2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

原油高になれば再び鉄道の時代が来る

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/05(金) 04:24:29 ID:py1nPS4f0
庶民が自家用車など持てない時代に鉄道は隆盛をきわめたが
自家用車の保有が国民に広まるにつれて
鉄道はその意義を相対的に減じていき、
利用の少ない路線から次々と廃止になっている。

しかし将来的に原油がどんどん値上がりしていき、
個人レベルで自動車を運用することがコスト的に不可能に近くなれば、
再び鉄道やその他の公共交通手段が必要とされる時代が来る。

かもしれないので、今ある鉄道資源をなんとか無駄にせず
温存していく道を模索してみるスレ・・・

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/05(金) 21:07:49 ID:wvNb+Pk00
原油高は鉄道にも少なからず影響するわけだが・・・
とはいえ日本は自動車を増やしすぎたのも事実。

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/05(金) 21:41:36 ID:NkEcDa3R0
鉄道が隆盛を極めていたころは石炭輸送が盛んで
その石炭を動力にしていたわけだが

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/06(土) 03:36:25 ID:Eu3+HKAL0
>>1 
油田探索技術と採掘技術の進歩により石油枯渇の心配は当分ありませんし、それを原因とした値上がりも然り。
今から30年程前に30年後には石油が枯渇するぞと言われていたが、油田探索技術と採掘技術の進歩により石油埋蔵量増加。
そもそも、今の原油高の原因は、マネーゲーム。
ちなみに、70年代のオイルショックによる石油高騰は、中東戦争など。
前述の様に埋蔵量が増加しても、簡単に格安に採掘出来ないのが、最大の問題ね、例えば、尖閣諸島付近の海底や、イラクねなどね。

格安な石油の入手が駄目なら、代替燃料を使えばいい。ブラジルでは、値上がりするガソリンを止めて、エタノールを自動車燃料にしている。

そう、石油を使わない自動車の技術開発が進んでいる。例えば、燃料電池自動車など。
燃料電池自動車の燃料は、水素か、エタノールなどの炭化水素系。
植物を原料としてエタノールを造り、それを燃料にして走るエタノール系燃料電池自動車、従来のガソリン自動車に比べて、排気ガスは格段にクリーン、
エコロージカルでナイスですな。
水素燃料電池自動車なら、排気ガスは水蒸気だけで理想的なのだが、水素燃料の諸般の問題があって、難しい。

結局、いくら石油が急騰したからと言って、交通の主役は自動車である事は変わりないし、鉄道が主役になる事はもうありえない。鉄道は脇役に過ぎず。
しょせん、「原油高になれば再び鉄道の時代が来る」、マイカー嫌いの鉄道ヲタの幻想だろうね。


5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/06(土) 03:47:09 ID:Eu3+HKAL0
>>4の追記
そもそも、今の原油高の原因は、マネーゲーム。
そんな石油を駒にしたマネーゲーム自体が何十年も続く訳がない。いつかは終わる。

>>4の誤記訂正
>従来のガソリン自動車に比べて、 ×
従来のガソリン内燃自動車に比べて、 ○

実は、ガソリン燃料電池自動車が存在する。従来のガソリン内燃自動車と区別する為。

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/06(土) 10:18:17 ID:pQd0q19I0
>>1
鉄ヲタの頭の中には原油高が産業に与える影響は
ガソリン高騰→自家用車での外出が減る しかないのか。

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/06(土) 10:36:46 ID:5oe70IBh0
>>6
こら、他人の意見をマルチコピペするな!

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/06(土) 12:13:17 ID:Z9PduHYy0
でも地殻の厚さが平均一万前後だからもう少しでマントルにとどくし
さすがにその下には石油は無いんじゃない?

9 :名無しさん:2006/05/06(土) 22:40:47 ID:uXJ3C5KM0
今の原油高はアメリカのせいだ。
実はアメリカも、自動車と飛行機の利用を減らして、
大陸横断リニアモーター新幹線を建設しようとたくらんでいる。

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/07(日) 00:59:54 ID:dE+I2NbC0
原油使うのは飛行機が一番重要 つぎに船 つぎにトラック つぎにバス
               自家用車は一番重要じゃない。
でもさ、ジェット燃料とガソリンと重油は別物だからどうなるんだろうね。
    原油がなくなったら全部駄目じゃん。

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/07(日) 01:08:24 ID:jqS8kBhR0
>>4-5
しかし、用に足りるエタノールを得るために必要な植物がどれだけ必要か、
何処の地域でその植物を栽培するか、そんなこと具体的に考えてもいないのですよね。
これから先、人間の食べる食糧すら手に入らなくなっていく。
結局、人間は過去のエネルギーの貯蓄(石油)に頼って生きていくしかない。
鉄道ヲタクがどうのという問題ではないのでは。
人間活動は環境破壊には関係ないというHPリンクも有ったし、
それならそれで良いのでは、
海面上昇で南の島が沈んでも関係ない、スレタイ違い、だそうですし。
行き着くところまでいってしまえば良いのでは。
気温が上昇したって、エアコンガンガンにかければ快適だし、パソコンだって使いたい。
しかし、なるべく石油使用量を減らそうという考えは持ったほうが良いのでは。
必ず鉄道を使えなどと野暮な事は言わないが、
車を使用するにしても、○ルシオとかでなく、○ローラや軽自動車に抑えておくなどね。
二酸化炭素の排出権だって結局金が動くだけで、排出抑制にならないですから。
金しかないのですね、人間(漏れを含めて)興味のある事は。
環境破壊が進んでしまったら、金で復旧できるわけでもないし、
今はまだ、食糧が余っている状態だから外国の押し売りや、金を積み上げれば
良品質の物が輸入できているが、食糧難に陥ったら、いくら金を積み上げても外国は売ってはくれないだろう。
駄文長文スマソ


12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/07(日) 01:52:59 ID:eMunoXxa0
>>11
バイオエタノールは特定のサトウキビからショ糖と共に生成されるよ。こないだのガイアの夜明け見てなかった?
アサヒビールがすでに動いている(逆に言うと大手でアサヒビールしか動いてないのを嘆くべきか)。
 車はすでに影響が出ている。軽だけが販売成長し続け、小型車や大型車は売上が落ちてきてる。でもダメトヨタは
未だに日本で一番売れている車はカローラです、とすっとぼけてんだからまだ余裕なんだろう(日本一はワゴンR)。

ただ金で環境破壊の復旧は買えないって点は同意。森林税を取って林業のみならず森をを守る県=自然災害からも
守り動物被害も抑えることは増えてきて喜ばしいことだけど(現在、福島、滋賀 兵庫、奈良、鳥取、岡山、島根、山口、
愛媛、高知、大分、熊本、鹿児島)



13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/07(日) 06:57:54 ID:uyRNxeFR0
名古屋スレからコピペやめれ。
されたほうは気持ち悪い。

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/08(月) 04:57:16 ID:6BsHQPq70
たとえ自家用車が減ったとしても、今度はバスとの競合が始まるから
鉄道が大幅に盛り返すのは難しいと思う。
鉄道全盛の時代は車自体が少なかったから道路も未整備だったが
今は道がたくさんある。道があるならバスのほうがコストがかからない。

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/09(火) 01:58:15 ID:2pxXpJOx0
自家用車が減るぐらい原油高、ガソリン価格が上昇するようであれば、
日本の経済が無事であるとは思えない。
そうなると数多くの失業者が出、当然、鉄道利用者も減るのでは?

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/09(火) 03:38:54 ID:IwlIM/050
平均的な個人や企業が自動車を使えなくなるほどガソリンが値上がりし
国内の自動車がかなり減って
行政が道路の整備保守をするのを渋るようになり
既存の道が荒れ果てるくらいになれば
ローカル線がバスに勝つことができるかもしれない。
それは、過去の時代への逆行そのもの。
エネルギーが枯渇することにより、人類は現代→近代→中世へと回帰していく。
鉄道さえ成り立たなくなれば、再び馬車や人力車の時代が来るだろう。

17 :ホッシュジエンの国内ニュース解説:2006/05/09(火) 12:41:53 ID:xxtuajMA0
原油高を背景に、アメリカではガソリン価格がこの1年で平均30%以上急騰し、
州によっては必要な予算を確保できないとしてスクールバスの運行を縮小するなど、
市民生活への影響が深刻化しています。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 彡ミ    ___  __     当然、石油産業と軍需産業以外の産業に
  |ヽ  /|  ,,,,,,,,l /  /  利益配分の歪みが顕著となっている事だろう。
  |ヽ   | | ミ ・д・ミ/_/旦~~ 
  ⊥   |  ̄| ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| 他の産業=財界人らにも悪影響が出る筈ですから、財界内の
  凵    `TT | ̄l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l パワーバランスで物事が進められるという事なんでしょうね。(・A・ )

06.5.9 NHK「米 ガソリン急騰の影響深刻化」
http://www.nhk.or.jp/news/2006/05/09/k20060509000054.html

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/10(水) 15:27:46 ID:Qa2/kbdT0
インフレはファンドが犯罪者!
日本の先物相場でもガソリン・ゴム・貴金属を資金力でバカ買いして値を吊り上げるのは
三菱商事フューチャーズというところで、それにたくさん委託している「悪の枢軸」は
モルガンスタンレーなのです!

19 :「「すのーぼーだー:2006/05/10(水) 18:47:53 ID:J718V03f0
資源メジャー批判もかわすために
資源メジャーはアメリカ政府に命令して
世界各地で紛争を起こし、投機屋どもを利用して
いっせいに資源や石油の価格を吊り上げた。

これでアメリカ支配層は
今後のドル暴落を
資源価格上昇で緩和させるのだ。

資源価格上昇で中国を締め上げ
アメリカの支配層の支配下に置き

その後、資源価格上昇を当て込んだ
ロシアその他の資源産出国を
いきなり資源価格暴落で奈落に突き落とし
またもやそこをも支配下に置くのだ。

資源メジャーの高笑いが聞こえる。

ニューエコノミーは永遠に続かなかったのだ。

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/10(水) 22:18:51 ID:Q5C9xEgc0
たとえ石油や天然ガスに代わる、再生産可能なエネルギー源の
量産体制が整ったとしても、現在の石油・天然ガスほどまでに安価にすることはできない。

人類が現在のような贅沢な生活を続けられるのもあと数十年のうちだけ。
現在の権力者たちは、自分が死んだあとの世界で資源が枯渇しようと知ったことではないと
皆考えているので、現在のような枯渇資源の浪費をやめるつもりはない。

石油が枯渇すればあらゆる物が値上がりし、世界中がパニックになるが、
避けるすべはない。
それは人類が近代や中世に回帰していくプロセスにほかならない。
近代や中世とは言うまでもなく貧しく、争いや辛苦に満ちている。

現代は人類の歴史のうちでもっとも贅沢な時代であり、現代の権力者たちは
後の世代を顧みず贅沢の限りを尽くし、人類没落へのシナリオを無為無策のまま突き進んだ
忌まわしく恥ずべき世代であると、のちの歴史書には記されるだろう。

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/10(水) 23:40:27 ID:EEgGrb3X0
今から二・三十年前にも、二・三十年程の近未来での石油枯渇を唱える人々がいました。けど、予言がはずれました。
現代も、近未来に石油は枯渇するぞ!と予言する人々は後を絶たず。
そして二・三十年後の未来も、相変わらず、「近未来に石油は枯渇するぞ!自動車社会の崩壊だ!」云々と書き込みする人々は絶たないでしょうな。

資源探査技術、そして採掘技術の進歩で、地球全体での石油の埋蔵量が年々増加しているんだけどな(苦笑)

世界有数の原油埋蔵量誇るイラクが、落ち着けば、安定すれば、原油供給量が一気に増えて、原油価格が暴落するんだけどな。
今のイラクでは、原油の採掘と、原油の輸出が不可能な状況に陥っているが、そんな状況がいつまでも続く訳がない。

石油が高騰などで馬鹿高い時期には、代替エネルギーと省エネ技術の開発が加速し、やがて石油消費量が減少し、石油の価格が下落する。
しばらくすると、忘れた頃に、テロや紛争や戦争、はてはマネーゲームなどにより、石油の価格が再び高騰。
そんな事の繰り返しですよ。

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/12(金) 09:33:44 ID:jraGddjw0
石油=化石が元になっているから有限という説もぁゃιぃ希ガス。

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/28(日) 16:38:40 ID:aChTaxGsO
原油高は車だけでなく、ローカル鉄道(特に第三セクター)にも深刻な影響を与えると思うのだが・・・             三セクの場合は経営にモロに直結する。

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/01(木) 22:46:05 ID:A2736kpj0
石油高になれば、自動車や鉄道などの内燃動力だよりの交通機関ではなく、原子力船が主要交通機関になる。
未来の貨物輸送は原子力動力による潜水貨物船だ。
潜水貨物船なら、潜水の深度の違いにより海面のみしか航行できない従来船舶以上の船が航行できるようになる。

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/01(木) 22:51:58 ID:LUf0bbi20
>>23
ローカル航路はすでに影響出てますが何か?

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/01(木) 23:49:20 ID:9smnby1F0
原油高騰を背景に増える「週4日制」 遠隔地の学校区 - USA

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/03(土) 16:29:04 ID:VFMWz05z0
これからは自家用車の時代。
公共交通機関など時代遅れ以外の何者でもない。
バスや路面電車などが存在するから渋滞が起こるわけだし、
外に目を向けると、鉄道施設、航空施設、港湾施設なども
狭い日本の貴重な国土を無駄遣いしているだけだ。
このように公共交通機関は日本国にとって害なのであり、
公共交通機関が無くなれば国民はみんな喜ぶだろう。
無くなって困るのはキモい鉄ヲタやバスヲタや航空ヲタや船ヲタだけだろう。

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/03(土) 23:13:20 ID:S+dbDiOV0
>>27
島国なのに飛行機や船なしでどうするつもりなんだ?アホか。

29 :しゃきしゃき:2006/06/11(日) 16:08:34 ID:OPfs4S580
日本は石油利用の効率が
アメリカの三倍ほど良いので

アメリカは
日本の売国奴官僚を利用して
日本の石油に税金を含ませ
石油価格を不当に吊り上げて

日本の世界での産業競争力を削いで
いるのだ。

30 :名74系統 名無し野車庫行き:2006/06/13(火) 23:58:36 ID:VVFlcnO40
>>29
ウソウソ。
原油価格が寝あがればアメリカのDQNクルマが売れなくなるよ。

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/19(月) 23:11:31 ID:tBabEHoD0
ここに来る>>25みたいな車擁護のやつらは、正確にはマイカーマンセーというやつだ。


車さえあればバスも電車もタクシーも要らないし、
飛行機も高速道路の制限速度を無制限にしてしまえば衰退すると思ってる。
運転免許はもっていて常識だから小学校のうちから取らせてもかまわないし、
車を運転できない老人、盲人や障害者は人間じゃない「えた・非人」と思っていて
「こいつらは生きているだけで無駄飯喰いなんだから全員氏ねばいいのに」と本気で思っている。
歩行者や自転車は害悪と思っていて、轢いても罪に問われないよう法改正されればいい、とすら考えている。
俺は運転がうまいんだから自分は事故るわけがないんだ。事故る奴は運転がへたくそなだけと根拠もなく勝手に信じ込んでいるし、
他人はどんなに事故っても自分さえ巻き込まれなければ知ったこっちゃない。
自分の勝手な用事で路上駐車することは何とも思わない一方で、 他人の路駐で自分の走りが阻害されると「路駐ウゼェ」と本気で憎み、
何より、「駐車場がない」と言いながら、有料駐車場は利用せず、どこであろうが路駐する。
「道路をもっと整備しろ!」と言うのだが、いざ自分の家が道路整備のため立ち退きを迫られると反発する。
スピード違反や飲酒運転、駐車違反、シートベルト非着用などで捕まっても、 「運が悪かった」としか思っておらず、
「法律がおかしい」とか「みんなやっているのに何で俺だけが捕まるんだ??」 とかと屁理屈をこねる…。





…というやつらだ。したり顔で何か語っても空々しいだけだ。

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/24(土) 22:19:57 ID:K6rmajDR0
>>31
まぁマイカー房がうざいってのも分かるが何度もみた長文コピペを
貼り付けるやつもはっきりいってうざい。

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/03(木) 16:38:17 ID:DqCXWYCE0
原油が高騰すれば、列車やバス運賃どころか全てのモノが値上がりするぞ。
すでに航空運賃や離島航路、トイレットペーパー、ガソリン価格は値上がりしてる。

そのうえ増税まで食らえば、スダクフレーションで日本あぼ〜んすることも考えないといかん。

列車本数を減らしたりて、列車待ちの客がん時間も待合室で待っていたりする状況が当たり前それがオイルショック時代。


34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/26(土) 20:35:44 ID:EL1wYA4I0
保守

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/26(土) 23:25:27 ID:q+UiSnHg0
原油高になれば再び人力車の時代が来る?


36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/26(土) 23:41:01 ID:PVdtFL960
ガソリンはいつになったら安くなるの?教えて。

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/27(日) 00:08:58 ID:JYw8R3A5O
人車鉄道復活オメ

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/27(日) 03:21:03 ID:fHwWCKpf0
今の状態だと、原油の代替資源が安定的に供給できるようになったところで
いっせいに切り替えが殺到してその値段すらあがる…といういたちごっこになりそうな気もするが
それに、ウランだって無尽蔵にある資源ではないのだ
原油だって安値で採掘できる原油が入手できない状態になる可能性もある
トヨタもリチウムで中国に首根っこつかまれかけてるようだしな
結局無資源国家日本にはそれにふさわしい技術開発が必要ってことなんだろうな
炭素・水素・酸素・珪素くらいで何でも作れるようにならないとこの先厳しいかも試練

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/27(日) 03:51:11 ID:txzy9jcQ0
>>38
リチウムの産出国はチリだよ。中国は世界第二位だね。
いい意味でも悪い意味でも資源のある国は強いな。
http://www.jetro.go.jp/chile/pdf/lithium.pdf#search=%22%E3%83%AA%E3%83%81%E3%82%A6%E3%83%A0%E3%80%80%E3%83%9C%E3%83%AA%E3%83%93%E3%82%A2%22
http://www.tohoku.meti.go.jp/kankyo/recycle/date/27.pdf#search=%22%E3%83%AA%E3%83%81%E3%82%A6%E3%83%A0%E3%80%80%E8%B3%87%E6%BA%90%22
http://www.jetro.go.jp/chile/pdf/20050318.pdf#search=%22%E3%83%AA%E3%83%81%E3%82%A6%E3%83%A0%E3%80%80%E8%B3%87%E6%BA%90%22

日本としてはリチウムが大量にあるとわかったボリビアとの友好関係を強化すべきでは??
http://www.jogmec.go.jp/mric_web/jouhou/minetopics/america/bolivia_05.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%AB%E3%83%AD
http://www.jogmec.go.jp/mric_web/kogyojoho/2005-07/MRv35n2-08.pdf#search=%22%E3%83%AA%E3%83%81%E3%82%A6%E3%83%A0%E3%80%80%E3%83%9C%E3%83%AA%E3%83%93%E3%82%A2%22

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/27(日) 12:38:04 ID:fHwWCKpf0
ちょっと前に共同通信発信で
トヨタのプリウスが作れなくなる!?
という書き出しで始まる記事の中で
トヨタが資源確保の極秘プロジェクトチームを立ち上げたとか
 これが春ごろから日中友好ってうるさくなりだした原因か?
中国がリチウムの輸出振興から
国内消費優先に舵を切り、希土類を用いた磁石の開発を共同でやりましょう
 すなわち技術をただで開放しろ
とかぬかしているという連載記事を見たので…
まあ、中国にとって見ればそれが合理的なんだろうが…
結局、日本は省資源立国の精神に立ち返り、
>炭素・水素・酸素・珪素くらいで何でも作れるようにならないとこの先厳しいかも試練
ということだ、繰り返しになるが…

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/27(日) 12:54:48 ID:fHwWCKpf0
>>1
たぶんプライベートな空間を求める風潮が広まりきっているから
それはないと思うよ
他人に気兼ねせずに移動できる手段という側面もあるから…クルマは
近所だったら自転車や徒歩に切り替えるという程度で…

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/27(日) 17:04:17 ID:KRmKS2/G0
>>40
現行プリウスはニッケル水素電池だな。
次期型では効率の良いリチウムイオンに代わるって話もあるようだが。

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/27(日) 21:00:47 ID:txzy9jcQ0
>>40
トヨタは南米で材料のリチウムを採掘して輸入する会社でも作れば??
どういうことかといえばトヨタがリチウムの採掘権を確保するってこと。


44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/28(月) 03:08:37 ID:ZPl7VCKO0
京都議定書どうする??

2012年までに6%二酸化炭素の排出量を減らさなければいけないんだけど、このままじゃ達成困難だよ。

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/28(月) 08:59:21 ID:G1l6ny5q0
達成できそうな国なんかあったっけ?

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/28(月) 20:57:38 ID:nAQm/erj0
>>45
京都議定書に基づき各国に割り当てられたCO2などの各種温室効果ガス排出削減目標を達成出来た国は無いね。
あったら、大きなニュースになって、>>44が「日本は達成出来た○△□国を見習え!日本は○△□国よりも民度が低い!」云々と強気でほざいているでしょうな(笑)
日本が温室効果ガス排出削減目標を達成出来無くても、ハルノートみたいな日本に対する国際社会による経済制裁自体は実施され得無いし、
ましてや国連軍が日本を占領する事も全く無いし、つまり、たとえ目標が達成出来無くても、そもそも罰則規定が無いんだよね。
しかも、地球上最大の温室効果ガス排出国であるアメリカ合衆国は、京都議定書にて米国に割り当てられた温室効果ガス排出削減目標に対して
「科学的根拠無し!非現実的!」云々と拒否して、そんな京都議定書の規定に参加して居無いし、
また、経済発展により世界の工場と化して今後益々日本以上に温室効果ガスを大量排出する中国でさえも削減義務を免除され、
そう、中国などの数多くの発展途上国そのものは温室効果ガス排出削減義務を免除されている。
この様に、京都議定書自体は“ざる法”なんだよ(笑) 
だからと言って、京都議定書は全否定出来無いよ、例えば、排出権取引とか、森林の重要性などの功の面もある。

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/28(月) 21:21:11 ID:nAQm/erj0
>>46の続き
自家用車はCO2の最大排出源ではありません。そう思っている鉄道ヲタが多い。>>1>>44もそう思っているのかな・・・。
自家用車はCO2の最大排出源ではありませんので、自家用車だけを禁止しても、地球温暖化は一気に解決出来ません。

もし仮に「マイカーが地球温暖化などの環境破壊の最大の元凶だ!マイカーを禁止すれば環境問題が一気に解決するはずだ!」という主張が真だったならば、
ドイツでは98-05年の連立政権与党の一つが環境至上主義の“緑の党”だったので、ドイツ国内にてメルセデス・ベンツ、ポルシェ、BMW、アウディ、フォルクスワーゲン
各社の自動車工場閉鎖とマイカー使用禁止を実施しても可笑(おか)しくはは無いのですがね。
グリーンピースも日本の捕鯨船に対して実力行使した様に日本国内の各社自動車工場に対して人間の鎖などの実力行使をやっても可笑しくは無いのですがね。
が、しかし、現実はそうでは無い。相変わらず、日本と同様にマイカーが沢山走行しています。パリの凱旋門辺りは車の長蛇の列が目撃されます。
ドイツでは、アウトバーンにてマイカーが100km/h以上のスピードで走行し、主要産業の一つが自動車。
フランスはバカンスの混雑解消の為にわざわざミヨー橋という世界一高い橋を建設しちゃいました。
こう書くと「LRTとトランジットモール」と反撥する人が居ますが、トランジットモールなんか、しょせん日本の歩行者天国に路面電車の走行を許可した様なもので、
日本の歩行者天国と同様に繁華街だけを対象にして隣の街路では車が走行しているなど市街地全体を禁酒法の如くマイカー禁止にしておりません。
ただ、日本と違うのは、パーク・アンド・ライドに力を入れている事です。
因みに、欧州の都市では働きに出る女性が公共交通機関の利用に不安を感じて自家用車を選択する傾向があるそうですよ。

欧米諸国は、禁酒法の様なマイカー禁止では無く、日本と同様に技術革新で以て環境負荷がより低い―CO2排出量がより少ない―車の開発に勤しんでいます。
実は、原油高がその様な低公害車の普及を促します。
と言うのも、低公害車自体は、代替燃料自動車、石油系内燃機関と電気モーターのハイブリッドカー、燃料電池自動車などと言った具合に石油依存度を減らしているから。
原油高の時期が車買い換えの時期と重なれば、燃費の良い、即ち石油依存度のより小さい、これ又即ち環境負荷がより小さい車がより売れるようになるからです。

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/28(月) 21:42:47 ID:lfxoTpsr0
>>44
では家庭風呂を使うのをやめて銭湯に行って下さい。

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/28(月) 21:44:26 ID:nAQm/erj0
>>47の訂正
>自家用車はCO2の最大排出源ではありません。そう思っている鉄道ヲタが多い。×

自家用車はCO2の最大排出源ではありません。そうじゃないと思っている鉄道ヲタが多い。 ○

>>47の追記
今から二・三十年前にも、二・三十年程の近未来での石油枯渇を唱える人々がいました。けど、予言がはずれました。
現代も、近未来に石油は枯渇するぞ!と予言する人々は後を絶たず。
そして二・三十年後の未来も、相変わらず、「近未来に石油は枯渇するぞ!自動車社会の崩壊だ!」云々と書き込みする人々は絶たないでしょうな。
資源探査技術、そして採掘技術の進歩で、地球全体での石油の埋蔵量が年々増加しているんだけどな。
後述する様に、世界有数の原油埋蔵量誇るイラクが落ち着けば、安定すれば、原油供給量が一気に増えて、原油価格が暴落するんだけどな。
今のイラクでは、原油の採掘と、原油の輸出が不可能な状況に陥っているが、そんな状況がいつまでも続く訳がない。
原油の高騰などで石油が馬鹿高い時期には、代替エネルギーと省エネ技術の開発が加速し、やがて石油消費量が減少し、原油価格が下落する。
しばらくすると、忘れた頃に、テロや紛争や戦争、はては投機・マネーゲームなどにより、原油価格が再び高騰。
そんな事の繰り返しですよ。
無論、その間の技術革新による結果として、省エネで一つの作業で要する消費量が減少し、なおかつ環境負荷も低減されているでしょう。

いずれイラクでの内戦状態が終結してイラク国内が安定すれば、湾岸戦争などによって1990年代からずっと塩漬けされていた手つかずの膨大な量の原油が
一斉に日本などの世界中の消費地へと放出されて、そのように原油の供給量が一気に増えたら、原油が暴落して、ガソリンなどの石油系燃料の値段も値下がりして、
下流に位置する人々も財布を気にせずに気軽にマイカーを使えるようになるでしょうな。

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/28(月) 21:55:14 ID:hP0GWW7E0
そもそもアメリカは京都議定書に批准してない。正解だよな。

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/28(月) 23:16:14 ID:m3bxiJMe0
米、中、ロ、日、印がトップ5だが、うち削減を義務付けたのは日本だけ。
ロシヤは経済が一時的に冷え込んでいるし広大な領土で義務はなし、
ブリックスは対象外、米は最初から無視と。

世界の四分の一を排出する国のポチは言う事を聞けばいいという事で、
何かを言ってもポチが吠えているよ、ぐらいの扱いだろう。
最初から吠えもしていないか。

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/29(火) 00:18:24 ID:xpz3GM0O0


京都議定書を日本は脱退せよ。 



地球温暖化を防ぐために二酸化炭素などのガスの排出量を削減しようというのは、よいことだ。日本が先頭に立ってすすめようとするのも、よい考えだ。 
しかし、それは他の国がみな協力してくれることが前提だ。各国とも事情があり、削減目標が一律というわけにもいかないだろう。それはわかる。 
だが、京都議定書はあまりにも不公平である。途上国には一切削減目標を課さないのはおかしい。 
特に、大量のガス排出国、中国が途上国扱いを受けて野放しなのは、絶対に許せない。最大の排出国、米国も参加していない。 
中国、米国が日本と同じ程度の削減目標を課されないうちは、日本は京都議定書から一時離脱した方がよい。 

日経朝刊によれば、東京電力が中国新疆ウイグル自治区で運転する風力発電所から二酸化炭素排出権、約65万トンを購入する契約を結んだそうである。 
日本のお人よし、頭の悪さ、マヌケさ加減に、はらわたが煮えくり返る思いがする。 

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/02(土) 11:40:24 ID:58Sl96UA0
>>52
達成した電化機器や乗り物を独占で海外に売り込む予定だったんだからしょうがない。
 まさか韓国が電化機器メーカーとして立国することになって日本の電化産業は国際社会の中で徐々に
斜陽化してるとは思いもしなかった、いやその前兆を見ないふりをしてしまった。
 自動車技術では石原都知事のパフォーマンスに洗脳されているうちにヨーロッパではディーゼル技術復権で
CO2削減、ガソリンの代わりに安価なLPGにコンバートできるキットまで普通に売ってる。原油購入に苦しんで
いるブラジルなど援助対象にできると思っていたが自国でバイオエタノール技術を確立してしまった。

日本は今やLPGやアルコール燃料、バイオディーゼル燃料対応(作るほうも使うほうも)で先進国中最も遅れてるよ。
頼みの綱の電気自動車だが、ここ数年で銅の価格は3倍になるだろうっていわれてるけど大丈夫なんかね? モータ
やバッテリの製造価格が跳ね上がったらハイブリッドも電気自動車も売れなくなるよ。

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/02(土) 12:04:11 ID:NImuql8m0
京都議定書以前から韓国電化製品メーカーも普通に有名だったんじゃ?
それを無視するとはねぇ。


日本でもアルコール系燃料が流行ったときに、くだらん難癖付けて潰し
やがったな。
ブラジルじゃアルコール100%の燃料はガソリンの半額だって。
政官業の利権にばかり拘っているから、庶民に付けが廻ってくるんだよな。
いい加減にしろ!

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/02(土) 22:16:39 ID:Jz6Ov5u90
 多少は鉄道回帰するだろうが、L=200円くらいなら大きく情勢を変えるほどではないかと。

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/02(土) 22:26:50 ID:QA6ZeO3a0
陸上はね。

だが、航路や航空路は既に影響が出ている。
200円レベルになったらあぼーん続出だろう。

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/02(土) 23:21:18 ID:W3HSVthh0
え?カトリーナのせいで一時的に供給に不安があったからだろ?
あそこらへんの製油施設が直ったらまた価格は下がり始めるんじゃないの?

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/03(日) 11:36:43 ID:JaDY7Cof0
>>57
今んとこ1バレル70ドル台に下がってるとはいえ、原因が中東情勢だから無理だろ。
イスラエルがまた空爆始めたらつられて上がるよ。
それより日本はイランと友好国なんだからこういう時に平和的解決をしてみせて見返りに油田開発の早期
再開すりゃええっちゅうの(中東のテロリストが日本で活動しないのはイランと友好国という理由もあるのに)。
 こんなところまでアメリカの顔色窺うなと。

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/03(日) 12:09:53 ID:ycIWc2GR0
>>58
つ[民間レベルの外交]

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/03(日) 14:25:02 ID:C6d6MrZZ0
>>57
ファンドが絶好の投機先としてロックオンしているからです。

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/03(日) 16:47:44 ID:7PAnGHee0
>>2
わずかに影響される鉄道VS大きく影響を受ける自動車では
どっちが原油高に強いかは解るよな
鉄道の方が圧倒的に強いんだぞ

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/03(日) 21:52:31 ID:pMm4UFwx0
ブリックス各国が工業化し、国が豊かになり自動車が広まり、石油需要は
益々増える事が予想されているから、簡単には下がらないだろうな。

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/04(月) 00:22:29 ID:GWzZfcpL0
そういや、野鉄も石油ショック直後に廃線予定が、石油ショックでガソリン値上げで
結局住人が「鉄道存続」と言い出して、会社側も欠損金補填を条件に存続したっけ。
(でも、結局20年後に廃線されたが)

ちなみに越後交通でも長岡線が石油ショックの直前に廃止されて、石油ショックになった頃になって
住人が「鉄道を復活させろ」とか言い出して未だに線路がはがされずに一部残っているのは皮肉だな。
花巻交通もそういう感じだった見たい

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/04(月) 10:01:28 ID:oyyKZAfG0
30年前のオイルショック当時との最大の違いは円が強くなった事だな。

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/05(火) 02:38:29 ID:nmg+6d070
原油が無尽蔵なわけがない。
たとえ海のようにあったとしても、日々莫大な量が消費されているから
海さえも枯れるだろう。

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/05(火) 22:58:54 ID:hkHKRkPm0
消費量も増えているのに埋蔵量も増えているこの不可思議さこそが
ポイントだな。

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/05(火) 23:03:05 ID:+13pY5H90
>>66
原油価格が上がれば今まで採算割れで休止してた油田が復活するからな。
石炭も中国産がこの調子で高騰すれば再来年あたり日本の炭田が復活するだろうよ。そして発表される埋蔵量が増える。


68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/06(水) 00:08:45 ID:YMAAs+nZ0
原油が今のように高騰する前から埋蔵量は増え続けてなかったかな?
まぁ、国内炭鉱の復活はないだろうけど。

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/06(水) 17:03:28 ID:hfMEGrNb0
>>68
油田はもう限界
埋蔵量は減る一方
技術の向上で増えてきた埋蔵量も
もう限界に達していてあと約40年はすでに確定
油田開発も頭打ちした

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/06(水) 17:45:11 ID:YMAAs+nZ0
>>69
ここからの出展(2003)かな?
http://www-atm.jst.go.jp:8080/01070101_1.html

新しい情報(2005)だと、その後も更に増えているような・・・
http://oil-info.ieej.or.jp/static/oil/2-1a.html

いや、今年からは減るって事かな?

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/06(水) 19:17:40 ID:KUpCr8ZF0
>>61
車体が動くエネルギーだけを比較して考えれば鉄道の方が小さいように見える。
実際は職員の車での出勤、駅の空調照明、整備工場、夜間の保線にはまともに受ける。

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/06(水) 23:30:54 ID:fnMSsU0h0
鉄道は原子力発電の電力で動く

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/07(木) 12:13:07 ID:H6JqmfiA0
>>72
では核廃棄物の処理費用を鉄道会社が負担して下さいね。

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/07(木) 14:37:22 ID:o2XqYIZK0
>>73
つ[プルサーマル計画]

75 :名無しさん@お腹いっぱい:2006/09/07(木) 22:28:10 ID:wuOCAOAP0
http://www.kokudokeikaku.go.jp/forum/index.php
国土交通省の掲示板で石油枯渇後の交通体系を語ろう。

76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/08(金) 18:33:29 ID:SZDKF+XH0
米シェブロン、メキシコ湾深海で石油試掘に成功
[ニューヨーク 5日 ロイター] 米石油大手シェブロン<CVX.N>は5日、メキシコ湾深海での石油試掘に成功したと発表した。
アナリストは、米産油量のおよそ4分の1を占める同地域にさらに石油が埋蔵されている可能性があると指摘している。
シェブロンによると、記録的な水深と水圧下での試掘で、日量6000バレル以上の流量が確認された。
これは注目されているアンゴラ沖の海底油田などの産油量に匹敵する。推定埋蔵量は明らかにしていない。
ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)紙は、シェブロン幹部の発言として、メキシコ湾での最近の発見で、
およそ150億バレルの石油・ガスが埋蔵されている可能性があると報じた。
これにより、現在の米石油埋蔵量は50%増加することになる。

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/09(土) 13:50:15 ID:zLir6c6h0
>>74
ガラス固化体の処理費用のことですが何か!

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/11(月) 00:21:21 ID:kE8/ukln0
鉄道会社が負担せよってことは遠回しに利用者負担ってことじゃないの?

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/11(月) 01:18:00 ID:9kqoPdar0
北欧で糞尿を利用したメタンガス車があるそうだが、日本も利用するようになる
だろう。


80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/11(月) 21:33:10 ID:RfyAU0PO0
北欧っちゃー、
原発全廃をいち早く決めたスウェーデンが、
同じころに原発増設を決定したフィンランドのことを
散々バカ呼ばわりしたが、
糞尿や風だけではどーにもならないのが分かって
いつ原発推進に転換しようかと
振り上げた拳を下ろす時期で悩んで居やがら。
ドイツも似たようなものだ。
頭が良さそうで実際はバカなやつらだ。

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/11(月) 23:08:28 ID:ondbX6ba0
でも核燃料もいつかは尽きるんでしょー

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/12(火) 01:55:53 ID:r0XXK5s60
いつかって、いつ?

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/12(火) 11:38:28 ID:jR3NJb6G0
しかし、地球上の人間がすべて一定程度の生活水準で暮らそうとするなら、
化石燃料で賄っていたら地球は滅びる。核燃料を主体にするしかない。
その意味では、高速増殖炉とかは、とても大事な技術だ。

84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/12(火) 11:52:56 ID:5AgJldnR0
空気のない宇宙における太陽電池の発電効率は、地上の数倍の発電が
可能らしいな。

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/13(水) 13:06:18 ID:cW9NuP4G0
自家用車にも原子炉を搭載

86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/13(水) 20:34:47 ID:qShn+UbR0
原油高終わりか?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060913-00000017-mai-bus_all
<NY原油>大幅続落、63ドル台に
12日のNY原油先物相場は大幅続落し、指標である米国産標準油種(WTI)の10月渡しは
前日終値比1.85ドル安の1バレル=63.76ドルと3月下旬以来、約半年ぶりの安値で取引を終えた。
OPECの生産枠維持決定などを受け、相場は売り優勢の展開が続いており、終値ベースでは7営業日連続の下落となった。
(毎日新聞) - 9月13日10時17分更新

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/14(木) 17:49:05 ID:wlHx+sIz0
100ドル説を唱えているジム・ロジャーズは、
一旦50ドルまで下がると言ってるよ

88 ::2006/09/14(木) 20:46:58 ID:L1z6UENeO
高速に軽鉄道引け

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/16(土) 17:03:32 ID:MuJxcXUY0
原油価格が1バレル100$を軽く突破して、トンデモ不況にでもならない限りは、
もはや京都議定書の目標値を達成できる見込みなど無いからなぁ。
まぁ、適当にやるしかないだろう、現実問題としては。

90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/16(土) 19:10:22 ID:EIan3S9P0
>>81
漏れは大学の授業で電力システムという科目を取ってるのだが
授業の内容が本当ならウランの寿命は100年以下。
しかし、核燃料サイクルを実行すれば2500年ほどもつらしい。

91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/16(土) 21:34:13 ID:giuoU2ou0
>>90
2500年って増殖炉が実用化されたらの話だろ?
そのくらいの技術力があればトリウムも核燃料にできるだろうから、
1万年くらいは大丈夫になると思われ。

92 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/18(月) 11:15:37 ID:efBqkes00
スウェーデンでは、数年のうちに電車の電力源はすべて風力とバイオマスになる。
首都のストックホルムの市営バスは、2000台すべてが2030年までに石油を使わない車両に
置き換えられることになっている。
要するに、公共交通は、鉄道の非電化区間を除いて、石油は無関係になる。

93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/18(月) 11:23:13 ID:mK77s0/80
つまり、スウェーデンではストックホルム以外にはバスはないということ?

94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/18(月) 12:00:27 ID:+XhgIHl30
ゴムタイヤの原料も塗料も潤滑油も無関係ですか

95 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/18(月) 12:21:09 ID:Vwdps41v0
スウェーデンのベクショー市では、
すでにバスの燃料は非石油化が実現されてるはず。
特に、同市では全戸をカバーしている地域暖房給湯システムが
すべてバイオマスに依っている。
ストックホルムは大都市だから、時間がかかるのだろう。

96 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/20(水) 21:52:35 ID:GJCXhgnk0
原油高終わりか?

<NY原油>急落 半年ぶり61ドル台
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060920-00000029-mai-bus_all
 【ワシントン木村旬】19日のニューヨーク・マーカンタイル取引所の原油先物相場は、
「米景気の減速に伴い原油需要も減少する」との観測から急落した。
指標である米国産標準油種(WTI)の10月渡しは前日終値比2.14ドル安の1バレル=61.66ドルで取引を終え、
3月下旬以来、約半年ぶりの安値をつけた。
 8月の米住宅着工件数が市場予想を大きく下回り、米景気の減速感が強まった一方、
米原油在庫の水準が例年を上回っているため、需給緩和感が一段と広がった。
(毎日新聞) - 9月20日10時40分更新

97 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/23(土) 00:42:53 ID:4cTR90y+0
米加州、トヨタなど日米6社を提訴 温室ガスの責任問う[09/21]

http://news18.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1158840204/l50
米カリフォルニア州司法省は20日、自動車の排ガスにより、温暖化や健康被害対策などで多額の財政支出を強いられているとして、
トヨタ自動車やゼネラル・モーターズ(GM)など日米の自動車大手6社を相手に、損害賠償を求める訴訟を連邦地裁に起こした。請求額は未定。
温室効果ガスを「公共の害」と定めた法律を根拠に、ガスを排出する自動車を生産するメーカーの責任を問う全米初の訴訟。
「環境保護で世界を指導する立場」(シュワルツェネッガー知事)を目指す同州と、規制に反発する自動車業界の対立が深刻化しそうだ。
他の被告はホンダ、日産自動車、ダイムラークライスラーの北米部門、フォード・モーターで、販売台数の多い計6社。
同司法省は、6社の生産する自動車が、州内で温室効果のある二酸化炭素(CO2)を含む排ガスを大量に発生させ、健康や環境に多大な被害を与え、
州は巨額の対策費を拠出したと主張している。
AP通信によると、自動車メーカー側は「よりクリーンでエネルギー効率の良い自動車を既に製造している」と反論する声明を発表した。
カリフォルニア州は、温室効果ガス排出量を2020年までに現状比で25%削減することを製造業者らに義務付ける法案を打ち出しているほか、
09年以降に州内で販売される自動車にガスの大幅削減を義務づけるなど、環境保護の突出した規制で知られる。
http://www.sankei.co.jp/news/060921/kok008.htm

98 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/25(月) 11:33:19 ID:J0ix/LJq0
>>63
撤去に金がかかるからほったらかしになってるだけ。

99 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/27(水) 15:10:43 ID:m/2qgTkJ0
原油の確認埋蔵量はいまでも増えているはずだけどな。

そんなことよりも、
電化路線を排気ガスを撒き散らしながら走る気動車やディーゼル機関車の運行
を止めさせろよ。

またCO2の最大排出部門は発電事業なんだから、電力を大量に消費する鉄道事業
を規制すべきだな。
動力源としてだけではなく、駅や保安施設でも常に電力を消費している鉄道事業
こそが環境への負荷だぞ。

100 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/27(水) 20:32:36 ID:Y9Euhy7Y0
>>99
いくら地下に埋まっていても地上に掘り出せるかどうか。
埋蔵量は増えていても、取り出せる量が増えないのならば意味がない。
中東の巨大油田はそろそろ寿命で、それに変わる油田はない。

101 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/27(水) 22:17:08 ID:WZBW+If00
>>99
満員電車の乗客が全員車に乗り換えたほうが環境負荷は高いにきまってるだろ。

102 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/27(水) 22:58:18 ID:ggMx1+wU0
極端な話、経済活動を半分にすればCO2もある程度比例して減るだろうな。
でも誰も望まないだろ?
そこが難しいところだ。

103 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/28(木) 10:28:29 ID:G1z6lH8K0
需要が少ない地域では、多額のコストとエネルギーを浪費する鉄道を維持するよりも、
必要なときに必要なだけエネルギーを消費する自動車の方が効率的だし環境への負荷
も少ないということ。
常識なことだと思うがな。

104 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/28(木) 11:05:47 ID:+xa6UGEh0
>>100
100ゲトオメ。そして油田にはオイルサンドというのがある(昨日WBSでやってた)。カナダのオイルサンドに含まれる
原油の埋蔵量はサウジアラビアに匹敵とかで急に業者が参入してるそうだ。
今まではコストに見合わないので見向きもされてなかったが原油高騰で採算ラインに乗ったのが理由らしい。


105 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/28(木) 18:48:04 ID:cPTBT6AF0
>>103
自動車は必要以上にエネルギーを消費してるようにしか思えない。

106 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/01(日) 22:52:04 ID:IsS8XrmI0
☆モテモテ代替燃料 バイオエタノール『食糧も燃料も担う』

ガソリン価格の高騰、地球温暖化の解決策として注目され始めた代替燃料「バイオエタ
ノール」。安倍晋三首相の所信表明演説でもその利用促進が明言されるほどのモテモテ
ぶりだ。もし新たな燃料の主役になれば、農家は食と産業を担うスター選手に。中東
依存も一気に減る。演説通りいくのか。

北海道十勝平野。雄大な農地が広がり、小麦、ビート(テンサイ)の日本最大の生産
地帯だ。ここが国産バイオエタノールの“発祥の地”になりそうだ。帯広駅から車で十
五分ほどの「とかち財団」産業振興センターでは、これまで牛などのえさになっていた
規格外小麦などを使い、バイオエタノールを事業化する可能性を探っている。

「十勝では年間約二万七千トンの規格外小麦が確保でき、現在の技術でも一リットル約
九十八円で生産できる。やや課題が残るものの、ビートも大量に生産している。すでに
3%を混合したガソリン(E3ガソリン)で車を走らせたが、通常ガソリンとの差は感
じない。寒い土地でも、ごく普通に使えることは実証済みです」

同センターの金森克仁事務局長は、これまでの研究成果を披露する。

農林水産省は今後五年間で全国数カ所に計五万キロリットルのプラントを整備する計画
で、原料が豊かな十勝はその最有力候補だ。

http://www.tokyo-np.co.jp/00/tokuho/20061001/mng_____tokuho__000.shtml



107 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/01(日) 23:01:26 ID:Hep0a+wx0
ホンダは麦藁からアルコールを精製する方向で動いているらしい。
あとは、乗用車にも小排気量ディーゼルが普及すれば、天麩羅油廃油、
菜種からとる菜種油からディーゼルオイルを精製できる。

108 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/02(月) 00:25:58 ID:38vQVu340
なんてこった、鉄道の時代が来なくなる。

109 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/02(月) 20:28:15 ID:xcTlSRKm0
北海道や沖縄で原料を生産しても首都圏で発生する二酸化炭素は吸収できんよ

110 :ホッシュジエンの国内ニュース解説:2006/10/03(火) 01:57:27 ID:Cb413ooq0
バングラデシュ南部のベンガル湾沿岸では、先週から降り続いた大雨や強風の
影響で、漁に出ていた多くの漁船が高波で転覆するなどしており、これまでに
100人以上が死亡し、数百人が行方不明になっています。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 彡ミ    ___  __    温暖化が疑われる異常気象、バングラディッシュ
  |ヽ  /|  ,,,,,,,,l /  / でも。他にもオゾン層破壊も過去最大だ。
  |ヽ   | | ミ ・д・ミ/_/旦~~ 
  ⊥   |  ̄| ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| 国際情勢はこれらの対策とは
  凵    `TT | ̄l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l まったく逆な方向へ進んでますよね。(・A・ )

06.9.25 NHK「バングラ 悪天候続き死者多数」
http://www.nhk.or.jp/news/2006/09/25/k20060925000001.html

111 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/03(火) 04:38:20 ID:/b+nmHR00
>>107
これのことか?
ttp://journeytoforever.org/jp/biodiesel_make.html



112 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/03(火) 20:38:30 ID:aA34pgYY0
米ガソリン価格は2.31ドルに下落、2月下旬以来の安値=EIA
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061003-00000614-reu-int
 [ワシントン 2日 ロイター] 米エネルギー省エネルギー情報局(EIA)の週間調査によると、
最新のガソリン(レギュラー無鉛)平均価格は前週比0.068ドル下落し、2月27日以来の安値となる1ガロン当たり2.31ドルとなった。
これで8週連続の値下がり。
 前年比では0.62ドルの下落となった。
 米ガソリン価格は、8月初めに付けた夏場の高値3.04ドルから0.73ドル下落。
 EIAは、ガソリン価格は向こう数週間で1ガロン=2.15ドルまで下落する可能性があると見ている。
(ロイター) - 10月3日8時35分更新

70年代のオイルショックと同様に永遠に続か無い様だね。
反自動車・鉄道至上主義のヲタクの思い通りにはならないようだね。

113 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/03(火) 22:06:45 ID:DBdrfLZe0
ガソリンスタンド価格もかなり下がっていて、漏れが住む付近の最安値店
では、9月の後半から130円切ってる。

114 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/04(水) 02:33:09 ID:azbke9IK0
そりゃ店が身銭切ってるだけだ

115 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/04(水) 07:59:26 ID:BEiJMTRI0
NYMEX 59ドル割れ キター

116 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/04(水) 09:46:46 ID:20i9c8uF0
>>114
んなこたーないぞ。
昨日見た限りでは、131〜132円ぐらいのスタンドも増えているよ。

117 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/04(水) 13:32:01 ID:+/63BgPB0
>>114
そんな店あるわけない。もしそうなら初めから値上げしていない。

とマジレス。


118 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/04(水) 13:40:53 ID:azbke9IK0
>>116-117
わざわざ儲けを捨てるようなことをするわけが無いとマジレス

119 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/04(水) 16:28:55 ID:20i9c8uF0
儲けを捨てる=店が身銭切ってる  じゃ?

ま、さっき入れてきたが、更に1円下がって現金128円だった。
このまま米中間選挙までは下落が続くかね。

120 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/04(水) 20:36:57 ID:azbke9IK0
>>119
だから>>114でそう言ってるのに…

121 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/04(水) 20:47:31 ID:9zf+2i230
2日時点の全国レギュラーガソリン価格、前週から下落
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061004-00000842-reu-bus_all
[東京 4日 ロイター] 
石油製品の価格情報を扱う石油情報センターは4日、10月2日時点の全国平均のガソリン小売価格(リットル当たり、消費税分込み)を公表した。
ハイオクガソリンの小売価格は153.7円で前週(9月25日)から1.2円下落、レギュラーは同142.6円で前週から1.2円下落となった。
同時に発表された東京都の小売価格は、ハイオクが155.2円で前週比1.5円下落、レギュラーが同144.2円で1.6円下落した。
石油元売各社は10月の卸売価格を、前月比で横ばいか最大4円の引き下げを発表している。
ガソリン小売価格の動きは、日銀の金融政策決定に影響のあるCPIの変動要因になることから注目が高い。
2日時点の全国小売価格が10月中維持されれば、前年比上昇率はハイオクがプラス8.2%、レギュラーがプラス8.9%となる。
9月のそれぞれプラス9.3%、プラス10.0%からは伸びがやや鈍化することになる。
(ロイター) - 10月4日15時48分更新

122 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/04(水) 20:58:45 ID:20i9c8uF0
>>120

>>118>>114のような事をするわけが無いという意味じゃ?

123 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/04(水) 22:41:44 ID:5Iwo3SYZ0
公共交通で行こう

124 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/05(木) 00:15:51 ID:XM3Sc4RU0
>>122
>>116-117が事実であればという前提であればそうだな

125 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/05(木) 11:34:31 ID:hfppf+iu0
>>124
http://gogo.gs/11a.html


126 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/05(木) 11:46:21 ID:0WhVz5Gs0
NY原油安値、一時57ドル台に…7か月半ぶりの安値
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061005-00000404-yom-bus_all

127 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/05(木) 23:12:06 ID:RWMJxR6d0
バイオエタノールは、普及すればするだけバイオエタノールの元になる
食品の値段が上がるよ。
さとうきびが使われている影響で砂糖は既に値上げ傾向にあるし、
とうもろこしや大豆がバイオエタノールに使われ始めると、これらを
使っているもの、醤油、味噌、豆腐、牛、豚などの各種肉などの値段が
上がってしまう。それでもいいのならバイオエタノールを普及したらいい。

>>104
基本的に採算ラインが高いから、本格導入ってわけにはいかんと思う。
石油が恒常的に高い状態がずっと続くのならいいんだけども。

128 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/05(木) 23:22:30 ID:XM3Sc4RU0
>>127
砂糖を生産する目的で栽培したサトウキビを
バイオエタノールに流用したらそうなるだろうね。

129 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/05(木) 23:25:40 ID:0WhVz5Gs0
その分、石油製品需要が低下する為、バランスが取れるんじゃ?

130 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/06(金) 10:43:04 ID:RSK74Xy9O
石油の値段が下がらないように、ガソリン税を引き上げよ。

131 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/06(金) 12:36:02 ID:cQlQ555l0
>>127
あの〜すごい勘違いですが?
ガイヤの夜明けでやってたがバイオエタノールと砂糖は同時に精製できるのでプラントが稼動し始めると
逆に安くなる(アサビビールがエタノールのリッター単価35円の秘策として同時精製する、って番組内でも
はっきり言ってたよ)。
 とうもろこしの種だけではなく、とうもろこしの茎からもバイオディーゼルは生成できる。すでに農業に
株式会社が参入し始めて、だんだんと大型農業になりつつあるので将来的に量産効果がでるよ(来年
からは農地放棄された土地への請負も許可されるし。ただし売れる作物だけが大量生産されていくよう
にはなるだろうねえ。でもどうせ放棄された土地だし、、、)。



132 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/06(金) 16:34:09 ID:YeLHRxzV0
>>131
実際に砂糖は去年から物凄い勢いで値上がりしてるんだけど?

133 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/06(金) 16:47:50 ID:cQlQ555l0
>>132
だから? 単純にアメリカの大干ばつでサトウキビ価格が高騰してるだけでしょ?
 バイオエタノールに取られたというソースは?

134 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/06(金) 22:34:42 ID:YeLHRxzV0
>>133
砂糖の値上げの理由について探してみると、
バイオエタノールに取られるのが原因としているところが殆どなんだけど?
TVのニュースでも断じていたし、日経などの新聞社でも原因だとしている。
本当にアメリカの干ばつが原因なのならそっちでソースを出してもらいたい。

135 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/06(金) 23:41:25 ID:9JUlq4rZ0
気になったのでググってみた。
http://www.sankei.co.jp/news/060912/kei015.htm
http://www.thaiceotokyo.jp/japanese/index.php?option=com_content&task=view&id=24&Itemid=26

つまり、さとうきびはバイオエタノールと取り合いになり砂糖輸出国は2004/2005年に干ばつの影響受けて
相互関係で大幅値上げとなったようだ。


136 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/07(土) 12:22:56 ID:XChXAjUV0
サトウキビをモロにエタノール生成すれば取り合いになるだろうね。
逆にサトウキビ、テンサイ、稲藁、麦わらなど今まで焼却していたものから
アルコールを精製できれば、食料品への価格高騰は避けられるんじゃね?

それと、暖房や自動車の動力は石油への依存を止めるのも必要かな。
暖房    →薪・木炭・温泉地なら温泉の廃湯を暖房に使う
自家用車依存→徒歩・自転車・公共交通機関の利用を推進(地域によっては向かない可能性あり)

http://www.honda.co.jp/news/2006/c060914.html

137 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/07(土) 12:37:50 ID:XTeRD1Fq0
ホンダねぇ。
アルコール燃料を入れた、某ホンダ車が数台燃えた為に、国交省が
同種の燃料を禁止にしたという前例があるが、その後、日本車は対策
でも取ったんかね?

138 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/07(土) 13:11:34 ID:EmF8trlw0
WBSでやってたがブラジルのさとうきび畑はオイルメジャーと穀物メジャーの取り合いになってるんだと。
で、お互い仲悪いから残ったものは再利用せず償却。アフォすぎ。


139 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/08(日) 11:40:26 ID:431UK8Is0
>>137
 アルコール燃料をつかうとなれば、そりゃ対策採るだろ。出なけりゃ
商売など出来ないと思うがw

 そりゃ未対策車にアルコール入れれば不具合が出るのは当たり前。緊
急対策で禁止するのは正しい選択かもしれないが、アルコール燃料でも
走行できる自動車が出来たら、誤注入防止対策を採った上で解禁するの
が本来の姿だな。

140 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/08(日) 20:22:47 ID:hZsZpQ+60
>>139
つまり、過去に販売された全車が対応を完了しないと解禁は無理という事だ。

141 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/08(日) 20:25:30 ID:hZsZpQ+60
まー、漏れの車は>>137で燃えた車と同じ時期に販売されたホンダ車で、
アルコール系燃料を最近まで入れていたが、全く問題ないからな。
車の方に問題があったのを口実にしたってのは容易に想像が付くね。

142 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/08(日) 20:33:52 ID:mrqozzW80
基本的な質問ですまんが
鉄道の方が自動車よりエネルギー効率がいいのはなんでなの?
鉄軌条+鉄の車輪の方がアスファルト+ゴムタイヤより抵抗が少ないから?
専用軌道で好きなように加減速できるから?
公共交通として使用されてるから?

143 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/08(日) 21:15:06 ID:hZsZpQ+60
そもそも「エネルギー効率」の定義からして難しいな。

路線、道路、車両は全て完成済みで、同じ物を同じ距離だけ運ぶ場合なら
ともかく、実際には道路や鉄道の建設から、原油掘削、精製、電力発生
施設などの建設費から積み上げないと比較にはならん、なんて事も言え
るだろう。

144 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/09(月) 17:09:10 ID:N9EE94Z/0
>>142 ←ほとんど正解
1.鉄輪+鉄レールだと抵抗が極めて少ない
2.渋滞がない
3.公共交通機関として大勢の人が利用する。車は朝ラッシュでもほとんど1人乗り。
4.回生ブレーキ、インバーター制御、交流モーターで、車両の省エネが大幅に進んだ
5.電車は自動車と違って停車中はアイドリングしない

145 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/09(月) 17:59:34 ID:7eBXfTgk0
>>142
エネルギー効率はいいが、かといってディーゼルカーの燃料がバスより喰わなかったり、電車が電気を全然消費
しないわけではないことには注意。
鉄道の電化の採算ラインは20分1往復するだけの列車設定があることらしい。かといって田舎の電化線はスゴイ
ところで1日5往復しかないが日中は変電所から電気をストップさせることで省エネしてるところもある(山口県小野田支線)。

じゃあ道路なんて金かかるだけだね? といいたいが岩手県滝沢村(日本一人口の多い村)では道路整備を官民+
住民が参加することで予算350万+工期半年で村道を広くした事例もある(税金使えば2億円+数年単位の事業らしい)。

ようは無駄を抑えるのは、やる気の問題。


146 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/09(月) 18:15:42 ID:kItdzZHgO
滝沢村は鉄道整備にお金を出している立派な村です。

147 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/09(月) 18:46:42 ID:aauZYmUD0
滝沢村って何よ
あの会社組織になった村か
村長と呼ばないで社長と呼ぶらしいな
兵庫県警の某警察署を思い出したよ
方向性は全然反対だけどなw

148 :142:2006/10/09(月) 22:04:28 ID:W6AFwMxN0
いやさ、1番目はどうしようもないけど
2,3番目の理由なら、別に鉄道じゃなくてもいいんじゃないかって
例えば、トラック専用の自動車道(信号無し)を作って、専任の運転手置いて、一番燃費がいい速度で走らせて、IC降りたとこで交代ってやり方にすればそこそこエネルギー効率は上がるんじゃね?
運送会社は両端だけ運転手を配置するってことで。フェリーの無人航送の陸上版って感じで
きちんとダイヤグラム組めば、片道一車線(+登坂車線)でいけるんじゃね?

149 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/09(月) 22:15:46 ID:TcgpKY4u0
今更そんなインフラ整備できるかよ
貨物列車の復権を考えたほうがまだマシだ

150 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/09(月) 22:23:13 ID:XUDvy7Jv0
こーいうのがあるぜ。
http://blog.nikkeibp.co.jp/nb/auto/BLOG/hamada/20050818-1700.html

以前TVでやってたのを見たけど、トラック同士を連結して、既に実用化は
されているそうだ。
連結された1台目は人が乗るが、2台目は無人でOK。
市街地も問題ないそうだ。
高速での移動なら台数を増やす事も可能だろうね。

151 :ホッシュジエンの国内ニュース解説:2006/10/10(火) 07:09:42 ID:7K1TxMGf0
バングラデシュ南部のベンガル湾沿岸では、先週から降り続いた大雨や強風の
影響で、漁に出ていた多くの漁船が高波で転覆するなどしており、これまでに
100人以上が死亡し、数百人が行方不明になっています。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 彡ミ    ___  __    温暖化が疑われる異常気象、バングラディッシュ
  |ヽ  /|  ,,,,,,,,l /  / でも。他にもオゾン層破壊も過去最大だ。
  |ヽ   | | ミ ・д・ミ/_/旦~~ 
  ⊥   |  ̄| ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| 国際情勢はこれらの対策とは
  凵    `TT | ̄l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l まったく逆な方向へ進んでますよね。(・A・ )

06.9.25 NHK「バングラ 悪天候続き死者多数」
http://www.nhk.or.jp/news/2006/09/25/k20060925000001.html

152 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/10(火) 17:02:17 ID:x8ojXb/70
ページを表示できませんでした。
The page you requested could not be accessed.

153 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/12(木) 19:34:21 ID:v21imxOo0
<NY原油>10カ月ぶり終値で57ドル台 今年最安値
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061012-00000020-mai-bus_all
【ワシントン木村旬】11日のニューヨーク・マーカンタイル取引所の原油先物相場は続落し、指標である米国産標準油種(WTI)の11月渡しは
前日終値比0.93ドル安の1バレル=57.59ドルと今年最安値で取引を終えた。終値では昨年12月中旬以来、約10カ月ぶりの水準。
国際エネルギー機関(IEA)が同日、米景気の減速などを踏まえ06、07年の世界の石油需要予測を下方修正。
需給緩和感が一段と広がり、売りが加速した。石油輸出国機構(OPEC)の減産をめぐり、サウジアラビアが慎重姿勢と伝えられたことも売りを誘った。
原油先物相場は7月に1バレル=78.40ドルと最高値をつけたが、約3カ月で20ドルを超す下落となった。
(毎日新聞) - 10月12日10時26分更新

<ガソリン小売価格>4週連続の下落
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061012-00000082-mai-bus_all
石油情報センターが12日発表したガソリンの小売価格調査(10日現在、消費税込み)によると、レギュラーガソリンの全国平均は1リットル141.5円で
前週比1.1円値下がりした。下落は4週連続で、下落幅は2週連続で1円を上回った。
石油元売り各社は、過去のコスト上昇分のうち価格転嫁できていない分を取り戻すため、10月出荷分のガソリンや軽油など石油製品の卸売価格を
おおむね据え置いたが、原油価格の下落傾向が続いていることから、同センターは今後も値下がり傾向が続くと見ている。
ただ、石油輸出国機構(OPEC)が、日量約100万バーレルを減産することで非公式に合意しているため、原油価格の下落傾向が続くかは未知数だ。
【斉藤信宏】
(毎日新聞) - 10月12日19時14分更新

154 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/13(金) 12:06:55 ID:+E3oufXf0
ガソリンスタンドは今のうちに便乗値上げに走って儲けておくべきだ

155 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/09(土) 10:58:20 ID:hwXjwzdU0
原油価格ってどないやねん

62 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)