2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

杉・檜は生態系を破壊する、広葉樹に転換を

1 ::2006/09/04(月) 08:17:31
針葉樹のオガクズではカブト虫が死ぬそうですね。針葉樹の根元では虫や土壌生物
数が少ない、このため土壌の孔隙率も低く、雨水の浸透も難しくなります
落ち葉にも虫類があまり繁殖しないので、河川へ流れでても魚のエサは僅かです。
一方落葉広葉樹は土壌の生物層は豊かで、河川への生物流出も多いために魚の繁殖にもつながります、
広葉樹は100数十年して商業価値が出てきます、この期間を国が支援して、日本の山野を
広葉樹で占め、多様な生物の繁栄する楽園に戻すべきかと思います
山野を商業利用するのか、環境の為に利用するのか議論すべきではないでしょうか
http://tamarin.cside21.com/nakane.html

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/04(月) 08:26:21
>山野を商業利用するのか、環境の為に利用するのか議論すべきではないでしょうか

なぜ二者択一?原理主義?

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/04(月) 09:53:33
しらなかった 
海の魚が減ったのもひょっとすると

大変なことじゃん

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/04(月) 11:34:46
自然のなんたるかをしらないもやしが何をゆうか゛

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/04(月) 19:49:23
杉も檜も遺伝子組み替えで出来たバイヲテロ植物なんです


6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/04(月) 21:28:24
品種改良という人類の英知を否定するのか

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/04(月) 23:08:42
>>1
林学学べ

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/05(火) 06:26:55
>>1のようなバランス感覚がゼロのやつが産業をつぶす。結局自然を壊す。広葉樹にしろ針葉樹にしろ林に人の手が入っていないことの方が問題。
みんな広葉樹にしろなんて、誰が手入れするんだよ。みんな生活があるんだよ。


9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/05(火) 12:01:54
国際生態学センター研究所長 宮脇 昭氏
「本来の森は、下からチシマザサやチゴユリなどの草本層、ムラサキシキブや
ニワトコなどの低木層、クマシデやコミネカエデなどの亜高木層、ブナやミズ
ナラ、ハウチワカエデなどの高木層と垂直的な配分が見られる。雪解けととも
に下草や山草の緑がもえ、低木が芽を出し、タケノコも出てくる。高木の葉も
緑づいてくる。一年中夏草が茂り、秋はミズナラやブナ、カシワといった広葉
樹の種(ドングリ)によってクマもシカも栄養を蓄え越冬し、山の中でも十分
生きてゆけた。ところが昭和三十年代から全国各地で広葉樹が退治され、杉の
植林が進んだ。木が小さい時はまだ良かったが、三十―四十年たち、上だけが
茂って下草も低木も育たない暗い森になってしまった。“木材工場”にはなったかもしれないが、自然の生態系が失われ、クマもシカも命の危険も顧みず里
山に出てくる。現状は愚かな人間どもが、せつな的な欲求を満たすために行っ
てきたことへの天罰のようなもの。再びせつな的な対応をしてもしようがな
い。何百年何千年と人間と動物がびくびくしながら共生してきた本物の森を積
極的に再生してゆくしかない」


10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/05(火) 12:03:46
「五年たっても管理が必要なら偽物。化粧がはげるのと同じだ。針葉樹
を植えた所が管理されなくなったから森が荒れたと言われるが、半分当
たっているが半分間違い。杉は植林したら二十年間は間伐や下草刈りが
必要だ。土地に合わない木を植えるからそうなる。鎮守の森と呼ばれて
いるような所は昔から『たたりがある』と言われ、人が中に入らなかっ
た。それでも低地ならシイやタブ、カシ、高地ならミズナラやブナの森
になり、低木や下草のセットがちゃんとあった。中国やヨーロッパは家
畜の過放牧によって下草を食べ尽くし、森を荒らした。日本は大型獣を
明治時代まで食べなかったため比較的森は残ったが、戦後の植林で同じ
ような間違いを犯している」

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/05(火) 12:05:58
 「ドイツも戦後は針葉樹が金になると思って一生懸命植林したが、こ
こも外材に負けた。一九九〇年代の終わりからヨーロッパブナやヨー
ロッパミズナラといった土地本来の広葉樹の植林に転換している。広葉
樹は根が深く張り、地中で絡み合って防災効果が大きいが、その分移植
がしにくく造林家も嫌がっていた。われわれのポット栽培はそれをたや
すくした。広葉樹林は大きく育った木を伐採しても、後継樹が後に控え
ているので持続的な利用が可能だ。ヨーロッパから日本に輸出されてい
る家具は約百二十年もののヨーロッパミズナラやヨーロッパブナで製作
したものだ。長いスパンで見れば本物の方がもうかる。斜面保全や地球
温暖化の原因となる二酸化炭素対策にもなる。『防災環境保全林』づく
りの観点からも植林事業全体の切り替えが必要だ」



12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/05(火) 12:14:14
遅蒔きながら
杉檜など僅か数種類の樹木を密植せよという従来の指導では環境を破
壊する誤りに気付いた林野庁はドイツに習い、2年間で全国50箇所に
拠点を整備し、広葉樹林化や針広混交林化、長伐期化などにより、「
多様な森林に誘導するモデル事業」を企画しました
しかし森林組合との縁もありこれまでの森林整備事業も完全に放棄し
た訳ではありません このために条文のみは保全しています
反行革そして環境破壊法である森林法に見切りを付けて自然林に回帰
させる為に各地で「100年の森」運動が起きています。広葉樹の実や落葉の腐植が豊かになれば 生態系全体も豊かになるでしょう



13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/05(火) 14:37:30
8月31日に財務省に提出された国有林野事業の来年度(平成19年度)予算要求額
は、対前年度比10.9%増の4,731億5,700万円となった。新規・拡充事項では、公
共事業で広葉樹林化促進強化対策、非公共事業で保護林等森林資源管理強化対策
を5か年対策として実施する方針

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/05(火) 15:16:06
林野庁は環境省にくれてやればいいのに。

15 :名無しさん@お腹いっぱい:2006/09/05(火) 19:53:48
>>14
林野に環境予算を
CO2の削減は日本の森林の復活で


16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/05(火) 22:37:54
2年間に亘る林政審議会の検討の結果が「林政の基本方針―森林の危機の克服
に向けて―」と題され報告された。その中に「21世紀に向けた森林に対する
多様な要請に応えるため複層林や広葉樹林の造成を目指すよう、また木材供
給を平準化するため伐採齢の多様化等森林整備方針の転換を図る必要がある
。」と提言されています
であるのに、「杉をヘクタール3千本植えよ」という条例は改正されません
永年にわたった行政と森林組合、苗木業者との深いきずなが 問題なのでは・・

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/05(火) 23:47:38
広葉樹化するとして、今ある針葉樹はどうすればいいん?
即伐採か大径木まで育てて市場に出すの?
それとも野ざらしにて肥やしにするの?
今ある資源を無駄にはしたくないよね

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/06(水) 07:13:27
4-5割りの強間伐そして広葉樹植林が方向のようですが、間伐手間の問題があり
また一挙に市場に出せは゛ さらに相場が下がります
そこで立ち枯れを目的として周囲に傷をつける・・・可哀想ですね
バイオ技術が進んで飼料にはなるのですがコストがまだ合わないようです
アルコール化や発電も同じです、山から降ろす経費---国策で失敗したのです
から国が責任を持って、補助するのが筋かも知れません
理想的には岩手で行われている針葉樹1 広葉樹4の復層自然林がいいようです
竹から作られる集成材の需要は家具などに5年で倍増の可能性を言われています
杉は 建材としても 将来 竹に負けるかも知れませんね


19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/07(木) 15:04:47
宮脇昭『いのちを守るドングリの森』集英社新書
著者のめざす「森」は里山のそれではなく土地本来の潜在自然植生にもとづく
森である。放置すれは、長期間かかって遷移のすえにたどりつく天然の森の姿
だ。すべての森がそうでなければならない、と言うのは極端だが、防災、貯
水、環境保護など自然の森の利点が多くあり、それを生かす植林を提唱し実践
している。自然の遷移に任せると200年かかるが、潜在自然植生の原則に
沿って植林すれば、最初の2年除草をするだけで、あとは手間要らずで
15〜25年で自然の森ができる。2005.11.23

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/08(金) 09:56:03
「フィトンチッドフォーラム2006」(主催=フィトンチッド普及セ
ンター)が6日に東京大学弥生講堂で開催された。講演者の1人、森林総合研究
所の大平達朗・樹木抽出成分研究室長は、収蔵庫や展示ケースの内装材から放出
される物質が文化財へ与える影響について報告。多用されているベイスギに含ま
れるヒノキチオールが、文化財構成材料を変化させる可能性が高いと指摘した

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/12(火) 20:22:35
中根教授の「水源の森」
http://www2.osk.3web.ne.jp/~mine2/nakane.html

22 :レンガの家に補助金:2006/09/17(日) 09:31:11
地震国日本、いつ大地震に見舞われるか知れない
レンガ建ての建物に補助や許可が出ることはあり得ないだろう
さて、地球的な海水温度の上昇によって、巨大台風の発生は確実に
高くなっている
日本は西南に行くほど台風の襲来の危険性が高くなることは過去の
事例から分かる
植えて40年を経て、始めて商品となる杉ヒノキ、今後巨大台風によ
つて倒伏する確率はどのようなものか
おそらく50パーセントを遥かに超えるのではないだろうか
西南地域の植林への政府の補助は レンガの家への補助金に似たもの
かも知れない知れない
中低木の自然林化 によつて台風からの損害は大きく減ることになるはず
勿論 林家や森林組合、苗木業者への補償は十分になされなければならな
いが・・・
この夏の九州地方の大雨被害だけでさえ数百億・・・・・
超大形台風なら その十倍もあり得るだろう
西南地方は自然林を指向する、しかし東北北海道は産業林もあるのかも・・・


23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/18(月) 08:32:05
このスレにカキコしてる人は文章をまとめる能力に欠けているのかしら
ダラダラ長文を書いては読む気さえ起きませぬ

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/26(火) 00:22:53
ウチの持ち山は面積の小ささと管理の手間とを鑑みて商業利用を諦めた。
現在、趣味の林業として広葉樹林化を目論んでるんだが、どんな木を植えたものかすら
検討もつかん。掛け声ばっかじゃなく、具体的なノウハウの提供も欲しいところだ。

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/29(金) 21:42:31
>24

木と言っても 果樹 花木 をはじめとして1000種類以上あるでしょう
 趣味の林業 いいですね そこの風土次第でしょうが 例えば 桜桃は
いかがでしょう
かわいいサクランボが鈴生り 見るだけでも十分たのしめます
小鳥もたくさん  食べに来ます

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/30(土) 23:49:25
>>1
植林には地元の草木も大切にすべき。
といっても日本の場合、ゴミと農薬さえ除去すれば、あとは放置で完璧。


27 :名無し:2006/11/12(日) 04:32:57
今年熊が4000頭捕獲されたとNHKで言って
いたがそのうち何割が殺されたのだろうか
実際山を台無しにしたのは人間なので熊が哀れだよ

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/12(日) 05:41:02
じゃ人間を代表してオマエガ熊に謝って熊に殺されて来い

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/13(月) 19:35:54
東京じゃあ国がだらだらしてるからって
石原先生が杉少しぶった切ってるんだけど
その後に花粉の少ない杉ってまた杉植えてるんだよね
どうせ売れないのにねぇ、もっと昔の様に広葉樹にして欲しいよ。

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/16(木) 17:42:36
花粉症の人間に言わせると、杉・檜は迷惑。しかも年々患者は増えてる。
きちんと管理しているのなら、やむを得ない部分もあるけど、
手入れもしない放置林は、徐々に自然林に戻して欲しい。
実際、売れもしない物を政策(税制とか)で保護してるのは無意味。


31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/16(木) 20:14:08
>>30
放置で済ませられてるから地主も手放さないけど、税金かかるようになったら
山を物納するケースが一気に増えるだろう。
そうなると税金から管理コストを支払う事になるけど、山林整備にまともな予算
が組まれるとはとても思えない。
結局、放置林の問題は何も改善されないよ。

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/17(金) 00:10:16
排気ガス規制の方がやりやすいからね。

山林整備への予算増大とどっちが安いかはわからないけれど。

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/24(金) 21:32:32
杉の値段が少し上がってきたんだが それでもまだまだ儲けまでには

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/27(月) 09:26:40
>>8
試しに市場に出してみな。針葉樹よりボロいから

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/27(月) 15:47:33
>>34
市場にツテが無いんで教えて欲しいんだが、鬼胡桃は値が付くか?
土砂崩れで空いた土地に植えてみようかと悩んでる。


36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/28(火) 00:42:46
桃やカシ、あと栗なんかは
家財に使う人が多いようで結構いい値付くよ

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/28(火) 01:34:58
ありがとう。カシは食べられないし、桃栗は虫に御馳走して終わりそう。
実も木も両方欲しけりゃ、やっぱ相応の手入れを覚悟しなきゃダメか。

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/28(火) 18:35:28
どうせ手入れがいるんだから広葉樹だよ
杉はもう40年以上放置だからね。

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/06(水) 13:01:33
無花粉の杉は、接ぎ木でしか増やせない。

まるで、無花粉桜のソメイヨシノと同じだね。


40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/06(水) 13:21:16
↑接木がどんな技術か知ってるの?

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/09(土) 17:09:37
ソメイヨシノで花粉症になる人っているの?

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/09(土) 18:22:57
>39は挿し木か取り木(これも杉ではやらんか)のことが言いたかったのだろうか

染井吉野はは台木が無いと育てられんのか?桜のことはよく知らなかった。

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/09(土) 19:21:33
>>41
あるよ>ソメイヨシノの花粉症

>>42
>>39は農薬電波かもw

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/14(木) 04:52:52
バルサの木を植えてみたいけど、日本の風土にゃ合わないかな?

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/14(木) 14:15:51
ん〜桐じゃ駄目なのか?

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/24(日) 17:12:29
おすすめの広葉樹は?

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/24(日) 21:12:19
コカ

48 :海木挽 ◆2vCFn0cQ6. :2006/12/30(土) 14:26:14
>>46
このスレに出てくる宮脇教授がよく言っている「潜在植生」の木を植える。
簡単に調べる方法は、近所の神社の森に生えている木。
(神社でも多少は伐採植林するから、そうとも言い切れないけど)

まあ、宮脇教授の方法がイイ!というわけではない。
何を目指しているかによって、植樹やその後の管理が変わるから。
このジイチャンの森作りは簡単にしてしまうと

@その地域の極相林が、厚生経済学でいうパレート最大(だったかな?)になる。
 つまり、経済効率・環境防災・文化景観 三方丸く大きく収まる。
Aそれを実現する技術として、「放置して200年待つ」のは非現実なので
「極相林構成樹種を調べて、それらをその割合で密植して放置」「苗はポット苗」

私は、このおじいちゃんの言うことをそのまま「日本の林業」「趣味の山作り」に当てはめるのは非現実的だと思いますが。
この人は、「熱帯雨林や乾燥地帯の森林再生」の権威であって、「産業としての日本林業」「園芸」については特に何か実績があるわけじゃないから。
F1のトップチームプロデューサーが、マツダやダイハツの再建が出来るとは思えないのと同じで。




49 :海木挽 ◆2vCFn0cQ6. :2006/12/30(土) 14:51:46
この宮脇教授の言うことを他に当てはめていくと

・北海道や北東北で米作るな。ジャガイモ・小麦にしろ(明治政府が一時本当にやった)
・地理的に発展する要素のない地域に、道路とかのインフラ作るな。
・ていうか、現在の日本でそもそも中・低品質価格の農作物や工業製品作るな。

って話になるからなあ。
まあ、アメリカみたいに伝統文化にあまり縛られず、経済による人口移動のダイナミズムがある国なら別だけど。

極層林が、やすーいパルプや低価格材にしかならないシイやブナ林地域で広大な林地と莫大な回転資金がある者以外は林業するな、
趣味的に森つくるなら、迷惑にならないようごく小面積にしろ、そういうことになる。
自然環境に逆らわないと、日本の中山間地は経済的に壊滅(ていうか江戸時代以前に戻る)するんだけどな。

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/30(土) 18:58:31

針葉樹植えて木材として出荷して経済的利益を得られなくなっている現状だから
本来あるべき植生に補助金を出してでも回帰させるべきなのかな、
林野庁のバカ共は、花粉の少ない針葉樹を植林させようといるけど省益に拘っているのは
明白、金にならないのなら、本来あるべき植生にもどして環境面に配慮すべき
天下りとか官制談合で官僚の利益のみ追求するのはやめて、日本国民の利益や
本来あるべき自然を取り戻して欲しい。

51 :.:2007/01/24(水) 22:41:38
.

17 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)