2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【保守】古屋圭司を応援するスレ【臥薪嘗胆】

1 :無党派さん:2006/12/01(金) 13:27:11 ID:tptSlXS4
一時の恥を惜しまず保守政治の再生のために安倍総理を支えようと復活した古屋圭司を応援しよう。

2 :無党派さん:2006/12/01(金) 13:28:42 ID:tptSlXS4
公式HP
http://www.furuya-keiji.jp/

3 :無党派さん:2006/12/01(金) 14:31:06 ID:lH5HepJw
抵抗勢力

4 :無党派さん:2006/12/01(金) 19:51:32 ID:41gC72xM
伝統保守

5 :無党派さん:2006/12/01(金) 20:36:22 ID:W7BiFc6r
石田純一

6 :無党派さん:2006/12/02(土) 11:45:33 ID:V1mAEGmu
安倍親衛隊として頑張れ

7 :無党派さん:2006/12/04(月) 21:06:13 ID:0eSPaA5z
保守

8 :無党派さん:2006/12/04(月) 21:12:58 ID:dg3bQajL
古屋が保守する日本の伝統=土下座

9 :一山百文:2006/12/04(月) 21:25:32 ID:qyCTGNnZ
郵政反対

10 :無党派さん:2006/12/05(火) 19:57:39 ID:wbQqByXt
復党にあたって
 本日夕方、自民党本部にて党紀委員会が開催され、復党願を提出していた11名の復党が認められました。
 その後、自民党総裁面談室にて、安倍総裁から直接「お帰りなさい。美しいくにづくりに向けて再び一緒に
協力を願いたい。」との激励をいただきました。
 先週の27日に、復党願を提出した際のブログでも記させていただいたとおり、多くの支援者は復党を強く
望んでいたことや、安倍総理を支え憲法改正などの国家課題に果敢に挑戦していきたいとの私の目標に邁進し
ていくためには、自民党に戻ることから始まるとの気持ちです。
 残念ながら、平沼赳夫議員は今般の復党が見送られる結果となりました。できれば12名そろっての復党を
目指してきましたが、それが叶わなかったことは残念です。復党した私たちが、平沼議員が一日でも早く戻っ
てきてくれるようにさまざまな働きかけをしていくことも我々の責任と念じております。
 昨年の選挙を無所属で戦って以来一年余り、私にとっても貴重な経験をさせていただきました。あの厳しい
選挙を勝ち抜かせていただいた原動力である多くの支援者の気持ちに応え、国家のため地域のために真摯な汗
をかいていかなくてはと、心に刻んで頑張って参ります。


 平成18年12月4日夜、議員会館にて(http://www.furuya-keiji.jp/
頑張れ保守政治の再生のために。臥薪嘗胆だぜよ。


 

11 :無党派さん:2006/12/06(水) 00:16:58 ID:sLX6bVYE
教科書議連再開するそうだけど、ついでにこっそり
××談話の研究なんか始めてみてはどうだろうか?

12 :無党派さん:2006/12/06(水) 21:14:43 ID:RGLbGPNG
古屋は伝統保守路線の後継者となりうる。

13 :無党派さん:2006/12/07(木) 19:47:12 ID:Psw53Nqw
ボーイスカウト日本連盟から功労賞を受賞か。

14 :無党派さん:2006/12/14(木) 12:37:00 ID:tiooYl9j
ひゃっほう!!!

「河野談話」見直しへ活動・慰安婦問題で自民議連

 自民党有志議員による議員連盟「日本の前途と歴史教育を考える議員の会」(会長・中山成彬
元文科相)は13日、党本部で総会を開き、従軍慰安婦問題で旧日本軍の関与を認め謝罪した
「河野洋平官房長官談話」(1993年)の見直しに向けた活動を強めていくことを決めた。
年明けにも小委員会を設置、談話を出した経緯や事実関係の検証を進めた上で報告書を作成、
安倍晋三首相に見直しを提言する。 (2006/12/14 07:02)

ttp://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20061214AT3S1301B13122006.html

15 :無党派さん:2006/12/14(木) 22:26:21 ID:BMuWC7LZ
古屋も頑張れ

16 :無党派さん:2006/12/15(金) 10:34:33 ID:S1Ko24VI
造反なんかしなかったら、今頃は大臣だっただろうに。

17 :無党派さん:2006/12/23(土) 01:26:42 ID:+D43/9wg
第165回臨時国会をふりかえって 〜回想編〜
 本日、臨時国会が閉会した。
 今国会は、安倍総理となって初めての会期であったとともに、戦後60年
ぶりに教育基本法が改正され、また会期中に私たち無所属議員の自民党への
復党が決定するなど、想うところが多い国会であった。
 安倍内閣にとって初めての国会は、私は十分な成果がえられたと評価して
いる。最重要法案と位置づけた教育基本法案が成立したこと、念願の防衛省
に昇格する法案も成立できた。就任早々には、中国と韓国に訪問し、しばら
くの間途絶えていた首脳会談を実現にこぎつけたことも特筆に価する。
 確かに、安倍総理自ら、政治信条・理念を封印したとの批判はその通りか
もしれないが、首脳会談において戦後60年間平和主義に徹してきたことを
評価する文言をいれたことや、「戦略的互恵」との文言の意味には、法の支
配や、基本的人権、民主主義という共通の価値観を持つ国ではないとのメッ
セージが含まれており、高く評価したい。


18 :無党派さん:2006/12/23(土) 01:27:36 ID:+D43/9wg
 また、私たちの復党問題では、最終的には総理の決断により実現されることになったことについて感謝をしたい。しか
し、あえて指摘させて頂けることをお許しもらえるならば、復党問題を2ヶ月もの間引き伸ばしてしまったことは、復党
する我々はもちろんのこと、自民党、また総裁にとって、そして復党の反対を唱えた議員にとっても、よいことは一つも
なかったと思う。
 新聞記事には、安倍内閣の支持率低下が盛んに報道されている。支持率はその時の情勢により安易に上がったり下がっ
たりするものである。よって、支持率に神経質になりすぎることはことの本質を見誤ることになりかねない。ぜひ、3ヶ
月を乗り切った今、自らの政治目標に向かってひたすら邁進していかれることを期待している。私も自民党に戻った今、
安倍政権を支える力として微力を尽くして参りたいと念じている。(古屋通信より)



19 :無党派さん:2006/12/25(月) 21:21:25 ID:bICvFKb1
自民党政務調査会「磁気浮上式鉄道小委員会」の委員長に就任
 12月21日午後、自民党本部において、「磁気浮上式鉄道小委員会」(委員長・古屋圭司)の
初会合が、関係衆参国会議員はじめ国土交通副大臣等の国土交通省幹部が出席し開催されました。

 かつて、自民党の政務調査会には「磁気浮上式鉄道特別委員会」があり、私が委員長を務めてい
ました。しかし昨年9月、私をはじめとする主要メンバーが離党したことにより、磁気浮上式鉄道
いわゆるリニアに関する議論は自民党内ではほとんど行われませんでした。
 私は、この度の復党を契機に、中川昭一政調会長をはじめとする党幹部に働きかけ、新たに整備
新幹線鉄道問題等調査会の中にリニア建設促進のための小委員会を設立し、委員長に就任しました。



20 :無党派さん:2006/12/25(月) 21:22:30 ID:bICvFKb1
 リニア開発状況に関しては、これまでの山梨リニア実験線での走行実験等により、平成17年3月、国土交通省
超電導磁気浮上式鉄道実用技術評価委員会から「実用化の基盤技術は確立したと判断できる。」との評価が示され
ています。また本年4月、JR東海より、山梨リニア実験線を一般区間まで延長し、現在の18.4qから42.
8qとする計画が発表されています。

 世界で最高水準の技術を誇る我が国の磁気浮上式鉄道は、東海道新幹線に変わるアクセス、あるいは災害時のダブ
ルトラック確保の視点から、中央新幹線としての取り組みの可能性を研究しています。リニアによって、東京から大
阪まで一時間で結ぶことが可能です。

 この委員会では整備方式、財源方策等について、積極的に議論を行いたいと考えています。21世紀型の公共事業
のモデルケースを目指して、民間からの投資や開発利益の還元、税制上の優遇装置などを活用し、世界から投資を募
って税金の投入はミニマムに抑える財源スキームを検討して参りたいと考えています。

 この事こそが、実現に向けた方向性を示していくことにつながると考えています。リニア中央新幹線は、実用化に
向けて着実に進歩しています。(古屋圭司通信より)




21 :無党派さん:2006/12/26(火) 00:07:22 ID:qJ+S3Jlv
国会に害車で乗り付けるアフォ発見W

22 :無党派さん:2007/01/18(木) 22:47:23 ID:Rmz5rpN0
保守

8 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)