
まあ355が農業どころか家庭菜園さえやった事無くて、
脳内ユートピアだけで妄想して語ってるのは確実。


357 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/08(月) 12:31:38
>356
良く釣れますか?ゲラ・・・・

358 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/08(月) 18:18:16 ?
なるほど

359 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/08(月) 18:25:42
みんな、中核派(革命的共産主義者同盟全国委員会)のサイトみた?
あそこが今力入れてやってるのは、

中国の反日デモ応援
新しい教科書採択妨害
郵政民営化反対   ←←←注目

ttp://www.zenshin.org/


360 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/08(月) 20:53:39
>>355
小売が8割り超えてますのでお客様の評価はストレートに伝わってきます。
あなたに言われなくても十分将来を見据えて営農しています、心配しないでください。
関係ない話題と指摘しただけのことなのに、何でそんなにムキになるの?

361 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/08(月) 21:08:06
>>354
稲作兼業農家が大規模稲作農家をおんぶしていることで十分に行政に貢献しています。
何も支援は受けていませんがね。

362 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/08(月) 21:27:07
>>354
私の住んでいる地域では稲の作付け面積がが
200a未満の小規模農家が5%、200a以上500a未満の小規模農家が94%、
500a以上の兼業農家が0.5%、500a以上の専業農家が0,5%のわりあいかな。
小規模農家はなくなりませんよ。

363 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/09(火) 09:31:58
大農ですね   我らが周辺では40あ−−−るあるよ
この面積で専業で食べていく技は まっしろだ


364 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/11(木) 02:17:49
基盤整備地域では、今後小規模農家はなくなります。特に水稲農家はね!


365 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/11(木) 21:44:31
>>364
全く逆だと思いますけど。
ところで、基盤整備地域って何なの?

366 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/12(金) 08:16:10
間抜け N K 三要素


367 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/12(金) 08:34:21
C・O・H・N・P・K・S・Ca・Mg・Fe・Mn・B・Zn・Cu・Mo・Cl



368 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/12(金) 08:37:53
>>365
圃場整備が済んだところでしょ。
借金を返すのに今の米価と専業でできるというのは
かなり難しいとおもうけどね。

369 :名無しさん@お腹いっぱい:2005/08/12(金) 09:40:51
>>368
今の大規模経営は借地経営
農地所有者と農地賃借人である農地利用者で、土地改良費分担
いずれにせよ、小規模経営では、農機の減価償却吸収困難

370 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/12(金) 12:19:37
小は第二食われるどの職業もおなじ
大は喜び小は絵画の叫び

371 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/12(金) 22:21:59
経営面でみれば小規模兼業農家>大規模専業農家だがね。

372 :名無しさん@お腹いっぱい:2005/08/13(土) 19:31:36
>>371
農業収入の所得に対する影響の少なさという意味ではそのとおり
でも、そんな香具師に国家の食糧政策をゆだねる危険性は
もし、ゆだねるならば、農地所有税として、農産物の物納でもさせる


373 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/13(土) 21:37:11
>>372
現状の農政・納税じゃそんなの無理>農地所有税として、農産物の物納
物納なら喜んでする香具師多いだろうね。

374 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/13(土) 22:37:47
>>372 作物の安定供給に協力すると作物を物納しないといけなくなるのか?
馬鹿だろお前?(w

375 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/13(土) 23:01:20
>>372
ハァ?

376 :名無しさん@お腹いっぱい:2005/08/13(土) 23:41:34
>>373-375
馬鹿につける薬はない
趣味的農地利用者については、最大利用面積を1反に制限
これなら、どれほど馬鹿でも最大10俵、新潟の長岡近辺でも12俵取れれば
最大。
あとは、経済的行動を行う者のみに農地利用を認め、馬鹿どもの農地を強制的
利用権設定させる。 これに反した農地所有者の農地は国が固定資産税評価額
で強制収用。 これぐらいの蛮勇を奮わねば、既得権益にしがみつく馬鹿ども
に生産調整に協力させることなど、百年河清を待つの類。


377 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/13(土) 23:46:55
>>376
現在のコメの最大の問題は生産量が多すぎるからだって気づいてるの?
財産権の侵害をどうやってするの?
固定資産税の評価額?
土台ムチャすぎるけど都市周辺地域しか通用しないよw

378 :名無しさん@お腹いっぱい:2005/08/14(日) 00:22:49
>>377
君は字が読めないらしいね
減反などという用語は使っていない
生産調整を今後どのようにするかを考えろと書いておる
経済的合理主義が適用できないDQNを農業生産現場から
追放することが、生産調整の鍵である
 アドルフ ムッソーリン

379 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/14(日) 00:45:35
なんだまた池沼な兼業叩きか。。。
離農補助金でも実現させてからにしな。

日本農業をさらに補助金漬けにして経営を不安定にしてどうするのだと小一時間・・・

380 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/14(日) 00:59:15
>>376
10俵/反なんて、馬鹿だろW
最大限収穫しようとしていること自体間違っている事に気づいてないのか?
みんながみんな生産調整なんて事が必要になってくることに気が付かないのか??
経済的合理主義が適用できないのはお前のほうだW

ブランド力で売ってるところにはDQNが多くて困るなぁW

381 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/14(日) 06:07:03
380は共産党か?自由きままに作り楽しみ余れば家畜にでも食べさせろ
弱者は去り残党が農産物供給最大の低価格化功労者なり食料はまだまだ足りない


382 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/14(日) 09:46:16
既役権益厨がでたか、相変わらずバカっぷりをみせてくれたね。

383 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/14(日) 09:52:07
プロ市民用語の
既得権益だったな



384 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/14(日) 09:54:57
>>381-382
全体の価格が下がって全員が採算割れするだけ。
生産費で下支えするか公定価格で高く買い取るかしないと総あぼん。
で、日本じゃ前者は無いし後者も廃止されてるんだけど?

既得権益云々とは何の関係も無い経済的事実。

385 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/14(日) 11:07:40 ?
今後政府としては基本的に自給率を基本に考えるだろう。
人口も減少するし、米の消費はますます減る。

今後、趣味?でやってる兼業農家は切り捨てて、
担い手、又は集落営農で対応せざるおえなくなるだろう。
当然、食料安全保障の一環で政策として決定され、
補助金も支給される。

自分は、現在の状況は過渡的で中途半端(生殺し状態)な感じがするが、
一度、全部ぶっ壊して、再構築するのも面白いと思う。


386 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/14(日) 11:09:46
>>381
食料はまだまだ足りないって???
今現在、食料は輸入しまくりで余ってんだろW
しかも、人口減少してるのに何考えてんだか?

もっと、根本的に足りないものがあるのに気づいてないおまいさんがたは、やはり、DQNだったW

>>384
同意


387 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/14(日) 12:54:51
>>385
兼業農家への補助はほとんどありませんがなにか?
再構築する途中で全壊する可能性は考えないの?

上手くいかなくったってリセットするわけにはいかんのよw

388 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/14(日) 15:49:03
足りないから輸入しているのではないでしょうか全体的にDON殿
輸入するなら作ってもよろしいのでは根本的に足りない貴方も足りない
自給率高めてなぜ悪い

389 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/14(日) 16:37:28
おっと机上論で立ち回る馬鹿ハケーン>>376>>378
馬鹿につける薬は無いな。

>>384 それは流通業者から見れば非常にウマーな現象では?

390 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/14(日) 17:02:15 ?
>>387
何を言いたいのか良く分からんが、
揚げ足取りの厨房のカキコにしか見えない。

もっと分かりやすく書いた方がいいよ


391 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/14(日) 17:05:26
>>388
足りないから輸入している??はぁ?
足りてても、安価なものがほしいから輸入してるんでないかい。
たとえば、中国産のコスト以下のものが日本でできるわけないだろW
中国で栽培し入ってくるし、それ以上に加工したものも入ってきているのが現状だろW

自給率高めること自体は悪くはないが、特定の物を高めすぎは良くないだろう。

足りないのはお前さんのほうじゃないのかW

>>389
ウマァーな状態は最初のちょっとだけ。


392 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/14(日) 17:09:22
わかりにくいというか意味不明なのは>>388では?

393 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/14(日) 20:26:06
米で言えば大豊作の時は大幅に下げる野菜も同様めげずに来年も作れ
弱者は自然淘汰農家戸数減(農民多すぎ
米が極端に下がれば肥料、農薬下げろ日本は高すぎる
ス−パ−でも過当競争の波があり消費者に奉仕できる
中小企業も同様甘えるな百姓 零細企業で働いて見なさい
小泉大改革 農業も仲間同士淘汰へしりぞけては通れない


394 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/14(日) 20:34:57
>>389
戦後の米流通を勉強し直せ。
>>393
へ〜今の農業って競争ないんだw
初耳だね(反農厨はよくいってるけど)。
工業と農業を同一視するのはただの池沼。

395 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/14(日) 21:24:29
>>393
>米で言えば大豊作の時は大幅に下げる野菜も同様めげずに来年も作れ

やってるだろW

>弱者は自然淘汰農家戸数減(農民多すぎ

減ってるだろW

396 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/14(日) 21:24:50
>工業と農業を同一視するのはただの池沼。
禿同。
つーか、反農中の脳内では、例えば日本の工業製品でトップを行くトヨタだったら、
下請けの会社も、トヨタの販売規模に応じた大きな会社だとか錯覚してんだろうな。

397 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/14(日) 22:15:36
>>389 戦後の米流通など興味は無い訳。塚どーでもいい。

398 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/14(日) 22:22:49
米は1俵¥24000で売り切ります。米足りません。かなりウマー!ですが何か?(w

399 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/14(日) 22:24:00
と反農厨が申しております。

400 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/14(日) 22:24:59
>>397
お前のような、聞きかじりの知識を披露するバカもどうでもいい。

401 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/14(日) 22:39:49
>>400 農家側から見た流通の歴史なんかに価値等一つもない。
こんな所で農政等グダグダ考えてる暇あったら自前の経営必死で考えれば?
悪いんだけどお前みたい半端なのがいっぱいだから一々こう言う場で
ゴチャゴチャ突込み入れられるんだろうが。
同業者に言いたくはないが、もっと頭使えよ。

402 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/14(日) 22:43:48
>>399 5kg2000円なんか末端では当たり前の値段なのよ。
直でやればその程度直ぐに出ますよ。
そんな簡単な事も出来ないから流通にやられっぱなしで
沈む事になるんだけどね。

403 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/14(日) 23:26:14
>>402
おいおい、白米と玄米の価格は違うんだが???

頭おかしいんじゃないW

404 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/14(日) 23:34:27
>>398
何俵作ってんだか知らんが、売り切れる以上に作っとけよW

>>402
流通業者と共存共栄というのも一つの手だと思うが・・・視野が狭いんじゃないのか?


405 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/14(日) 23:53:42
>>396
>工業と農業を同一視するのはただの池沼。

同一視しすぎるのは駄目だが、同じ生産業だから根本的な基本は一緒じゃないのかな?
トヨタの下請けの会社は結構大変らしいぞ。

406 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/15(月) 00:31:41
>>404
398ではありませんが、米が足りなくなったら仕入れすればいいだけのことでは。

407 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/15(月) 00:36:06
>>403 白米も玄米も売価一緒ですが何か?(w
白米と玄米が値段が違わなくてはいけないのは農家の都合。
そんな事買う人にとって無意味。ってそんな事まで説明しないと
いけないくらい世間知らずか。ったく。

>>404 売り切れないだけの数量生産するのは馬鹿がやる事。
売れるからむやみに増産しようとすれば設備増強やら面積拡大やら投資が
必要となり収益率は下がる。既存の環境で一番利益の出るところを狙うのが
当たり前だと思うけどね。

流通業者と共存共栄なんて甘い事ぬかしてるからいつまでたっても
搾取されっぱなし。ほんと人がいいんだか頭悪いんだか。いいかげん気がつけって。
生産者と消費者が共存共栄で悪いところは一つもなし。
中間業者等利用してやる事だけ考えていればヨロシ。

408 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/15(月) 00:36:40
小規模兼業農家はなくならないよ、大規模農家をおんぶしてるんだから。

409 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/15(月) 00:38:33
>>407
馬鹿だろ

410 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/15(月) 00:43:38
>>406その通り。しかし農家に仕入れという概念は無い。
(言っとくが俺は農家だ)
実際はむやみに仕入れすると品質のばらつきが大きくなるので
中間業者に投売りする場合を除いてあまりお勧めできない。
品質を一定に保てるように生産の部分から手を入れてやる必要がある。
今回マズーなんて言われたら2回目は無いからな。

411 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/15(月) 00:46:37
>>409 おいおい、理由ぐらい書けよ。
そんなんだからいつまでたっても反農に馬鹿にされる・・・と小一時間・・・

412 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/15(月) 00:50:51
>>410
私は自作の米だけでは足りないので仕入れをしています。
仕入先の農家の水田、肥料、その他どのような稲作をしているかを十分に検討した
上での仕入れですので品質にばらつきはありませんし、全て私が精米していますので
品質はチェックできると思います。
販売先は、ユーザー及び消費者です。

413 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/15(月) 00:52:05
>>411
理解できないんですか?

414 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/15(月) 01:08:23
>>412ユーザー及び消費者に満足を与えていらっしゃるのならそれは
正しい方法だと思います。

コストでしか判断しない業者も居ますし。
コストしか見ない買い入れ先もあるのでしょうからそれはそれで成立
するのでしょうが。

415 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/15(月) 01:46:41
>>406
多くの農家が仕入れて売らない理由は、

・自分以外が栽培した物を自信を持って売ることができない。
・仕入れて売るとしても、購入した金額より高く売る必要性が出てくるのを嫌う。

ただ単に、馬鹿正直で良心的な人たちが多いだけ。

一部の農家は>>412のようにやるところもある。
レス見た限りでは良心的な所のようだが、酷い所になると、他県から仕入れて売るなんてこともある。つまり、産地偽装なわけだがW

基本的に、仕入れて売るなんて行為する農家は、兼業農家で専業農家にならないと思うのだが?
その辺の、一般的な見解はどうなんだろう?

>>407
馬鹿通り越してるだろW
ってゆうか農家じゃないだろW



416 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/15(月) 02:50:47
>>415 馬鹿正直で良心的な人が多いのは良い事だがね。
腹黒い連中の上を行かなければ継続は出来ん。

>馬鹿通り越してるだろW

普通の農家には馬鹿に見えるのか(w
じゃ世の中の経営者は殆ど馬鹿かもな(w
過剰投資は損の垂れ流し。
そう言う話を至極真っ当と受け容れられるぐらいになってくれ。

417 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/15(月) 02:51:58
農家の分類
専業農家
全収入を農業収入のみに頼っており、世帯員中に農業以外に就業している兼業従事者のいない農家。
第一種兼業農家
農業以外の仕事(会社勤めなど)で収入を得ている農家のうち、農業での収入が、全収入の50%以上の農家で、世帯員中に1人以上の兼業従事者がいる農家。
第二種兼業農家
農業以外の仕事(会社勤めなど)で収入を得ている農家のうち、農業での収入が、全収入の50%以下の農家で、世帯員中に1人以上の兼業従事者がいる農家。


418 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/15(月) 08:47:57
>>415

>普通の農家には馬鹿に見えるのか(w
>じゃ世の中の経営者は殆ど馬鹿かもな(w

馬鹿はあなただけです。


419 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/15(月) 09:00:50
アンカー間違えた
>>415 ×
>>416 ○
すまん

420 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/15(月) 10:24:42 ?
農家であっても、企業的な感覚を持って工夫して米の売り上げを
伸ばすのもひとつの方法だし、ブランド米とか付加価値を
付けて売るのも良いと思うが、そういったものはほんの一部の
生産者であって、その他多数の米生産者はどのようにしてこれから
乗り切らなければならないのだろう?



421 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/15(月) 10:46:21
>>418 能無しの発言は退屈だね。いつまでも自分の狭い了見の中で生きていてくれ。
逝きつづける事が出来ればだが(w

>>420 面積の集約方向で動いているので418のような半端な連中の場合廃業は
免れない事でしょう。集約が進み企業的経営の元水田管理の業務に再雇用される
可能性もありますが当然全員が受け容れられる訳ではないんでしょう。
土木作業への出稼ぎの道も以前のように数は多くは無いので50代以上の農業者の
再雇用は困難かと思われます。

国の制度に多くを依存する事のリスクを見抜けないとこういう事になる訳ですが。

422 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/15(月) 13:00:33
>>421
先進国において、稲作などの穀物生産においては、国の制度に多く
を依存しないと集約化は達成されないよ。米国が1990年代に生産を
自由化したときにどういう政策を行ったか知らないの?

政府がバックアップするシステムと予算を量的にも時間的にも相当量
確保してやらないと民間資本は参入してこないぞ。結果的に集約化を
進めたいのであれば、国の制度に依存させるしかないと思われ。

423 :415:2005/08/15(月) 13:18:11
>>407
なぜ、馬鹿にされるのか考えたことないのか?
おまえさんの頭が足りないようなんでW

>白米も玄米も売価一緒ですが何か?(w
>白米と玄米が値段が違わなくてはいけないのは農家の都合。
>そんな事買う人にとって無意味。ってそんな事まで説明しないと
>いけないくらい世間知らずか。ったく。

ってゆうか、納得いくように説明できるようなら説明しろW

>>417
ありがと。

>>421
期待しすぎ



424 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/15(月) 15:11:13
農家の都合で玄米と精米の価格が違ってもかまわないでしょ、嫌なら買わなければ済むこと。
農家が精米しなければ精米屋が精米するだけ、当然費用は発生する。

425 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/15(月) 15:13:39
>>421
馬鹿につける薬はないな、君のことだよ。

426 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/15(月) 15:33:09
>>424
>農家の都合で玄米と精米の価格が違ってもかまわないでしょ

都合だけで値段が違うのか・・・馬鹿にされてもしょうがないわなW

おまいさんは精米機持ってるの?もってるなら、DQNだが。
もってないならもっと、勉強しなさい。
1俵¥24000で売ってる人の発言にみえんW

427 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/15(月) 16:03:29
>>426
精米機持ってますよ、私の場合は玄米1俵精米すると30000円で販売しています。
値段のつけ方は生産者の都合でよいと思います、メーカーの定価(希望小売価格)も
メーカーの都合ですよ。
398氏と同一認定されているようですが私は412です。
同一認定はかっこ悪いですよ。

428 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/15(月) 16:05:40
427です、書き漏らしました
小売店の店頭販売価格も小売店の都合ですよね、そんなこともわからないんですか

429 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/15(月) 16:13:10
>>427
馬鹿相手するなよ、無知なかまって君なんだから。

430 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/15(月) 16:36:55
>>427
おまいさんは、407なのか?
ごちゃごちゃでよくわからんなぁW
スンマソ。


431 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/15(月) 16:45:57
>>429

無知で悪かったなW

コテハンも付けずにゴチャゴチャやってる時点でまちがってるだろW



432 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/15(月) 16:52:43
>>426 俺は424のようなDQNな発言はしていないが。
機会損失を態々生み出すような発言をする奴は単なる能無しですよ(W

433 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/15(月) 16:57:01
値づけは需要を睨んで判断するもの。
経費の積算で決定するのは百姓の仕事
そんな事も分からぬ輩は黙って草取りでも汁

434 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/15(月) 17:04:12
>>424違っても構いませんよ。ご自由にどうぞ。

「当然」費用は発生する

DQNっぽくていい感じです。


435 :431:2005/08/15(月) 17:07:09
>>433
>>432

つられてやろうかW無知なところ爆発させてW
痛いところつつかれてもしらんぞWまあ、やましいことがなければいいわけだがW

436 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/15(月) 17:09:10
>>424
ロスも発生する罠W

437 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/15(月) 17:47:46
>>430
427ですが407ではありません。
412です。

438 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/15(月) 17:54:24
自分が生産したものは自分で値段をつける当然のこと思いますが。

439 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/15(月) 18:21:23
>>438 価格形成に参加できない農家の方が多い

440 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/15(月) 19:12:18
>>439
ご指摘の通り当然のことが現状では出来ていません、農家の意識改革が必要ですね。

441 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/15(月) 19:34:41
>>440その通り。農家の意識改革で貧乏人には手が出せない高級素材の生産に
邁進すべき

442 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/15(月) 19:53:45
高級素材の方向へ進んだら、東北のブランド米農家はさぞ反対するだろうな。


443 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/15(月) 22:11:27
市場原理に従わず、産直だから高く売ってもいいというのは、おかしいと思うけど。
はっきしいって、だまして売ってるに近いものがあるが。

444 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/15(月) 22:28:27
>>443
ぶっちゃけそれで売れるならそれも市場原理の一つ。
産直や直売所なんかは雰囲気で売ってるところもあるからね。
(まあ、小売価格の1割安でも利益が出ることが多いけど)

ただそれに変な自信をもって、
「生産調整イラネ・全部売れる漏れマンセー」
は甘々だと思う。

一部の自然系みたいに信者を掴め続けることができるところばかりじゃない。

445 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/15(月) 22:50:31
>>443
直需だと思ってください、そう考えれば市場原理にあてはまるでしょう。
それと産直だから高いのではなく高級品(高品質)だから価格が割高だと考えてください。
直販の場合宅配便を利用しますので運賃の占める割合が大きい面もあります。
商品自体に価格はそれほど高いものではないはずです。

446 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/15(月) 23:03:38
>>444 自前の作物高く売る努力しない、それでも全体は良くならなくてはいけない
出来ない理由・言い訳いう事だけは腹いっぱい。特段の結果も出せず社会的評価も
低いまま。そういうのを甘々と言う。全体よりも自分の経営これ基本。

447 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/15(月) 23:12:38
>>445 高品質は需要が高いから強気の値付けにするんです。
高級品だから高品質だから割高というのは何の説明にもなっていない。
実際低品質でパッケージングだけで高級感を持たせ高値で売りぬく事が
よくあるではありませんか。
営業力が強ければ低品質でも安売りせずに済む
高品質を扱っても営業力が無ければ安売りしか出来ない。
価格と品質はリンクしないのです。
ってココで当たり前の事話しても馬鹿呼ばわりされるのが関の山か?

448 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/15(月) 23:23:33
>>447
君の書き方に問題があるような気がします、なんとなくね。
私は他の農家よりも努力と研究をしてより良い農作物を生産しより高い収益を
あげています、ただそれだけのことです。

449 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/16(火) 00:06:02
>>447
で?何が言いたいんだ?

450 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/16(火) 00:07:02
>>443
小学生かお前。

451 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/16(火) 00:33:35
>>449 値段と品質に相関関係は無いという事を言いたかっただけ。


452 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/16(火) 03:30:07
一般消費者に高く売りつける事を前提に、産直を行っている。
自給率や安定供給、安く供給しようという気は、更々ないということでいいんですか?



453 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/16(火) 05:23:22
食板から来ました!

米で新潟とか魚沼は高くて手がでないけどその他の地域は店より安く買えてます
ネットオークションは数千の商品から選べるので確実
送料は産直が高いことが多いですね
引き取りにいけばそれがかからないのとたまにおまけが・・・(* ̄▽ ̄*)

私は高いお米は買いませんけど魚沼でもどこでも店より安いです
産直が自由になってから低価格化が加速してうれしいんですけど・・ダメですか?

454 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/16(火) 07:27:17
農家は今までより高く売れるようになり消費者は安く買えるようになった、良いことだと思いますけど。

455 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/16(火) 07:58:32
流通改革も含めて外米に抵抗力を
農家が許可を得なくても米、野菜の販売ができるようにして下さい
設置場所の情報も必要ですね


456 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/16(火) 09:17:58
既に許可なく売れると・・・。

457 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/16(火) 11:28:12
大規模化に伴う費用、果たして農家なり会社が負担出来るのか?
このへんがわからないですよね
いままでだって機械が高いって話はよくありました
面積を増やすなら土地が、こんどは機械、こんどは建物・・
いくらくらいの米をどのくらい作っていくらの利益を上げるのか
本当に安くてうまい米が食えるならいいけど
消費者にとってのいい面しかクローズアップしてないような
国民の目くらましだったら嫌ですよね

458 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/16(火) 11:46:59 ?
>>457
大規模化に伴う負担は、現在の米の価格でペイすることは
かなり難しいですね。
 
例を上げれば、20ha作付けで400万前後の収入だそうで、
米の価格が今後下がる要因もあるので、新たな農業システムを
考えていかなければならないかもしれませんね。






459 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/16(火) 12:36:09
>>452 商業の本質は収益の拡大にあるので商材を如何に高く売りぬくか
という事が最大の目的。株式会社の存続理由は株主利益の増大。

ただし売りつけるという表現は正しくない。
高い値段でも安いと感じさせればいいだけの話。

自給率は農政邁進の旗印、安定供給等はイメージアップの為の方便。
安く提供するのは安く販売しなくてはならない目的の行使に過ぎない。

社会性云々を語りたいようだが農業も金額の多少に関わらず利益を目的として
生産活動を行っているのであるからその本質は商行為そのものであり
収益性を無視したボランティア等と農業を同列に扱う事は出来ない。

460 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/16(火) 13:06:21
おいおい、計算が違うぞW
ここのスレ参照で、

>>376を基本に

>>398を参照したばあい場合

20ha×10(俵/10a)×10×24000(円/1俵)=48000000

>>427の場合(産直A)

20ha×10(俵/10a)×10×30000(円/1俵)=60000000

>>312の場合(JA出荷)

20ha×10(俵/10a)×10×12000(円/1俵)=24000000





461 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/16(火) 13:25:56
基地外ループの屁理屈討論
www

462 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/16(火) 13:39:01
>>461
基地外多すぎだからしょうがないっしょww


463 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/16(火) 13:46:24
>>461-462 基地外は仲がいいな(w

464 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/16(火) 13:50:47
収入と売上は一緒だと思い込む香具師

465 :460:2005/08/16(火) 14:03:39
単純に概算出してるだけだからねW

>>464

収入と売り上げは一緒。利益は違うけどねW



466 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/16(火) 14:07:46
農家の数が激減したら農業機械の値段がいくらになるのか心配ですね。
私の家の田植機、トラクターは中古で買って、2件共同で使ってますから。
(コンバインは新品だけどライスセンターで5件共同)

離農が進む過程で中古農機の価格が下がるかもしれないけど、
新品の需要減で、益々農機具メーカー倒産に拍車がかかり、
その後は、補助事業を使わなければ買えないほど農機具が高価になり、
個人農家は廃業せざるを得なくなるのでは・・・

お米の生産は農家だけで出来る事じゃないですからね。
農機具や、農薬や、肥料や、土地改良(水利)や、
そういった日本の米の生産システム全体が、構造改革の波に飲み込まれて、
どんな形に生まれ変わり・・・誰が得をするのか?
(兼業農家の俺じゃないことははっきりしている)

まあ、個人的には、採算合わなきゃ離農するだけですけどね。

467 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/16(火) 14:31:37
うんこ撒くかな




















うんこ








うんこ

468 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/16(火) 18:08:58
>>452
一般消費者は、値段が気に入らなければ買わない自由があるわけだが。
お前は自由経済の原則にケチ付けて、一体どうしろというんだ?

大体、安定供給と安くすることと自給率維持させる為に、
減反協力に対する補償金という名目で国が生産者にカネを出してるんだろうが。
そんな基本的なことも知らないのに一丁前な口を叩くなっての。

469 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/16(火) 18:16:54
>>468
補償金ってまだあったんですねW
しらんかったW
どこに申請したら、もらえるんですW


470 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/16(火) 18:23:23
>>468
もしかして馬鹿ですか????


471 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/16(火) 20:15:43
>>470 多分馬鹿。危ないから触るなって。(w

472 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/16(火) 20:22:05
>>469
四国だけど、うちの地域残ってるよ?
毎年、4月〜5月頃に、役場に作付け計画を提出してんだけど。


473 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/16(火) 20:22:58
>>469-470
かなり必死で自演乙。

474 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/16(火) 21:27:45
補償金ってこれのこと?
http://www.town.nagato.nagano.jp/html/sangyo/sangyo03.html#001

475 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/16(火) 21:38:22
>>474
とも補償はもう無い気ガス。
それに、
>農家拠出金5,500円(全国分4,000円 地域分1,500円)に
>地域とも補償の受取額が1,900円となる様、町が上乗せ助成をします
これじゃ払った分の一部しか戻ってこないんじゃ?


小規模兼業には関係ないからくわしくはシラネ。

476 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/17(水) 00:06:54
お盆でへんなのが紛れ込んでるな、送り盆も終わったからもうこないでしょうけど。

477 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/17(水) 00:26:28
全国で10aあたり10俵の収穫があったら大変なのとになるな、米価暴落に集荷円滑化対策の発動
稲作農家は悲惨すぎる現状を迎えるだろう。
460は真正の基地外だな。

478 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/17(水) 06:17:40
お米って人気あるんですね皆さん必死に書き込みお疲れ様です

どこがいいのか悪いのか食べる物が無いわけでもないでしょう

米作なんて止めれば

欠伸がでそう

あ−農道で犬に糞をさせている 嫌な人だ

皆さん稲刈り始まりましたね

怪我に注意しましょう慌てて怪我してもつまらない米ごときで



479 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/17(水) 06:33:22
反農厨て哀れだねえ。

せっかくの夏休みに他人にウザがられたいんだから。

480 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/17(水) 12:40:45
農家は脱税

只それだけ

www

481 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/17(水) 12:55:39
>>477
馬鹿ですか?
>>438
>自分が生産したものは自分で値段をつける当然のこと思いますが。

ってかいてあるだろW
つまり、米価暴落なんて関係ない。

482 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/17(水) 21:04:39
481は基地外だからスルー推奨。
438氏が自分のことを書いてるだけ、477氏は日本の稲作の一般的なことを
書いてる、そのことを同じレベルで論じても仕方ない。
詭弁のガイドラインそのままですね、相手にしないのが一番です。


483 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/17(水) 21:15:10
>>481
豊作で米が過剰な状態であるならば自分でつける値段もおのずと安くなるでしょう。
それでも売れない農家はさらに安くするでしょう。
稲作農家のほとんどは農協や米業者に出荷してますからね値段は自分で決められませんよ。
君は馬鹿だから理解できないかな。

484 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/17(水) 22:25:03
あれあれ。
>>446-447
>>439-440
>>427-428

農家の都合で値段決めれるんじゃないのかい??

>>482
で、一般の農家???あなたたちは一般の農家じゃないのかい??
農家に一般とか特別とかあるなんてしらないなぁ。

>>483

馬鹿呼ばわりされて光栄です。
嫌なら売らないし、買わないでもいいんじゃなかったの?
おかしいなぁ。スレみまちがえたのかなぁW







485 :おしっこおいしいよね:2005/08/18(木) 09:16:42
アホ同士の煽り合いはつまらん
2chなんだから笑うポイントくらい折り込みしないと・・・


2chが廃れるだろうが!!!

486 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/18(木) 17:00:01
独自開拓したユーザー層持ってる商業系と系統出荷ぐらいしか出来ない
ただの稲作農家との違いもわからぬ香具師一匹紛れ込んでるな。

487 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/29(月) 06:06:20
今、植えられる稲ありますか?
作りたい


488 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/29(月) 08:34:00
>>487
ない。

489 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/31(水) 12:37:20
>487
家の中で田んぼでもやれよ馬鹿

490 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/05(水) 08:28:38
age

491 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/25(火) 19:15:29
今日回ってきた文書では、新たな農業対策の品目横断的対策では、
米の価格対策は以前の稲経と同じ。
@価格下落の9割補填
A拠出割合3:1
B下落幅10%まで対応可
なのに対象者は担い手のみ。

消費税が10%を超えようかという時期にこの程度の対策では・・・。

せめてB下落幅30%対応可、くらい無くて何の安定対策だよ!

492 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/28(金) 14:32:07
>>491
市ね自己厨

493 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/04(日) 11:53:27
ok

494 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/15(日) 22:02:01
私サラリーマンで農業のことよく知らないんだけど、どうして減反政策というのがあるの?
素人なもので誰か意味教えてもらえば!

495 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/15(日) 22:33:00
>>494
コメの将来的な供給を確保するために、
現在の生産を調整するもの。

過剰生産→暴落→農家あぼーん
を防ぐのが目的。

496 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/15(日) 22:58:58
>494
蛆虫がいなければ死体は腐らないと言うことだよ

497 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/16(月) 01:28:03
>>496
世界的に見ても特殊な政策ではないが?>減反政策


498 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/16(月) 23:10:33
減反政策の効果が相当でているので逆に今減反政策を廃止してしまえば
自然淘汰でちょうど良い作付面積になると思われます。

499 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/18(水) 23:11:56
農地法最高”!!

500 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/21(土) 22:14:22
>>498
供給担保が無いから不可。

501 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/26(木) 12:32:39
供給担保がないから良いのでは

502 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/26(木) 13:50:53
キタ━(゚∀゚)━ッ!!  DQN離婚女

26日午前10時15分ごろ、愛知県安城市柿崎町大土井の田んぼで、散歩をしていた近所の男性(61)がビニール袋に入った
乳児を見つけ、110番通報した。
 乳児は病院に運ばれたが、約1時間後に死亡が確認された。
 県警安城署が保護責任者遺棄事件として調べているが、乳児は生後間もない女児で、
半透明のビニール袋に入れられ、市道から約1メートル離れた田んぼの中に置かれていた。
ほぼ裸の状態で、へその緒が付いていた。周囲に身元の分かるようなものはなかった。

 現場は、東海道新幹線三河安城駅から東へ約4キロ離れた、住宅もまばらな田園地帯の一角。

(2006年1月26日13時8分  読売新聞)


503 :お嫁さん$お腹いっぱい:2006/01/26(木) 14:24:21
>>497
日本的に見て特殊な政策。世界的にはよくある政策
欧米では、畑作が主体だから、小麦などの連作や過作は生産力の
低下を招く.そのために休閑や作付け変更が必要になる。数年して
本作に復帰すれば飛躍的に生産量が高まる。
しかし、稲作での減反は、需給逼迫になったときに、復田した場合その生産力は必ずしも高まっているわけではない。
水路の再整備や田面の均平などコストと労力も連作田より多く掛かり
地力由来の窒素が多量に吸収される事により、食味もさがる(日本人向けの)
特に日本の稲作は移植稲作である為、それも機械移植である為、高度な
技術と農具の保存が必要となる。欧米の稲作は種子生産以外は、直播栽培で
あるため、連作すると発芽率が低下したり、野生稲が雑草化して米に赤米が
混入したりする為、数年間で連作を止めなければならない。この稲作の
特殊事情を減反にうまくとりいれているいるようである。;
日本もこれらの事を、勘案して省エネで効率の良い政策をとるべきである



504 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/28(土) 15:46:31
>>501
乱高下になりかねないから不可なわけで。

>>503
素直に不作付たん水か大間隔植付の方がいいのかも。

505 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/28(土) 16:23:17
>>504
乱高下になって良いわけで

506 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/28(土) 16:30:11
  ノ     ∧     /) ∧ 
  彡  ノW \从/V  W \   ミ 
  (  ノ        |      ノ \) 
  ∩V      、、 |       >V7 
  (eLL/ ̄ ̄\/  L/ ̄ ̄\┘/3) 
  (┗(      )⌒(      )┛/ 
   ~| \__/ |  \__/ |~ 
    爻     < |  ;     爻 
    ~爻     \_/  _, 爻~    問題ない 
     ~爻__/⌒ ̄ ̄ ̄~~ヽ_ 爻~    すべてシナリオ通りだ 
     /    ー ̄ ̄\_ ̄\ 
  _一‘     < ̄ ̄\\\J 
<\       ー ̄ ̄ヽ_ヽJ   ̄\_ 
  \     _ニニニヽ )       ~\ 
   \  _/⌒|\ ヽ_~~ ~⌒\_ 
  __/~    V \_|     ~\_ 


507 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/28(土) 16:38:31
>>505
乱高下って流通サイドしか儲からないのよね。

生産者や消費者は食い物にされるだけ。。。

508 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/28(土) 16:45:58
>>507
やがて適正価格に落ち着きますよ、だから減反完全廃止。

509 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/28(土) 16:56:29
>>508
食品でそれをやると不安定化が避けられないから無理。

今年の作柄が豊作だって完全にわかっているならいいんだけどねえ。

510 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/28(土) 17:45:10
>>509
供給が不安定でどこがいけない?
農家の作りたいように作付けさせればよいではないか
供給過多なら暴落、供給不足なら高騰、市場原理に従えばよい。

511 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/28(土) 18:02:32
農家に自由に作らせて商社に好きなように輸入させて対決させて価格が落ち着くはず
駄目な農家は落ちていく、それだけだ。
あたりまえのことがなぜできない?

512 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/28(土) 18:39:06
>>511
ヒント:食料安保

513 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/28(土) 20:03:46
>>510-511
あたりまえもなにも、
そんなトンデモな供給体制をとってる国はどこにも無いし。

514 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/28(土) 20:30:14
食料安保については減反完全廃止にしても作付けが極端に増えることも減ることも
無いと思われますので問題なし
>>513
外国と比較してどうする?日本なりの政策考えましょ

515 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/28(土) 22:02:53
>>510
供給が不安定、の意味を価格という意味合いでしか捉えられませんか、そうですか。
お金は持ってるのに餓死者続出、ってならなきゃいいけどねw

516 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/28(土) 22:09:17
>>514
外国と違うことをしていたらURの時みたいにつるし上げを喰らうだけ。

WTOを脱退するなら別だけど。

517 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/29(日) 00:03:48
あのな、車輸出してる限り減反政策なんてなくなるわけないし、バラマキ政策がなくなり集落(組織)に対し助成が落ちる。ただし生産調整はセットだ

518 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/29(日) 00:18:52
>>517
集落営農に参加しなければ生産調整しなくてすむの?

519 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/29(日) 01:15:14
>>518
んなこたーない

520 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/29(日) 01:17:11
>>519
了解

521 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/29(日) 10:35:32
今年は準備期間、来年から実践!組織と個人は差が付くだろう!生産調整は需給調整だから顧客を多くもってるなら、別に生産調整実施必要無し

522 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/29(日) 10:59:38
>>521
能力のある個人には勝てないだろうな

523 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/29(日) 11:35:17
>>521
今の減反は国全体の連帯責任だからしなきゃだめ。
・・・が建前だけど、義務は無い。

デメリットは行政やJAに一切頼れなくなるぐらいかな。
元々、何かしてくれるわけでもないけれど。

524 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/30(月) 11:13:13
ジーク・ハイル = 呪い厨   

氏ね 

525 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/30(月) 20:47:15
>>524
氏ね

526 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/04(土) 16:13:22
近いうちに無くなる予感。

527 :大阪・役人 ◆0Ot7ihccMU :2006/03/12(日) 21:39:46
無くなるというか…、
事実上JAに丸投げになるのですが。

528 :おしっこ:2006/03/13(月) 13:50:32
おしっこおいしい〜

529 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/17(金) 08:17:16
農地法最高!!!

530 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/19(日) 09:30:35
来年に向けて育苗ハウスの大規模化を個々の農家が進めています


531 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/19(日) 13:17:13
>>530
破綻の第一歩の予感。

532 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/19(日) 18:51:13
>>531
破綻はないでしょう

533 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/19(日) 22:46:08
まあ、既に採算割れしてる農家が大半だしな。

534 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/19(日) 23:39:05
採算が割れた立ち行かない農家は廃業すれば解決します、赤字でも続けたい農家は
自己責任で続ければよいので、儲かってる農家もたくさんありますから能力の問題

535 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/20(月) 21:40:24
米が作れないなら和牛を飼えばいいじゃない

536 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/20(月) 23:27:06
>>535
そういうところもあるけど酪農もね・・・

537 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/23(木) 00:15:22
自分の思うがままに作付けするべし

538 :ハウス農家:2006/03/24(金) 08:22:36
補助金もっとくれ!!

539 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/27(月) 16:44:05
自己責任で農業しましょ

540 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/26(土) 21:42:02
 

541 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/23(月) 16:24:22
おいらの町は、行政が減反をしないように指導しているよ。
赤字の麦大豆を作って それを補うために補助金を出すのが
嫌気がさしたらしい。


542 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 07:39:15
>>541
全国レベルだと色々問題になるわけだが

142 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)