2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

愛国心の押し付けを目指す教育改革に断固反対する!3

1 :名無しさんの主張:2006/11/04(土) 01:32:23 ID:???

教育改革ではありません。
教育改悪です。
子どもたちにへの愛国心の押し付けを目指す教育改悪に断固反対する!

前スレ
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/soc/1160930864/

2 :名無しさんの主張:2006/11/04(土) 01:33:12 ID:???

国家(政府)の意図するように我々が動くのではない。
我々の意図するように国家(政府)を動かすのだ。
国家(政府)に利用されるのではなく、国家(政府)は利用するものである。

3 :名無しさんの主張:2006/11/04(土) 01:49:46 ID:jXBnY9Ko
780 名前:名無しさんの主張[sage] 投稿日:2006/11/02(木) 00:19:12 ID:???
   >>778
   結局、今の愛国心が芽生えにくい教育を廃止するってだけだよ

783 名前:名無しさんの主張[] 投稿日:2006/11/02(木) 00:45:39 ID:XLp5E0BP
   反日教育禁止法が必要

   愛国心を強制しないよ



                                終   了

4 :名無しさんの主張:2006/11/04(土) 01:52:25 ID:???

核武装を本気で考えている政調会長のいる自民党は危険な政党。

核武装を本気で考えている政調会長のいる自民党は危険な政党。

核武装を本気で考えている政調会長のいる自民党は危険な政党。

核武装を本気で考えている政調会長のいる自民党は危険な政党。

核武装を本気で考えている政調会長のいる自民党は危険な政党。

核武装を本気で考えている政調会長のいる自民党は危険な政党。

5 :名無しさんの主張:2006/11/04(土) 01:53:46 ID:???

子供たちへの愛国心の押し付けを目的とする安倍晋三の教育政策は、教育改革ではなく「教育改悪」

子供たちへの愛国心の押し付けを目的とする安倍晋三の教育政策は、教育改革ではなく「教育改悪」

子供たちへの愛国心の押し付けを目的とする安倍晋三の教育政策は、教育改革ではなく「教育改悪」

子供たちへの愛国心の押し付けを目的とする安倍晋三の教育政策は、教育改革ではなく「教育改悪」

子供たちへの愛国心の押し付けを目的とする安倍晋三の教育政策は、教育改革ではなく「教育改悪」

6 :↓必読 糞ウヨの張るような怪しいアドレスじゃないから、安心:2006/11/04(土) 01:55:22 ID:???

http://www.zakzak.co.jp/top/2006_11/t2006110210.html


7 :↑見ないと損だよw みんなで・・・・イヒヒヒヒヒッヒヒヒヒッヒ:2006/11/04(土) 02:02:02 ID:???
 

8 ::2006/11/04(土) 02:21:33 ID:???
糞ウヨきんもーっ☆

9 :名無しさんの主張:2006/11/04(土) 02:22:17 ID:???




            






                



















                     

10 :6-7:2006/11/04(土) 02:25:48 ID:???
>>8
は?
ふざけんなよ?
誰がウヨだって?

11 :名無しさんの主張:2006/11/04(土) 13:22:35 ID:???

核武装を本気で考えている政調会長のいる自民党は危険な政党。

核武装を本気で考えている政調会長のいる自民党は危険な政党。

核武装を本気で考えている政調会長のいる自民党は危険な政党。

核武装を本気で考えている政調会長のいる自民党は危険な政党。

核武装を本気で考えている政調会長のいる自民党は危険な政党。

核武装を本気で考えている政調会長のいる自民党は危険な政党。



12 :警察汚職:2006/11/04(土) 13:41:22 ID:???

嘘つきは泥棒の始まと言いますが、公文書偽造、公金横領って、何の始まりだろう?
電話盗聴、家宅侵入、名誉毀損、偽計業務妨害など色々やってるでしょうね。
特に鍵屋さんにお願いですが、お客の買った錠や合鍵の番号を聞き出そうとする警察官がいたら、
それは家宅侵入の準備行為です。家宅侵入すれば、盗聴器を仕掛けたり、食品に毒物をもったりすると思われます。
もしそのような要求がされても、裁判所の令状無くして絶対に教えないでください。
勿論、裁判所が犯罪をほう助するような令状を発行するはずもありません。
その様な者がいた場合は、所属氏名を確認して、公表してください。


13 :名無しさんの主張:2006/11/05(日) 09:12:57 ID:/QMIudOn
いつのまにかパート3建ってる

14 :名無しさんの主張:2006/11/05(日) 09:17:06 ID:TLjun5Kg
別に押し付けではないでしょ。
ただ、そういう教育をするというだけで。
学校で愛国心を教えることが押し付けなら、
算数を教えることも、道徳を教えることも、
みんな押し付けになってしまう。

15 :名無しさんの主張:2006/11/05(日) 10:07:08 ID:VyicJH/v
>1
国旗を破ったり、君が代の演奏を妨害したりと、過激な連中が居るからじゃないか?


16 :名無しさんの主張:2006/11/05(日) 10:33:40 ID:???

核武装を本気で考えている政調会長のいる自民党は危険な政党。

核武装を本気で考えている政調会長のいる自民党は危険な政党。

核武装を本気で考えている政調会長のいる自民党は危険な政党。

核武装を本気で考えている政調会長のいる自民党は危険な政党。

核武装を本気で考えている政調会長のいる自民党は危険な政党。

核武装を本気で考えている政調会長のいる自民党は危険な政党。



17 :名無しさんの主張:2006/11/05(日) 11:29:18 ID:/QMIudOn
まずは愛国心より先にいじめはいけないこととか教えてほしいな。

18 :名無しさんの主張:2006/11/05(日) 13:38:56 ID:???

タダで子供をいじめがない環境で勉強させるのは難しい。
特に東京。
私立がお勧め。


19 :名無しさんの主張:2006/11/05(日) 18:44:39 ID:0aCGNb0x
>>18
私立だと大丈夫なのか・・・?

20 :名無しさんの主張:2006/11/05(日) 18:57:42 ID:2UXMC7bJ
私立教員=一応 民間意識
公立こゆ員=天下り先や出世など税金生活者の野望がちらちら

21 :名無しさんの主張:2006/11/05(日) 19:06:57 ID:???
>>19
金を払わないで、私立より良いサービスを受けられると思うの?
タダほど怖いものはry

腐ったみかんのようなダメ人間を排除できない。
これは、公立の決定的な欠陥だ。



22 :名無しさんの主張:2006/11/05(日) 19:07:46 ID:???
腐ったみかんのような存在を排除できないと、周りも腐ry

23 :名無しさんの主張:2006/11/05(日) 19:10:04 ID:P2+j2VdQ
>>20
把握した
>>21
私立でもいじめはあるんじゃないかな・・・と思って

24 :名無しさんの主張:2006/11/05(日) 20:16:02 ID:LG1o5buW
愛国心いくら唱えても無駄
それだけは断言できる
もっと頭使え

25 :名無しさんの主張:2006/11/05(日) 20:17:59 ID:???
安倍と俺の価値観は違う。
愛されるような政治を行えばいいだけの話。
そうすれば、国が愛されるようになる。

26 :名無しさんの主張:2006/11/05(日) 20:33:28 ID:???
>愛国心いくら唱えても無駄
常識
>愛されるような政治を行えばいいだけの話。
無理

27 :名無しさんの主張:2006/11/05(日) 20:57:17 ID:???
そう。
政治になんて何も期待しない。
だから、俺たちにも思想を強制するようなことは止めろ。
国であれ、人であれ、愛するかどうかなんていうのは、強制されるようなものじゃない。
無茶言うなよ。


28 :26:2006/11/05(日) 21:06:53 ID:???
>>27
お前、頭悪いな・・・

780 名前:名無しさんの主張[sage] 投稿日:2006/11/02(木) 00:19:12 ID:???
   >>778
   結局、今の愛国心が芽生えにくい教育を廃止するってだけだよ

783 名前:名無しさんの主張[] 投稿日:2006/11/02(木) 00:45:39 ID:XLp5E0BP
   反日教育禁止法が必要

   愛国心を強制しないよ

29 :名無しさんの主張:2006/11/05(日) 22:18:57 ID:???
>>28
糞ウヨに頭悪いと言われる→頭が悪い奴に頭が悪いと言われる=賢い

30 :名無しさんの主張:2006/11/05(日) 22:24:58 ID:???
>>29
>糞ウヨに頭悪いと言われる→頭が悪い奴に頭が悪いと言われる=賢い
頭悪い奴の考え

31 :名無しさんの主張:2006/11/05(日) 22:36:15 ID:???

核武装を本気で考えている政調会長のいる自民党は危険な政党。

核武装を本気で考えている政調会長のいる自民党は危険な政党。

核武装を本気で考えている政調会長のいる自民党は危険な政党。

核武装を本気で考えている政調会長のいる自民党は危険な政党。

核武装を本気で考えている政調会長のいる自民党は危険な政党。

核武装を本気で考えている政調会長のいる自民党は危険な政党。

32 :名無しさんの主張:2006/11/06(月) 12:34:29 ID:oazbFMZC
いよいよ教育基本法が改正に向け、どうなるのか。

33 :名無しさんの主張:2006/11/08(水) 07:42:34 ID:2DHiLjNZ
>>32
今よりはマシになるだろ

34 :うめ:2006/11/11(土) 22:57:33 ID:jScRA2EN
■■■転送 大 歓 迎■■■■■■■■■■■
戦争しない未来に生きたい!と願うすべての人へ
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
緊急の呼びかけです。現在国会では、教育基本法の「改正」案が審議されています。
来週中にも衆議院本会議で採決をする可能性が高く、とても緊迫した情勢です。
教育基本法は、戦前の教育を反省して平和と民主主義の根づく社会にするために作られました。
今、日本が抱えている様々な教育問題の原因は、教育基本法にあるのではなく、教育基本法を活かして
こなかったことにあります。
今、日米の進めている軍事体制の強化と平行して様々な法律の新設や改悪が進められており、
とても危険な方向に向かっています。「愛国心」を強制し、格差を拡大し、人びとの心の中にまで国家が介入する教育をしていけばどんな未来になっていくのか。このまま進んでいけば「戦争反対」と言うことさえ
できない社会になっていくでしょう。
その流れを止めるのは今です!「教育基本法の改悪をとめよう!全国連絡会」は、
教育基本法の改悪を止めたいと願う人たちがつながっている市民のゆるやかなネットワークです。
全国のあらゆる立場の人が参加し、教育基本法の改悪を止めるための行動に取り組んで来ました。

全国連絡会では、明日12日に日比谷野外音楽堂(東京)で今までで最大規模の全国集会をします。
この日は、数日後の採決を控えたとても重要な集会になります。この集会に何万人もの人が集まれば、国会議員も無視はできません。誰でも参加できるので、ぜひたくさんの人に呼びかけてください。

また、一人からでもできることもたくさんあります。詳しいことはホームページをご覧下さい。
私たちみんなの未来がかかっています。戦争しない未来に生きたい!
力を合わせて必ず廃案にしましょう!どうぞよろしくお願い致します!!

ホームページ http://www.kyokiren.net/

★★教育基本法の改悪をとめよう!11・12全国集会★★
日 時:2006年11月12日(日)
13時  開場    13時半 開演    15時半 デモパレード出発(銀座へ)
場 所:東京・日比谷野外音楽堂
参加費:無料(カンパのお願いあり)




35 :名無しさんの主張:2006/11/12(日) 01:11:59 ID:???
これの呼びかけ人=大内裕和

連絡会呼びかけ人の三宅晶子(千葉大学教員)、高橋哲哉(東京大学大学院教授)、
小森陽一(東京大学教授)、大内裕和(松山大学助教授)の各氏が発言。
「改悪をとめるため、この冬に全力をつくそう」「公務員攻撃のなか、
教組や公務労組が憲法・教育基本法のたたかいの先頭にたち、
市民と手をつないでいこう」の訴えに大きな拍手がわきました。
西原博史氏(早稲田大学教授)が自民党の憲法草案を批判しました。

「日の丸・君が代」強制を許さないとたたかう東京都や職場九条の会を次々と結成した大阪府の教職員、
教科書採択問題で頑張った父母、朝鮮学校の生徒らが次々と訴えました。
イラクで拘束されたNGOの活動家、今井紀明氏が特別発言しました。

日本共産党の小池晃参院議員、社民党の福島瑞穂党首があいさつ。
民主党と公明党の国会議員のメッセージが読み上げられました。

集会後、銀座までパレードしました。

ソース:しんぶん赤旗
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2005-12-04/2005120404_01_2.html

国民の声
【赤旗】教育基本法・憲法改悪阻止集会に教員ら3500人集結 朝鮮学校の生徒もアピール〔12/04〕
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1133666458/

36 :名無しさんの主張:2006/11/12(日) 01:13:24 ID:???
ところで「イラクで拘束されたNGOの活動家、今井紀明」って、三バカの一人だっけ?

37 :名無しさんの主張:2006/11/12(日) 01:16:33 ID:???
ここでも左翼活動家、共産党、日教組、朝鮮学校(というか総連)のつながりが浮き彫りに。

38 :名無しさんの主張:2006/11/12(日) 23:36:10 ID:DA1C5QaH
姜尚中さんの本を読めば
愛国心を持つことは間違いだということに気がつくよ。
だから姜尚中さんの本は生きてるうちに1冊は買っておいたほうがいいよ。
じゃないと世間の笑いものだよ。

39 :名無しさんの主張:2006/11/13(月) 01:27:04 ID:VT1tFah7
>>38
あの人は在日だからアイデンティティーの確立で問題を抱えている
のかもしれないし、半島に帰属意識がある可能性もあるね。
愛国心をもつことが間違いだと言うなら、彼は世界中の人たちは間違って
おり、自分のような一部の者の考え方が正しい、と言っているようなもの
で、それこそ選民意識につながる間違った考えでしょう。

40 :名無しさんの主張:2006/11/14(火) 00:45:37 ID:+8t3JtnH
愛国心といっても「日本はアジアのために戦った」
「アジア各国を白人列強の支配から解放した」とかならいいけど
現政府が言う愛国心てどういう愛国心なんだろう?

41 :名無しさんの主張:2006/11/14(火) 14:04:10 ID:KSootczo
日本を愛しる!日本をよくしる!
そのために日本に共産主義革命を起こす!という教育

42 :名無しさんの主張:2006/11/14(火) 20:28:30 ID:yyi9JbXD
国際基督教大学は愛国心教育に反対しています
日本人が日本国を愛してはいけないそうです
流石他の宗教を弾圧する宗教です
イスラムやソーカと同じ

43 :名無しさんの主張:2006/11/14(火) 21:41:49 ID:9XFaR4RW
政府が言う愛「国」心って
要するに目的地は「政府」を愛せってことでしょ?

ってか今日のNHKの教育基本法見てて腹たった
あの富士山の美しさを押し付けがましく子供たちに教えてた先公
子供が他の国にも美しいものがあるって発言したら
もの凄い勢いでねじ伏せてた 

これが学校で教えられる愛国心だったら溜まんねぇぞクソ

だけど世論調査では40%が教育基本法の改正に賛成だってよ
この国はやっぱ右翼ばっか、多数決の原理じゃもう勝てっ子ない
もう日本は終わりだ

44 :名無しさんの主張:2006/11/14(火) 22:53:31 ID:no/rqqFE
【ゲンダイ】政府タウンミーティングのやらせ問題、新聞・TVもほとんど取り上げていないが、とんでもない話だと日刊ゲンダイ
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1163293873/l50

45 :名無しさんの主張:2006/11/15(水) 02:31:00 ID:EPbcZGf2
>>43
そんな教師見たことないけど。
というか、教育基本法改正の賛成はもっと多いんじゃないの?

46 :名無しさんの主張:2006/11/15(水) 04:47:22 ID:pxkUeK1r
何故、愛国心が絶えたか分かって居ないと?
そんな筈無いよね!www
だってねぇ…
部落開放同盟支配下与党政府たる自民党が行って来た方針、GHQの日本民族改造政策な同和公務員が長らく半世紀間政府与党を監視下で、部落開放同盟指示の元でヤって来た政策の筈。
世襲議員らの貴方方が知らぬ筈が無いでしょう!www
大体だねぇ…何故この国の政治家が自由民主主義を唄いながらだねぇ…世襲に肩肘張って固執して来たのかお分りでしょう!?www
政府の陰謀を国民に知られない為の秘密保持の為の世襲制度であった訳なのが既にバレバレなんだしねぇ!www
何故、同和公務員教師に世襲が多いのかも、それを物語って居る訳だしネ!
刷込みは幼少からは教師の合言葉だしね!www
幼児英才教育てね!
逆差別…道徳教育を捨て、
経済エリート教育には法の隙を学習させ、違法行為上等で人で無しと言われるわ…
褒め言葉とし、屍を踏越える勝ち組格差競争社会主義を政府に認めさせる為に、森や小泉の右翼やらカルトサイエントロジー信者を無理矢理首相に添え、馬鹿国民たる団塊や団塊jrを空騒ぎでホダラさせ、国家を破綻へと導いた。
大体たなァー…こんな思想は前々から戦後のドヤ街より…脈々と傍若無人なチンピラヤクザらの同和部落民上りの奴等の口癖だったから、阿呆でも小泉の後ろには、部落開放同盟が手ぐすね引いて居ると分かるやて!www
2ちゃんの与党派が、皆、金掴まされて、与党支持で工作活動している事も、又、話口調や台詞で部落出身者の与党工作員と直ぐに分かってたよ!www
モロバレやがなァー!www
俺、関西のそんな地域に引越して一時期偉い目にあわされたからよーくしっとたわ!www
同和地区近隣で山手に北朝鮮部落、南にコリアンタウンに挟まれて毎日、意味も無く追っかけ回され、囲まれると、幼稚なメンチの切合い!www
テレビの見過ぎな、廃ったやり取りに飽き飽きして友達何かにも毛頭値しない奴等ばかりで、小学高学年期徹底的に無視って、
中学は阿呆兄貴が同和の不良らのグルで、巾が利き、やりたい放題だったが詰まらん同和公務員教師がシカトな体育会系ばっかりである意味逆差別で事業も小学校の頃、転校してから正面に病気で休んだ後、聞いても無視られて、中学でも同じ、放置プレイが酷く成っただけ…
関西の都心部の学校同和公務員教師らは、いけ好かない奴等ばかりで最悪でしたね!

47 :名無しさんの主張:2006/11/15(水) 05:22:11 ID:pxkUeK1r
関西の都心部の学校同和公務員教師はいけ好かない奴等ばかりで最悪でしたね!
身内に露骨に甘く、余所からの俺のような一般国民には、見向きもしない。
視界の外、有る意味、俺も教師に疎外されていたんだな。転校してくるまでは、成績優秀、喧嘩上等なお茶目な小学生だったのに…部落民じゃあ無い理由で、爪弾…
好きだった勉強も、一度、病欠してから放置プレイされ、正面に義務教育すらして貰えず…モッパラ独学で中学卒業。
おかげで、漢字と断片的な理科、科学にのみの学力しか身に着かず、進学を諦めた…。親の事情も有だが…。
まぁ…話が横道ったが…
こんな逆差別や道徳教育放棄、経済利潤優先で人の営みや人命を物扱いな教育をする様な学校現場では愛国心が発生しないし、宗教感すら持てないのも、今の創価や浄土、キリスト教徒の行いの不誠実さがカルトを増やすか、不神論者かを増やすだけ…
聖人君主はおろか…成人すら育めない国家では、愛国心に目覚めさせるのは皆無。
金で釣ってのみの似非ウヨ与党工作員が精々な始末…愚かな与党政府は滅びろ!
二大政党制すら!
…おこがましい…与党は解体し野党も新たな自民党に代わる新党が誕生したら、野党すら辞し解体し、新たな新党を作るしかない!
でなければ、即、国家は市民による無血革命により革命を受け入れ政府を解体し、新政府を再構築の道を選ばなければ、国家崩壊が間も無くヤって来るだろう…。
日本に僅かでも思い入れがあるならば救いとして、無血革命に導くべきだ!

48 :名無しさんの主張:2006/11/15(水) 05:25:47 ID:LWld3tCa
■嫌韓流反日妄言シリーズの作者が在日特権を許さない会を設立■

在日特権を許さない市民の会(仮称)準備会合のお知らせ

ブログ読者の皆様にはすでにご案内の通り
在日特権を許さない市民の会(仮称)
の正式発足に向けまして12月2日(土)に準備会合を開くことになりました。
準備会合では正式発足に向けての準備、会則・活動内容などの検討を行っていく予定です。
今回は準備会合へ参加頂ける方のみ募集しておりますが、今後正式に会の発足が決まりましたらメール会員や協賛団体、協賛サイトを広く募集していく予定です。
在日問題に関心を持たれる一人でも多くの皆様の参加をお待ちしております。

こちら http://zai.japan.aikotoba.jp/ クリックして会のホームページへお進み下さい。


49 :名無しさんの主張:2006/11/15(水) 11:46:26 ID:???
           _,.  --──- 、_     +
      /_`ン '´           \   + +
    , ' /   ,             ヽ、
.   /      リーヽ-!l  l l   i       ヽ  +    日本のために、
   / ,    / /   |li  i l j_l  ,     ハ
   !/ / / _,/ィT「`  lハ! iハ「 l リヽl、i  i i i  +   早く戦争をして、
.  i| i i 7「l,.ェ._     |/ j‐'こサメ、l/! i j li
.  {i l |ハlイ_ノri}    l'  .K^ し| jトl / / i |  +    逆らう奴らをいっぱい殺したいです!
    V!l lィ!' !__,..ユ        └--シ ' l/ レ'ニ V|
    ヽi{ l ///       ///  〃/ ./ }ノ        
      ヽ. {     r──┐       ー'/
      ヽ    ヽ、__,ノ      ,.r‐='´   + +
.         \            //   + +
           `  、.___,.. - '´ {.\
           /ハ      / ! i\    +
          /' i. ヽ   / .|  ! \
         / /  l  ハ ̄    !  l   \   +
        / ,'   ! ,イ  \   j  l    ヽ.
      /   i    l/ L__/ `ー/   l    / ヽ
     ハ  !   |  | |  /    l   /    }

50 :名無しさんの主張:2006/11/15(水) 18:04:42 ID:???
>>43
そう、「逆らわせない法」みたいになってる。
押し付けはむしろ逆効果だと思うけどね〜

51 :名無しさんの主張:2006/11/16(木) 01:02:35 ID:foo4Dr7k
日本の国民が右翼ばっかなら、その他の国は極右国家ばかりなのか。

52 :またまた小選挙区制が悪事を:2006/11/16(木) 13:41:50 ID:???

不公正な選挙制度、小選挙区制で出来た衆院でいよいよ教育基本法改悪案が可決される見込みとなった。

産めよ増やせよで老人の為に子供の乱造を奨励していたのは、実は、兵役人員の確保でもあったw
兵役に素直に従う国民の養成、それが今回の教育基本法改悪の目的だ。

小選挙区制の暴走が続くw
こんな制度に誰がした?


53 :名無しさんの主張:2006/11/16(木) 16:45:49 ID:T8sHh6wG
愛国心は持っていて当たり前。
日本以外、どの国でも常識。
議論以前の問題。

俺はこれを読んでるけど、もっともだと思うよ。
http://www.diary.ne.jp/island/19/ranking.html
この中のを順に読んでみたら?


54 :教育基本法改悪:2006/11/18(土) 12:55:24 ID:???
テレビの教育基本法改悪についての街頭インタビューでは、聞かれる人聞かれる人殆どが、
批判的で反対の意思表示をしていたが、一人の知恵の行かない若者だけが、
「何もしないよりはした方が良い。それで駄目だったら又考えれば良い」と言っていた。
如何にも稚拙な子供らしい発言だが、ものにはやってはいけないこと、取り返しか付かないことと言うものがあるんだよ。
イ○○ム教の教育を受けた子供は大人になってからでは、もうどう仕様も無くなっているでしょ。
それと同じだ。
先の戦争では原爆を落とされるまで突っ走った。
教育基本法を改悪すれば、行き着く所まで行くだろう。
そうなってからではもう誰も止められない。
ま、頑張ってくれよw

それもこれも総て、民意が議席に反映しない小選挙区制の所為。


55 :名無しさんの主張:2006/11/18(土) 13:00:31 ID:HRO7N5pE
ダメな教師をクビにするという改正だから、
むしろ生徒にとっては喜ばしいことだと思うんだけどなあ。

56 :名無しさんの主張:2006/11/18(土) 13:55:09 ID:vpvzx3A4
愛国心=戦争って…まだジイサンみたいなこといってんのかよ(笑)

57 :名無しさんの主張:2006/11/19(日) 02:40:39 ID:Qqd+0wGI
>>54
たぶん当たっていると思うけど、それって、TBSかNHKか朝日でしょ?w


58 :名無しさんの主張:2006/11/19(日) 02:43:15 ID:Qqd+0wGI
国旗国歌の時にも賛成が多数だったんだから、教育基本法の改正には
賛成が多数じゃないかと思うけどね。

1999年8月10日付の読売新聞の社説
 日章旗(日の丸)を国旗、君が代を国歌とする国旗・国歌法が成立した。
 国民の大多数は、日の丸、君が代を、国旗、国歌と認識してきた。
 読売新聞の十年前の世論調査では、すでに入学式などでの日の丸掲揚に
 賛成する人が八割、君が代斉唱の賛成は三分の二だった。
 今春の調査でも数字はほとんど変わらない。

59 :名無しさんの主張:2006/11/19(日) 02:44:57 ID:Qqd+0wGI
とくにTBSには注意が必要。

TBSは過去に(95年5月5日)に「報道特集」という番組でサブリミナルを
使って郵政省から行政処分を受けた。
だから建前としてはサブリミナルに類する手法は使えない。
ところが筑紫の「News23」では、サブリミナルの手法を研究することで
明らかになった「プライミング効果」の手法とおぼしき手法が使われた。
まあ、サブリミナルと似たようなものと考えればいいと思うが、その
手法を使って視聴者の印象操作を行った疑惑がある。
これが意識的になされたものと証明することはできないが、米国で行われた
「プライミング効果」の実験と同種の演出が行われたのはたしかだ。
「別冊宝島 筑紫哲也「妄言」の研究」に詳しい。

60 :名無しさんの主張:2006/11/19(日) 02:54:17 ID:???
                _,、---:ー-、,_               
              .,、'"       `゙^''-、、           
             /            `'r,、          
            ,/丶 ,':  ‐ ., : : 、 、 : 、  `、         
        /`丶 `    ` : :   :     .゙l、         
       ,/                     ゙i、        
       ,l゙                   !        
       |        :l、              "        
      .l:     : ._,,,.:ノヘ、--v,,,,,,,,      .,!        
      `  .r'"゙゙^:     ,'liiiil〆 ゙''r,_ : ‐''i、 .!        
      :   U..rllillll・   `゙゙″    ゚,!  .,. |        
      :i、 `.       ヽ,     .‐ .,l゙ │   伝統と文化(あたしたちこのこと)を尊重し     
      .,l゙  .'. ,‐i、 .!.,,,,ヘl″     .,!,,r″ .|   四の五の言わず、無名愚民たちはとっと納税しろ!     
    ._/   ゙l l゙ .|  .l゙ ."     .,l゙^  .,l゙`''-、、  海外に遊びに行けないだろゴルァ   
   ,r"、    `),i、 ゙゙l、冫 .:|'″  .,r'"   ./   .゙''i、   
  .八゙":': _,,―'"./`i、 `'┘ .t'''ト .,rf°    〔     │   
  l゙   .,/’    |i、 :     .‘ 'lz'’.l゙ : 、:  .]      ゙l,   
  ト  ,l゙     .〔."       ゙i、.l゙,l゙ "."" .,i´      ゙i、  
  ゙L .l`     .゙┐      ] | `    ,i´       ゙i、  
   .゙l,,|    ..,   .゙l,     :|..|     l゙          _,,,7  
   .'l゜    ,!    \     `'く    :|    ._,,,-'''"`!   
   .ト    .|     `ヽ     ゙'┐  .| .,,,/゛    ゙l  


61 :名無しさんの主張:2006/11/19(日) 03:06:12 ID:Qqd+0wGI
教育基本法の改正が戦争や原爆に結びつくという発想がなんとも社民党的でイイ!

62 :名無しさんの主張:2006/11/19(日) 03:18:14 ID:???
>>61
馬鹿はお前、これを不安に思う人は、いつも先の先を読んでいる(・∀・)

63 :名無しさんの主張:2006/11/19(日) 03:38:44 ID:dH9nS91G
>>62
無関係なものを関係があるかのように宣伝する政党に踊らされているような
奴だけだ。

64 :名無しさんの主張:2006/11/19(日) 03:42:19 ID:dH9nS91G
こんな輩に踊らされている。

平成16年11月22日(月) 産経新聞
広島県で平成四年、旧自治省出身の教育長は同県高校教職員組合と部落解放同盟県連との間で
、日の丸が侵略に使われ、君が代が差別につながるとする確認書を交わした。


65 :名無しさんの主張:2006/11/19(日) 03:47:58 ID:dH9nS91G
ほとんどの良識ある人間は日の丸や愛国心が原因で戦争になったとは
思っていないし、「戦争が起こった」「愛国心があった」「故に愛国心
は戦争につながる」と言ったナンセンスな思考センスを持ったやつだけ
が社民党のような主張を真に受けている。


66 :名無しさんの主張:2006/11/19(日) 03:49:02 ID:???
                _,、---:ー-、,_               
              .,、'"       `゙^''-、、           
             /            `'r,、          
            ,/丶 ,':  ‐ ., : : 、 、 : 、  `、         
        /`丶 `    ` : :   :     .゙l、         
       ,/                     ゙i、        
       ,l゙                   !        
       |        :l、              "        
      .l:     : ._,,,.:ノヘ、--v,,,,,,,,      .,!        
      `  .r'"゙゙^:     ,'liiiil〆 ゙''r,_ : ‐''i、 .!        
      :   U..rllillll・   `゙゙″    ゚,!  .,. |        
      :i、 `.       ヽ,     .‐ .,l゙ │   伝統と文化(あたしたちこのこと)を尊重し     
      .,l゙  .'. ,‐i、 .!.,,,,ヘl″     .,!,,r″ .|   四の五の言わず、無名愚民たちはとっと納税しろ!     
    ._/   ゙l l゙ .|  .l゙ ."     .,l゙^  .,l゙`''-、、  海外に遊びに行けないだろゴルァ   
   ,r"、    `),i、 ゙゙l、冫 .:|'″  .,r'"   ./   .゙''i、   
  .八゙":': _,,―'"./`i、 `'┘ .t'''ト .,rf°    〔     │   
  l゙   .,/’    |i、 :     .‘ 'lz'’.l゙ : 、:  .]      ゙l,   
  ト  ,l゙     .〔."       ゙i、.l゙,l゙ "."" .,i´      ゙i、  
  ゙L .l`     .゙┐      ] | `    ,i´       ゙i、  
   .゙l,,|    ..,   .゙l,     :|..|     l゙          _,,,7  
   .'l゜    ,!    \     `'く    :|    ._,,,-'''"`!   
   .ト    .|     `ヽ     ゙'┐  .| .,,,/゛    ゙l  


67 :名無しさんの主張:2006/11/19(日) 07:31:47 ID:???
愛国心=戦争とは思わないけど、国の意図的な物は少なからず感じる。教育に盛り込む事じゃないし、価値観の押し付けはオカシイのでは?
北〇〇みたいなお国様的イメージを持ってしまうな。そもそも個々の価値観の問題なのに、なぜ法で定める必要がある?
だからダークなイメージなんだよな。
まるで洗脳目的のような。

68 :名無しさんの主張:2006/11/19(日) 07:51:42 ID:???
ナチズムの流れがそうであったからね・・・

69 :名無しさんの主張:2006/11/19(日) 20:45:31 ID:IurhNfaG
毎年8月15日が近かずいてくると日教組は平和教育と言って戦争の悲惨さを子供
に教えるために戦災の跡地や死骸の写真を子供達に見せて、これが戦争だと教えて
戦争の悲惨さだけを教えて事足りれ、としている。アメリカ軍が否戦闘員を殺傷する
のは国際法違反行為であったことなど一切教えない、少なくとも日本軍は非戦闘員
を殺傷する戦争はしていなかったと教えるべきだが日教組に言っても無駄か。

70 :名無しさんの主張:2006/11/19(日) 20:47:47 ID:xL93zT+Q
断固反対だ。

71 :名無しさんの主張:2006/11/19(日) 20:49:04 ID:???
>少なくとも日本軍は非戦闘員を殺傷する戦争はしていなかった

?

72 :タナカカズヒコ ◆EsnZiYDJO. :2006/11/19(日) 20:50:22 ID:???
そもそも8月15日を平和の日として世界に訴えようとするのが無理なんだよね。

カトリック圏では8月15日が「聖母の被昇天の日」で祝日なので、誰も日本で
戦争が終わって平和の誓いを立てた日であることも知らない。

反戦非核運動をやるなら、ローマ法王に働きかけるべきでは?

「聖母の被昇天の日を反戦非核の日にしてください」

って。



73 :名無しさんの主張:2006/11/19(日) 20:50:43 ID:xL93zT+Q
中国でさんざんやった。残念ながら。
アメリカが悪いのは言うまでもないが。

74 :名無しさんの主張:2006/11/19(日) 21:18:56 ID:IurhNfaG
中国で何故日本軍が非戦闘員を殺傷する必要があるのだ、国民党駐屯地より日本軍
の占領地の方が安全だと言って住民と日本軍が共存していたことなど知らないのか。

75 :名無しさんの主張:2006/11/19(日) 21:23:23 ID:xL93zT+Q
重慶爆撃した。非戦闘員が死なないわけないじゃん。

76 :名無しさんの主張:2006/11/19(日) 21:26:28 ID:xL93zT+Q
重慶は霧がちで、曇天の日が多いため精密爆撃は不可能で、事実上無差別爆撃に近かった。つーことです。


77 :名無しさんの主張:2006/11/19(日) 23:19:10 ID:???
満州では同胞(非戦闘員)すら置いて帰った日本軍。
暴動が起こるのわかっていたから、自分たちだけ急いでさっさと引きあげた。
ひどいよね、とり残された日本人がどんな目にあったのか。。。

78 :名無しさんの主張:2006/11/19(日) 23:53:15 ID:???
分権改革で教育は変わるのか
http://blog.livedoor.jp/nambu2116/archives/50750856.html

79 :名無しさんの主張:2006/11/20(月) 01:38:42 ID:Rs3Jc+V4
>>73
たぶん、中国のプロパガンダに踊らされてると思う。
実際、非戦闘員何十万人も殺したと中国が喧伝している南京では、どれ
ほどの非戦闘員が殺されたと思います?
それ以前に、ゲリラ化した便衣兵以外の市民を殺したと思います?
便衣兵に間違われた例はあるかもしれないけど。

>>77
日本軍はほとんど南方に派兵されていたから、ほとんど残っておらず
、だから戦闘というより敗走だった。
そして、市民に対する殺戮などはもちろん国際法違反だし、オープン
シティー化した都市では暴虐は働かないのが国際的な建前だから、あの
ような惨状になるとは思わないでしょう。

80 :名無しさんの主張:2006/11/20(月) 01:47:04 ID:???
>あのような惨状になるとは思わないでしょう。

それはない。
軍人が威張り散らして民族を虐げていたのかは有名じゃん。
自分の国だから贔屓目でみたいけど、暴動の予測がつかないなんてありえない。

81 :名無しさんの主張:2006/11/20(月) 01:48:56 ID:???
○軍人が威張り散らして民族を虐げ不満をつのらせていたのかは有名

82 :名無しさんの主張:2006/11/20(月) 01:58:17 ID:Rs3Jc+V4
>>80
威張っていたというのはあるかもしれないが、別に酷いことをしていたと
いうほどじゃないし、だいたい満州は大陸では唯一安定した天国だった
からこそ年間百万ほどの中国人が流入していたわけで。

83 :名無しさんの主張:2006/11/20(月) 02:00:10 ID:Rs3Jc+V4
そもそも満州の地に法治がなかったことはもとより人治すらない、軍閥、匪賊が支配、跋扈する
無法地帯だった。
そのような状況を一変させ、近代的法治社会の基礎を築き上げ、産業の発展を軌道に乗せたの
が関東軍であり、新設の警察制度であった。
この軍閥、匪賊社会をわずかな期間で一挙に近代社会に作り変えた功績は、近代アジアにおけ
る歴史の奇跡として明記されるべきだろう。
「G・B・レー著『満州国出現の合理性』」

日本軍によって張学良の軍閥や馬賊が平定、駆逐された後の満州が、中国人にとって王道楽土
となったことはいうまでもない。
戦乱と飢饉の中国に比べ、、塞外の満州は安定し、豊かで衛生的な土地であり、まさに中国人流民
の桃源郷となった。
戦後でこそ、理不尽な偏見が生じたが、当時、この土地は、地獄ではなく明らかに天国だったのだ。
 年間百万人前後の人間が、長城を越えてこの地になだれ込んだという一事だけをみても、そのこ
とは十分に証明できよう。
(黄文雄)


84 :名無しさんの主張:2006/11/20(月) 08:48:10 ID:qKABgR41
>>79
残った日本人が自主的に組織的抵抗をしたわけでもない(そして強制する連中はとっくに居ないw)

そういう状況で何が起きたか、これは覚えて置いて損は無い出来事じゃね?
基地周辺でイマジン歌いながら「兵隊が居なくなれば平和になる」っていう連中は、どういう平和を望んでいるんだ?


85 :名無しさんの主張:2006/11/20(月) 14:00:40 ID:dSerUamM
>>77
彼らは何処かのプサヨのお望み通りの非武装市民な訳だが。
そいつらがどうなったか認識してて、非武装都市宣言とか自衛隊反対とか米軍出て行けとか言ってる訳だから、もう「敵」ですよねw


86 :独身ホモ貴族:2006/11/20(月) 14:13:47 ID:dX4ETMoe
市民運動は反政府組織や過激派の隠れ蓑にされ易い。
運動組織の管理者(普通の庶民の場合は特に)が隙だらけの場合は地下組織に付け入られるし、管理者自身が過激派の場合もある。
それを警察などに察知されると、庶民の顔だけを前面に出して正攻法を牽制する。

純粋な市民運動と、市民運動を利用しているものとを明確に区別して対処しなければならない。


87 :独身ホモ貴族:2006/11/20(月) 14:18:38 ID:dX4ETMoe
歴史について語るなら、一方的な見方での批判は失笑もの。
ウヨサヨの受け売りはやめて、自分で調べよう。



88 :名無しさんの主張:2006/11/20(月) 14:38:56 ID:qmr2PxUa
そもそも国の象徴である天皇があまり尊敬出来ないのに愛国心
と言われてもなぁ…

89 :独身ホモ貴族:2006/11/20(月) 14:43:23 ID:dX4ETMoe
愛国心って、郷土愛だろ?

90 :名無しさんの主張:2006/11/20(月) 16:21:26 ID:???
                _,、---:ー-、,_               
              .,、'"       `゙^''-、、           
             /            `'r,、          
            ,/丶 ,':  ‐ ., : : 、 、 : 、  `、         
        /`丶 `    ` : :   :     .゙l、         
       ,/                     ゙i、        
       ,l゙                   !        
       |        :l、              "        
      .l:     : ._,,,.:ノヘ、--v,,,,,,,,      .,!        
      `  .r'"゙゙^:     ,'liiiil〆 ゙''r,_ : ‐''i、 .!        
      :   U..rllillll・   `゙゙″    ゚,!  .,. |        
      :i、 `.       ヽ,     .‐ .,l゙ │   ここはあたちたちの国     
      .,l゙  .'. ,‐i、 .!.,,,,ヘl″     .,!,,r″ .|   文句があるなら出て行け!     
    ._/   ゙l l゙ .|  .l゙ ."     .,l゙^  .,l゙`''-、、    
   ,r"、    `),i、 ゙゙l、冫 .:|'″  .,r'"   ./   .゙''i、   
  .八゙":': _,,―'"./`i、 `'┘ .t'''ト .,rf°    〔     │   
  l゙   .,/’    |i、 :     .‘ 'lz'’.l゙ : 、:  .]      ゙l,   
  ト  ,l゙     .〔."       ゙i、.l゙,l゙ "."" .,i´      ゙i、  
  ゙L .l`     .゙┐      ] | `    ,i´       ゙i、  
   .゙l,,|    ..,   .゙l,     :|..|     l゙          _,,,7  
   .'l゜    ,!    \     `'く    :|    ._,,,-'''"`!   
   .ト    .|     `ヽ     ゙'┐  .| .,,,/゛    ゙l  


91 :名無しさんの主張:2006/11/21(火) 00:59:35 ID:k9mTQiIW
>>87
歴史を語るなら、研究者の研究結果をもとにして語る以外、素人には
ないわけだが。

92 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/11/21(火) 01:03:00 ID:ia+bK2UT
>>91
研究者の研究結果が正しいとされる根拠から調べなければはじまらないわけだが。l
要するに、素人が得た曖昧な情報などを元に議論したところで無意味だということ
だな。

93 :名無しさんの主張:2006/11/21(火) 01:10:26 ID:k9mTQiIW
>>92
学者と同じ経路をたどって調査することなどできるわけもなく、対立
する立場の学者の反論があるのかどうか、否定する根拠があるのかない
のか、といったことで素人は判断する以外にないわけだが。

94 :独身ホモ貴族:2006/11/21(火) 01:12:07 ID:9hFlxdO3
>要するに、素人が得た曖昧な情報などを元に議論したところで無意味だということ
だな。

ここが重要だな。

95 :名無しさんの主張:2006/11/21(火) 01:13:43 ID:k9mTQiIW
また、実証史学では、根拠となっている元の資料を等級わけして史料価値
をはかっている。
一等資料、二等資料といった具合に。
素人もその判断基準で、元となっている資料はなんなのか、と考えるのがいい。

96 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/11/21(火) 01:18:56 ID:ia+bK2UT
>>93
だから、そんな程度の曖昧な判断で議論してることが無意味だろ?
何が正しい事実なのかも分からないで、正しいとするならば、という
仮定で話すわけだろ?


97 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/11/21(火) 01:21:09 ID:ia+bK2UT
>>95
で、どの段階になると正しいと信じることができるわけ?
どの段階にあっても仮定は変わらないんじゃないか?

98 :名無しさんの主張:2006/11/21(火) 01:21:23 ID:k9mTQiIW
たとえば、歴史事実について、後に事件と無関係な者(当事者でもいいが)
が事件現場以外の場所で、時間を経て伝聞で書いたものと事件のあった期間
にその場所で、当事者が書いた資料とでは全然価値が違ってくる。
その根拠になっている資料がどのようなものか、ということが判断基準に
なるでしょう。
それに対して、同程度の史料価値をもった資料を提示した反論がなされて
いるのか否か、論理の誤りを指摘するような反論が出されているのか否か、など。

99 :名無しさんの主張:2006/11/21(火) 01:22:42 ID:k9mTQiIW
>>97
疑う理由もないのに、「間違いの可能性もある」などと言い出したら、そもそも
議論など成立しないし、断定できることなどないでしょう。

100 :名無しさんの主張:2006/11/21(火) 01:28:27 ID:k9mTQiIW
>>97
じゃあ聞くけど、中国が主張するような何十万人も虐殺したというような
南京大虐殺は、日本ではいまや支持しているものなどいないでしょう。
この否定論に疑いを差し挟む根拠が何かあるの?

101 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/11/21(火) 01:28:35 ID:ia+bK2UT
>>99
疑う理由もないって君おかしなこと言うね。
人を疑わない子どもみたいなタイプ?
新聞テレビラジオネット本教科書といったあらゆる情報源には
疑いの余地があるんだぞ?
その理由がホントにわからないのか?
断定できることなど滅多にないことがわからないのか?
それを踏まえてする議論が当たり前なんだろうに。

102 :名無しさんの主張:2006/11/21(火) 01:30:23 ID:k9mTQiIW
>>101
なんのために史料価値の話をしたと思う?
どこかの人が根拠もなく言ったことなどは疑う理由にはならない。
もし反論する学者が、どう程度の史料価値をもった根拠を提示して
いるなら話は別。


103 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/11/21(火) 01:31:59 ID:ia+bK2UT
>>100
支持するもなにも、過去日本人が中国人を何人殺したかなんて
分かるわきゃねえだろうに。
中国は何十万も殺したと言ってるんだろ?
日本はそんなに殺してないって言ってるんだろ?
被害を受けた側が大袈裟に言い、被害を与えた側が少なく見積もるのは
当たり前のことだわな。
そんなことで揉めてる時点でアホってことさ。

104 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/11/21(火) 01:34:48 ID:ia+bK2UT
>>102
だから、君が信用できる学者の根拠はなんなんだよ。
その学者が正しいと思う理由はなんなんだよ。
単なる好みとか主観だろ?
そんなものが根拠となって議論してるわけだろ?
平行線なのははじめから分かりきってることだろうに。

105 :名無しさんの主張:2006/11/21(火) 01:38:02 ID:k9mTQiIW
>>104
判断基準は示したはずだが?

106 :名無しさんの主張:2006/11/21(火) 02:05:32 ID:Vn/77ftY
>>103
中国は、何十万人もの非戦闘員を殺したとホロコーストに匹敵するものと
して主張しているけど、それがあり得ないことが日本では証明されている
わけで、非戦闘員が、間違いで殺された事例はあるかもしれないが、それは
通常の戦争犯罪のレベルなんだよ。
これに疑いを差し挟む理由はどこにあるの?

一方が一等資料を根拠に主張し、もう一方が隣の与太さんの何の根拠も
提示していない話をもとに反論していた場合、前者の主張に疑いを差し挟む
理由にはならないでしょう。


っていうか、カキコのボタン押しても書き込まれていない。なんでだ?

107 :名無しさんの主張:2006/11/21(火) 02:10:37 ID:Vn/77ftY
つまり中国は、日本軍が組織的に、命令、または許容の上で南京市民を
三十万人虐殺したと言っている。
しかし、日本軍はそのような命令も出していなければ、許容もしていない。
国際法違反となる便衣兵の摘出、処刑はあって、その際に間違われて
殺された市民もいるという可能性は否定できないが、もしそのような事例
があっても通常の戦争犯罪の話だ。

108 :名無しさんの主張:2006/11/21(火) 02:15:59 ID:Vn/77ftY
日本では、当時南京には二十万人しかおらず、その二ヶ月後には二十五万人
に増えているということ、そしてきっちり「五万人の増加」と安全委員会
の欧米人が認識していたことを一等資料で証明されている。
何十万人虐殺という話が最初に出てきたのは、南京にはいなかったティンパーリ
というマスコミの人間だが、その人間が国民党中央宣伝部顧問だったことも
明らかになっている。
もちろん中国はいまだに三十万人虐殺を主張しているが、否定論と同等の
史料価値をもったもので反論はしていない。
いったい、否定論に疑いを差し挟む理由がどこにあるのか?

109 :名無しさんの主張:2006/11/21(火) 17:00:30 ID:mYyaYTx1
軍国主義がカッコいいとも言う石原都知事。
死ぬのは俺たちだからな。
ヤクザ知事はなんで人気があるのか分からない。

110 :名無しさんの主張:2006/11/22(水) 01:16:50 ID:Q3ZqAOaL
>>109
石原慎太郎って、軍国主義なの?

111 :名無しさんの主張:2006/11/22(水) 13:03:11 ID:4qQIBnh5
>>1
全教(共産党系)教師が生徒を使って、首相宛に反対意見書を送っていたことが発覚

 441 名前: 名無しさん@七周年 投稿日: 2006/11/22(水) 09:15:46 ID:z/3WaZdp0
    週刊新潮11月30日号

    【21】「愛国心強制はイヤ」女子中学生27人が「首相に手紙」の仕掛け人

   ↓こちらのスレから
    【教基法改正】 「学校は何教えてんだ」 匿名の大人、女子中生の改正反対文に脅迫メール→「愛国心って、こんなに卑劣なのか」とTV★14
    http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1163972325/l50


そういえば、こっちも全教の仕業でした。

  【教育改革】 長野県・生徒を装って偽の自殺予告メールを送信した女教師が逮捕。
  http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1163869524/l50

  /\___/\
/ /    ヽ ::: \
| (●), 、(●)、 |    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
|  ,,ノ(、_, )ヽ、,,   |  <  ほーら、やっぱりサヨ教師の “やらせ” だった。
|   ,;‐=‐ヽ   .:::::|    \____________________
\  `ニニ´  .:::/
/`ー‐--‐‐―´´\

112 :名無しさんの主張:2006/11/22(水) 18:25:33 ID:+3+90KoB
06/09/25 たけしのTVタックル 反日映画の裏側
http://www.youtube.com/watch?v=xGlJv0LKVrA


113 :名無しさんの主張:2006/11/24(金) 13:03:43 ID:ZtVemQhR
>>43
今更だが・・・

>要するに目的地は「政府」を愛せってことでしょ?
これは福島が安倍に言ってた。
「違います。福島さんが首相になっても私は愛しません」
見たいな事、安倍に言われてた。

>ってか今日のNHKの教育基本法見てて腹たった
俺も見てたがあまり腹は立たなかった。
少々強引だがああ言うやり方は悪くないと思う。
あれは外から日本を見ることで愛国心を育てるやり方で
あの次にやってたのが内から育てるやり方だと思う。

114 :名無しさんの主張:2006/11/25(土) 02:23:37 ID:???
>「違います。福島さんが首相になっても私は愛しません」

安倍の言論感覚っていいね。

115 :名無しさんの主張:2006/11/25(土) 10:30:48 ID:LKTTWEjY
馬鹿ばっかりだな・・・

116 :名無しさんの主張:2006/11/25(土) 19:25:21 ID:+a4sEHFx
698 名前:愛国士 ◆B/rqf88wwo [gokokusikann55@yahoo.co.jp] 投稿日:2006/09/16(土) 09:09:06 ID:TgxvWGLz0
テレビ朝日での須賀川の事件見ましたが、
一言も、リンチとか、事件のことじゃなく、頭を打っての学校の対応が悪いと言うことでした。
私も、その後事故の加害者が、試合に出てたのは、今聞きましたが、私は、やはり
稽古中の事故と認め判断されたから試合に出たと思うよ。
私が言いたいのは、柔道を汚す行為・許されない行為をほんとにやったかどうか?
でしょう。

『愛国心』=自分の国を愛し、
国の名誉存続などに行動する心・祖国愛!と 『国士』=国家の為に身命を投げ打って
尽くす人物・憂国も士あと国士舘のPTAの一人。昔から、国士舘て、日本で一番いい名の
学校だな!と思っていたので、合わせ技で、『愛国士』と名のりました。 以上!

http://sports9.2ch.net/test/read.cgi/budou/1163846948/l50


117 :名無しさんの主張:2006/11/25(土) 21:33:55 ID:T97P/hmI
極端な反日として連想されるのはオウムのような団体。
危ない外国とつながり、内部工作に励む団体です。
2ちゃんねるに立つ意味不明なアンチ日本スレはこういう輩が扇動しているのでしょう。

みなさんは、こういう愚論を相手せず、
誇り高き先祖を敬い、日本人として日本国を盛り上げていきましょう!

118 :名無しさんの主張:2006/11/25(土) 22:13:20 ID:izheQCS7
テロは未然に防止 これ基本ですね

119 :オナニー革命:2006/11/25(土) 22:36:08 ID:8czX/xWY
人類は愛オナニー心を持つべき

120 :名無しさんの主張:2006/11/26(日) 02:44:44 ID:???
>>115
社民党のこと?

121 :名無しさんの主張:2006/11/27(月) 12:59:44 ID:fA9BXOpu
安倍の教育改革で、【教育バウチャー制度】が導入される予定。
 ↓
公立校で地区制度に縛られていたのが、生徒に学校を選択する権利を与える。
 ↓
「イジメを解決できる学校」や「教育熱心な学校」に、生徒が集まる。
 ↓
逆に言えば、イジメのある学校や、教育に熱心でない学校には、生徒が来ない。
 ↓
だから学校側も、授業の質の向上に努めるはずなのだが…。
 ↓
日教組「安倍の教育バウチャー制度に絶対反対!」
 ↓
日教組「政治活動する時間が減る!授業を休んでデモに参加できなくなる!」
 ↓
日教組「洗脳できる生徒が来なくなる!学級崩壊したからってクビにされるのも嫌だ!」
 ↓
でも、そのまま「授業の質向上の努力は嫌だ。生徒より政治活動の方が大事だもん」と
本音で反対したら、さすがに生徒や父兄から非難轟々なので・・・
 ↓
日教組「安倍の教育改革って分かり辛いよね!バウチャーとかカタカナばっかりで!」
有権者「教育改革の中身って、何なのですか?」
日教組「分かりやすく言えばね、体制側は“戦前の教育”をしたがってるんだよ(ククク」
有権者「しょえー!?」
 ↓
マスゴミも日教組を援護。愛国心の項目ばっかりで、教育バウチャー制度の説明はスルー。
 ↓
ついでに言えば、問題解決のための【校長の権限強化】も、日教組は猛烈反対。

122 :名無しさんの主張:2006/11/27(月) 13:40:46 ID:???
>>121
日教組が「反日教育を邪魔されたくない」という理由で反対して潰した、主任制度みたいなもんか。
あれが導入されていれば、教師の職務放棄で学級崩壊なんてのも防げたかも知れんわな。

123 :名無しさんの主張:2006/11/29(水) 10:06:25 ID:???
http://www.youtube.com/profile_videos?user=hinomaruojisan
吉野家の牛丼は絶対食べちゃいけません
純粋な日本人は立ち上がらないと本当に在日にのっとられるぞ!
在日は氏ね


124 :名無しさんの主張:2006/11/30(木) 18:34:30 ID:C9Evx3uh

生徒が持つ、

  世界平和を愛する心
  男女平等を愛する心
  人権同和を愛する心

を評価するのは良くて、

  国・郷土を愛する心

を評価するのは駄目だと言う、

教育基本法反対派のおそまつさ。

  

125 :愛児連:2006/11/30(木) 18:53:26 ID:9TUO7vnn
愛国心は愚かな心、
子供達の命を危険にさせる心、
愛国心は政府のエゴ、
子供達を操り人形にさせる心、
愛国心は愛を冒涜する心、
愛とは自然に芽生える心、
「日本を愛せ!」と
命令されて
「日本を愛するように努力します」
ということが
愛国心、
そんな悲しい愛国心から
子供達を救いたい。

126 :名無しさんの主張:2006/11/30(木) 19:05:21 ID:???
>>121
ピキピキ(#^ω^) 日教組、許せないお!

127 :愛成人連:2006/11/30(木) 19:07:47 ID:9TUO7vnn
愛国心は大事な心、
大人たちに生きる意味を養う心、
愛国心は政府の心、
大人たちの生きる迷いを正しい方向に導く心、
愛国心は愛を育む心、
郷土や国を愛することで、
生きる目的のエネルギーが沸いてくる心、
「日本を愛する心が大切だ!」と
言われたら
「日本を愛する心を持っているからこそ日本人なんだよ!」
ということが
愛国心、
そんな当たり前の愛国心を
子供達にも教育したい。


128 :糞まみれ「国・郷土を愛する心」と軍需利権>↑:2006/11/30(木) 19:09:08 ID:aBD1fUyV
「糞まみれ軍需利権のための国・郷土を愛する心」

:世界日報を読んで野田ブー子と平沼赳夫と壺売り総理を応援しよう>
糞溜めだ、肥溜めだと喚いていた平沼赳夫は、
事もあろうにその糞溜めの中でまた泳ぎたいと跪いて抜かしたのである。
復党願いに署名した政界一の尻軽男平沼赳夫のまっ黄色の根性がよーく分かった茶番劇ではあった。
http://esashib.hp.infoseek.co.jp/kinkaku01.htm
http://members.at.infoseek.co.jp/YaYa/isihara.htm
このような情勢に鑑みて、野田ブー子は一九五九年に、二回にわたり
山口県の軍国主義者達が利己的な目的から圧力を強化して来たことを非難した。
その年の三月の記者会見で「安倍晋三が読めば、「アイゴー」と慨嘆して失禁転倒痙攣」
「国力が許せば国防費を今後も増加するつもりか」という質問に対して、
★野田ブー子は「ノー」と答えて次のように説明した。
・・良識のある人間なら誰でも、もし国防消費を制限しなければ
北朝鮮のあらゆる資源は軍事生産に集中されることになり、
山口県は”要塞国家”(ギャヤリソソ・ステート)になってしまうことを了解できるだろう。
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik2/2003-10-31/03_01.html


129 :名無しさんの主張:2006/11/30(木) 19:18:22 ID:oXBB1LO7
愛して愛してって言わなくても、本当に住みよい、素晴らしい国になったら、
わざわざ愛してって言わなくても愛してもらえるよ。
やたら愛国心だとか美しい国だとか言わなきゃいけないのは、自信のなさの表れ。
本当は自分に自信がなくてコンプレックスの固まりという人ほど、
無条件で愛されることを求めて、自分を愛さない人を非難して、自分はこんなに素晴らしいって言う。
本当に沢山の人から愛される素晴らしい人は、
愛情に意地汚くないし、やたら自分は素晴らしいとアピールしない。
だって、愛情と素晴らしさをもう持ってるんだからね。

阿部総理は見てて恥ずかしい。
「ねえママ見て見て!ボクってこんなに凄いんだよ!」って必死に自己アピールしてる、
愛情に飢えた子供みたいだよ。

130 :名無しさんの主張:2006/11/30(木) 20:43:54 ID:geCnPqwW
なぜ「愛国心」ごときでこんなにもめる?

この国オカシイヨー!

131 :名無しさんの主張:2006/11/30(木) 21:48:48 ID:???

全教(共産党系)教師が生徒を使って、首相宛に反対意見書を送っていたことが発覚

 441 名前: 名無しさん@七周年 投稿日: 2006/11/22(水) 09:15:46 ID:z/3WaZdp0
    週刊新潮11月30日号

    【21】「愛国心強制はイヤ」女子中学生27人が「首相に手紙」の仕掛け人

   ↓こちらのスレから
    【教基法改正】 「学校は何教えてんだ」 匿名の大人、女子中生の改正反対文に脅迫メール→「愛国心って、こんなに卑劣なのか」とTV★14
    http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1163972325/l50


そういえば、こっちも全教の仕業でした。

  【教育改革】 長野県・生徒を装って偽の自殺予告メールを送信した女教師が逮捕。
  http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1163869524/l50

  /\___/\
/ /    ヽ ::: \
| (●), 、(●)、 |    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
|  ,,ノ(、_, )ヽ、,,   |  <  ほーら、やっぱりサヨ教師の“ やらせ ”だった!
|   ,;‐=‐ヽ   .:::::|    \____________________
\  `ニニ´  .:::/
/`ー‐--‐‐―´´\

132 :名無しさんの主張:2006/12/01(金) 00:38:43 ID:vQdxKxkd
>>129
これコピペ?

133 :名無しさんの主張:2006/12/01(金) 01:29:04 ID:70qvu2Dg
>>125
愛国心とは人間社会に生きている者の中で生まれる自然な感情。
それを忌み嫌う心というのは、成長過程で何らかの影響があって
倒錯してしまった心理。
その証拠に、理由もなく愛国心が危険なものだと思っている人間が
少なからず存在する。
つまり、そこに論理は存在しない。

>>129
その自信のなさの表れが自虐という現象。
これは、偏った教育によって育まれたもので、それを是正することに
よって、認識が変わる。

134 :名無しさんの主張:2006/12/01(金) 01:34:02 ID:70qvu2Dg
国を愛せない、関心がない、というのは、自分が帰属する社会に無関心
ということ。
社会に対して無関心であることの現れがジコチューというもの。

135 :名無しさんの主張:2006/12/01(金) 01:43:44 ID:NPSAh8zh
>愛して愛してって言わなくても、本当に住みよい、素晴らしい国になったら、
>わざわざ愛してって言わなくても愛してもらえるよ。
こう言う話よくTVのインタビューで聞くけど典型的なバカの考えだよな・・・

136 :名無しさんの主張:2006/12/01(金) 01:52:25 ID:70qvu2Dg
これが日教組某県作成の
教科書採点表だ
社会科歴史
基本的観点

というものの項目で、「日本国憲法」のとこではこんな風になってた。

>日本国憲法
>国民の代表によって、審議、決定されたことにふれているか。
>憲法の三原則をおさえているか。

実質アメリカが作ったことを暴露してるような教科書じゃだめ、ってことなんでしょう。

137 :必読版:2006/12/01(金) 02:15:08 ID:8fJvQJcm
ttp://www6.big.or.jp/~beyond/akutoku/network/amway/am00.html

138 ::2006/12/01(金) 02:20:03 ID:NPSAh8zh
  これ罠

139 :名無しさんの主張:2006/12/01(金) 07:15:47 ID:O3XCwMm8
自民党案の愛国心は道徳ではありやせん
愛国心を持つ事は非常に良い事ではあるが、自民党案の場合“国”を愛する事を養成すると書いてある
かつてアンダーソンが述べた様に国というものは言葉によって出来た幻想にしかすぎない
“国”を愛せということは、政府がもちろん“国”というものを提議する必要がある
政府に忠実になれって事にもなりかねない
って事は右も左も言えない教育を目指す事にもなりかねない
社会主義もしくは独裁政権を目指すタメには政府に忠実になるような教育体制を必要とするからな
やっぱり反対しときゃ良かったって言っても後の祭だよ
政府は本格的に匿名性を利用した2ちゃん等のインターネットを使って洗脳を始めてるみたいだし

140 :名無しさんの主張:2006/12/01(金) 07:44:44 ID:wjgiS96D
愛国心を悪だというのもとんでもないが、いちいち愛国心を養成する必要も無い。
それは内心の自由だし、そんな事いうくらいなら、愛される国になった方が良いよ。
虐めは陰湿化するし、政治家は不正を働くし、こんな国、いくら愛国心だ言っても愛せるわけ無いでしょ。


141 :名無しさんの主張:2006/12/01(金) 11:07:49 ID:0ZO8eN2Y
>>133
自虐感と肥大した自己愛は紙一重。
人間心理でも、自虐状態の反動で、過剰な自己愛に移行することはよくある。
自虐状態と自己愛状態を行ったり来たりすることもね。
自虐状態にあるときは、ありのままの自分を見失い、傷ついた惨めな自分なんだけれど、
自己愛状態にあるときは、ありのままの自分から目を逸らし、
素晴らしい自分という妄想にしがみつくときなんだよ。
どちらも、ありのままの自分が見えない・認められない状態にあるわけ。


明治・大正時代:思想的にも技術的にも『進んだ』欧米にコンプレックス。
支配され傷ついた惨めな状態。

昭和初期:反動で自己愛が肥大する。支配されてきた反動で支配欲が出てくる。
実際の自分を認められず、素晴らしい自分を妄想し、そのイメージにすがりつく。

終戦:負けという事実を突きつけられ、素晴らしい自分像が破壊される。
再び支配され傷ついた惨めな状態に。

現代:再び自己愛が肥大化しつつある。 ←いまここ

142 :名無しさんの主張:2006/12/01(金) 11:52:58 ID:0ZO8eN2Y
自己愛状態にあるときは、問題を認識するのがよりやっかいになる。
自分に問題がある、欠点があるなどの、自分にとって否定的なことを認められない。
本当は誰にだって(どの国にも)問題はあるんだけれど、
自己愛が肥大している状態にあっては、自分は素晴らしい、完璧な人(国)でなくてはならないから、
自分にとって否定的なことを認めたら、一気に奈落の底に墜落してしまう。
だから、どんな手を使ってでも問題から目を逸そらそうとする。
健全な状態なら、批判されたときは、的を得た批判なら素直に受け止め、
いわれのない批判ならやりすごすということができるんだけど、
自己愛過剰になっている状態では、自分に対して否定的な態度に敏感で、
どのような批判であれ過剰に反応してしまい、噛み付いていく。
一見、自尊心が強すぎるように見えるけど、実際は自尊心が傷つきやすいだけ。
多くは、認めざるを得ない墜落を体験するまで、自分の問題に気付かない。
自虐→自己愛過剰になると、「自分はもう立ち直った。今までの惨めな自分じゃない。
これが本当の自分なんだ」って思ってしまうけど、
実際は、かつての惨めな自分に囚われていて、問題は全然解決していないんだよねぇ・・・

143 :名無しさんの主張:2006/12/02(土) 01:25:08 ID:+6SIJtHg
>>139
国というのは必然的にできる共同体であり、必要性があるからそれを国家
という形にし、それを維持しようとします。
民主主義にしても国家があって実現するものだし、個人の権利を保障する
のも国家です。
そして、それら国家の目的を遂行するうえで各個人が備えていなければ
ならない資質というものがあり、それを備えたものが「市民」です。
そして、市民の資質としてもっとも求められるのが国や帰属する共同体
への忠誠心であり、そこには愛が必要なわけです。
また、教育によって排外主義を助長するようなナショナリズムを強調する
ことは危険ですが、愛国心教育がそれを生み出すとはいえない。
むしろ、一部の政治家によって国家が危機に陥れられないよう、市民とし
ての愛国感情が必要だといえます。

>>140
開国以来の日本人は欧米に劣等感を植え付けられ、それを払拭しようと
したのは事実ですが、太平洋戦争期にはその反動が生じた、というのは
まったくの誤解で、以前としてその劣等感は払拭されていなかったし
その証拠に、神国だとか何だとか言い出したのは、アメリカの日本に対する
敵意が明らかになり、情勢がきな臭くなって以後であり、国民が政治を
見限って、軍部を支持しだして以降のことです。
そして、聖人は別にして、人間の行動原理は自己愛です。
だからこそ、ジコチューに陥らないために帰属する社会に対する愛が
必要だし、その愛が幻想であり、つきつめれば自己愛の延長に過ぎなく
てもそれが必要になるわけです。

144 :名無しさんの主張:2006/12/02(土) 01:25:42 ID:+6SIJtHg
>>142
国家規模で自己愛が異常に高まった状態を国粋主義だといえますが、愛国心
を国粋主義と混同するから誤解が生じるんでしょう。
たとえば、スイス人にだって愛国心はあるし、必要なときには個人の生命を
かけて戦うという意識はある。
かといって彼らが国粋主義で排外主義的か、と言えばそうではないですね。
そして、自虐的な人間の心理がなぜ倒錯的なのかといえば、彼らの心の
奥底にも民族への愛があるはずだからなんです。
ところが、政治体としての国家には興味がわかない。
なぜなら、そのように教育されているからなんですが、だから国家には興味
がなくても、オリンピックでは日本人を応援し、旗を振ったりするわけです。


145 :名無しさんの主張:2006/12/02(土) 01:35:43 ID:+6SIJtHg
>>142
また、組織論においては、共同体意識の欠如こそが、問題認識、意思決定において
間違いを犯す原因になるとされますし、非効率で組織の目的(国家においては
国民の普遍的利益の獲得)を達成する障害になるのも同様です。
組織と言うのは内部価値の多様化によって分化していくから、それを統合する力が
必要(ローレンス/ローシェ)になる。
もちろん、個人の自由が認められる領域では多様性が尊重されます。
そして、その統合ができないと、組織は分化していき、セクトごと、個人ごと
に勝手な判断をしたり、指揮系統が混乱し、非効率的な組織運営となる。
このような組織を「組織化された無政府状態」「ゴミ箱モデル」といい
特徴としては、問題が解決されないまま意思決定の機会が終わってしま
ったり、問題が認識される前に意思決定が行われたりするとされます(ジェームズ・G・マーチ)。
だから、そうなることを防ぐには、部分間のコンフリクトが起こらないよう
統合する必要があり、その統合された組織を「インフォーマル・組織」というん
ですが、それによって、秩序があり、持続可能な組織となる。
この統合する力が、個々人間の仲間意識(エルトン・メイヨー)。
その仲間意識を生み出す行為を「仲間的コントロール」という(ウィリアム・G・オオウチ)
と余分ですが、国家という組織において仲間意識というのは、愛国心ということになる。
、現在の日本はこの点で最悪の状態にありますね。。
政治体としての共同体意識がないわけだから、政治体としての日本は「組織化
された無政府状態」「ゴミ箱モデル」になっているというわけ。

146 :名無しさんの主張:2006/12/02(土) 01:38:17 ID:???
ID:+6SIJtHg←連投&思考停止基地外はやっぱり糞ウヨでしたとさ(大爆笑)

147 :名無しさんの主張:2006/12/02(土) 01:40:57 ID:+6SIJtHg
ちなみに、まるで支配欲から日本が太平洋戦争に突入したかのような
イメージを持つ人が多いのも、現在の教育の結果なんですよね。

148 :名無しさんの主張:2006/12/02(土) 02:06:42 ID:+6SIJtHg
ドイツのある学者は一方だけを「悪」として罵るのは知的怠慢だという
意味のことを言っています。
日本の戦争が当時、世界の流れの中で必然だったという主張も、近年アメリカが
日本を戦争に引きずりこむつもりだったことが証明されて、ますます説得力
を持ってきている。
どちらにしても、一方だけに原因を求めるのは愚かな行為だし、戦争になった
ときに、最低限守るべきルールを踏みにじることが許されるか否かという問題
とは別の話だ。
アメリカの原爆投下は明らかな国際法違反による、非戦闘員の大虐殺である
のに、なぜそれを非難する日本人が少ないのか。
これがイギリス人には不思議でならないらしい。
パル判事も来日したときにそのような発言をしている。
当然だ。
どこの国の人でもそう思うだろう。
ましてや、日本が悪かったのだから、原爆を落とされて当然だ、などと
言い放つ人間が日本にはいる、と言ったところで、外国の人には信じてもらえ
ないんじゃないか。
それどほ日本人の心理が倒錯してしまった、ということなんだけど、その理由
は簡単。
GHQの行った「戦争罪悪感情報プログラム」という、宣伝、言論統制による
洗脳政策。(それ以降は教育現場での左翼教育)これが原因。
これによって、日本は徹底的に悪だと刷り込まれてしまった。


149 :名無しさんの主張:2006/12/02(土) 02:07:12 ID:+6SIJtHg
東京裁判にはパル判事のようなまともな裁判官もいたが、その判決書は
公表することが禁じられたし、ヘレン・ミアーズのような日本悪玉論を批判する
ような人もいたが、その著書も日本では刊行が禁じられた。
日本の国民は、東京裁判がどれほど不公正なものであったか、どれだけ
滅茶苦茶なものであったかをほとんど知らない。
日本の弁護に必要な証拠資料は提出が認められず、検察側の方では通常
白人国家の裁判では認められないようなものが認められた。
検察側証人には偽証罪もなかったし、当時犯罪でなかったものまで後から
法律を作って犯罪だとされ、すでに解決済みの、本来東京裁判で取り上げる
べきでない出来事まで起訴された。
おまけにニュルンベルグ裁判では裁判終了三ヶ月後には判決理由書と
その内容が公表されたのに、東京裁判は結局公表されなかった。
東京裁判終了後、四年目にそのことをイギリスの国際事情調査局が指摘
している。
また、菅原裕氏も「東京裁判の正体」の中で、「条例には、判決には理由を
付することになっているのに、宣告された判決はかたよった見方による日本の
政治史、軍事史を羅列しただけで各被告の有罪を断じ、判決の理由たる事実
と証拠の提示はこれを欠いたのであった」と書いている。
そのような裁判であるのに、報道で日本軍の行った様々な「残虐行為」や
首脳部の「無責任さ」が一方的に流され続けた。


150 :名無しさんの主張:2006/12/02(土) 02:07:44 ID:+6SIJtHg
それに対する批判は許されなかった。
この洗脳政策によって、日本人の心に加害者意識、罪悪感が刷り込まれて
しまったのはたしかで、パル判事が再来日して日本で講演を行った際、この
日本の状況を知ってショックを受けたそうだ。
そして、講演でこういった。
「これは敗戦の副産物ではないかと思う。すなわち一つの戦争の破壊があまり
にも悲惨で、打撃が大きかったために、生活そのものに追われて思考の余地を
失ったこと、二つにはアメリカの巧妙なる占領政策と、戦時宣伝、心理作戦に
災いされて、過去の一切があやまりであったという罪悪感に陥り、バックボーン
を抜かれて無気力になってしまったことである」
ヘレン・ミアーズも「アメリカの鏡・日本」で次のように述べています。
「第二次大戦後の日本は、自分たちが何のために戦ったかを忘れてしまった
かもしれないが、日本はとにかく当時の国際慣行を律儀に守り、それにうながされ
て行動したのだ」


151 :名無しさんの主張:2006/12/02(土) 02:07:49 ID:???
ID:+6SIJtHg←連投&思考停止基地外はやっぱり糞ウヨでしたとさ(大爆笑)

152 :名無しさんの主張:2006/12/02(土) 09:22:12 ID:???
     :/\___/ヽ .
   ..:/''''''   '''''':::::::\:
   :.| (◯),   、(◯)、.:|:
   :.| " ,,ノ(、_, )ヽ、,,"".::|:   
   :.|   ´,rェェェ、` .:::::::|:   
   :.\  |,r-r-|  .:::/ 
アホな愛国心を強制してるのは、日教組。
    ↓
    ↓
【国内】日教組・全教が支配する学校の卒業式で、日本国旗の代わりに「韓国旗」が! [06 12/1]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1164990995/l50


153 :名無しさんの主張:2006/12/02(土) 09:36:43 ID:kUaX3dSh
>>144
自己愛には健全な自己愛と不健全な自己愛があって、
健全な自己愛の場合ならおkなんだよ。
他者や共同体を健全に愛するには、まず一人の裸の自分がしっかりしていないといけないわけ。
自分があるというのは、良いところも悪いところもあるありのままの自分を愛し、
自分で自分を慰め、励まし、自信を付けて、寂しさに耐えることができること。
そして、他者との「これ以上は介入しない」という線引きがなされている。
自分がない人は、それができない。だから他者にやってもらおうとする。
誰かに慰め、励まし、寂しさを埋め、自信をつけてもらわなくては、自分が保てないんだよね。
自分で自分を認めることができないから、他人に自分を認めることを強要したり、
素晴らしい人と交流があるから、素晴らしい集団にいるから自分も素晴らしい、なんて思ったりする。
(人間は結局、自分自身がしたことしか本当に自信は持てないのだが・・・)
他者との関わり方も、他人は自分の延長みたいなかんじで、
他者に母親を求めて無限の要求をしたり、逆に自分が母親的な存在になって、
相手のすべきことまでしてあげたりと、他者との線引きが曖昧になっている。
だから、他者や共同体との関わり方が、愛ではなく依存になる。

154 :名無しさんの主張:2006/12/02(土) 09:38:41 ID:kUaX3dSh
 誇大感を持つ人には二つのタイプがあります。
自分は素晴らしいと言うタイプと、あなたは素晴らしいというタイプです。
あなたは素晴らしいというタイプの人は、
その素晴らしい人に奉仕している私も素晴らしい特別な存在だと言うふうになります。
偉大な独裁者を崇拝する献身的な国民、偉大な神に身を捧げる熱狂的な信者、
ワンマン経営者に心酔して滅私奉公する素晴らしい幹部社員、
有名な歌手の応援をする熱狂的なファンなどです。

 すべてに言えることは、ありのままの自分が愛せないのです。
自分は優越的な存在でなければならず、素晴らしい特別な存在であり、
偉大な輝きに満ちた存在でなければならないのです。
愛すべき自分とは、とにかく輝いていなければならないのです。
しかし、これはありのままの自分ではないので、現実的な裏付けを欠くことになります。
ttp://homepage1.nifty.com/eggs/narcis.html

155 :名無しさんの主張:2006/12/03(日) 01:31:43 ID:im7DmyiG
>>153
人間と言うのは、他者との関わり、社会との関わり、共同体との関わり
を学ぶことによって自己形成がなされます。
公の観念も知らず、その関わり方を知らないうちは、単なる自己中心主義
、動物的な自己愛のみが存在することになります。
マズローの精神の発展段階というのも、結局それを言っているわけです。
共同体への帰属意識が生まれ、その中での位置づけを理解し、他者との
関わり方を理解することによって、個人とはこうあるべきだ、ということ
を知り、市民としての個が確立する。
現在は、この発展段階の中で、共同体への帰属意識まで至っていないんじゃ
ないでしょうか。
だからジコチューという現象が蔓延する。
集団主義的な面は、共同体への帰属意識ではなく、単なる村社会で生きて
きた日本人の国民性に過ぎないでしょう。

156 :名無しさんの主張:2006/12/03(日) 01:32:46 ID:im7DmyiG
また、劣等感を持つことと、自虐というのは別のものです。
劣等感というのは、その状況しだいで誰の心にも生じうるものですが
、自虐というのは一種の精神的な病理です。
たとえば、開国以来の日本人は欧米に対して劣等感を持っていましたが
、それは、日本が近代化する原動力になりました。
自虐というのは、たとえば、自分が誰かに喧嘩を売られ、避けられない
状況になり、喧嘩をした結果負けてしまった後に、喧嘩の原因を自分の中
からだけ必死に探し出そうとする、不毛かつ愚かなことをする心理です。
いくら探しても原因などみつかるわけもなく、少なくとも、自分の中に
だけそれを求めても意味はない。
このような愚かな行為は、反省とはいえないし、本当に喧嘩をなくそうと
する行為とも言えない。

157 :名無しさんの主張:2006/12/03(日) 01:37:55 ID:im7DmyiG
また、組織論で言う「組織化された無政府状態」「ゴミ箱モデル」の特徴は
日本にもよく表れています。
たとえば、「教科書中国侵略→進出書き換え誤報事件」。
これなどは、「問題が解決されないまま意思決定の機会が終わってしまったり、問題
が認識される前に意思決定が行われたりする」ことの典型例ですよね。
このようなことを平気で政治家ができるのは、国民は国家に無関心であることを
熟知しているからで、だから改善もされないし、その結果、日本国民固有の権利
が知らないうちに侵されることになる。

158 :名無しさんの主張:2006/12/03(日) 08:47:07 ID:OTDQyVzt
愛国者は信頼できるか 鈴木邦男 講談社現代新書
http://www.isis.ne.jp/mnn/senya/senya1151.html


159 :名無しさんの主張:2006/12/03(日) 17:38:22 ID:rCIQMqP6
>>155
成長するにあたっては、親との関わりが他人との関わりの基礎になる。
例えば、支配的な親だった場合は、社会は自分にとって攻撃的なもので、
こちらから攻撃しないと攻撃されるものだと認識するようになったり、
甘えさせて欲しいという欲求を満たしてくれない、あるいは逆に甘やかす親だった場合は、
他者に、無限に自分を受け入れてくれる母親的なものを求めたり、
極端に監視する親だった場合は、社会から監視されていると思ったりね。

だから、人が健全に社会と関わるようになるには、

親(または親代わりの人)との健全な関わり

健全な一人の人間が育つ

他者や社会との健全な関わり

という過程を辿るのであって、共同体との関わりは最後になるんじゃないかな。

自分を愛する

自分の身近な他者を愛する

共同体への愛着

というふうにね。
自分の周囲の人間と上手く関われないと、共同体とも上手くやっていけない。
今の日本は(昔もだけど)、親子の関わり方が歪んでいる。
周囲の人間と上手く関われないかわりに、大きな共同体に自分を認めてもらおうとしたって、
それは依存になるんだよね。

160 :名無しさんの主張:2006/12/04(月) 02:29:38 ID:opNkUIkw
>>159
子供にとって最初の社会は家庭ともいえるし、他人との共同作業という意味
では学校がそうだともいえます。
子供というのは人間として生まれるというよりも、人間に育てるというものなんです
が、そのもっとも重要な役割を親が果たさなければなりません。
公と個の領域のけじめを最初に教え、躾けるのは親の責任だと言えるでしょう。
もし親が、まだ市民として一人前でない子供の「主体性」を重んじると称して
自由気ままにさせ、学校においても社会のルール、共同体に対する責任と義務の
観念を学ばせなければ、ジコチューな人間になりますし、公の規律を守るために
個人的な衝動を抑えることができなければ、それはセルフコントロールのできない
ブチキレ人間ということになります。
つまり、生まれたままの社会性の希薄な状態のまま成長する。
これはまさに、自己愛のみの存在ということです。
だからこそ公共性を養うことで市民としての個が確立されるというわけで、公共
性を養うとは、社会のルールや慣習を理解し、義務や責任と、その遵守によって
得られる市民的権利を理解し、実践させるということ。
それによって、帰属する社会に対して共同体意識が生まれます。
自分の帰属する社会には愛着が生まれる。
その社会とは、この国なら日本社会ということであるから、政治体としての日本
に帰属意識が生まれるということに繋がるわけです。
これは国民国家に生きる市民として最低限求められる資質で、だからこそ市民権
のもっとも重要なものの一つである選挙権は成人するまで与えられない。
逆に言えば、成人するまでに、自己愛だけで衝動的に行動する人間から、社会性
をもった市民に育てなければならない、ということ。


161 :名無しさんの主張:2006/12/04(月) 02:30:47 ID:aKVvTn3Y
結論!

 愛 国 心 は 必 要 だ!

162 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/12/04(月) 02:32:56 ID:223WseCS
「民衆などというものは、いつでも支配者の思い通りになる。
 ・・・攻撃されるぞと恐怖をあおり、平和主義者の奴らには
 愛国心がなく、国を危険に晒していると非難しておけばいい。
 このやり方は、どこの国でもうまくいく」
 
          by ナチスドイツ国家元帥ヘルマン・ゲーリング


163 :名無しさんの主張:2006/12/04(月) 02:35:24 ID:opNkUIkw
また、政治体としての日本社会に帰属意識が生まれるといいましたが、帰属
意識をもち、愛着が生まれても、反国家主義を土台とした、日本悪玉論を
徹底的に吹き込まれ、この国に誇れるところがあることを全く学ばなければ
、その愛着は倒錯したものになってしまう。
別に負の部分を教えるなということではなく、日本の文化や歴史について
誇ることのできる部分もバランスよく教えていかないと、という意味で
これは別に、日本以外の国には誇れるところなどないと教えろ、ということ
でもありません。

164 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/12/04(月) 02:38:29 ID:223WseCS
民衆というものは実に愚かなものだ。


165 :名無しさんの主張:2006/12/04(月) 02:40:19 ID:opNkUIkw
公との関わり方を学び、実践させることで市民的個が確立するという
テーマについて、このような一文があります。

例えば、家の中では、子供をどんなに甘やかしていてかわいがっている人でも、
普通、ひとたび家の外へ出ると、子供が少しでもさわいだりしたらすぐに厳し
い態度に出るだろう。
そして、子供の方もそのことがわかっているから、ひとたび家の外へ出るときわめて
礼儀正しくなる。
だから、われわれ、ヨーロッパへ出掛けた外国人は、ヨーロッパの子供たちは実に
礼儀正しくて大人びているとまずは思ってしまうのだが、例えば、ある家に招かれ
ていくと、今度は、あの礼儀正しかった子供があまりに騒々しいのであぜんとする
などということも起こるのだ。
(略)
しかし、日本的な「公」観からは、家の外へ一歩出ると「公」の世界であるという
理解は出てこない。
「「市民」とは誰か」佐伯啓思

166 :タナカカズヒコ ◆EsnZiYDJO. :2006/12/04(月) 02:42:22 ID:???
日本人に「公」の意識を植え付けさせるには、キリスト教の「罪」の文化と、

儒教の「恥」の文化を植えつけなければなりません。



by新渡戸稲造氏と同じ岩手県郷士の血を引くクリスチャン



167 :名無しさんの主張:2006/12/04(月) 02:43:18 ID:opNkUIkw
>>164
ナチスが国民に支持されて理由を知ってます?

168 :名無しさんの主張:2006/12/04(月) 02:47:13 ID:aKVvTn3Y
>>167
優秀なるゲルマン民族は選ばれた民だ!というヒトラーの言が支持されたから?


169 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/12/04(月) 02:47:52 ID:223WseCS
>>167
ただの集団心理。
あるアメリカの学校でやった実験がすべてを物語る。


170 :名無しさんの主張:2006/12/04(月) 02:47:56 ID:opNkUIkw
ちなみに、農耕民族である日本人であるが故にもっている村社会的な国民性
というのがある。
つまり、他人と違うことを極度に恐れる、周囲と同じでなければ安心でき
ない、といった性質。
これも、市民論的な公の領域の概念と個の領域の概念のけじめ、ということ
を徹底的に理解させることで、払拭されるものだと思える。
この性質が払拭すべきものであるのかどうかはわかりませんが。

171 :名無しさんの主張:2006/12/04(月) 02:48:27 ID:aKVvTn3Y
タナカカズヒコ君はコテハンなのになんでID隠してるんだ?


172 :名無しさんの主張:2006/12/04(月) 02:48:52 ID:opNkUIkw
>>169
集団心理なら、別にナチスでなくてもよかったのでは?

173 :名無しさんの主張:2006/12/04(月) 02:50:28 ID:aKVvTn3Y
そーいえば、日本人は農耕民族で欧米人は狩猟民族ってよく聞くけど、
誰が決めたんだろーな?
農耕による生活余力なくして文明開化がありえないことを考えると、
欧州だって狩猟主流→農耕主流を経てるはずなんだが・・・・


174 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/12/04(月) 02:51:09 ID:223WseCS
>>172
別にナチスでなくてもよかったけど?
民衆など簡単に動かせてしまうってことさ。


175 :名無しさんの主張:2006/12/04(月) 02:51:45 ID:aKVvTn3Y
実は単純に野蛮ですぐに暴力に訴える欧米人→狩猟民族
実直で真面目で温厚な東洋人→農耕民族
って印象から決めてたりしてw


176 :名無しさんの主張:2006/12/04(月) 02:52:47 ID:opNkUIkw
>>173
農耕民族と言えるほど日本のように主流になる前に商業文化が花開いた
という風に理解してますけど間違いでしょうかね?

177 :名無しさんの主張:2006/12/04(月) 02:55:15 ID:opNkUIkw
>>174
ヒトラーの主張や政策に支持できるだけのものや、成果があったから支持
されたと思う。
実際、第一次大戦後の苛酷な賠償などでドイツ経済は瀕死の状態で、失業者
があふれかえっていた。
実際ヒトラーは失業者を激減させてるんですよね。
だから支持されたわけで、同じような能力が国民を動かそうとしてもなかなか
ヒトラーのようにはいかないでしょう。

178 :名無しさんの主張:2006/12/04(月) 02:55:38 ID:aKVvTn3Y
>>176
その商業自体が生活余力なくして発生しないじゃんw
絶対に必要な食の余力があるからこそ商工業が発達するきっかけがあるんだよ。
それに昔の商業の主流って食料品なんだし。


179 :名無しさんの主張:2006/12/04(月) 02:56:27 ID:opNkUIkw
同じような能力を持たないものが、国民を動かそうとしてもなかなか
ヒトラーのようにはいかないでしょう。

180 :名無しさんの主張:2006/12/04(月) 02:57:22 ID:opNkUIkw
>>178
狩猟民族だって得ているのは食糧ですが?

181 :名無しさんの主張:2006/12/04(月) 02:59:37 ID:aKVvTn3Y
>>180
生産性がじぇんじぇん違うじゃんw
それに交易の主流は農作物だよ。


182 :名無しさんの主張:2006/12/04(月) 03:00:53 ID:aKVvTn3Y
学者じゃないが、言い切ろう!
狩猟程度の食料確保では絶対に人口爆発なんておきない。
よくて人口増加→狩猟対象激減→人口減少→狩猟対象増加
を繰り返すだけ。


183 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/12/04(月) 03:01:37 ID:223WseCS
>>177
民衆とは愚かなものだ。
ヒトラーの主張や政策に支持できるだけのものがあったから
支持されたと考えるようになるからだ。
民衆とは極めて女性的な態度を取り、実に操られやすいものなのだ。

失業者が激減した理由はヒトラーのどんな政策だって?


184 :名無しさんの主張:2006/12/04(月) 03:01:40 ID:opNkUIkw
>>181
交易の主流が農作物だという主張の根拠と、それが農業国家にならなかった
ということとどういう関係があるのか、ということを聞きたい。
別に農業国家にならなくても、商業文化は花開くわけで。

185 :名無しさんの主張:2006/12/04(月) 03:03:05 ID:opNkUIkw
>>183
ナチスが台頭するまでのドイツの状況と、ヒトラーの政策で失業者が減ったと
いうようなことは実際にあったようです。

186 :タナカカズヒコ ◆EsnZiYDJO. :2006/12/04(月) 03:03:55 ID:???
>失業者が激減した理由はヒトラーのどんな政策だって?

公共事業と軍需産業かな。
今の日本でそんなことやったら財政破綻。






187 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/12/04(月) 03:04:49 ID:223WseCS
>>185
だから、ヒトラーのどんな政策が失業者を減らしたことになってるの?
そこら辺が既に洗脳されてるわけじゃないの?

188 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/12/04(月) 03:05:41 ID:223WseCS
>>186
公共事業と軍需産業で失業率減らすのなら誰でもできるね。

189 :名無しさんの主張:2006/12/04(月) 03:06:54 ID:opNkUIkw
>>182
商業が発達して人口が激増したということではないんですか?

190 :名無しさんの主張:2006/12/04(月) 03:07:25 ID:aKVvTn3Y
>>184
>交易の主流が農作物だという主張の根拠
発掘物
過去に書籍を読んだことによるうろ覚えの知識だから、
すぐにソース出せって言われても困るけどねw
ってか、狩猟だけで文明が築けるほどの余力ができるならその根拠を教えて貰いたいもんだ。


191 :名無しさんの主張:2006/12/04(月) 03:09:00 ID:aKVvTn3Y
>>189
いや、だから、商業(交易)をするには農作物・工業品が必要なわけで、
工業品を作る職人が登場するってことは、
それだけその集団で食に対する生産余力がないと無理だろ?


192 :名無しさんの主張:2006/12/04(月) 03:09:15 ID:opNkUIkw
>>190
当然狩猟民族だから狩猟だけやってるということはないでしょう。
私の理解では、繊維なんかが貿易の主流だったような。

193 :名無しさんの主張:2006/12/04(月) 03:11:28 ID:opNkUIkw
>>191
だから、狩猟民族だって、それで文化を継続して繁栄してきたわけで
急に日本のように農業国家にならなくても、別に問題はないでしょう?
農業をしないといってるんじゃないんだから。

194 :名無しさんの主張:2006/12/04(月) 03:12:44 ID:aKVvTn3Y
ある集団の主要な食料獲得方法が狩猟だとして、それだけ生産余力を持てるか?
組織的な社会ができるにはそれなりの人口が必要なわけで、
他の集団と交易するほどの集団になるとそれこそかなりの人口の集団になる。
効率と野生動物の繁殖頻度を考えれば、
それだけの人口を維持するのに狩猟だけじゃ無理だろ?

それなりの国家レベルになるまで人口を増やすには、
絶対に農業主体を経る必要があるんだよ。



195 :名無しさんの主張:2006/12/04(月) 03:14:47 ID:aKVvTn3Y
四大文明が大河に発生したのはなぜでしょう?

答え、大規模農業に適してたから

簡単だろ?


196 :名無しさんの主張:2006/12/04(月) 03:14:57 ID:opNkUIkw
>>194
商業文化から機械文明が出現するわけで、生産効率も飛躍的に高くなる
ということでは?
別に日本のように農民だらけになる必要はないでしょ?

197 :名無しさんの主張:2006/12/04(月) 03:16:44 ID:opNkUIkw
>>195
河の流域では農業が行いやすいでしょう。
それが?

198 :名無しさんの主張:2006/12/04(月) 03:19:50 ID:aKVvTn3Y
>>196
>>191
例えば1000人の狩人が2000人分の食料を得られるとすれば、
1000人は食料確保以外の仕事に従事できる。
その1000人で行政や商工業をすることは可能かもしれない。
が、そのペースで狩りをして、近隣の野生動物が維持できると思う?

全く農耕に移行せずに狩猟のみを主体にしてきた
アフリカ内陸部やネイティブアメリカンを見ればわかるだろ。
狩猟だけでは人口増加し続けるだけの食料確保はできないんだよ。


199 :名無しさんの主張:2006/12/04(月) 03:20:56 ID:aKVvTn3Y
>>197
>>173
農耕による生活余力なくして文明開化がありえない

200 :名無しさんの主張:2006/12/04(月) 03:21:05 ID:opNkUIkw
>>198
動物を狩るだけではなく、育てもするだろうし、漁業もあるんですが。

201 :名無しさんの主張:2006/12/04(月) 03:22:25 ID:opNkUIkw
>>198
日韓併合されて以降の韓国では、農作物の生産量は飛躍的に伸びてます
が、別に農民が増えたわけでも、農業に移行した、というわけでもない
ですよね。

202 :名無しさんの主張:2006/12/04(月) 03:24:27 ID:opNkUIkw
商業文化が花開き、必要は発明の母のたとえどおり、機械文明が発達
し、農業の生産性も飛躍的に向上した、ということでは?

203 :名無しさんの主張:2006/12/04(月) 03:24:31 ID:aKVvTn3Y
>>198
それが?
農作物の生産量が増えたという話だけでは何の説明にもなってないし、
日韓併合されたころどころかそれよりも千年以上も前に国家ができる規模の人口がいるんだから、
そんな人口になってからの話しても無意味。


204 :名無しさんの主張:2006/12/04(月) 03:25:55 ID:opNkUIkw
>>203
農業国家でなかった国が、農業国家に以降することでしか生産量を増やせない
わけではないということですが?
同じことですよ。

205 :名無しさんの主張:2006/12/04(月) 03:26:01 ID:aKVvTn3Y
>>202
・・・・・・・・何度も同じこと言ってるけど、聞こえてないみたいですな^^;
もちついて>>197を読んでみてくれ。


206 :名無しさんの主張:2006/12/04(月) 03:27:27 ID:aKVvTn3Y
>>204
何度も何度も書いてるけど、
人口増加には「農業主体を経る必要がある」と言ってる。

あんたの理屈を通すなら、今の日本は世界最高水準の工業国だから、
日本は農耕民族ではないってことになるな。


207 :名無しさんの主張:2006/12/04(月) 03:28:36 ID:opNkUIkw
>>205
商業文化が発達するには農業の生産量が増えなければといいたいわけでしょ?
で、農作物が交易の主流だと。
でもその根拠は今は提示できない、と。

208 :名無しさんの主張:2006/12/04(月) 03:30:20 ID:opNkUIkw
>>206
日本は農業国家から近代化しました。
狩猟民族は、別に日本のような農業立国を経なければ商業文化が
花開かないというわけではないと言ってるんですが。

209 :名無しさんの主張:2006/12/04(月) 03:32:19 ID:aKVvTn3Y
>>207
近いけど違う。
まず国家形成・文明開化に必要な人口増加には食の余力は必須で、
人口増加を維持する=食の余力も増加し続けるってことで、
それだけの食料を確保するには農耕が必要だってのが最初。

交易の主体が農作物だってのはあくまでも伏線で、かつ俺の過去に得た知識。

証拠を言うならそっちには数千年前の交易の主体が工業品だという証拠も過去に得た知識もないんだろ?


210 :名無しさんの主張:2006/12/04(月) 03:33:13 ID:opNkUIkw
交易には農作物も当然あっただろうし、繊維や工芸品もあったでしょう。
飼育した動物の肉や狩りをして得たものもあるでしょう。
その発達にともなって機械化されていったので、農作物の生産性も向上
したというだけでしょう。

211 :名無しさんの主張:2006/12/04(月) 03:33:42 ID:aKVvTn3Y
>>208
>花開かないというわけではないと言ってるんですが。
うん。
ならその「わけではない」というあんたの意見を説明してくれよ。
俺は何度も説明してる。
その説明に納得できないからって言いがかり付けてるだけじゃなんの説得力もないよ。


212 :名無しさんの主張:2006/12/04(月) 03:35:37 ID:aKVvTn3Y
あ、いまわかったよw
あんたらあれだろ?
アメリカ人が牛をたくさん捕って牛肉ばっか食ってるから狩猟民族だとかいう先入観あるんだろ?


213 :名無しさんの主張:2006/12/04(月) 03:36:29 ID:opNkUIkw
>>209
交易の必要性から農作物が増えなければというのはわかりますし、人口の
維持には農業が不要だなどとも言っていません。
農業立国を経なければ文明が発展しないというのは違うでしょうと。

214 :名無しさんの主張:2006/12/04(月) 03:37:08 ID:aKVvTn3Y
>>210
農耕民族か狩猟民族かって話してるんだから、機械化って飛躍しすぎだしw
数千年前の話だろ。


215 :名無しさんの主張:2006/12/04(月) 03:39:01 ID:aKVvTn3Y
とりあえず、狩猟だけで国家規模にまで人口増加し続けられるという説明きぼん。


216 :名無しさんの主張:2006/12/04(月) 03:39:50 ID:opNkUIkw
>>211
あなたが言ってるのは、交易の主体は農作物だという根拠のない決め付けと
その決め付けから、文明が発達するためには、農業立国を経なければならない
ということだけでは…。
交易の主流が農作物であってもそれは農業国になったということの根拠には
ならないし、交易の規模の問題でしょうし。
必要に応じて生産量が問題になっても、それは生産効率が上がったわけだから
問題ないでしょう?

217 :名無しさんの主張:2006/12/04(月) 03:41:28 ID:opNkUIkw
>>215
そんな文字が見えますか?
日本のような農耕国家になったわけではないでしょうし、そうでなければ
文明が発達しないわけでもないでしょう?という話なんですが…。

218 :名無しさんの主張:2006/12/04(月) 03:42:14 ID:aKVvTn3Y
>>216
>>209

219 :名無しさんの主張:2006/12/04(月) 03:44:00 ID:aKVvTn3Y
>>217
俺も農業国家とも農業立国とも言ってないけど、
農耕主体という表現をそう取られたと思って放置してたんだけどね。
で、何がいいたいんだ?
狩猟主体で文明国家になれるのか?


220 :名無しさんの主張:2006/12/04(月) 03:44:06 ID:opNkUIkw
つまり、農民の数はほとんど変わらず、農業の規模も変わらないが、商業
の発達とともに機械化が進み、農作物の生産量が増えたと考えても何ら
問題ないはずですが。

221 :名無しさんの主張:2006/12/04(月) 03:45:55 ID:opNkUIkw
>>219
日本は農業国家だったから、農耕民族と言ったわけで、狩猟民族で
あった人たちが、日本のようにならなくても、別に文明は発展する
といっているまでですが?

222 :名無しさんの主張:2006/12/04(月) 03:46:49 ID:aKVvTn3Y
>>220
ま、それでもいいけど、商業が発達するには、農耕主体を経る必要があるって何度も言ってるんだけど?


223 :名無しさんの主張:2006/12/04(月) 03:47:49 ID:aKVvTn3Y
>>221
>>173

224 :名無しさんの主張:2006/12/04(月) 03:49:51 ID:opNkUIkw
>>222
だから、農業規模は同じで、商業が発達した結果文明が発展したと考えられる
んだから、農耕民族化したというわけではないんだから、狩猟民族の文明化
と考えていいでしょ?

225 :名無しさんの主張:2006/12/04(月) 03:52:35 ID:aKVvTn3Y
>>224
そのときの農耕による食料生産量と、狩猟による食料生産量はどっちが多いんだ?

文明が発達するには商業が発達するのは当たり前。
誰もそんなこと否定してない。
ってかあんた俺のレスちゃんと見てないだろ?


226 :名無しさんの主張:2006/12/04(月) 03:55:49 ID:opNkUIkw
>>225
あなたは、私が日本人を農耕民族、ヨーロッパ人を狩猟民族と(ヨーロッパとは
言ってなかったけど)した時、狩猟民族も絶対に農耕民族、農耕国家を経なければ
文明化できないという趣旨のことを言いましたよね?
だから、別に農耕民族にならなくても、狩猟民族が商業を発展させ、文明化する
ことはできる、といったんですが。

227 :名無しさんの主張:2006/12/04(月) 03:57:08 ID:opNkUIkw
農業人口の推移がわかれば一番いいんですけどね。

228 :名無しさんの主張:2006/12/04(月) 03:58:22 ID:aKVvTn3Y
もうめんどくさい。

ざっと探しただけだから納得できるものかわからんけど、
とりあえずこれでも読んどけ。
http://members.jcom.home.ne.jp/spu/002.htm


229 :名無しさんの主張:2006/12/04(月) 03:59:59 ID:aKVvTn3Y
>>226
(これ最後な、あとは>>228読んどけ)
狩猟主体の食料生産レベルで、
商品や工業品職人を飼うだけの食料は確保できない。

と、何度も言ってる。


230 :名無しさんの主張:2006/12/04(月) 04:06:46 ID:opNkUIkw
狩猟民族においての農耕の起源、という話ですね。
狩猟だけやっていた民族でも「なんらかの理由によって、そのような自然条件が制約された
範囲でしか存在しない場合」農耕もはじめる必要が出てくる、という。
私は狩猟民族が農業をしていなかったなどとは言っていません。
実際行っていたわけで、それは「何らかの理由」によって始めたわけでしょう。
そして、人口を維持してきた。
で、私が言ってるのは、そのような狩猟民族が日本人のような農耕民族化を経なければ
文明を築けないわけではなくて、そこから商業文化が発達すれば、文明の発展に繋がる
でしょう、と。

231 :名無しさんの主張:2006/12/04(月) 04:08:53 ID:opNkUIkw
>>229
そんなことは一言も書いていません。
狩猟だけやっている民族でも、「何らかの場合」農耕もする必要が出て
くる、とあるだけで。
別に農業国家に変貌しなくても、交易の発達に従って生産効率が上がって
いけばいいだけの話。

232 :名無しさんの主張:2006/12/04(月) 04:18:05 ID:aKVvTn3Y
>バンド社会においても人口は増加する。
>その場合、狩猟・採集に適した自然条件が無限に存在するなら、 ←ここ重要、「無限に存在するなら」
>いつまでもそのような生活をつづけることが可能であろう。
>だが、なんらかの理由によって、そのような自然条件が制約された範囲でしか存在しない場合、
>狩猟採集経済によって増大する人口をまかなうことは不可能となる。
>この人口の圧力がより多くの食料を必要とさせ、  ←ここと、
>農耕・牧畜を開始させる契機となったと考えられる。  ←ここ重要、俺が言ってた意見と同じな。
>こうして狩猟は牧畜へ、採集は農耕へと発展し、生活の定着により「家族」が成立するようになる。

新石器時代、つまりまだまだ小さな村落レベルの集団でしかない時代ですでに狩猟による人口増加は限界ってこと。

>[4]文明の起源としての農業の条件
を読めばわかるけど、
生産性に優れた農耕でさえ、これだけの条件があってやっと人口増加と維持が可能になる。
狩猟主体じゃ絶対無理だろ?

>>231
ほんと全く理解してないなー
その商業事態が人口増加が必要なんだっての。
そして人口増加を維持するには農耕主体が必須だろ?っての。
狩猟主体だけじゃ人口増加と維持できないのに、どうやって商業発達するんだよ。


233 :名無しさんの主張:2006/12/04(月) 04:22:54 ID:opNkUIkw
>>232
狩猟主体でも人口が維持できるわけですよね?
で、文明が発達し、人口が増えるには、農作物の増加必要ということで、それは
商業文化発展に伴って生産効率があがればいいだけの話でしょ?
別に農民人口が増えたり、農耕国家になり、農耕民族化しなければならない必要性
はないんですよ。
それと、商業自体に人口増加が必要、というのもナンセンス。
その理由は?
少数の国では商業が成り立たない?

234 :名無しさんの主張:2006/12/04(月) 04:26:43 ID:opNkUIkw
「狩猟採集経済によって増大する人口をまかなうことは不可能」
狩猟だけで「増大する人口をまかなうことは不可能」という理由で農耕が始まったと。
別に農耕主体でなければ人口増加をまかなえないとは言っていないし、そもそも
人口は維持されていればよかった。
増加しなくてもね。
で、人口増加は、商業の発展と、農作物の増産が可能になってからと考えてもいい
わけでしょう。

235 :名無しさんの主張:2006/12/04(月) 04:30:04 ID:opNkUIkw
さっきも書いたけど、日韓併合によって近代化された手法を導入することに
よって、農民が増えなくても農作物は飛躍的に増大した。
つまりヨーロッパでも、商業発展にともなって機械化し、近代化が進めば
農作物は飛躍的に増えるということでしょう。

236 :名無しさんの主張:2006/12/04(月) 04:31:18 ID:aKVvTn3Y
>>233
>狩猟主体でも人口が維持できるわけですよね?
親切に矢印まで付けてやったのにまだそんなオトボケするのか?
「(狩猟対象が)無限に存在するなら」だよ。

>それと、商業自体に人口増加が必要、というのもナンセンス。
>その理由は?
過去レスに書いてるから探しな。


237 :名無しさんの主張:2006/12/04(月) 04:32:29 ID:aKVvTn3Y
>>235
過去レスに書いてるから探しな。


238 :名無しさんの主張:2006/12/04(月) 04:32:55 ID:opNkUIkw
>>236
あの、無限に存在するなら別だが、そうでないなら「人口増加」をまかなえ
ない、と書いてあるんですが?

239 :名無しさんの主張:2006/12/04(月) 04:33:43 ID:aKVvTn3Y
よし、わかった!
じゃあこうしよう!
おれが知らないだけかもしれないので、
あんたが言ってる経緯で文明発達した国家を教えてくれ。

ってかかなり前にも似たようなこと聞いてるけどね。


240 :名無しさんの主張:2006/12/04(月) 04:33:49 ID:opNkUIkw
>>237
そうですか。
引用してもらえますか?

241 :名無しさんの主張:2006/12/04(月) 04:35:17 ID:opNkUIkw
>>239
普通ヨーロッパがそうだと考えられてますね。
新説でヨーロッパが農耕国家になったとか、狩猟民族から農民が増大した
とか発表されたんでしょうか?

242 :名無しさんの主張:2006/12/04(月) 04:37:37 ID:opNkUIkw
ヨーロッパで農作物が増えたのは、近代化されたからという考え方が主流で
農民が増えたから、農耕民族化したから、というのは聞いたことがない。

243 :名無しさんの主張:2006/12/04(月) 04:38:24 ID:aKVvTn3Y
>238
よし、わかった!
数千年くらい前の話だから数千歩譲って、狩猟主体で人口維持したとしよう!
さらに数千歩譲って、その生産力で商人や職人が登場するほどの余力があったとしよう!
そして僅か数百人〜数千人程度の集落のなかのわずかな商人と職人の天才的な大活躍もしたとしよう!
その結果、超画期的な農耕技術が発見されて、農耕による大量生産が可能になったとしよう!
その生産力のおかげで人口が爆発的に増加して文明が開化したとしよう!

なら、人口増加と文明開花は農耕が理由なんじゃねーの?



244 :名無しさんの主張:2006/12/04(月) 04:39:17 ID:aKVvTn3Y
>>242
はい?
フランスは今も昔も有名な農業国ですが?
他も調べてみようか?


245 :名無しさんの主張:2006/12/04(月) 04:40:26 ID:aKVvTn3Y
ってか普通に考えて領土に万遍なく人口が分布された国家規模の状態で、
農耕なくしてどうやって人口維持するんだよw
どこにそれだけの野生動物がいるんだ?


246 :名無しさんの主張:2006/12/04(月) 04:41:00 ID:aKVvTn3Y
ヒント:欧州の主食


247 :名無しさんの主張:2006/12/04(月) 04:42:26 ID:aKVvTn3Y
・・・・・ちょっとまて、ってか欧州の数千年前って?
あんたずっと近代の考え方に犯されすぎ。
数千年前の話ってずっと言ってるんだけどね。


248 :名無しさんの主張:2006/12/04(月) 04:42:39 ID:opNkUIkw
>>243
いや、別に狩猟で人口を維持してこれた民族なら、当然農耕も始めれば維持
できるでしょうし、それらの共同体から商業が生まれない理由もないですよね。
地域間の交易にも発展するでしょう。
小さな規模であっても、必要性から農作物の増産も求められるでしょうし
近代化にともなって機械化すればそれも可能。
で、人口増加と文明開化に農耕が働く役割は大きいということがどうかしましたか?
だからヨーロッパは農耕民族を経たんだ、と?

249 :名無しさんの主張:2006/12/04(月) 04:44:27 ID:opNkUIkw
>>244
ヨーロッパと人くくりにするのは問題でしょうね。

>>245
また摩り替えてる。
農耕がなかった、などと書いていませんよね?


250 :名無しさんの主張:2006/12/04(月) 04:46:15 ID:aKVvTn3Y
だから近代化なんて関係ないっての。
石器時代の話と近代をごっちゃにすんなって。
それに近代化っていうなら逆だろ?
近代化によって生産効率が向上して第一次産業から第二次産業・第三次産業へ移行したんだろーに。


251 :名無しさんの主張:2006/12/04(月) 04:47:18 ID:opNkUIkw
>>247
数千年前といってるのはあなたですよね?
で、人口増加を支えるには、狩猟だけでは限界がある、農耕を始める必要が
ある。
で、どこに農耕主体でなければ人口増加を支えることはできないとかあります?
ましてや、人口維持には農耕主体でなければ、とは書いていないように思いますが。


252 :名無しさんの主張:2006/12/04(月) 04:47:46 ID:aKVvTn3Y
>>249
なら俺も狩猟がなかったなんて書いてないよw
農耕主体を経るって言ってんの。
農耕の生産力によって人口増加と文明開化があったなら、それは農耕が理由だろ?
この質問には答えられないのか?


253 :名無しさんの主張:2006/12/04(月) 04:48:22 ID:opNkUIkw
>>250
何度も言ってるように、商業文化が発達するとともに、必要性から機械化され
、効率的な手法がとられ、その結果が文明開化ということでしょう。

254 :名無しさんの主張:2006/12/04(月) 04:49:37 ID:aKVvTn3Y
>>251
>数千年前といってるのはあなたですよね?
あれ?
なら農耕民族や狩猟民族っていつの時代の話してんだ?

>で、どこに農耕主体でなければ人口増加を支えることはできないとかあります?
ソース出したじゃんw
しかも親切に矢印付きでコピペまでしてやったのにorz
俺のレス真面目に見てないならもうやめるけど?


255 :名無しさんの主張:2006/12/04(月) 04:50:01 ID:opNkUIkw
>>252
つまり、農耕民族化しなければならないということでもなければ、狩猟民族
から、農民が増え、農耕国家とならなければ文明は発達しない、というのは
間違いということですね?

256 :名無しさんの主張:2006/12/04(月) 04:51:18 ID:opNkUIkw
>>254
狩猟だけでは維持できないから、農耕を、という起源の話しか書かれており
ませんが?
どの部分に農耕主体にならなければ、とあります?

257 :名無しさんの主張:2006/12/04(月) 04:54:00 ID:opNkUIkw
狩猟だけでは維持できないからではなくて、狩猟だけでは人口増加を支え
られないから、の間違い。

258 :名無しさんの主張:2006/12/04(月) 04:54:03 ID:aKVvTn3Y
>>255
あんたが農耕民族化ってのをどういう意味で使ってるのか知らんけど、
俺は何度も農耕主体と言ってる。
農民が増えるとか農耕国家なんて一度も書いてない。
やっぱ俺のレス真面目に見てないんだなぁ・・・・


259 :名無しさんの主張:2006/12/04(月) 04:55:24 ID:opNkUIkw
>>258
私が日本人を農耕民族としたときに、狩猟民族と言われるヨーロッパも
日本のような農業国家を経なければ、という趣旨のことを言ったように
思いますが、違いましたか?

260 :名無しさんの主張:2006/12/04(月) 04:55:32 ID:aKVvTn3Y
>>256
同じ意味じゃん。
生活余力がないと商人や職人は生まれないんだから、
文明化には人口増加は必須。
狩猟だけでは人口維持はできても増加はできず、人口増加するには農耕が必須なら、
結果として、文明化には農耕が必須ってことになるな。


261 :名無しさんの主張:2006/12/04(月) 04:56:44 ID:opNkUIkw
>>260
だから、文明化に農耕が必要であっても、農耕民族にならなければならない
ということではないでしょ?

262 :名無しさんの主張:2006/12/04(月) 04:57:27 ID:aKVvTn3Y
>>259
俺はアンカー付けてないよ。
農耕民族という単語が出たから、単純にそんとき思った疑問をレスしただけ。
そしたらあんたが食ってかかってきたんだよ。

173 :名無しさんの主張 :2006/12/04(月) 02:50:28 ID:aKVvTn3Y
そーいえば、日本人は農耕民族で欧米人は狩猟民族ってよく聞くけど、
誰が決めたんだろーな?
農耕による生活余力なくして文明開化がありえないことを考えると、
欧州だって狩猟主流→農耕主流を経てるはずなんだが・・・・



263 :名無しさんの主張:2006/12/04(月) 05:00:01 ID:opNkUIkw
人口の増加を続けるには狩猟だけではだめだと。
ある条件のときには、農耕を始める必要がある。
だから農耕を始めたと。
別にこれは農耕主体にならなければということではないし、農耕主体でなければ
という話であっても、だったら人口増加でなく、人口維持ならば?という話
になる。
文明が開化し、人口が増加するには、農耕が必要だし、交易の必要上農作物の
増産も必要になる。
だから、それは生産効率があがっただけでは?という話。

264 :名無しさんの主張:2006/12/04(月) 05:00:27 ID:aKVvTn3Y
>>261
認識違いすぎるみたいだから先にこっちに返答くれ。
農耕民族や狩猟民族っていつの時代の話してんだ?

>だから、文明化に農耕が必要であっても、農耕民族にならなければならない
>ということではないでしょ?
では、あんたの農耕民族と狩猟民族の定義は?

農耕民族ってったって、元は狩猟してたんだぞ。
時代と定義をはっきりさせないと、なんとでも言える。


265 :名無しさんの主張:2006/12/04(月) 05:02:20 ID:aKVvTn3Y
>>263
>文明が開化し、人口が増加するには、農耕が必要だし、交易の必要上農作物の
>増産も必要になる。
なんども指摘してると思うが、ここが決定的に違う。
全くの逆。
生産余力ができるからこそ人口が増加して、
人口が増加するからこそさらに生産余力ができて、
その生産余力によって生産事業に携わらずに行政や商工業に従事できる人口ができて、
それらによって文明が発達するんだよ。


266 :名無しさんの主張:2006/12/04(月) 05:03:03 ID:opNkUIkw
>>264
狩猟民族というのは、私の最初の文脈の意味では、日本のような農業立国
ではなく、日本との比較で狩猟の割合が高い民族、という意味です。

267 :名無しさんの主張:2006/12/04(月) 05:05:14 ID:opNkUIkw
>>265
だから人口が増加しなければ生産力が上がらないわけではないです。
人口が増えていなくても、商業文化は生まれるし、その発展に伴って
技術が進歩してくれば、生産効率もあがってくる。
そして、より交易が発達し、人口が増加する、ということ。

268 :名無しさんの主張:2006/12/04(月) 05:07:04 ID:aKVvTn3Y
>>266
はい?なんで日本との比較なんだよw
そんなんあんたの勝手な主観じゃんw
なら>>173に対する答えは、
誰が → opNkUIkwが
日本より狩猟の割合が高い民族を狩猟民族
日本と同等かそれ以上に農耕の割合が高い民族を農耕民族
と決めたってことでOK?

そりゃそんな線で話を進めてたならかみ合わないはずだなw
しかも時代設定もないんだしw


269 :名無しさんの主張:2006/12/04(月) 05:08:39 ID:aKVvTn3Y
>>267
>人口が増えていなくても、商業文化は生まれるし、その発展に伴って
>技術が進歩してくれば、生産効率もあがってくる。
だからそれはあんたが勝手にあんたの都合のいいように論点の時代をころころ変えてるからだろ?
すでに国家規模にまで人口増加・発達した時代や集団の話されても無意味って前にも言ってるけどね。


270 :名無しさんの主張:2006/12/04(月) 05:11:03 ID:opNkUIkw
>>268
日本は農耕主体の国だったから、農耕民族で、日本のように農耕主体でなかった
国を狩猟民族という風に言ったわけで、特定の国をどうこういったわけでも
具体的な定義をどうこう言ったわけでもありません。

271 :名無しさんの主張:2006/12/04(月) 05:12:24 ID:opNkUIkw
>>269
それなら、農耕の起源の話をされても困る。

272 :名無しさんの主張:2006/12/04(月) 05:12:45 ID:aKVvTn3Y
俺が数千年前の初期の集団・文化形成期の話だっていってソースまでだしてんだか、
そのタイミングで「そんな時代の話してない」っつってたら話終わってんじゃん。

それから>>262でも書いたけど、俺は単純な疑問をレスしただけで、
別にあんたに指摘・反論したわけじゃないからな。
何を勘違いしたか食って掛かってきたのはそっちだし。


273 :名無しさんの主張:2006/12/04(月) 05:15:43 ID:opNkUIkw
私は、狩猟民族や、中には農耕民族もいたかもしれないが、人口を増加させた
、しかし、人口増加を維持するには限界があるから、農耕を始めたと理解して
います。
そして、人口を維持してきましたが、商業の発展にともなって農作物の増産が
可能になり、人口が増えたんではないか?と。

274 :名無しさんの主張:2006/12/04(月) 05:17:43 ID:aKVvTn3Y
>>273
あのな、
狩猟→牧畜
採取→農耕
へ進展したんだよ。


275 :名無しさんの主張:2006/12/04(月) 05:18:45 ID:opNkUIkw
>>274
それは起源の序列で、狩猟民族から牧畜民族になり、農耕民族へと移行したと
いう話ではないでしょう。

276 :名無しさんの主張:2006/12/04(月) 05:19:38 ID:aKVvTn3Y
はいはい、もういいよ。
どうせ狩猟民族と農耕民族の認識が違うんだし。


277 :名無しさんの主張:2006/12/04(月) 05:20:22 ID:opNkUIkw
>>276
あなたのいう狩猟民族、農耕民族とは?

278 :名無しさんの主張:2006/12/04(月) 05:34:13 ID:aKVvTn3Y
>>277
(連投制限でレスできんかったん)
ないよ。
だから>>173な疑問が出るんじゃん。
強いて言うなら時代設定が必要。
ある時代において、狩猟・採取・牧畜・農耕の中で一番生産量の多い生産方法の集団。


279 :名無しさんの主張:2006/12/04(月) 05:41:17 ID:opNkUIkw
こういう定義もあるようです。
「比較的遅くまで農業を始めず狩で生計を立てていた民族のことを、「狩猟民族」という」

農耕の起源の話では「その場合、狩猟・採集に適した自然条件が無限に存在するなら」
「いつまでもそのような生活をつづけることが可能であろう」とある。
これは逆に言えば、「狩猟・採集に適した自然条件」が、限界を迎えるまでは、人口
増加も可能ということ。
農耕がなければ人口増加を続けることはできないと言っているに過ぎず、農耕が
なければ人口増加は不可能と言っているわけではない。
だったら、数千年前に狩猟・牧畜で生計を立てていた民族が人口を増加させ、ある時期に
農耕を始めたと考えて問題はないでしょう。
しかし、農耕主体でなければと書かれているわけではない。
たとえそうであっても、人口がそれ以上増加しなければ?という話になるだけ。
その増加しなくても、その人口が維持されればよいわけ。
で、商業が生まれ、交易が始められる。
最初は小規模なものだったでしょう。
しかし、それが上手くいっていれば事業を拡大したいと望むのは自然なことで、そのため
には農作物の増産が必要になる。
だから、効率のよい生産方法を生み出して、それが可能になった、と考えて問題はないでしょう。

280 :名無しさんの主張:2006/12/04(月) 06:02:48 ID:aKVvTn3Y
>>279
>「比較的遅くまで農業を始めず狩で生計を立てていた民族のことを、「狩猟民族」という」
ま、中世・近代になって発見された未開拓な狩猟・採取民族がある程度の人口増加と維持でやってけてるしな。
ただそれらのどの民族も文明と呼べるレベルには達してないけどね。

農耕技術を手に入れれば必ず文明化するとは言えないけど、
文明と呼べるレベルに達した文明は必ず農耕技術を手に入れてる。

仮にあんたの説に可能性としてあるとしても、少なくとも現存する文明には至ってないはずだよ。
なぜなら現代文明の元となった民族は農耕を経てて、
仮にある程度まで狩猟だけでやってたとしても、農耕技術を持った文明と接触することになるから。
つまり、あんたの言う狩猟だけで人口増加して文明を持つまでに至った証明はまず無理。
(仮に存在してたとしても、証明するのはまず無理ってことな)
干渉を受けなかったネイティブアメリカンやオーストラリア原住民・アフリカ内陸部の
狩猟・採取民族が文明を持ててればひとつの証明になってただろうけど、
現実はそうじゃないし。
少なくとも俺は知らない。


281 :名無しさんの主張:2006/12/04(月) 06:24:23 ID:opNkUIkw
>>280
農耕をはじめて人口増加が可能なら、それまで人口を増やしていた民族が農耕をはじめ
、人口を増加させるのではなく維持していた場合、その民族は必要に応じて余剰生産が
可能じゃないでしょうか?
私が言ってるのは、狩猟だけで文明を築くということではなく、古代に人口を増やした
民族国家が、商業の発展とともに、農業の生産効率をあげた結果交易の規模が大きく
なり、その結果人口が急増したのでは、と。



282 :名無しさんの主張:2006/12/04(月) 18:10:56 ID:D4f4uHrY
本日も僕は君が代を聞きました。5回聞きました。
心の奥底から日本の歴史を伝統を先人の偉業を感じる事ができ
一日の大いなる活力となりました。

283 :名無しさんの主張:2006/12/04(月) 18:15:54 ID:D4f4uHrY
本日も僕は君が代を聞きました。
心の奥底から日本の歴史や伝統や先人の偉業を感じる事ができ
一日の大いなる活力となりました。

284 :名無しさんの主張:2006/12/04(月) 20:42:14 ID:???
     :/\___/ヽ .
   ..:/''''''   '''''':::::::\:
   :.| (◯),   、(◯)、.:|:
   :.| " ,,ノ(、_, )ヽ、,,"".::|:   
   :.|   ´,rェェェ、` .:::::::|:   
   :.\  |,r-r-|  .:::/ 
アホな愛国心を強制してるのは、日教組。
    ↓
    ↓
【国内】日教組・全教が支配する学校の卒業式で、日本国旗の代わりに「韓国旗」が! [06 12/1]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1164990995/l50

285 :名無しさんの主張:2006/12/05(火) 02:47:18 ID:fBv+rfxV
日教組のやっていることはもはや教育ではなくて、政治活動ですね。

286 :名無しさんの主張:2006/12/05(火) 02:51:53 ID:YNukxzE9
そんなもん、昔からわかっていること。
社保庁と同様、すぐに解体しないとヤバイ

287 :名無しさんの主張:2006/12/05(火) 02:56:17 ID:fBv+rfxV
同意。

288 :名無しさんの主張:2006/12/05(火) 08:25:03 ID:skR/nsG7
戦前の修身を復活させろ 親や老人を大切にすることを教える修身を

289 :名無しさんの主張:2006/12/05(火) 11:04:26 ID:GDmAqcjx
>>160
躾も大事だけれど、それ以前に愛情も大事なんだね。
親の要求を満たさなければ、親の望む子供像を演じなければ愛してやらないという、
条件付きの愛情じゃなくて、ありのままの子供の姿を受け入れること。
甘やかしすぎるとわがままになることは当たり前だけど、厳しすぎても自己愛が歪む。
自分を受け入れてもらえないという思いを抱いて育つと、
他人からなんとかして受け入れてもらう(受け入れさせる)ことばかり考えて育つようになって、
他者や共同体との関わりが依存になるんだね。
本当に自立した人間とは、社会性はきちんとしているが、
自分の人生は自分で決めて進んでいく人のこと。
今の親は、他人に対する思いやりや公共マナーよりも、
子供の人生を親の思い通りにしようとすることに重きを置いて育てている親が多い。
今の子供達は、一見甘やかされているように見えるけど、自分の居場所が無い子供が多い。
甘やかしっていうのは、子供に、いつまでも自分のいうことをきく、
可愛い赤ちゃんでいてほしい、ってことで、条件付きの愛情なわけ。
ありのままの子供を愛しているわけじゃないんだよね。

290 :名無しさんの主張:2006/12/05(火) 11:26:52 ID:59oGd2gT
>>289
ありのままの子供を愛して育てている立派な親もいる。
たとえば子供が知的障害者の場合に親はありのままの子供の現実を受け入れるしかない。
親が子供に対して躾けが厳しいというのは、それはそれで五体満足な子供へ期待しているからおこる行動だと思う。

291 :名無しさんの主張:2006/12/05(火) 12:27:30 ID:FznRQOZK
片山が民主党が共産党と組んだと非難していたな
分断統治だと言えばすむ話だけど
テレビでだからなー見え方まで考えなければならないのが
テレビ政治家の辛いところなのだろう

292 :名無しさんの主張:2006/12/05(火) 22:11:41 ID:XQpk16Iy
「教育の論理はまさしくストーカーの論理です」by内藤朝雄

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4760120882
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4876721041/

「本来子どもたちは学校を愛しているはずです。
 学校という共同体の中にあってこそ、子どもたちは至高の喜びを感じるはずなのです。
 それなのに、今子どもたちは学校を全然愛そうとはしていません。これはどうしたことでしょう。
 これはゆきすぎた経済の論理が子どもたちを堕落させているからだと思うのです。
 消費社会の欺瞞が、子どもたちを学校から遠ざけているのです。わたしは社会に怒りを感じます。
 消費社会のめくらましから切り離すことができれば、子どもたちは自発的に学校を愛するようになるでしょう。
 学校の中で友だちと共に学び共に育つことこそ子どもたちが本来あるべき姿なのです。」

「本来彼女は僕のことを愛しているはずだ。僕との理想の愛を生きてこそ、彼女の本当の幸せがあるのだ。
 それなのに、彼女は僕を全然愛そうとはしないじゃないか。これはどうしたことだ。
 あの男が彼女を堕落させているんだ。あの男のうわべだけの優しさが彼女を真の愛から遠ざけているんだ。
 あの男が憎い。あの男さえいなくなれば、彼女は自発的に僕を愛するようになるだろう。
 僕の部屋の中で僕と一緒に熱い愛をはぐくむことこそ彼女の本来あるべき姿なのだ。」

293 :名無しさんの主張:2006/12/06(水) 02:13:38 ID:oX+rf2Nq
>>288
もしそういう意味でないなら申し訳ないが、愛情を注ぐことと、間違いを
正さず叱らないというのは違いますね。
道徳というのは幼児期の親の影響によって原型ができるもので、それが
人格の土台となって一生付きまとう。
その道徳というのは、やってはいけないことをやった時に親が叱り、子供
が「親の愛を失うかもしれない」とネガティブな感情を持ち、その行為の
記憶とその感情が結びつくことで形成されるものですから。
理屈だけの道徳論だけでは、ものの考え方が変われば、道徳観も変わる
可能性があるけど、幼児期に躾けによって生まれた道徳観は、良心は、たと
え理屈で悪くない、と考えていても、その行為に不快感を催したりする。
いくら哲学や思想をこねくり回して、殺人は悪ではないと考えるに至って
も、幼児期にしっかりした育て方で道徳の基礎ができていれば、やはり
自分が殺人を犯したときのことを想像すれば不快感を覚える。
ありのまま受け入れる、というのは、何があっても見捨てない、たとえ一時的
に子供に嫌われてでも、一人前に育てるという覚悟のことではないかと。

294 :名無しさんの主張:2006/12/06(水) 02:16:52 ID:oX+rf2Nq
それと、関係ないですが、今日22時のNHKラジオの報道番組で、「川村教授」
という人が行った調査のことを報じてました。
途中から聞いたので、詳細はあれですけど、その内容は、規律、秩序の乏しい
クラスは、そうでないクラスよりもイジメの起こる率が二倍から三倍高いそうだ。

295 :名無しさんの主張:2006/12/06(水) 02:22:51 ID:oX+rf2Nq
幼児期に道徳の基礎、良心の基礎が生まれるというのは心理学でいう超自我の
ようなものですが、たとえば私は神や霊魂を信じてはいません。
でも、お墓を蹴るとかそういうことはしたくないし、そのような行為には不快感
を覚えます。
頭では墓など無意味なものだし、生きているものの満足だけのために存在する
と考えていますが。
道徳観というのは、そういうものだと思います。

296 :名無しさんの主張:2006/12/06(水) 02:33:04 ID:oX+rf2Nq
愛情に基づく躾けと、思い通りにしたいというエゴから叱りつけるのとでは
意味が違いますし、後者はおっしゃる通り人格の歪みの原因になりますね。
逆に、子供の主体性や自由の名の下に放任するのも同様。
オウムの事件のとき、学生がオウムに入信した理由で多かったのは、麻原と
あったとき、叱りつけられ、自分のことを真剣に考えてくれてると感じた
から、親にも叱られた記憶がないのに、という意見。
また、ある大学教授の話で、講義の途中おしゃべりをやめない学生がいて
、退出させたそうですが、後から学生たちがやってきて謝罪した。
その学生たちの話では、これまでの学生生活の中でも同じような授業中の
おしゃべりをやって来たが、叱られたのは初めてだとのこと。
これは、まだ今のように学級崩壊が話題になる前の話だったと思います。
親や教師に限らず、大人が子供を叱らなくなりましたね。
まあ、街中で素行の悪い子供を注意して刺されるのは嫌ですから仕方がない
かもしれないが。

297 :名無しさんの主張:2006/12/06(水) 05:39:06 ID:???
朝鮮学校で日本人は殺しても良いと教えるのはやめなさい

298 :名無しさんの主張:2006/12/06(水) 10:58:18 ID:XXz5HJBl
>>293-296
もちろん、そういう意味ではないよ。
例えば、子供が万引きをしてしまった場合、
事態をうやむやにしようと寡作した挙句、子供には「親に恥をかかせないで!」
などと叱ったりする親は、子供と向き合ってないんだね。
きちんと店に謝りに行かせ、警察にも行って、自分のしたことの責任を取らせ、
でも、子供に「お前のことを見捨てない」というメッセージを送ることだと思うよ。
何があっても見捨てない、という覚悟は、子供に伝わっていないと意味が無い。
依存的な親ほど、見捨てるという脅しを使って子供を操ろうとするからね。

そのおしゃべりしていた学生やオウムに入信した学生たちは、
叱られないで甘やかされていたのかもしれないけど、
自分に本当に向き合ってもらえない寂しさを抱えていたんだろうね。
寂しさを抱えているときは、相手が大学教授だったらいいけど、
怪しい宗教家だったりしたら、簡単に騙されるね。

299 :名無しさんの主張:2006/12/07(木) 02:11:44 ID:qvpiP1Qg
>>298
自分の体裁ばかり考えて、子供にとってどう行動するべきか
という発想が全くない親ですね。
子供を育てるというのは、ある種の戦いでもあるから、本気ならその
気迫が子供にも伝わるし、絶対見捨てない、何が何でも立派な大人
にするという思いも伝わりますね。
しかし、問題があるからと言ってすぐ施設に預けるだとかいう
親には、その覚悟や気迫のようなものが感じられない。
それはつまり、子供にとっては愛が感じられない、となるでしょう。
まあ、その人その人色々事情もあるんでしょうけど。

300 :名無しさんの主張:2006/12/07(木) 05:36:57 ID:W6Z6haC7
戦前の日本を連想させて愛国心を嫌う気持ちは解るが、
嫌国心を持つ人間が増え過ぎの印象もある。
犯罪の増加もその現れの一つ。
これは困る。今は国を選べる自由な時代だ、
嫌いなら他国へ行ってもらいたいもの。

301 :名無しさんの主張:2006/12/07(木) 08:29:22 ID:mF618+OL
人間は、まず親からありのままの自分を認められて、
自分で自分自身を認められるようになるんだね。
親の都合のいい子でなくては愛されないという環境に育った子供は、
ありのままの自分では他者からは愛されないと思ってしまうし、
自分でもありのままの自分自身を認められない。
いい人を演じていないと、あるいは特別な存在にならないと、
他人からも自分自身でも認められないという思いを抱いている。
そういう人たちは、親に認められるという過程が抜け落ちてしまっているから、
大人になっても、子供時代の親から認めてもらわなければ自信がもてない状態にある。
だから、親代わりの、自分を認め、理解し、
自信を持たせてくれる存在を探してその対象に依存する。
地位や肩書きに固執したり、他者に自分を認めることを強要したり、他者を支配したり逆に服従したり、
素晴らしい人の知り合いになったり、素晴らしい集団の一員になることで、
なんとかして自分に自信を持とうとしたりするんだよね。

302 :名無しさんの主張:2006/12/07(木) 08:38:37 ID:mF618+OL
 しかし、人はそう簡単に絶望しきれるものではありません。
「オレは、もうダメなんだ」と思っても、それでも、すがりつく物を必死に求めたりするのです。
そして、裏切らずに私のことを分かってくれるような、
まがい物の理解者を見つけだしたりするのです。
たとえば、焼酎を胃に流し込めば、酔いが回ってきて、沈んだ心が少しは癒されるのです。
注射器で覚醒剤を静脈に流し込めば、一時の快楽を得られるのです。
アルコールや薬物は、確実に分かってくれるのです。
誰も自分のことを理解してくれなくても、薬物は自分の心に直接働きかけて、
いっときの慰めを与えてくれるのです。
見捨てられた人たちにとっては、もはや、こういう物しか、
分かってくれて、慰めてくれる人がいないのです。

 人によっては、ギャンブルにのめり込んで、
運命の女神に自分のことを分かってもらおうと、必死になったりします。
そして、目の前のパチンコ台が、突然七色の光を点滅させて、
華々しい祝福のファンファーレを鳴り響かせたとき、まさにこの時こそが、
自分のすべてを分かってもらえた瞬間なのです。
なかには、性行為にのめり込む人もいます。
妖しげな官能の刺激と性的な興奮、そして、イク時の快感だけが、
自分のことを分かってくれるのです。
行きずりの人と裸で抱き合って、体がひとつに繋がっているときだけが、
誰かに分かってもらえるときなのです。
ttp://homepage1.nifty.com/eggs/sikou/daremo1.html

自分がない人にとっては、こういうのが自分を認めてくれる『親代わり』になったりする。
人によっては、他者や共同体に親代わりを求めたりする。
でも、こういう関わり方は健全じゃない。愛ではなく依存。
自分でコントロールして一線を引いて付き合わないといけないんだね。
酒やギャンブルや性行為も、自分でコントロールして一線を引いてやれば問題ない。

303 :名無しさんの主張:2006/12/08(金) 02:14:25 ID:XtpZB3Ag
たとえば援助交際する子など、人に迷惑をかけてるわけじゃないし
見つからなければいい、と考える子が多い。
理屈で考えると悪いことをしてるとはいえないし、実際その通りかも
しれない。
人間には必要な「商売」だとも思う。
親になぜ隠すのかと言えば、知られれば怒られるから。
自分の体裁ばかりを気にして、子供を従わせようとする親に育てられる
と、子供は親の前でいい子にしておけばいい、と感じるようになる。
道徳というのを、理屈で、頭で理解しているだけではこのように
なってしまうんですよね。
しかし、親が真剣に育て、躾けていれば、その「よくない行動」と
「親の愛を失うかもしれない」という感情が一つになって定着する。
だから、頭で援交の何が悪い?と考えていても、やはりそのことに
良心の呵責が生まれる。
以前、朝まで生テレビで、そういったテーマの時がありましたけど、
観客の女子高生などで多かった意見が、「悪いことだと思わないし、
人に迷惑をかけていないならやるのは自由だと思う。でも自分はしない」
というものでした。
これなどは、頭で考えた結果、援交は悪いとは言えない、と結論して
いるのに、心の道徳面、感情が拒否をしているあらわれだと思いました。


304 :名無しさんの主張:2006/12/08(金) 02:21:24 ID:XtpZB3Ag
また、親が真剣に子供のことを考えず、ただ叱り続けているだけなら
その子供はそれを感じるし、そのうちに「親の愛を失うかもしれない」
ではなくて、「親の愛などないし、失われてもいい」となる。

305 :名無しさんの主張:2006/12/09(土) 02:10:42 ID:yukWyA9M
市民には社会や共同体に頼ってはいけないことと、頼ってもいいこと
、権利としてそれが認められていることがありますよね。
その権利が認められるのは、社会や共同体に対する義務や責任を果たして
いるからなんだけど、公の領域と個の領域のけじめをつけていない人と
いうのは、公の領域に個人がはみ出したり、個人の領域に公が侵入したりする。
たとえば、家の中と同じように公共の場で騒ぐというのは、家族の目線と他者
の目線を同様のものと認識していて、これは他者に対する甘えであり、無自覚の
依存ですよね。
逆に、個人の領域であるのに、周囲と同じでないと不安、同じだと安心すると
いうのも心理的依存。
これらは、公と個の領域が意識の中で曖昧にされてるから生じるわけで、この
点市民社会の本場でははっきりしている。
欧米などでサービス残業などあり得ないのは公私のけじめがついているからでしょう。
だから、個人的な権利の認めら得る領域では他者、公を意識しない。
このけじめをつけず曖昧にするというのは、日本人の生活から生まれた知恵だと
思うし、それが役に立った場面も多々あったと思いますが、そういう時代でも
ないですしね。

306 :名無しさんの主張:2006/12/09(土) 22:34:10 ID:MgRspNbP
政府法案の今国会における採決を阻止し、法案の徹底審議を実現するために「【ア
ピール】公述人・参考人として教育基本法案の徹底審議を求めます」への市民緊急賛
同署名を始めます

西原博史(早稲田大学教授)・廣田照幸(日本大学教授)・藤田英典(国際基督教大学教授)

【1】私たちは、12月6日に公表した「【アピール】公述人・参考人として教育基本
法案の徹底審議を求めます」の呼びかけ人です。
 私たちは、多くの問題を抱えた政府法案の今国会での採決を阻止し、政府法案の徹
底審議を実現するために、この【アピール】への市民の方々からの賛同署名を広く募
り、国会に提出することを決意いたしました。
 多くの市民の方々は、「何かおかしい」と思いながら、自分の声を国会に伝えるこ
とができず、もどかしさや、歯がゆさを感じていると思います。私たちは、この【ア
ピール】を、多くの市民の方々が持っているはずのこのような思いを国会に届けるた
めの媒介にしたいと考えました。
 今こそ、職業の壁を越えた市民と研究者との間の広い共同を実現し、「法案を採決
するのではなく、その徹底審議を!」という広範な声を国会に強力に伝えるべきだと
思っています。
【2】そこで、教育基本法「改正」情報センターの協力を得て、電子署名により、私
たちが呼びかけ人となった【アピール】への市民の賛同署名を集め、国会にそれを提
出することとしました。
 情報センター(http://www.stop-ner.jp/ )のHPからアクセスして、所定のフォーム
http://www.fleic.dyndns.org/cgi-bin/appeal1206.cgi )に入力すれば、署名を
することができます。署名の第1次集約を13日(水)午前10時とします。同日午後に
参議院教基法特別委員会委員に手渡しする予定です。
【3】電子署名の期間は限定されています。至急署名をしていただき、できるだけ多
くの方にこの緊急署名をお知らせいただけるようお願い申し上げます。可能な限り多
くの市民の方々の声を、私たちの【アピール】とともに国会に届け、今国会における
政府法案の採決を阻止したいと考えています。
 皆様のご協力を心からお願い申し上げます。


307 :戦いに御協力お願いします!:2006/12/09(土) 23:04:27 ID:NJ73lRj8
東亜板に廃止論を展開しよう!

今東亜板は記者の内輪揉めで荒れています!
今こそ東亜板を廃止に追い込みましょう。

1、自治スレに「廃止しようぜ」や「潰れても誰も困らない」などと宣伝しましょう。
2、様々なスレで同様の宣伝や、記者の仲違いを指摘しましょう。

ご協力を!

308 :名無しさんの主張:2006/12/10(日) 02:07:57 ID:VdgjHH4e
西原博史教授は週刊金曜日の類など左翼市民運動団体でひっぱりだこ
DATE:2006/09/26(火) 14:24 CATEGORY:左翼批判
西原博史教授は、いわゆる朝日・岩波文化人の一人として、学校現場での
国歌斉唱問題を「強制」と断ずる立場から、部落解放関係の機関紙とか、週刊
金曜日の類など左翼市民運動団体でひっぱりだこ
 以下はhttp://plaza.rakuten.co.jp/goaheadgo/diary/200609250000/より。
西原博史のこと、そして早稲田大学での自治会活動の現状が良く分かる記事であった。

世間ではリベラル左翼でも、大学内では独裁主義者?
http://medialiteracy.blog76.fc2.com/blog-entry-49.html


藤田英典 この人も岩波文化人
佐伯胖・黒崎勲・佐藤学・田中孝彦・浜田寿美男・藤田英典編『岩波講座 現代の教育――危機と改革』
(全一三巻)岩波書店、一九九八年
こんなことを言ってるそうです。

藤田英典(国際基督教大学教授)
「愛国心の評価に対して、子供たちの競い合いが起こる危険性がある」

大村レポーター
「オレのほうが国を愛している。お前はイマイチだ。このようにしてあらぬ方向に
愛国心が一人歩きする危険があるという懸念をお持ちです」

309 :名無しさんの主張:2006/12/10(日) 05:35:40 ID:rzaGxZ2B
我々の注意すべき点はウヨを装った
保守反動の組織的書き込みである。
これは『デマ』と『悪意』に満ちた意図的なプロパガンダである。
今度は我々の反撃でそれを粉砕しなければならない。
日常的にその意味では我々は良く訓練し連帯しなければならない。
ここには上司も上級機関もない自由な表現の場でもある。


310 :名無しさんの主張:2006/12/11(月) 02:07:29 ID:ez4LIZhX
共産党員あらわる?

311 :名無しさんの主張:2006/12/14(木) 19:25:29 ID:???
都合が悪い事は何でも共産党の所為にすれば、
どんなに馬鹿馬鹿しい事でも国民の支持が得られると言う法則が有るんだよねw

312 :教育基本法改悪:2006/12/14(木) 19:36:10 ID:???

教育基本法を巡るタウンミーティングで改悪に都合が良いヤラセ質問をさせて
世論操作をしていたことが発覚したが、経費が水増しされ裏金が作られていたことも明らかとなった。
ヤラセ質問の様に不正が行われる時には、決まって公金横領や裏金作りがされる。
不正を知っている者がドサクサ紛れに上が悪い事をしているから自分もやっても大丈夫だろうと言う
考えから経費の水増し、架空請求をして横領を働くのだろう。
同時に、ヤラセ発言者への謝礼を捻出する為に裏金が作られる。
ヤラセ発言、公金横領、裏金作りと言った不正によって改悪された教育基本法は、不正そのものな訳だが、
その不正によって教育される子供達は正に不正の産物そのものだ。
そうしてこの国は上から下まで不正に満ちた国になって行く。

日本、終わったなw


安倍首相は、その責任の取り方として自分の給料を3ヶ月分返納するそうだが、
一国の行く末に関する不正に一個人が僅かな額を返納して済む話じゃないだろう。
それもまた誤魔化しだね。


313 :名無しさんの主張:2006/12/15(金) 00:32:06 ID:C8f5hvq8
今、マスコミや民主・社民が「タウンミーティングのやらせ問題」でやたらとわめいて、
教育基本法改正に絡めて政府批判を繰り返してるのって、これがばれたら困るからなんじゃないの??

――――――――
タウンミーティング・・・・世論操作と税金

 政府はひとつ隠しているね。
 この計上予算には、地元マスコミへの対策費がある。地元新聞、
 地元テレビ局、地元業界紙・・・ミニコミ誌対策もはいっているか? 

 あと、市民団体を名乗っている、極左団体対策費。これは、地元警察との
 連携でおこなわれるのだけど、一時、タウンミーテイングで、プロ市民系が、
 わさわさ押しかけて、極左教条主義的な質問をくりかえして、
 タウンミーティングそのものが、乗っ取られそうになった。

 ま、日本的な傾向として、普通の市民は、そんな面倒なところにいって発言したり、
 質問したりしない。政府にいわせると、そんなとこに駆けつけて、わざわざ質問するのは、
 意識ある市民で、ノイズイ・マイノリティーで、これは政府からみると目障り。
 サイレント・メジャリティーこそが、政府の支持層ということなんだろう。
――――――――



314 :名無しさんの主張:2006/12/15(金) 01:30:49 ID:KN+Hwjcu
>>311
共産主義者以外で「反動」なんて間抜けな言葉使ってる
やつっているのかい?

315 :名無しさんの主張:2006/12/15(金) 01:32:53 ID:KN+Hwjcu
>>312
悔しそうだね(笑
タウンミーティングのようなネガティブな事件があってすら通って
しまうし、それを批判しても国民の支持を得られない野党って…

316 :名無しさんの主張:2006/12/15(金) 01:36:57 ID:KN+Hwjcu
>>313
タウンミーティングでヤラセをやった=教育基本法は悪い!って必死に
なってるのが、みてて憐れではあるよね

317 :名無しさんの主張:2006/12/15(金) 01:43:30 ID:KN+Hwjcu
だいたい、教育基本法改正反対とか言ってる奴って、こんなのばっかなのは何故?

高橋哲哉
辻元清美らが主宰するピースボートの水先案内人。2004年(平成16年)、NPO「前夜」を立ち
上げ、雑誌『前夜』を創刊。

コリアNGOセンター専門委員。
なおコリアNGOセンターの入会資格は「会員とは国籍を問わず、日本に居住するコリアンで
あればどなたでもなれます」ということで、高橋哲哉の出自が朝鮮半島に遡ることが出来る
ことが確認されている。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E6%A9%8B%E5%93%B2%E5%93%89


小森 陽一(こもり よういち、1953年5月14日 - )は、東京都出身の日本文学者。専攻は、
近代日本文学、構造主義記号論。

日本共産党党員の父親の仕事で、幼少期、中学時代までチェコスロヴァキアのプラハで過ごす。
CS放送朝日ニュースターの番組で、「靖国神社はカルト」と発言し、同神社を支持する人々か
ら批判を浴びた。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E6%A3%AE%E9%99%BD%E4%B8%80



318 :名無しさんの主張:2006/12/15(金) 01:44:14 ID:KN+Hwjcu
西原博史教授は週刊金曜日の類など左翼市民運動団体でひっぱりだこ
DATE:2006/09/26(火) 14:24 CATEGORY:左翼批判
西原博史教授は、いわゆる朝日・岩波文化人の一人として、学校現場での
国歌斉唱問題を「強制」と断ずる立場から、部落解放関係の機関紙とか、週刊
金曜日の類など左翼市民運動団体でひっぱりだこ
 以下はhttp://plaza.rakuten.co.jp/goaheadgo/diary/200609250000/より。
西原博史のこと、そして早稲田大学での自治会活動の現状が良く分かる記事であった。

世間ではリベラル左翼でも、大学内では独裁主義者?
http://medialiteracy.blog76.fc2.com/blog-entry-49.html

藤田英典 この人も岩波文化人
佐伯胖・黒崎勲・佐藤学・田中孝彦・浜田寿美男・藤田英典編『岩波講座 現代の教育――危機と改革』
(全一三巻)岩波書店、一九九八年
こんなことを言ってるそうです。

藤田英典(国際基督教大学教授)
「愛国心の評価に対して、子供たちの競い合いが起こる危険性がある」

大村レポーター
「オレのほうが国を愛している。お前はイマイチだ。このようにしてあらぬ方向に
愛国心が一人歩きする危険があるという懸念をお持ちです」


319 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/12/15(金) 01:45:36 ID:cDyodnkL
タウンミーティング指示した人はクビになってんのかな?

320 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/12/15(金) 01:47:42 ID:cDyodnkL
間違えた。
やらせ質問だった。

321 :名無しさんの主張:2006/12/15(金) 01:50:50 ID:KN+Hwjcu
指示したのが誰なのか特定済みなのかね?

322 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/12/15(金) 01:53:00 ID:cDyodnkL
指示したのが誰なのかは簡単に調べられそうなもんだが。

323 :名無しさんの主張:2006/12/15(金) 01:54:57 ID:KN+Hwjcu
その気になればわかるだろうね

324 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/12/15(金) 01:57:46 ID:cDyodnkL
その気にならないから調べられないか。
グルか。

325 :名無しさんの主張:2006/12/15(金) 01:59:31 ID:KN+Hwjcu
グルって、最初から自民党がやったんじゃないのか?

326 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/12/15(金) 02:02:31 ID:cDyodnkL
安倍さんは庇う立場にあるのかな。

327 :名無しさんの主張:2006/12/15(金) 02:04:58 ID:KN+Hwjcu
さっき誰かが指摘したようなことを内心理解してるからじゃないか?

328 :名無しさんの主張:2006/12/15(金) 02:05:36 ID:???
党?
行政がやったんなら仕掛人も当事者も官僚・公務員だろw
大方行政に都合の良いように法改正させるために官僚が作った法案に、
議員・国民に対して説得力持たせるためにやらせミーティングやったんだろ。


329 :名無しさんの主張:2006/12/15(金) 02:07:06 ID:KN+Hwjcu
ミーティングを主催したのは誰?

330 :名無しさんの主張:2006/12/15(金) 02:08:44 ID:???
内閣府

331 :名無しさんの主張:2006/12/15(金) 02:10:09 ID:KN+Hwjcu
自民党は絡んでなかったの?

332 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/12/15(金) 02:12:08 ID:cDyodnkL
ま要するに、国民なんて簡単に操れるものだって舐められてるんだな。

333 :名無しさんの主張:2006/12/15(金) 02:12:43 ID:???
知らん
ってか行政のやることに党が絡めるのか?


334 :名無しさんの主張:2006/12/15(金) 02:12:52 ID:KN+Hwjcu
いったい誰がどう操られてるのか教えてくれる?

335 :高級焼肉学校:2006/12/15(金) 02:16:14 ID:m/UiCmXh
みんな日本が嫌いなら北に行こう!

336 :名無しさんの主張:2006/12/15(金) 02:16:18 ID:???
・議員が官僚に操られてる
・国民がマスコミに操られてる
・官僚が議員を通じてうその情報をマスコミに流せば
 ある程度官僚が世論を操ることもできる

だいたい議員が官僚使わないと仕事できないってのがおかしいんだよ
公務員の賃金大幅カットして議員に20〜30人くらいの専門家スタッフを付けて
行政の監視の立法作業を官僚抜きにできるようにすべきだろ
ま、贅沢過ぎる議員宿舎には大反対だけどw


337 :名無しさんの主張:2006/12/15(金) 02:17:02 ID:???
公務員の賃金大幅カットして議員に20〜30人くらいの専門家スタッフを付けて

公務員の賃金大幅カットして
浮いた税金で議員に20〜30人くらいの専門家スタッフを付けて


338 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/12/15(金) 02:17:08 ID:cDyodnkL
>>334
国民が権力者の思い通りに操られるに決まってるじゃないか。
何を今更。

339 :名無しさんの主張:2006/12/15(金) 02:17:31 ID:KN+Hwjcu
事実関係がはっきりしたような問題なら世論誘導はできないな

340 :名無しさんの主張:2006/12/15(金) 02:17:46 ID:???
行政の監視の立法作業を官僚抜きにできるようにすべきだろ

行政の監視と立法作業を官僚抜きにできるようにすべきだろ

ミスだらけだw
ってか大きくスレ違いになったなwスマソ


341 :名無しさんの主張:2006/12/15(金) 02:18:33 ID:KN+Hwjcu
>>338
この場合、どう操られてるか言ってくれるか?

342 :名無しさんの主張:2006/12/15(金) 02:19:34 ID:???
>>339
そりゃそうさw
だから問題になることもあるんだし。
でも行政機関しか持ってない情報は行政機関を通じてしか事実関係なんてはっきりさせられない。
年金問題だって官僚の議員に対する報告はうそばっかだったしな。
議員はうその報告を間に受けて法律作るんだからどーしょもない。



343 :名無しさんの主張:2006/12/15(金) 02:20:43 ID:KN+Hwjcu
>>342
年金問題は政府の公表するデータが怪しいという情報が出てきたから
国民は信じてないよね?

344 :名無しさんの主張:2006/12/15(金) 02:24:26 ID:???
>>343
例え話にピンポイントで突っ込まれても困るなあ
それに「政府の公表するデータが怪しいという情報が出てきた」ってことが、
うその報告を平気でする体質を証明してるんだし。
そして現状では議員は官僚通してしかほとんど仕事ができないんだから>>336にすればいいと。


345 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/12/15(金) 02:24:43 ID:cDyodnkL
>>341
332では、権力者が国民を簡単に操れると舐めてかかってることを
問題にしてるんだろうに。
この場合は失敗したのさ。
ちょっとした失敗さ。
次からは分からないようにうまくやるってさ。
何しろ、国民なんて操れるものなんだからな。
意味わかるだろ?


346 :名無しさんの主張:2006/12/15(金) 02:27:20 ID:KN+Hwjcu
>>334
官僚が政治家を動かしているのはそうだが、国民が簡単に操作される世論誘導
できるというのは違うだろ

>>345
だったら、簡単に操れるってことさ、って発言はおかしいだろ
そもそも、国旗国歌の法制化に賛成した国民なんだから、そんな操作
が必要だとも考えんだろうし

347 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/12/15(金) 02:28:58 ID:cDyodnkL
何しろ、国民がどこに投票するかも分かってるからな。
ほぼ思った通りに投票するものだからな。
誰それを当選させよう、誰それは落とそう、と思えばでき
ちゃう選挙だからな。
実に愚かなもんだ。
選挙の意味ねえな。

348 :名無しさんの主張:2006/12/15(金) 02:30:14 ID:???
>>346
簡単にとは言ってない。
ある程度って言ってるんだよ。
実際に操られてたら操られてることに気づいてないんだからわかるわけもなく、
操られてるor操ろうとしたというのは事が発覚して初めてわかる。

で、実際にうその報告を平気でしてるってことは、その意思があることの証明で、
そのうそがばれてなければ気づいてないだけである程度操られてる可能性があるってこと。


349 :名無しさんの主張:2006/12/15(金) 02:30:22 ID:KN+Hwjcu
そんなことができるならとっくに政権交代してるさw

350 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/12/15(金) 02:32:40 ID:cDyodnkL
>>346
国民はちゃんと操作されてくれてるから公務員に甘い制度になってんじゃん。
権力者の地位をまったく脅かすことなく言うこと聞いてくれるんじゃん。
選挙システムに疑問を抱かない国民のお陰で、皆に選ばれた権力者に
なってんじゃん。
ちょっとしたところでミスは許しても、肝心なところは操作されてんじゃん。


351 :名無しさんの主張:2006/12/15(金) 02:32:41 ID:KN+Hwjcu
>>348
官僚が政治家を操作する理由は双方にいろいろな利害が絡んでるんだろうね
しかし民主国家では政府に都合のいい情報だけを流そうとしても、まあ困難

352 :名無しさんの主張:2006/12/15(金) 02:33:39 ID:KN+Hwjcu
>>350
公務員に甘くなってなどないだろ国民はw
批判されまくりだ
全然世論誘導などできてはいない

353 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/12/15(金) 02:35:16 ID:cDyodnkL
いざとなれば、政権争いパフォーマンスで国民の気を引くのさ。
いざとなれば、政権交代させるのさ。
そして、自分達の地位や報酬は確保されるのさ。

354 :名無しさんの主張:2006/12/15(金) 02:36:07 ID:KN+Hwjcu
政権交代などいつでもできるけど、いまはしないのかw

355 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/12/15(金) 02:36:56 ID:cDyodnkL
>>352
批判くらいいくらでもしてくれってさ。
厳しく批判してくれってさ。
ただ、夕張のように、破綻目前であっても過去最高のボーナスは
頂くってさ。
どっちが賢いんだよ。

356 :名無しさんの主張:2006/12/15(金) 02:38:39 ID:KN+Hwjcu
>>355
どっちが賢いとかいう問題じゃないだろ
全然操作されてもいないし、世論誘導などできてないって話だろ
国民はタレントのゴシップ程度の興味しかないし、国家のことなん
てどうでもいいんだよ

357 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/12/15(金) 02:38:45 ID:cDyodnkL
>>354
権力者達にとってみればする必要ないじゃないか。
政権交代すると自分達に何かいいことあるか?
国民の批判が向くだけだろ。
ま、批判くらい受けるつもりなんだろうが。

358 :名無しさんの主張:2006/12/15(金) 02:39:41 ID:KN+Hwjcu
>>357
与党には可能で野党には不可能な「方法」でやるわけだな?w

359 :名無しさんの主張:2006/12/15(金) 02:41:26 ID:???
カスホモ、今日も頑張ってるな藁

360 :名無しさんの主張:2006/12/15(金) 02:41:59 ID:KN+Hwjcu
権力者にとっては世論誘導などできるわけじゃないから、選挙では無党派
層には寝ててほしいというのが本音だ

361 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/12/15(金) 02:42:00 ID:cDyodnkL
>>356
操作されてないって言うなら税金の無駄使い止めてみれば?
官僚の天下りとめてみれば?
破綻するような市のボーナス止めてみれば?
止めてから言えば?
操作されてるかどうかなんて結果で判断するに決まってるだろうに。

362 :名無しさんの主張:2006/12/15(金) 02:43:12 ID:KN+Hwjcu
>>361
操作されてるなら批判などしないだろw
それに批判があるから官僚の優遇処置を見直す動きが出てるんだろ

363 :名無しさんの主張:2006/12/15(金) 02:44:21 ID:???
>>352
なるほど、公務員だったのか。
「ある程度操作されてる」って表現に対して
「俺は操作されてない」って立場で反論してるのかと思ってたから、
なんで>>348で俺の言ってること理解できなんだって思ったけど、
公務員だったのなら納得w



364 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/12/15(金) 02:44:51 ID:cDyodnkL
>>358
何をやるって?
>>360
無党派層が起きるまで世論誘導ができてるってことじゃないか。
ずーっと誘導されてるってことだろうに。
無党派層は起きるどころかどんどん深い眠りに入るようだな。

365 :名無しさんの主張:2006/12/15(金) 02:44:52 ID:???
キモい話題だな このカスは一生彼女作るのは無理そうだな藁

366 :名無しさんの主張:2006/12/15(金) 02:45:37 ID:???
国家の事なんてどうでもいいよと思っていられる内が花だなw

教育基本法改悪→国民投票法→憲法改悪→自衛隊合憲→徴兵制

これセットだからw

その内嫌でも赤紙来るよ。


367 :名無しさんの主張:2006/12/15(金) 02:45:56 ID:KN+Hwjcu
>>363
なんで公務員が国民は操作されてないと主張せにゃならんのかね?

368 :名無しさんの主張:2006/12/15(金) 02:46:55 ID:KN+Hwjcu
>>364
なんで無党派層が寝てるのが操作されてることになるんだよw
国家に興味がないのまで操作の結果か?

369 :名無しさんの主張:2006/12/15(金) 02:47:48 ID:KN+Hwjcu
>>366
正体が出てきたなw
左翼クンの飛躍

370 :名無しさんの主張:2006/12/15(金) 02:48:15 ID:???
世間がクリスマスムードで盛り上がる中、彼女も出来ないヒキオタとしげるの不細工2人がパソコンの前で政治経済の話(笑

371 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/12/15(金) 02:48:27 ID:cDyodnkL
>>362
操作されてるなら批判しないだって?
批判させて操作するんだろうに。
投票してくれるなら批判くらいしてくれって言ってるんだろうに。
自分の思い通りにさせてくれるなら、いくらでも悪口言ってくれって
言ってんだよ。
権力者の思い通りになることを操作されると言うんだろうに。
批判しながら投票するってことは、文句言いながら権力を与えるって
ことだろうに。
権力が目的の奴に権力を与えてんだろうに。
だから、官僚の優遇措置を見直してから言えよ。

372 :名無しさんの主張:2006/12/15(金) 02:49:49 ID:KN+Hwjcu
>>371
批判されて操作して、批判がなくならないなら操作できてないってことだろw
で、批判されてるのに、なんで投票させるように操作できるんだ?

373 :名無しさんの主張:2006/12/15(金) 02:49:57 ID:???
>>367
いや、そういう視点じゃなくて、
あんたとしげるのやり取りを見てて
操作されてないっていう根拠が「操作されてるなら公務員批判は起きないだろ」って方向だから。
その一点のみを根拠に操作されてる可能性まで否定してるから。

>>348で分かると思うけど、
俺は全部が全部操作できるって意見じゃないんだけどね。


374 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/12/15(金) 02:49:57 ID:cDyodnkL
>>367
国民に操作されてないと思ってもらって、現状維持を続けたいからだろ。

375 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/12/15(金) 02:51:57 ID:cDyodnkL
>>368
寝てる無党派層は居ないのと一緒だろうに。
起きてる党組織が思い通りになるんだろうに。
だから、すべての国民は権力者に操られるんだろうに。


376 :名無しさんの主張:2006/12/15(金) 02:52:10 ID:KN+Hwjcu
>>373
世論誘導できるから操作できると言ってるんだから、世論を誘導できてない
から批判がされてるんだろって話なわけだ

377 :373:2006/12/15(金) 02:53:02 ID:SisCl7Xb
>>369
>>336の流れは俺で>>366>>359,>>370は別人だし

ID晒そう
ま、でももうそんなに書くことないけど。


378 :名無しさんの主張:2006/12/15(金) 02:53:25 ID:KN+Hwjcu
>>375
現状が都合がいいというのと、操作できるってのとは無関係だろうに
操作ができるんなら、起きてもいいわけさ

379 :名無しさんの主張:2006/12/15(金) 02:53:56 ID:???
しげる、高卒、離婚経験あり笑。Q太郎、高卒、恋愛経験なし笑。

380 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/12/15(金) 02:56:01 ID:cDyodnkL
>>372
オマエさっきから何言ってんの?
誰かを当選させようと党組織が力を入れれば
そいつはほぼ当選するようになってんのさ。
オマエが無党派層で立候補しても10票がやっとなのに、
党組織に入るだけで1000票取れるんだよ。
それを操作って言わないで何て言うんだよ。


381 :373:2006/12/15(金) 02:56:41 ID:SisCl7Xb
>>376
最初から言ってるように「ある程度」
そしてその条件や状況は>>348
公務員批判のネタなんて隠し切れずにぼろぼろでまくりだし、
国や地方の財源悪化も表面化してネットの普及で公務員賃金もある程度知られてるんだから操作しようがない。

「実際にうその報告を平気でしてる」ってことは、
「その意思があることの証明」で、
その「うそがばれてなければ気づいてないだけ」で
ある程度「操られてる可能性がある」ってこと。


382 :名無しさんの主張:2006/12/15(金) 02:58:22 ID:KN+Hwjcu
>>380
だからそんなことできるわけないだろw
単にはなから自民党支持の基盤ができてるから当選するんだよ
国民を操作して自由に当選させたいやつに当選させるなんて離れ業ができる
なら、無党派層が起きてきても問題ないわけだ

383 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/12/15(金) 02:58:47 ID:cDyodnkL
>>378
おかしなやっちゃなあ。
党組織に属してる連中を操作できるのは分かるのか?
今回は誰それに投票してくれと言われれば、大量の票がそのように動くことは
理解できてるのか?

384 :名無しさんの主張:2006/12/15(金) 03:00:05 ID:KN+Hwjcu
>>381
官僚が政治家を操れるのは相互に利益があるからだろう

385 :名無しさんの主張:2006/12/15(金) 03:01:01 ID:KN+Hwjcu
>>383
おいおい、自分の党の支持層を動かせることを称して「国民を操作できる」
とか言ってるわけか?w

386 :名無しさんの主張:2006/12/15(金) 03:01:21 ID:???
彼女いない者同士、朝までホモっててね(笑)

387 :373:2006/12/15(金) 03:01:38 ID:SisCl7Xb
>>383
(あんましげるの相手すんのいやだけど一言)
それはあるいみ操作だけど国民の意識を操作してるのとは違う


388 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/12/15(金) 03:03:30 ID:cDyodnkL
>>382
何ができないって?
自民党支持の基盤って、自民党支持の組織票だろ?
自民組織が投票して当選するんだろ?
だから自民によって操作されるんだろうに。
おかしな奴だぜまったく。
何故自民党が権力を握ってるのか言ってみろよ。
国民が自民党を自分の判断で支持してるからか?
それとも操られてるからか、どっちだ?

389 :名無しさんの主張:2006/12/15(金) 03:04:28 ID:KN+Hwjcu
>>388
だから、自民党の支持層を動かせることを称して「国民を操作できる」
と言ってるわけだね?

390 :名無しさんの主張:2006/12/15(金) 03:05:16 ID:KN+Hwjcu
たぶん民主党だって、民主党の支持層を動かすことくらいはできるだろうw

391 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/12/15(金) 03:05:36 ID:cDyodnkL
>>385
おいおい、今国民はどの党の決めた方針についていってるんだあ?
どの党の決めた通りに動いてるんだあ?
どの党に操作されてるんだあ?

392 :373:2006/12/15(金) 03:05:52 ID:SisCl7Xb
>>384
そういうケースもあるだろうけどそればっかりじゃないだろ。
現状では議員は官僚通してしかほとんど仕事ができないんだから
否応なしに相互利益がなくても、
官僚側に都合がわるければ一方的にうその報告がされる。


393 :名無しさんの主張:2006/12/15(金) 03:07:18 ID:KN+Hwjcu
>>391
おいおい、大多数の国民が選挙に行かないのは権力者が国民を操作した
結果か?

394 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/12/15(金) 03:09:00 ID:cDyodnkL
>>387
女のようにころころ変わる国民の意識を操作するには
表面的な意識ではなく潜在的な意識、つまり行動に結びつく
ところを操る必要があるんだろうに。
オマエは、どこそこの党はダメだと言いながら、そのどこそこの
党に投票してるってことさ。
それを操るって言うのさ。
どこの世界に、「私は操られます」なんて言って操られる奴が居るよ。
「絶対に自分は操られない」という奴を操るに決まってんだよ。

395 :名無しさんの主張:2006/12/15(金) 03:09:22 ID:KN+Hwjcu
>>392
しかし、民主主義では野党がいるので、情報の提示を求めることもできて
その真偽に疑義を呈することはできるよね?
年金問題でもそれで明るみになったことがあるわけで
怪しい点を発見できなかったが実は嘘だったという例もある可能性は否定
できないが

396 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/12/15(金) 03:09:56 ID:cDyodnkL
>>389
それが現実だろうに。
自民党の支持層を動かすことで国民を操作できてるだろうに。

397 :名無しさんの主張:2006/12/15(金) 03:10:36 ID:KN+Hwjcu
>>394
駄目だといいながらその党に票を入れているなんていうのはお前さんの妄想だろ?
オレが質問してのは、家で寝ている無党派層も政治家の操作によってそうしている
のか?ってことだ


398 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/12/15(金) 03:11:39 ID:cDyodnkL
>>390
勿論だな。

399 :名無しさんの主張:2006/12/15(金) 03:22:52 ID:KN+Hwjcu
>>396
だからどのように操作できてるんだって
政治を左右することと、国民を操作するということとは違う話のはずだが?
その政治も問題があれば批判がでてきて官僚の優遇処置の問題のように改善
の動きがでてくるだろ 
もし優遇処置を続けたいと思ってて、国民を自由に操作できるなら改善の
動きになるような事態は起こらないだろし裏金作りが発覚したり給料やボーナス
の削減、特殊手当ての廃止などにならないだろう

400 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/12/15(金) 03:23:55 ID:cDyodnkL
>>393
おいおい、大多数の国民が選挙に行かないのは権力者に操作される自分に
気が付き、さらに、それに気が付いてもどうすることもできないことを理解
した結果だろうに。
権力者は家で寝てる無党派層を笑いながらも、気づかれた分少しだけ怖さも持ってるのさ。
ではおやすみ

401 :名無しさんの主張:2006/12/15(金) 03:28:00 ID:KN+Hwjcu
>>400
なるほど、選挙にいかない人間は、権力者に操作されてるのに気が
ついたからなのかw
妄想以外の何物でもないけど、はやい話興味がないんだよ

402 :名無しさんの主張:2006/12/15(金) 03:29:42 ID:KN+Hwjcu
だいたい、権力者に操作されてるのに気づいたら、投票して権力者を
変えろよとw

403 :名無しさんの主張:2006/12/15(金) 03:34:25 ID:KN+Hwjcu
っていうか、大多数の国民が権力者の操作に気づいたというなら、操作は
成功しとらんじゃないかw
あ!その操作の真の狙いは、操作に気づかせて投票させないようにする
ことか!
でも普通は、自民党や政府に怒って野党に票を入れられることが怖いから
そんなことできんわなw

404 :名無しさんの主張:2006/12/15(金) 03:53:14 ID:KN+Hwjcu
そもそも、民主党がこんな議員の集まりなら、それは投票に二の足を
踏むでしょう

アダルト・グッズを使った「性教育」を絶賛する議員
元キャバクラ嬢議員
韓国にまで出向いて反日デモに参加する議員
在日韓国人や朝鮮人や、パチンコ関連企業から献金を受ける議員
拉致被害者家族をバカ呼ばわりする議員
日本人を拉致した北朝鮮工作員を釈放するよう嘆願する議員
核マル派幹部の逮捕に「不当な弾圧」と釈放を求める署名にサインする議員
「金正日キム ジョンイル直属」の大物スパイ、呉清達オ・チョンダルが副学長を
務め、文部省からも客員の大幅超過など管理・運営に「問題あり」と指摘される大学
から客員教授として報酬を受ける議員たち
宝島の「サイコさんからの手紙」に紹介されていた【武器としての電波の悪用を糾弾する! 】
の著者、石橋輝勝さんが民主党推薦で市議会議員
さすがに最後のには驚きましたけど…

405 :ホッシュジエンの国内ニュース解説:2006/12/16(土) 10:39:12 ID:xRDxlSUM
参議院本会議で可決・成立した改正教育基本法で、教育の目標としていわゆる
愛国心が明記されたことについて、校長のほとんどが賛成している一方で、
成績をつけることは、半数が「内面に立ち入ることになる」などとして難しい
と感じていることが、NHKが行った調査でわかりました。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 彡ミ    ___  __    昨日、教基法改正案と防衛省法案が可決成立したが、
  |ヽ  /|  ,,,,,,,,l /  /    やらせで国民と国会をミスリードさせて成立させた法は
  |ヽ   | | ミ#・д・ミ/_/旦~~  小泉時代まで戻って、一旦廃案にするのが本来のあり方だ。
  ⊥   |  ̄| ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| 
  凵    `TT | ̄l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l 校長が賛成でも一般は反対です。(・A・)

06.12.16 NHK「長の半数 愛国心評価は困難」
http://www.nhk.or.jp/news/2006/12/16/k20061215000180.html
06.12.16 Yahoo「小泉前首相らの責任問わず=タウンミーティングで安倍首相」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061215-00000149-jij-pol

406 :名無しさんの主張:2006/12/17(日) 03:08:08 ID:???
いい加減
気付けよ
民主主義
そのものが
やらせ
だということに

407 :名無しさんの主張:2006/12/17(日) 08:50:26 ID:???
教育基本法改悪案が参院を通過し成立したが、
決め手はやはり、裏切り者集団の自民クローンである民主党の
援護射撃だったw

社民共産が問責決議案を出して牛歩戦術に出ようとしたが、民主が自民に寝返る。
それであっさり可決w


408 :名無しさんの主張:2006/12/17(日) 20:58:10 ID:???
獅子心中の虫と言う言葉があるが、野党の中に自民党のスパイが御万と居るんだからしょうがないよな。
野党ズラして、実は、自民と通じている。


409 :名無しさんの主張:2006/12/18(月) 02:01:11 ID:uDecYI5z
少し前に「国民の大半は君が代が嫌い」とか発言して自爆したのがいた
けど、性懲りもなく…


410 :名無しさんの主張:2006/12/18(月) 03:19:25 ID:???
ネタばれ
この国の民主主義はガチ
最初から決まっている勝敗で一応、綱引きする
綱の引っ張りあいのパフォーマンス

411 :名無しさんの主張:2006/12/18(月) 09:27:06 ID:g+EvMJNE
日本が嫌いな日本人なんてほとんどいないと思うよ。
何でもかんでも日本のやることなすこと100%好きな日本人も
ほとんどいないと思うけど。

412 :名無しさんの主張:2006/12/18(月) 09:45:30 ID:???
愛国心そのものは決して悪い事じゃないんだけどね。

日本の場合は過去に愛国心が大暴走したことがあるから
愛国心教育に不安を感じる人や及び腰になる教師も
少なからずいるんじゃないかと思う。日本は何かと極端に
走ることが多いから愛国心教育には慎重でありたいね。

何でもかんでも闇雲に社会にヘイヘイ言うより多少は社会を
批判できるようにした方が却って公序良俗をセーブできると思う。

413 :名無しさんの主張:2006/12/18(月) 10:10:43 ID:GL1cXW0T
愛国心は問題ない、その後に続く文が問題
×他国を尊重し、(中国様、韓国様)
△国際社会の平和と発展に寄与する態度を養うこと
 (国連や外務省の天下りさきJICAやODA関連法人へ税金垂れ流し)

皇室典範改正に愛子女帝&愛子の子天皇、OWD王朝画策失敗。
今度もOWD利用されないよう厳しくチェック必要

414 :名無しさんの主張:2006/12/18(月) 12:24:04 ID:TE7DCbxW
別に愛国心が暴走した結果戦争になったわけでもないし
日教組という組織の性質を考えれば愛国心を悪者にした
がる理由や反日的理由は明らかだけど。

415 :名無しさんの主張:2006/12/18(月) 19:04:07 ID:???
唖然!日本人をボコる韓国HIPHOPクルーのPV!!!!

コリアンは愚かで卑しい事実が解る!糾弾せよ!!!!!!!
http://www.youtube.com/watch?v=F5hb_pb_heA


416 :名無しさんの主張:2006/12/19(火) 00:10:21 ID:7r9okt7N
愛国基本法は現実から目をそらすおとり法案
ttp://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/asia/1166454013/l50

今回の改正案をめぐる論争では、やたら愛国心問題がメディアに大きく取り上げら れているが
実は愛国心問題は「おとり」である可能性が高い。
メディアが愛国心問題や未履修問題に気を取られている間に
教育の地方分権とい う最も重要な問題に一切触れていない法案が通ってしまったというのが現状だ。

417 :名無しさんの主張:2006/12/19(火) 01:21:05 ID:ZppxO3le
教育の地方分権に賛成の人手をあげて

418 :名無しさんの主張:2006/12/19(火) 20:20:25 ID:???
>>1
日教組、残念。

隣の韓国では、安倍の教育改革を「右傾化ニダ」と騒ぐかと思いきや、
逆に大手マスコミが大絶賛。


 【朝鮮日報/社説】 全教組に洗脳される韓国の生徒たち [12/17]
 http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2006/12/17/20061217000003.html

 【朝鮮日報/社説】 日本の教育改革と、全教組に支配された韓国の教育 −もう日本のレベルに追いつくことなど不可能[12/18]
 http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2006/12/18/20061218000009.html


日教組\(^o^)/オワタ!

419 :名無しさんの主張:2006/12/19(火) 23:07:39 ID:???
[愛国心を取り戻せ]
(クリスタルキング 「愛を取り戻せ」の節で)

左翼Shock! 不当な支配 墜ちていく
左翼Shock! 奈落の底へ 墜ちていく
愛国心 (人間)鎖で繋いでも 今はムダだよ
邪魔する奴は白票一つで ダウンさ

左翼Shock! 教育の再生 早くなる
左翼Shock! 日本の再生 早くなる
理想求め 戦う心今 熱く燃えてる
全て溶かし 無残に飛び散る はずさ
※学校の先生になる為 お前は旅立ち
真実を 見失った
良心なくした顔など 見たくはないさ
愛国心を取り戻せ

左翼Shock! 真実で嘘を 切り裂いて
左翼Shock! 国の闇を 切り裂いて
誰も日本の教育 壊すこと できはしないさ
国民と国の絆は 離れない 二度と
※繰り返す

420 :名無しさんの主張:2006/12/20(水) 01:59:38 ID:???
テポドン騒動の翌月に北朝鮮に献金する日教組
1998年11月10日(火曜日)『日教組教育新聞』(第2307号)
委員長ら訪朝 支援カンパ渡す

 日教組の川上委員長、福岡国際部長は十月二十四〜二十七日、
朝鮮民主主義人民共和国を訪問した。ビザ取得の関係で
二十三日は北京に滞在し、中国教育工会委員長と懇談を行った。
共和国では教育文化同盟委員長、職業総同盟委員長、朝日友好協会会長、
大同江区の高等中学校を訪問し、両国の教育状況などで意見を交わし、
今後も日教組と教育文化同盟との教育交流をさらに深めることを確認した。
また、深刻な状況にある食糧事情に対する支援として、
国際連帯カンパより百万円を、最高人民会議委員を兼ねる
職業総同盟委員長に国会議事堂にて手渡した=写真。


421 :名無しさんの主張:2006/12/20(水) 12:20:17 ID:txvi01zF
国にアイデンティティーを持つのはいいことだけれど、
まず国とは切り離した自分自身の中に自信をつけないとね。
でないと、国を愛するというより理想化してしまい、
(理想化しているときは、対象を自分にとって都合良く解釈しているだけであり、
対象の現実が見えなくなっている)
「素晴らしい集団に属している自分も素晴らしい」なんて思うようになるよ。
こういうふうに思っているときって、単に「自分すごい」って思える材料が欲しいだけで、
そのために『素晴らしい集団』を利用しているだけなんだよね。

422 :名無しさんの主張:2006/12/20(水) 14:36:33 ID:3yl5hhVM
東亜板に廃止論を展開しよう!

今東亜板は記者の内輪揉めで荒れています!
東亜板を廃止に追い込みましょう。

1、自治スレに「廃止しようぜ」や「潰れても誰も困らない」などと宣伝しましょう。
2、様々なスレで同様の宣伝や、記者の仲違いを指摘しましょう。
3、「最近つまんねー」や、「この板に飽きてきた」などとネガティヴな発言をしましょう。
http://news18.2ch.net/news4plus/index.html#6
ご協力を!

423 :名無しさんの主張:2006/12/20(水) 14:41:50 ID:Q6AmynyC
経団連や統一教会安倍の目論む愛国心は超危険。

424 :名無しさんの主張:2006/12/20(水) 15:17:29 ID:???
そう言えば同じフレーズでも「誰が言うか」で意味が全く違ってくるって
とある自己啓発本に書いてあったな。ビジネス指南の本なんだけど、
「愛国心」という言葉にも案外当てはまるのかも知れないな。例えば
とある一般の女性の「大切な人がいる日本が一番好きです」という
言葉には非常に重みがあるけど、>>423殿が掲げた連中が愛国心を
喚いても「今の日本は愛国心以前の問題」という印象を持たせて却って
愛国心を損なうだけ。「ざけんなコラ」って言いたくなるな。

425 :名無しさんの主張:2006/12/21(木) 01:12:55 ID:aw5iuY5m
個人としての権利意識や自由の意識を持つためには、まず公の一部
としての自覚が必要なんだけど、その共同体意識は国家なら愛国心
の土台になる。
しかし、大方の人間は自分や自分の家族を愛しているからといって
、それ以外の人たちやその家族を自分たちよりも劣っている、などと
考えることはまずないでしょう。
共同体意識が共同体意識として自然に生じる環境なら、その意識が
国粋主義的になることはないだろうと思うし、国粋主義が生じるのは
他のメカニズムによるところが大きいと思う。

426 :名無しさんの主張:2006/12/21(木) 01:18:13 ID:aw5iuY5m
たとえば、現在日本周辺で国粋主義的な国といえば、中国や半島。
その二つに共通していることは、教育において国定教科書を使い
多様性を認めていないこと、特定の国に対する敵愾心を煽る内容の
洗脳的教育が行われていること、が挙げられるでしょう。
このような特徴を持たない国の国民は、愛国心があっても国粋主義
的にはなってないようです。

427 :名無しさんの主張:2006/12/21(木) 08:21:15 ID:ThG44L6v
ちょっと前、『殴り殺される覚悟で書いた親日宣言』っていう本が話題になったけど、
目や耳を塞いであの本の著者を売国奴売国奴言ってる大衆よりは、
著者のほうが、ずっと愛国者だと思うんだけどね。

428 :名無しさんの主張:2006/12/21(木) 08:48:27 ID:65NrNlVB
ほんとあなた方は馬鹿で阿呆な平和ボケですね もはや教育も教師も大部分が荒廃している状態なんですよ そんな阿呆な学者の理想論言っていても何にも進展はありませんよ

429 :名無しさんの主張:2006/12/21(木) 09:27:33 ID:cdxi4B4p
在日が住みづらい国にして朝鮮猿共を半島に追い返すだけで日本は治安がよくなり美しい国になれます!

430 :名無しさんの主張:2006/12/21(木) 10:12:43 ID:Q8r9jIya
小さい島国で飽くことなく続いた権力闘争のなれの果ては、あの残忍な秦の
始皇帝も顔負けの官僚制度を生みだした。
そして現在、政財官トライアングル(権力階級)は資本主義と社会(共産)
主義を極めて巧妙に組み合わせ、しかも情報統制(非公開、隠匿、操作=国
民基本台帳法、通信傍受法、N-システム道路監視網、予定された個人情報保
護基本法など)をもって国民を飼い馴らしている。
いまや日本は政治献金の総元締めである圧力経済団体と、無知無能捉われや
すく(賄賂に弱く)強権的で政治と行政を私物化し権力闘争に明け暮れる独
裁官僚群と、利権をエサにされて官僚の提灯持ちと小間使いに成り下がった
自民党族議員と、賄賂とやくざが支配しスパイが暗躍する、お先真っ暗な魑
魅魍魎の私物国家となってしまった。
そうして殆んどの国民が危ういあなたまかせの平和のなかで惰眠を貪ってい
るあいだに交付税、補助金、助成金で地方自治を強力に制御し、特殊法人・
公益法人とそれにぶら下がる幾多の寄生虫的天下り法人を介して民間活力を
完全に抑制する中央集権制という巨大なピラミッド型の「一億総『潜在能力』
搾取・没収システム」が徐々に透き間なく構築され、国民の将来の希望を完膚
なきまで奪ってしまっているのだ。

431 :名無しさんの主張:2006/12/21(木) 11:50:07 ID:aw5iuY5m
階級闘争を言い出した時点でお里が知れてしまう浅はかさというか。
ウォルフレンの見すぎかもしれないが。

432 :名無しさんの主張:2006/12/21(木) 12:03:34 ID:aw5iuY5m
自民党が嫌いなようだが、民主党などは朝鮮総連や組合の小間使い
に過ぎない。
管理システムに関しては、日本などより「自由の国」アメリカの方
が進んでるし。
平和ボケで惰眠を貪っていたのは事実だが、それが可能な社会だった
のも事実で、それは護送船団方式が上手くいっていたから。
そして、それによって民間の活力が奪われていたなんていう事実がない
ことは周知の通り。
しかしそれでは通用しない時代になったから、競争原理の導入が叫ばれ
はじめたし、地方分権の動きも出てきた。
官僚国家だった日本がそこから脱皮しようとすれば、抵抗があって当然
だが、時代の流れには逆らえないだろう。


433 :funわか ◆bbZx8P7qp2 :2006/12/21(木) 13:05:13 ID:iEK5DCRV
http://www.tamanegiや.com/nonnbee.html  (や → yaに変換 )
引用: 酒たまねぎ屋URAホームページ

6月22日水曜日 × 平成18年1月8日一部追記
 朝日新聞の記事で<「君が代」不起立で停職の中学教諭、正門前で連日の抗議>というあの新聞社らしい記事がありました。
http://www.asahi.com/edu/news/TKY200506210147.html

そしてこのキチガイ教師は「君が代」不起立で処分の教諭、取り消し要求しているのだそうです。
http://www.asahi.com/edu/news/TKY200506220316.html

日本国民として普通の教育をできない先生とは何なんでしょう。国旗、国歌
に対して敬意も払えないような教育とは何なのでしょう。こういった連中の
目的は我が国の国家解体であり、地球市民とかいう教育なのでしょうか。
 このキチガイ教師連中の親玉である日教組元委員長の槙枝元文氏は金正日
総書記誕生六十年の祝賀メッセージで、金日成元主席について「わたしは訪
朝して以降、『世界のなかで尊敬する人はだれですか』と聞かれると、真っ
先にキムイルソン主席の名前をあげることにしています」と強調しているく
らいですから、「日の丸」や「君が代」はだめで、支那、南北朝鮮の国旗、
国歌は大切にしたりして・・・・・他国の国旗に敬意を払うのはあたりまえ
だけど・・・・


434 :名無しさんの主張:2006/12/22(金) 02:29:41 ID:5xUNq660
教育再生特命委員会は1日、地方議員から教育現場の声を聞いた。

日教組や全教が支配する学校では、「人権」「平等」「平和」「国際理解」
の名の下に、公立中学校の卒業式で韓国旗が掲揚された事例や、
反日・反天皇教育のパネル展が校内で開かれたことなどが紹介された。

ソース:自民党
http://www.jimin.jp/jimin/daily/06_12/01/181201d.shtml


435 :名無しさんの主張:2006/12/22(金) 02:42:01 ID:5xUNq660
ところで、日教組の「日本教職員チュチェ思想連絡協議会」ってまだ
あるんですかね?

436 :名無しさんの主張:2006/12/23(土) 02:17:26 ID:E7MzawBW
2004.11.02
◆山梨県教組 組織的に参院選資金集め

平成16年11月02日(火) 産経新聞  民主議員に献金か

山梨県教職員組合(山教組)が今年七月の参院選に向け、校長、教頭を含む小中学校
教職員らから組織的に選挙資金を集めていたことが一日、明らかになった。
産経新聞社が入手した一部の指令文書からは、資金集めが山教組の九つの地域支部や
傘下の校長組合、教頭組合を通じ、「カンパ」や「選挙闘争資金」の名目で半強制的に
実施されている実態も分かった。
複数の教員は「資金は民主党の輿石(こしいし)東参院幹事長への政治献金として裏口
座でプールされた」と証言している。


437 :funわか ◆GUFt6BlPw2 :2006/12/30(土) 04:17:20 ID:prRomQRV
国旗国歌に対して礼を尽くすというのは、世界中、何処の国においても当たり
前の事であり、自国の国歌、国旗に礼を尽せない者が他国の国旗、国歌に敬意
をはらえるはずがありません。教師の個人の信条でそれが左右される方がおかしいのです。
まあ、福島女史とか土井女史、辻元女史といった社民党は支那、南北朝鮮の
国旗、国歌に礼を尽くせばいいと思っているのでしょう。 売国奴が国会議員をやっている。 早く消えて欲しい。


精神科医 香山リカ
  スポーツの威を借りて、国が強くなったような幻想を抱くシステムは今や当たり
前だ。W杯では大和魂、玉砕覚悟という言葉が飛び交ってもとりざたされなかった。
だが、「日本」を選んだのが六割未満という数字通り、今の「愛国」は本当は「日
本」に向いているのではない。個人が人生への自信を取り戻すための自己愛的なナ
ショナリズムだ。自己愛だからこそ、相対化できずに「どこの国の愛国心が正しい」
という議論に発展しやすい。こんな中で教育基本法に盛り込めば、他国への蔑視を
助長するだけ。ポスト小泉の四候補が「愛国心は重視しない」などと到底言い出せ
ない今の雰囲気が恐ろしい。
引用終わり
  
 まあ、アホだアホだと思っていましたが、ここまでアホをさらすとは思ってもみ
ませんでした。靖国参拝については支那、朝鮮に干渉されるいわれはありません。
支那、朝鮮との関係についてはすべて向こうが悪いのです。二人とも他国との比較
など、具体的数値をあげることなく結論を出しています。香山女史など、「『日本』
を選んだのが六割未満という数字通り、今の『愛国』は本当は『日本』に向いてい
るのではない。」と書いていますが、どうして、日本に向いていない愛国心と言い
切れるのでしょう。何割であれば香山女史のいう「『日本』に向いている愛国」に
なるのでしょう。まさか、一〇割とか言うのではないですよね。南朝鮮の愛国心な
どについてもぜひ言及してほしいものです。
http://www.tamanegiや.com/nonnbee.html  (や → yaに変換 )
引用: 酒たまねぎ屋URAホームページ


438 :名無しさんの主張:2006/12/30(土) 17:42:35 ID:YCzIRjl7
>>412
ネトウヨってのは、批判されたくない人たちなんだと思うよ。
でも、決して自分が批判されることのない優しい環境なんて、
赤ちゃんのときにしか提供されないもの。
ある程度成長したら、周囲はあまり自分に関心を持ってくれない、
それほど気を使ってくれない、批判されることもある、自分を嫌う人もいるということを、
受け止めて生きていかなければならないんだよね。

439 :funわか ◆GUFt6BlPw2 :2006/12/31(日) 03:10:10 ID:SisFDYCX
世界中の何処の国においても、国を命をかけて守っている自国の軍人を尊敬
しない国民はありません。制服で入るとレストランでも一番の席に案内されます。普通の国に早くなってほしいものです。

http://www.tamanegiや.com/hero.html (や → ya)


440 :funわか ◆GUFt6BlPw2 :2006/12/31(日) 04:54:51 ID:SisFDYCX
世界中の何処の国においても、国を命をかけて守っている自国の軍人を尊敬
しない国民はありません。制服で入るとレストランでも一番の席に案内されます。普通の国に早くなってほしいものです。

http://www.tamanegiや.com/hero.html (や → ya)


引用:酒たまねぎ やURAホームページ
http://www.tamanegiや.com/ura.html (や → ya に変換)

フィンランドは国際競争力1位をとったり、読解力の調査でも
上位に食い込んだりと、教育に関して非常にすぐれている点が多い
国です。幼稚園から公教育はほとんど無料で、手厚い教育で
落ちこぼれがほとんど出ないそうです。また独特の「個性を伸ばす」
教育が現在のIT立国を支えていると言われています。そんな訳で
色々「フィンランドの教育を見習って、手厚く、個性を伸ばす
教育をしよう」と言う人をたびたび見かけます。

しかしそんなフィンランドには幼稚園入学に「留年」がある
そうです。これは「質問に耳を傾け、きちんと答えられる」や
「席にきちんと座っていられる」など「学習における態度」が
身に付いていない場合「まだ早い」と判断して別の教育施設で
教育を受けるそうです。

今の学校崩壊の現状を側聞するに、日本でも「個性を伸ばす」
前にする事が色々あると感じた次第ですw
それから国旗国歌の時に起立や礼をしないというのも
フィンランドでは個性云々以前の問題ですw


441 :名無しさんの主張:2006/12/31(日) 04:57:33 ID:/jNkTcbx
在日朝鮮人の脱税資金を国が税金で補填


 在日朝鮮人系の金融機関だった朝銀東京信用組合の破綻(はたん)処理をめぐり、預金保険機構は、41億8千万円
余の公的資金を28日に追加投入する方針を決めた。ある男性が架空名義で預金した脱税資金を払い戻す必要が生じ
たことが原因。脱税行為は7年以上前ですでに時効が成立しており、今秋、払い戻しを命ずる判決が最高裁で確定した。

 訴訟記録によると、東京都内でパチンコ店を経営する男性(81)は、長年にわたり飲食店やパチンコ店の収入の一部を
裏金にして脱税し、朝銀東京に設けた架空名義の口座に預金。その残高は50億円を超えた。

 朝銀東京は99年に経営破綻し、預金の一部を男性に払い戻したが、02年4月以降は架空名義だったことを理由に男性
への払い戻しを拒否。同年12月、架空名義預金は整理回収機構に引き継がれた。
これに対し男性は03年12月、34億円余の払い戻しを求め、整理回収機構を提訴。預保機構は「脱税資金を貴重な公的
資金で払い戻すのは正義に反する」と反論したが、今年9月、最高裁で原告の勝訴が確定した。

 整理回収機構は、二審判決のあった今年5月に、遅延損害金6億7千万円を含む41億円を男性に仮払いした。これに訴
訟費用などをあわせた41億8400万円を補填(ほてん)するよう今月21日に預金保険機構に申請した。朝銀東京の損失穴
埋めにはこれまでに公的資金2060億円が投入されたが、申請が通れば、2102億円に膨らむ。
http://www.asahi.com/national/update/1227/TKY200612270371.html

442 :名無しさんの主張:2006/12/31(日) 04:58:51 ID:4DhpQMCD
あいも変わらず

バカ
ばっかだなぁあw

443 :名無しさんの主張:2006/12/31(日) 08:07:22 ID:???
日本はフィンランドじゃないんだよ、ブォケ。

フィンランドでは天皇万歳愛国心なんてのはないし、
天皇万歳で400万人の国民が犬死させられた歴史もない。
ファシズムが吹き荒れ、軍国主義国家になったこともない。

そもそも天皇なんで下らない物はない。
フィンランドは共和国である。

君が代日の丸は国旗国歌に非らず。
君が代は天皇万歳のキチガイ歌だし日の丸は朝鮮人による日本支配の象徴。

まず、国民が等しく受け入れられる民主国家に相応しい国旗国歌を定めることが
先決だろう。


444 :名無しさんの主張:2006/12/31(日) 10:50:44 ID:AoebYjlR
国民の数だけ愛国心が生ずるわけだが、近代民主主義国家では国民の総意として諸外国からも国内政治運営でも一定の国旗国歌愛国心が求められるので野放しにはできない
それを社会党や朝日新聞社等の自虐盲従左翼に迎合して野放しにして、韓中にいいようにねじ曲げられてきたのは、自民党とそれを選んだ国民の責任だ
主権者国民が自民党を選挙で選び、選ばれた与党が国会の審議を通じて決めた結果であり、自民党がどっかの隣国のように銃剣、盗聴、スパイ、強制収容所、餓死政策をふんだんに使って国民を従わせ、支配しているわけではない
例えば、金日成と金正日のためにだけに作られた朝鮮民主主義人民共和国憲法では、彼らの絶対性とともに国章・国旗・国歌・首都までがんじがらめに規定してあり、金正日以外一句も改正できない仕組みになっていることは、北朝鮮公民以外なら誰でも知っていよう
我国は違う
多数決原理に基づく民主主義国家の国民として議決された義務を守るのは当然だ
義務を守らずに権利だけを行使・主張する寄生虫は、ピースボートの船に乗ってかの収容所国家の牢獄にでもぶちこまれないと民主主義のありがたさがわからないのだろう
確かに問題はあろうが、まあまあ健全だし、バランスがとれていると見てよい


445 :名無しさんの主張:2006/12/31(日) 11:31:42 ID:v7ANCqVJ
>>443
そんなのねえよバカw


446 :名無しさんの主張:2006/12/31(日) 11:38:41 ID:YSf/sj3X
>>443
また脳内妄想始まったか ww
薬ちゃんと飲めよ

447 :名無しさんの主張:2006/12/31(日) 12:49:36 ID:Rt3Cw5Nh
シミンの考え方の基本原理は「多数決至上主義」である。
「多数決」というのは字を見れば明らかなように、「多数」の賛成するほうに「決める」ということである。
「多数」はわかるとして、それとともに「決」、すなわち全てのことを
「決める」「決めることができる」という考え方であるということも、多数決主義の重要な側面である。
シミンは全てのことを多数決で決めることができると考えているようである。
およそ世の中の全ての真偽、善悪、美醜が、多数決で決まると考えているのではないかと思わせる。
多数決とは元来、会議の意思を決定するための一つの方法・約束事に過ぎないのであって、
普遍的な真理というわけではない。
しかしシミンは、会議に限らず、地域社会はもちろん、日本社会全体、全世界の全ての場所において、
物事を全て多数決で決めることができ、また決めるべきであると考えているフシがある。
ttp://www.letre.co.jp/~iwaki/shimin.html

「民主主義的じゃない社会は平和でないということは当たり前。
だって自分の意見をちゃんと言えないってことは、圧力があるってことでしょう?
それは人権侵害でもあるじゃない。」
 コスタリカのリンコン・グランデ小学校の一〇歳の女の子の言葉です。
(早乙女愛・足立力也『平和をつくる教育』)
 ここで、民主主義に基づく社会は「自分の意見をちゃんと言える」
=それを制限するような「圧力」がない、というポイントが押さえられています。
言論の自由を含む人権を抑圧するということは、人間の可能性を奪うことであり、暴力です。
暴力の横行する社会は、たとえ戦争をしていなくとも平和とはいえません。
 コスタリカの小学生が、民主主義の本質やその平和との関係について
このように端的に語ることができるということは、決して偶然ではありません。
ttp://homepage2.nifty.com/peacecom/CP&Democracy.htm

448 :funわか ◆GUFt6BlPw2 :2006/12/31(日) 15:41:52 ID:SisFDYCX
>>445-446

もっと頼む。

449 :名無しさんの主張:2006/12/31(日) 15:42:29 ID:YSf/sj3X
*国会にて内親王様ご誕生祝賀賀詞奉呈決議が共産党を含む”全会一致”で可決される。
 http://ime.st/www.shugiin.go.jp/itdb_honkaigi.nsf/html/honkai/keika20011204.htm

< 参考 >
●ドイツ、イタリアなど議院内閣制の国は権威として象徴的元首が当たり前。
 ttp://www.asahi-net.or.jp/~vb7y-td/kak1/1206222.htm
●フランス革命に思想的影響を与えたルソーは天皇制が理想だった
 ttp://ime.st/ime.st/members.at.infoseek.co.jp/akyonn/yyy2.htm
 〜抜粋〜
 ”ジャン・ジャック・ルソーは、かの有名な『社会契約論』で次の如きことをいっている。
 「人もし随意に祖国を選べというなら、君主と人民の間に利害関係の対立のない国を選ぶ。自分は君民供治を
 理想とするが、そのようなものが地上に存在するはずもないだろう。したがって自分は止むを得ず民主主義を
 選ぶのである」”
●『天皇陛下の経済学 』ttp://www2s.biglobe.ne.jp/~SHUJI/books/tenno.htm
●「世界に最も良い影響を与えている国」第一位は日本。
  *米メリーランド大と英BBC放送による共同世論調査(世界4万人対象)
●世界で最も多くの戦争を繰り返している国は民主主義お手本の国アメリカ。
 (*第二次世界大戦以降、10回以上出兵している)
●アメリカ型共和制は宗教原理主義
 ttp://www.geocities.co.jp/WallStreet/1795/heiwamirai100/USsyuukyoukokka.htm
 ttp://www.relnet.co.jp/relnet/brief/r12-128.htm  
 ttp://www.bund.org/interview/20050115-1.htm
●近代哲学の巨匠ヘーゲルは「人類の未来は共和制ではなく、立憲君主制に進む」という結論に至った。
 (*近年スペイン、カンボジア等々立憲君主制に移行する動きが相次ぐ)
●立憲君主国
 日本、スウェーデン、オーストラリア、ニュージーランド、カナダ、ノルウェー、デンマーク、
 英国、ベルギー、オランダ、モナコ、リヒテンシュタイン他多数


450 :名無しさんの主張:2006/12/31(日) 23:19:01 ID:???
”教育改革”と言う言葉だけ先走りしている。
まるでそれが”特効薬”であるかのようにね。

多分現在の大人が手本となり、襟を正さない限り
この悪循環は続くと思うよ。
下の世代に押し付けようとしても問題は解決しないでしょう。
今の子供たちをまるで別世界の人間のように語ってる大人には
まず現状を変えることは出来ないと思う。

だって、現在の日本の状況は子供が作り出したものでは無く
自分を含めた大人がお膳立てした環境だもん。
子供に押し付ける、要求する項目を並び挙げるのは簡単だけど
大人がそれに見合った存在・行いをしなければ効果は無いでしょう。
子供を躾と称して殺してしまう馬鹿な親なんてその典型でしょう?
この問題は現代の大人が子供に正しい(と大人が思っている)社会を
現実世界で見せてあげてない(無いんだもん)からだと思う。




451 :名無しさんの主張:2006/12/31(日) 23:45:36 ID:???
国歌斉唱の義務化なんて”枝葉の議論”になんで固執するのかな?
愛国心なんてそんなモンじゃ計れないと思うけどな。
現在の日本人が国歌に対して思い入れが無いことが
”愛国心が無い”と言う証明にはならないと思う。
国歌斉唱=愛国心という図式が現在の日本人の価値観として
意味を成さないのであれば
違う教育された他の国と比較することは出来ないんじゃない?
つまり日本人の愛国心を計るバロメーターは
単に国歌を歌うことでは無いって訳で、基準が違うんだからさ。
説得力が無いんだよね。
世界の価値観と日本の価値観を都合のいいときに使い分けるのって・・



452 :funわか ◆GUFt6BlPw2 :2007/01/01(月) 15:24:18 ID:un6P/Kys
もっともっと真実を見る目を持たなければ日本人は、、、
事の顛末を見れば簡単に解ることなのに。 私(funわか)なんか連中の嘘をほとんど見破れると
いうのに。何故にほとんどの国民は、かくも簡単に騙されているのか。。


453 :名無しさんの主張:2007/01/01(月) 15:29:31 ID:???
>>449
日本が立憲君主制だと思ってる墓゛w

ルソー曰く、「君民供治が存在するはずもない」
正にその通りだね。
日本には君主は居ないw

天皇はGHQの戦後統治の都合で生き延びたただの飾り。

449が挙げた国は全部ヨーロッパ系の国ばっかりw
449は非常に白人コンプレックスの有る人間だと思われます。

君主がいる国
サウジアラビア王国、ヨルダン王国、アラブ首長国連邦、タイ、ブータン、
ネパール、カンボジア。

日本は内閣総理大臣が実質的国家元首なんだよ。
戦後日本に独裁者が現れなかったのは、世界に誇る責任内閣制度のお陰。
国民に選ばれた国会議員により選ばれた国家元首(内閣総理大臣)が国を司る間接選挙方式と
万一首相がバカな事を始めても、たちまち内閣不信任を食らう抑制システムの成果である。

日本が評価されているのは世界に誇る憲法第9条のお陰。
天皇などものの数に入っていない。
日本の民主主義の発展を阻害している天皇制を入れたら評価は地に落ちる。

449の様に天皇を元首だとか君主だとか勘違いしている者が居るから
象徴であっても天皇が居た為に日本の民主主義の発展が阻害され
形式民主主義国になってしまった。

ただの飾りの天皇を君主だとか元首だとかにしている449のような輩は
民主主義を否定する危険な存在と言えよう。


454 :名無しさんの主張:2007/01/01(月) 16:56:50 ID:???
愛情は押し付けるものではありません。
政治家が腐り、官僚が腐り、大企業は政治家や官僚に賄賂を贈るために脱税をして裏金を作り、公務員は公金を横領し、
自民党と自民クローンの見せ掛けの対立劇で国民を欺き、
民意が議席に反映しない不公正な小選挙区制にし、
君が代日の丸を子供の心に植え付ける国旗国歌法、盗聴法、国民総背番号法(住基ネット)、
有事立法、改悪教育基本法などの悪法を次々に通している国を誰が愛しましょうか?
愛情を強要する前に愛される国になったらどうですか?愛情を押し付けるようになったらストーカーと同じです。
まぁ、果ては、管理国家、警察国家、アメリカ追随型軍事国家になって行くでしょう。   


455 :名無しさんの主張:2007/01/01(月) 17:04:29 ID:H0+HuYfM
ガキのうちに躾は必要だろ。愛国心なんて理解出来ないうちから洗脳して、国家の一大事には全員、戦闘員になってもらわねば。まっ、実際に戦うことはないだろうが

456 :名無しさんの主張:2007/01/01(月) 18:48:15 ID:???
これからの日本の教育に必要なのは
”自己管理の出来る日本人”を養成することでは無いだろうか。
昔の日本のように他者(学校、会社など)に身をゆだねて
それに従っていればそれなりに生きていける社会システムは
崩壊しつつある。
”管理社会”の中での閉塞感に不満を持ちながらも
きちんと”代償”は用意されていた時代とは違う。
これからの時代は人生に於いて
自分で判断して選択しなければいけないことが
どんどん増え、自己管理が非常に重要になってくる。

457 :名無しさんの主張:2007/01/01(月) 18:49:06 ID:???
”管理教育”が間違っているとは言わないが
昔の日本の管理教育の方法を現在に復活させても
ますます社会に適応できない子供を増やすだけだと思う。
教育と現状の社会にギャップがあれば
苦労するのは教育を受けた子供たちだ。
現実(社会)を整備することから逃げ出して、先送りして
未来(教育)を創造(妄想)することに集中することが
果たしてこの国のためになるのだろうか?

458 :名無しさんの主張:2007/01/01(月) 19:07:57 ID:???
今後日本は膨大な借金・介護費用などの弊害が
顕著に出てくるだろう。
現在でも税金は上がりっぱなしだし・・・
あんまり借金が多いと心の余裕も無くなるし
人格も壊れてしまう・・・
教育も大事だが
それ以上に現在やらなければいけないことは山積み。
次の世代に負担の掛からないようにしてやるのが重要であって
負担に耐える、文句を言わない人間を育てることが
重要では無い。

459 :名無しさん:2007/01/01(月) 22:09:39 ID:JNPhTxA9
>>1

>愛国心の押し付けに反対

って中国、韓国、北朝鮮は日本の100倍愛国心を押し付けてるけど、それには
反対しないのか?

さては中国人や韓国人を差別していて『あいつらが愛国心の押し付けで苦しんでも
かんけーないさ』とか思ってるのか

460 :名無しさんの主張:2007/01/01(月) 23:20:22 ID:???
>>459  あれだけ押し付けても本当の愛国心が国民の心に根付いているか疑問だね。
あなたの言う愛国心があのような形だとすればやっぱいらないでしょ。
他人を批判するだけで、自分の足元をきちんと直視できない教育ではね。


461 :カズ:2007/01/02(火) 00:33:45 ID:??? ?2BP(0)
国政が真に圧倒的数の国民にとって支持される状況を目指すことが大事で、そう

でなければ、自分の国に誇りを持つことは困難だ。したがって、愛国心を養うの

であれば、教育によるよりも国政の改善こそが大事ではないかと考える。

462 :名無しさんの主張:2007/01/02(火) 00:42:36 ID:LplNZHxn
愛国心を押し付けたぐらいで
簡単に戦争なんか起きないから。
左翼の人にとっては残念だろうけど(笑

463 :名無しさんの主張:2007/01/02(火) 01:03:37 ID:???
バブル全盛の頃に”愛国心”を叫び、重要視する政策を議論していたら
問題はそれほどなかったと思う(日本人に心のゆとりがあったからね)。

何が問題かと言うと今日本が置かれている状態の中で
”愛国心”が強調されることが問題なんじゃないかな?
それを敏感に感じ取っている人は違和感を感じているはずだし、
外国メディア(第三者)も冷静(冷ややかに)にその状況をレポートしている。

問題は国民が熱に侵されている時にそれを利用して
国家が大事な判断を下すべきではないってことなんじゃない?



464 :名無しさんの主張:2007/01/02(火) 14:03:30 ID:SrqPtymh
ネット右翼はバカだね。今、政府が叫んでいる愛国心とは政府の方針に逆らわない、
無理難題も無報酬でこなす奴隷ロボットが欲しいの。
見事に愛国者気取りのバカネトウヨは、政府のやることを100%支持。
1つの賛成意見で残り99の悪を見ぬけないバカ。

465 :名無しさんの主張:2007/01/02(火) 15:27:12 ID:LplNZHxn
↑レッテル貼りしかできないのか。
死ねよ。社共は日本社会の癌なんだよ。
人様をネットで人格攻撃するような人間が
「人権」「平和」だなんて片腹痛い。
世界平和だなんだってホザく前に
まず、意見の異なる人間と冷静に共存するところから始めろ。
それもできずに、なにが左翼だ。

466 :名無しさんの主張:2007/01/02(火) 15:30:03 ID:LRMx5CS3
              ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,
             /": : : : : : : : \
           /-─-,,,_: : : : : : : : :\
          /     '''-,,,: : : : : : : :i
          /、      /: : : : : : : : i     ________
         r-、 ,,,,,,,,,,、 /: : : : : : : : : :i    /
         L_, ,   、 \: : : : : : : : :i   / 働いたら
         /●) (●>   |: :__,=-、: / <   負けかなと思ってる  
        l イ  '-     |:/ tbノノ    \    
        l ,`-=-'\     `l ι';/       \  糞ニート(24・男性)
        ヽトェ-ェェ-:)     -r'          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         ヾ=-'     / /  
     ____ヽ::::...   / ::::|
  / ̄ ::::::::::::::l `──''''   :::|

http://pc10.2ch.net/test/read.cgi/win/1155307969/l50

467 :名無しさんの主張:2007/01/02(火) 16:27:10 ID:nvF9lCWW
>>453
いや、飾りでも元首なんだよ。
大統領制だけど仕事の内容が天皇並みの儀式要員って国もあるよ>イスラエルとか
アメリカの現職大統領のDQNっぷり見ると、国家元首=実権なシステムってどうよって思わね?

日本の平和は9条ではなく自分で刀を抜かずに済んだ状況から産まれた。
その状況の最大要因が日米安保による極東のパワーバランスって奴。
それを必死にぶち壊そうとしたプサヨこそ平和の敵。


468 :名無しさんの主張:2007/01/02(火) 16:29:26 ID:???
右翼になる者には2種類ある。

一つは、低学歴で社会的地位も低くく、これと言った取り柄もなく、一人では非力な人間。
そのくせ権力に憧れる気持ちがあり、その為、欲求不満が鬱積している者。
自分より低い者を作ることにより自分の存在意義を高めたいとする欲求がある。
取り敢えず天皇を信奉すれば、権力者側の人間になったような積もりになれる。
天皇を日本の頂点と誤解し、日本は戦前、一時はアジアを席巻した国なので、
何か他のアジア人より上になったような錯覚を持っている者。

もう一つは、海軍兵学校に在学中や予科錬で、戦争に夢や幻想を持ったまま終戦を迎えた者の中には、
何時までも、戦争の時代に未練を持ち欲求不満の塊と成っている者が居る。
これは遊び残し症候群と言われるもので、一種の精神疾患である。

後者が垂れ流した論理的に欠陥があるが低知能者には見破れない屁理屈によって
前者が洗脳されたのが右翼になっている。

あと、身の回りに右翼の親だとか、知人が居て感化された者も居るだろう。

ところが近年、頼みの綱の天皇が朝鮮系と分かり、今や崩壊寸前となっている。
右翼ではもう飯は食えないw
今や天皇万歳の中心構成メンバーは、在日と知能の低い者だけだろう。


469 :名無しさんの主張:2007/01/02(火) 16:36:23 ID:DfjjcocW
国のために命をかけられない人は日本から出ていけ

470 :名無しさんの主張:2007/01/02(火) 16:38:55 ID:LplNZHxn
>>468
「左翼になる者」の分析もしてよ。
自己分析になっちゃうから無理か(笑

471 :名無しさんの主張:2007/01/02(火) 16:43:33 ID:???
自分がより良い生活を送るために国家が存在しているのであって
国家を発展させるために、自分が存在しているわけではない。

472 :名無しさんの主張:2007/01/02(火) 16:45:28 ID:???
国民のために憲法があるのであって
憲法のために平和があるわけではない。

473 :472:2007/01/02(火) 16:47:07 ID:???
×憲法のために平和があるわけではない。
○憲法のために国民があるわけではない。



474 :名無しさんの主張:2007/01/02(火) 16:47:30 ID:???
漢字は2文字×2だけにしろw

自分がよりよいせいかつをおくるために国家がそんざいしているのであって
国家をはってんさせるために、自分がそんざいしているわけではない。

475 :名無しさんの主張:2007/01/02(火) 16:50:17 ID:???
自分がよりよいせいかつをおくるために国家がそんざいしているのであって
国家にきせいするやつらがおいしいおもいをするために、自分がそんざいしているわけではない。

476 :名無しさんの主張:2007/01/02(火) 16:54:17 ID:???
昔→「お国のために命を捨てよ」
今→「憲法のために命を捨てよ」

右も左も同じ穴の狢ということ。
左の奴は自分だけが正義だと思ってんじゃねえよ。

477 :名無しさんの主張:2007/01/02(火) 16:56:51 ID:fVLVQiy+


なんかよ、姦酷ってマジ改めて日本のパクリばっかだな。
インターホンの音から、学ラン、チヂミ、焼肉、電気メーター、即席ラーメン。
日常的なものまで日本のパクリ。それをこいつらバカチョンどもは、俺らが最初。
日本が真似したとか思ってんだろ。もー我慢なんねーことない?
こんなバカチョンのパクリドラマとかアニメとか垂れ流すなよ馬鹿テレビ局。実際お前ら馬鹿テレビ局のせいで
単純馬鹿女どもがチョンにかぶれてんだろーが。姦流がすたれったっつっても未だにいんだよ姦流かぶれ。
まぁ腐った在日ババァだけだろーけどな。マジきめーマジで。あー胸糞わりぃ。
どのチャンネルもチョン。チョンだらけ。
てかニュースのキャスター、コメンテーターども。テリーとかチクシ。基地外かお前ら。
厨獄やブラジルだけは、いっちょまえに叩くくせに、なんでチョンは叩かねーんだよ。基地外ども。
キムチキムチうっせーんだよ。あーうぜー。マジキムチウゼー。
日本海名称問題、剣道柔道焼肉発祥問題、その他もろもろ、ちゃんと報道しろよ根性無しの糞どもが。
妙になれなれしいし、論文では世界一チンポが小さいし、垢すりし過ぎてヒゲ一つ満足にはえねーし、
障害者が生まれたら即効捨てるし、ハムニダハムニダうるさいし、犬は食うし、チンポ小さいくせに強姦ばっか盛り上がってるし
大仏パーマの腐ったババァがそこら辺に蔓延ってるし、ゴミや唾、タンがそこらじゅうに散りばめられてる、そんな姦酷と
マジで仲良くしてーのお前ら。きめーよマジ。きめー。てかくせー。うぜー。そのくせ、いっちょまえに日本に盾突くし、キムチの一つ覚えのように賠償謝罪賠償謝罪うっさいんだよ。てかマジ市ね。マジ。
あーチョン全員この地球上から消滅してくれねーかな。マジ消えろ糞チョンども。

478 :名無しさんの主張:2007/01/02(火) 17:06:27 ID:2DebMxKx
愛国心は今の日本に必要だろ。それを否定する奴は日本だけだよ。周りの国みてみ。ほとんどの国が国に対する忠誠心があるぞ。
押し付けではなく国民が自然と国を愛するようにするべきだと主張する奴等がいるが今の日本国民じゃ自然とは無理だと思う。
だから多少強引でも仕方ないと俺は思うけどな。

479 :名無しさんの主張:2007/01/02(火) 17:07:22 ID:2DebMxKx
とにかくまともな考えなら日本は核武装すべき。昔の日本に戻るからダメだとかニュースでほざく奴がいるが昔の日本を否定するやつは
日本の文化を否定するにも等しい。昔の日本に戻るからだって?昔の日本と言えば江戸時代や平安時代などの日本が辿ってきた歴史や
文化をも否定するのか?こういう奴らがいるから日本はまともな独立国家になれないんだよ。

480 :名無しさんの主張:2007/01/02(火) 17:11:21 ID:2DebMxKx
ところで安部首相の任期はあとどれぐらいか誰か知ってる?

481 :名無しさんの主張:2007/01/02(火) 17:14:04 ID:???
また論破された国家主義者の荒らしですか…

482 :名無しさんの主張:2007/01/02(火) 17:16:59 ID:2DebMxKx
>>481論破っていつ論破された?どっちが勝った?愛国心推進賛成派か?反対派か?

483 :名無しさんの主張:2007/01/03(水) 15:00:34 ID:urr6aWW/
おれは、愛国心は必要だと思ってる。
しかし、国のために命はかけられない。(そんな地位にないからね)
でも、守るべき人たちのためなら命はかけられるだろう。

今の日本がおかしいのは、普通、命をかけるには仁義が必要だと思うんだが、
変に自己中心的な理屈で命のやりとりをしていることじゃないか?


484 :名無しさんの主張:2007/01/03(水) 15:04:14 ID:???
自分がよりよいせいかつをおくるために国家がそんざいしているのであって
国家にきせいするやつらがおいしいおもいをするために、自分がそんざいしているわけではない。

485 :名無しさんの主張:2007/01/04(木) 13:58:12 ID:UlTAWMft
     r:::::::;::;ィ;::-- 、::::::::::::::::::`ヽ、、
    /r‐'´ `´    ``丶、::::::::::::\
   |::ノ            /  ヽ;:::::::::::ヽ
  ノ/              {   /:::::::::::::::ヽ
.  l;! _ヽ、-ニ-',. '",r-、 `<::::::::::::::::::::::::::ヽ
.  ィ'´` 、_iー' ´ ,/........_` ソト、:::::::::::::::::::::〉
  弋ニtjミゞ-`7´",.-r;j‐-, ノノ 〉::::::::::::::::::/
  j=゙ー=ヲ′゙ヽく`ー''-‐' ミヾ !:::::::::::::::::::|
  {  |      ̄´   ヾ,,イ::::;-、::::::::::|
.  '、 ノ  ,._         〃!;/r1 }:::::::::::Z
   j!r 、_`‐´   ___,ヽ ,  l/イ ノ:::::::::::::::  <よいか、国とは人なのだ。
  {::l! ト- ̄------イ/ノ  |_',.べ::::::::::::::::
  r':::| ヽ、'ー‐一_',//   j´  {:::::::::(ヽ:
_,rトi:::レァヽ- ̄ ̄ィく     /   `┐:::ヽヽ
‐'"´:::;l /7   ノ:::} ,. '´        |::::::::i i
::::::::::::i、i゙:::{   /::;ノ''´       /:::::::::::i i
::::::::;イ::`::::::`´::/         rイ:::::::::::::i
::/'::::::::::::::::::/            /イ::::::;::::::::|
':'′:::::::::::::::/         //!:::/ !:::/
:::::::::::::::::::::/       o(>'´/!:/ j{_{  _,

486 :funわか ◆PKH1dRR0tg :2007/01/06(土) 22:12:22 ID:AlS+v0na
大逆罪



皆様、AOLに続き、反日物は左翼の好きなことのようです。極左週刊誌、金曜日が恐れ多くも皇室を侮辱する
劇を披露したとのことです!

抗議先一覧マスコミ各社に知らせ行政官庁に抗議しましょう!


http://www.tamanegiや.com/nonnbee.html  (や → yaに変換 )
引用: 酒たま ねぎ やURAホームページ


487 :名無しさんの主張:2007/01/06(土) 22:13:06 ID:TAG+pOfI


憲法改正には中国の意見も良く聞くべきではないか?


http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news2/1168088933/l50




488 :名無しさんの主張:2007/01/06(土) 22:15:35 ID:???
狂酸、謝民、層化、チョン、街宣ニセ在日右翼、姦酷、厨獄、左翼、日教組、新興宗教、ネットワークビジネス












          マジ迷惑こいつら 早く地球上から消滅しろよ



489 :名無しさんの主張:2007/01/06(土) 22:27:20 ID:???
左翼って何で嫌われるの?

490 :名無しさんの主張:2007/01/06(土) 22:42:43 ID:???
歌う歌わないが個人の自由なんて当たり前じゃねーか。でもな、

体育館に集まった小学生の餓鬼どもを前にして、まるで餓鬼がすねて駄々をこねるかのごとく地面に

ジタバタしてるの同じように、歌うのが嫌だから起立しないとか、歌わないとか ありえねーことない?

何の抵抗だよ? そんなもん餓鬼に見せていーのか? ルールだろ? それを守る事を教えるのが大人じゃねーの?

嫌なら、そんな現場で抵抗せずに、法治国家なんだからよ、代議士にでも何でもなって立法しろよ。

簡単に言うな、とか言うなよ? それが大人じゃねーの? そういうルールなんだろ日本って? 法律守んないといけないんだろ?

法で規制してどうすんのよwwwってお前、選挙言ってるか? どっかの党員になってるか? どうして、そういう法案が通ったのか

考えたか? 自民党が例え単独で通しても、その自民党を選んだのが国民なんだよ。 その自民党がアホな政策したら次の選挙で入れなきゃ

いーだけだろ? とにかく餓鬼の前でだいの大人が、ルールを守らない姿をみせんな。

それとな、公立の学校は政治的にも宗教的にも中立でなきゃいけねーんだよ。 極端に言ったら先生は餓鬼に自論を展開しちゃいけねーんだよ。

公務員なんだからよ。それくらいお前の糞脳みそでも理解出来んだろーが。


491 :funわか ◆PKH1dRR0tg :2007/01/09(火) 00:40:18 ID:DBNeNG/b
辛淑玉(シン・スゴ)という朝鮮女性について

http://www.asahi.com/english/weekend/K2001120900069.html

辛淑玉も日本の右翼の構成員に在日が多いって認めてるくせに、「右翼はバカでも
ななれるけど、左翼は勉強しなきゃなれないよ」などと下記のような事をほざいているわけです。
http://www.jcj.gr.jp/~hokkaido/hou-021109shin-youshi.html

日本ジャーナリスト会議北海道支部 2002年11月9日辛淑玉講演要旨より

中学生の女の子に「右翼と左翼ってどう違うの」という質問もされました。皆さん、
答えられますか。私は「右翼はバカでもななれるけど、左翼は勉強しなきゃなれない
よ」と答えました(笑)。

 南の方が収奪がひどくて日本にやってきたからです。「朝鮮籍」というのは日本
と国交がないからありえないことです。一方、韓国籍は自らの意志で取得したも
のです。学生たちは「強制連行の証拠を見せろ」と聞きます。しかし、それは彼
らに「原爆が落ちた証拠を見せろ」というのと同じくらい愚かなことなのです。

こいつが一番バカのようです。しかし、何度も書きますが、こんなバカの講演を50万も出して聞くかいな。
 収奪って何もない朝鮮から何を奪ってきたのだ。日本は朝鮮に最後まで銭を注ぎ込み、
回収できませんでした。強制連行など自分達に都合の良い歴史うそばかりを並べた典型的
な朝鮮人のたわ言です。もともとこいつの言い方は議論にはなりません。

http://www.tamanegiや.com/sinnsugobaka.html  
酒たまね ぎやURAホームページ



酒たま様 It's cool!!!

492 :名無しさんの主張:2007/01/13(土) 12:56:26 ID:LboGsvKQ
キヤノンの幹部教育研修では、「櫻井よしこ」さんが講師を務めています。
キヤノンの幹部教育研修では、「櫻井よしこ」さんが講師を務めています。
キヤノンの幹部教育研修では、「櫻井よしこ」さんが講師を務めています。
キヤノンの幹部教育研修では、「櫻井よしこ」さんが講師を務めています。
キヤノンの幹部教育研修では、「櫻井よしこ」さんが講師を務めています。
キヤノンの幹部教育研修では、「櫻井よしこ」さんが講師を務めています。


キヤノン式―高収益を生み出す和魂洋才経営 180ページ
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4532192218/249-7470042-0069153?v=glance&n=465392




●愛国心なき経済改革は失敗する 御手洗冨士夫(キャノン社長)
http://www.globetown.net/~otsboo/photo1/can03612.html


いい事言ってるよな。

御手洗叩きの工作を2chでしているのは、
「左翼」「共産党員」「在日」「反日団体」「韓国液晶メーカー」「エプソン」「中核派」「日教組」

お前ら煽られすぎ。

493 :名無しさんの主張:2007/01/16(火) 11:16:48 ID:???
テスト

494 :戦後教育の孤児:2007/01/21(日) 17:40:10 ID:???

管理教育で自由とか個人の尊厳が教えられなかった子供達は、管理者の目の届かないところで息を抜く。
教師の目の届かない所で羽目を外すのが自由だと勘違いして育つ。
つまり、今の子供達は自由=放縦だと誤解しているのだ。
その結果が昨今の成人式に見られるような体たらく。
公徳心の無いゴミの投げ捨てや虐めになって現れている。

自由や個人の尊厳とは何かも知らない教師が教育基本法に書かれた個人の尊厳を教えることが出来る筈も無く、
戦後60年間、教育基本法の精神は実践されて来なかったのである。


495 :名無しさんの主張:2007/01/22(月) 00:35:52 ID:???
>>494
目の届かない場所で悪さするってのは戦前からだと思う。
「旅の恥は掻き捨て」みたいな言葉あるくらいだからね。
どこの国の人でも同じ要素は持ってるんだけど
日本は元々”村社会(相互監視)”でその単位の中で
自分の行動を気にしながら(合わせながら)生きてきた。
ストレスの多い社会は昔から形成されていた訳です。
「本音と建前」と言う言葉もこの環境が故にできたと言えます。

特徴としては「建前」のハードルが高い、
つまり現実とあまりにもかけ離れていたり、実現が難しいことを
強制されたり、自ら掲げた場合には必ず大きな”歪”、”揺り返し”が
違うところで出ることが多く観られます。
ここが非常に問題なのだと思います。

・法律を作ってもきちんと実践せず、守らず
 勝手に自分たちなりにアレンジしてしまう役人、国民。
・昨今の企業不祥事(昔からの体質だと思うけど)
・影で同級生を死に追いやってしまうほどの”いじめ”

どれも昔からある問題で、日本の経済状況が楽観視が出来なくなった途端に
非常に歪んだ形で飛び出しただけだと思う。
学校教育も「ゆとり教育」の廃止なんか言ってけど
国民の機嫌取りで”建前”のハードルを上げる行為はやめた方がいい。
何で日本人って現実に即した効果のある目標を立てずに
建前的なハードルの高い目標、決まりごと作りたがるのだろう?
だからすぐにうやむやになるし、効力もない。
昨今の不祥事・事件を見聞きすると特に感じるよ。


496 :名無しさんの主張:2007/01/22(月) 00:54:13 ID:???
これからの教育に必要なのは子供たちが大人になったときに
自分の力、判断で人生を切り開く方法を教えることだと思う。
確かに今の子供たちは昔より自由な環境が整備されていると思うが
他力本願的な甘えた気質は非常に強く、昔と変わってない。
昔はそれでよかったんだけど、と言うかそれでもきちんと人生のレールが
敷かれており、そのレールに沿って生きていけば問題なかった。
ただ、現在ではそのレールの数は少なくなってしまい
自分でレールを敷いていく場合が増えてきている。
それなのに昔の若者と同じ気質で社会に飛び込めば
行き場が無いの当たり前なのです。
自分の人生を自分で切り開く自立心が無ければ
勉強にも身が入らないし、学んだ事も
社会で使おうとはしないでしょう(宝の持ち腐れ、義務的に」学んだものだから)。

497 :fuんwaか ◆X4bJkcf622 :2007/01/22(月) 01:36:41 ID:U8uWh2dg
管理人 :2007/01/22(月)

日本市民様
>そんな日本日本って言って何にが変わるんだよ?!それよりアンタの家族と仲良く、周りの人と仲良くしなよ!
>それからの話だな…!

いや、別に普通にお付き合いさせていただいてますけど。
あっ、そういえば選挙の度に「公明党に入れてくれ」と鬱陶しい電話をかけてきていた知り合いには「こんな鬱陶しい電話かけてくるな」と怒鳴ってから疎遠になりましたが、そのくらいでしょうか。



酒たま様は近所付き合いも出来る常識人ンンンンンンンンンンンンンンンンーーーーーーー!!!!!!!!!1

馬鹿にするな!!!庶民ンンンンン!!!!!!!!!!!!!!

498 :名無しさんの主張:2007/01/25(木) 16:16:22 ID:???
日本には人権という概念しか広まっていないけどちゃんと欧米にはそれとは違う概念がちゃんとあります。
日本にも否定する人はいますけどちゃんとしたそれに対抗して独立した思想にはなっていませんよね。
なので、

1. 自然法 ( natural law ナチュラル・ラー ) 
2. 自然権 ( natural rights ナチュラル・ライツ) 
3. 人権  ( human rights ヒューマン・ライツ )
4. 人定法 ( positive law ポズィティブ・ラー) 
の関係と対立をアメリカ思想を分析した副島隆彦の本で知ってください。

この四つが分らなければ、欧米の思想界では高校生並みにさえ扱ってもらえないらしいです。
欧米人の本気の議論の輪の中に入る前に知らなくてはいけない最低限の常識です。
人権しか知らない前近代人どもよ滅びよ。

詳しくはここから
http://jcpw.site.ne.jp/bbs/bbs23.cgi?id=&md=set&tn=1809#1839


499 :名無しさんの主張:2007/01/25(木) 17:03:55 ID:C37o6YhS
愛国心ある若者80%! 日本よたくましくあれ!

500 :名無しさんの主張:2007/01/25(木) 17:14:58 ID:???
税金を平気で食い物にする国会議員や地方議員たちは
愛国心ってあるんだろうか?

格差がひらいていくという日本でなんの手だてもできずに
献金をもらい、企業の減税をして、改革には切り込めない。
いったい何をしているんだろうw
いったい何をしてきたんだろうw
そういう政治家に群がった国民が馬鹿だったのだけれど。

さまざまな疑惑を暴露されても平然として教育なんて語るなw
教育を語る資格があるかどうか、聞いてみたい。


501 :名無しさんの主張:2007/01/25(木) 17:31:55 ID:???
教育は学校崩壊とか非行少年の増加とか問題がたくさんあるから対策を講じなければならないのは当たり前だろう。

214 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)