2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【クール】日本のポップカルチャー外交【ソフトパワー】

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/23(土) 21:42:06 ID:8My4Wr3B0
 
「文化外交の新発想」
                麻生外務大臣演説

 「日本」とか、「ジャパン」と聞いて、「ぱっ」と浮かぶイメージ。
それが明るい、暖かい、あるいはカッコいいとかクールなものですと、長い目で見たとき、日本の意見はそれだけ通りやすくなります。つまり、日本の外交がじわりじわり、うまく行くようになるわけです。
だいたい日本はこの点で、昔からそう捨てたものではありません。
お茶は、「禅」の文化とあいまって、今でも関心を集めております。歌舞伎やら、文楽やら。「フジヤマ・ゲイシャ」というワンパターンのイメージにしても、考えてみたら攻撃的なところのない、平和なものです。
そのせいでポーランドなどでは、これは先日ポーランドの外務大臣からじかに聞いた話ですが、「日本」というと、「桜の花咲く」という言葉が、いつも枕詞のようにセットで出てくるのだそうです。
日本とポーランドの外交がうまくいっているとしたら、日本文化に対する良いイメージが下地になり、支えてくれているのだと思っています。
ですからわれわれ、こういう素晴らしい伝統文化をこれからもどしどし広めていくつもりですが、お能や文楽、お茶、お花というアイテムに加え、たいへんアピール力のある新しい文化というものが、幸いなことに日本には備わっておりました。
それがアニメや音楽、ファッションといったポップカルチャーでして、これをいわゆる「売り込んでいく」ということに、外務省としてはいよいよ本腰を入れて参ります。
例えば「犬夜叉」という漫画、ご存知の方がおいででしょう。これにはポーランド語版というのがあります。
わたしも知らなかったのですがね。先日ポーランドの外務大臣が、わざわざ持ってきてくれ、わたしに下さったのです。日本の漫画、そのくらい普及していますよ、という話です。
そんな次第だということもあり、ポップカルチャーを上手に使えない文化外交などは、もはやその名に値しないとさえ言っていいのじゃないでしょうか。

参照 http://www.tv-aichi.co.jp/wcs/2006/j/index.html

世界コスプレサミット
http://www.tv-aichi.co.jp/wcs/2006/j/index.html

影山ヒロノブのコンサート in バルセロナ
http://www.youtube.com/watch?v=iXJE1j0Mg4k

日本人に首っ丈のフランスの女の子
http://www.youtube.com/watch?v=vbjBYQXjBZE
http://www.youtube.com/watch?v=PuVsalC_DCU

スェーデン人の女の子にキャキャー言われてる日本の男の子
http://www.youtube.com/watch?v=J82KR4l9Hf4

日本フリークのドイツの女の子
http://www.youtube.com/watch?v=ZwfeDb1Q4lo&NR

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/23(土) 22:04:46 ID:8My4Wr3B0

WiiのCM in アメリカ

http://www.youtube.com/watch?v=p5cPVP_llfo&mode=user&search=

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/24(日) 03:58:08 ID:5pJ/kuwl0
http://www.youtube.com/watch?v=RbQFVBTBTOc&NR
世界に浸透中の日本文化

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/24(日) 11:07:29 ID:HjarAiiuO
ソフトパワー大事だよね

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/03(水) 10:43:42 ID:QRj4dzoQ0
GNPならぬ、GNC(グロス・ナショナル・クール)ってのがあるそうだな。
「国民総カッコよさ」か。それでいうと、日本は世界で群を抜いている
そうな。

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/05(金) 22:32:02 ID:8nJflonv0
朝日新聞 2007年1月5日(金)夕刊3面
目指せマンガ外交 外務省、ポップカルチャー活用に力
麻生氏「力持つ文化味方に」 外交官、まず作品の「勉強」

 若者を中心に世界中で人気が高いマンガやアニメ、音楽、ファッションなど日本が誇る「ボップカルチャー」を活用した文化外交に
外務省が本腰を入れ始めている。マンガ通で知られ、昨年の自民党総裁選で「オタク」の圧倒的な人気を集めた麻生外相の発案だ。
外交官たちはこうした世界と縁遠かっただけに、マンガ本片手に「意識改革]に懸命だ。 (阿部英明)

 昨年7月にパリであった日本のマンガやアニメを紹介する「ジャパン・エクスポ」には3日間で6万人が集まり、フランスの主催者を
驚かせた。また、女性デュオ「PUFFY(パフィー)」をキャラクターにしたアニメ番組「ハイ ハイ パフィー アミユミ]は米国で人気が爆発。
日本の若者向けファッション雑誌もアジアを中心に売れゆきがいい。
 日本語もブームだ。国際交流基金によると、90年に98万人だった世界の日本語学習人口は03年には235万人に増加。麻生氏は
「ゲームの攻略本で日本語を覚え、テレビから流れるアニメの主題歌も日本語なので、日本語に関心を持つ子供たちが増えてきた」
とアニメの効用を解説する。
 こうしたソフト人気を「日本への関心」にどうつなげるか。外相の諮問機関「海外交流審議会」(会長・張富士夫トヨタ自動車会長)の
ポップカルチャー専門部会は昨年11月、文化外交への活用に関する報告書をまとめた。
 具体的な施策として、若手アニメ作家らを海外に派遣する「アニメ文化大使」や、外国人作家を対象にした日本マンガ大賞」の創設
の早期実現を求め、07年度予算案では関連で1240万円が計上された。
 大きな課題のひとつが民間との連携だ。民間側には、中国などで横行する海賊版対策や参入規制の解除などへの期待が高い。
同専門部会長の浜野保樹・東大大学院教授は「ボップカルチャーには毒もいかがわしさもある。政府が内容に□を出すのはよくない」
と注文をつけつつ、官民連携の必要性を指摘する。外務省は外交交渉などで知的財産権の問題を積極的に取り上げていく方針だ。
 しかし、「子供の頃からマンガもドラマもあまり見たことがない」という人が目立つ省内ではポップカルチャーに疎い人がほとんど。
感性や情報量の「官民格差」は深刻だ。ある幹部は「民間と土台が違いすぎる」と、売れ筋のマンガ本を片っ端から読み始めることから
始めている。
 麻生氏は「普通の人々の世論で一国の外交が大きく影響を受ける時代。大衆に浸透し、たくましい力をもつポップカルチャーを味方
につけたい」と、お気に入りのマンガを省内で薦める日々だ。

紙面画像 http://ranobe.sakuratan.com/up/src/up163035.jpg

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/22(月) 02:29:05 ID:oayTHFWh0
あげ

6 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)